ハイヨー シルバー! ローン・レンジャーがやってきた

 牛の群れを追うカウボーイ、幌馬車を襲うインディアン、高らかにラッパを鳴らして
救援に駆けつける騎兵隊、酒場での大乱闘、メインストリートでの保安官と無法者
の決闘、西部劇でお馴染みのシーンをテレビで見なくなって久しい。
 映画において、西部劇というジャンルが消滅したのだから、テレビにおいても当り
前の話なのだが……。アメリカ人の心からフロンティア・スピリットがなくならない限
り、西部劇は製作されると昔は思っていたんだよ。アメリカ=西部劇だったと云って
もいい。
 1960年代前半、アメリカ製テレビ映画が全盛の頃、西部劇はテレビの主役だっ
た。毎日、どこかのチャンネルで必ず西部劇が放送されていた。
 1961年10月の週間テレビ番組欄をみると、西部劇が21本も放映されている。
 そんな数ある西部劇の中でまっさきに思い出すのが、ロッシーニの勇壮な“ウィリ
アム・テル序曲”にのって西部の荒野をかけめぐる『ローン・レンジャー』だった。
 小学校の音楽のレコード鑑賞の授業では、誰もが“ローン・レンジャーのテーマ”と
して聴いていたっけ。

 白い帽子に黒いマスク、腰の二挺拳銃には狼男だって倒すことのできる銀の弾丸。
良質の銀が産出する鉱山を私有しているのだから、銀の弾丸だって不自由しない。
ローン・レンジャーと行動を共にするのは、愛馬シルバーとインディアンのトントだった。

 シルバーは純白の野生馬で、その輝くばかりの美しさに、ローン・レンジャーが“シ
ルバー”と名付けたのだ。「ハイヨー シルバー!」の掛け声とともに、山を越え谷を
渡り、荒野を疾駆する。その速さは、どんな馬もかなわない。

 “インディアン ウソ言わない”正直で勇敢なトントは、ローン・レンジャーにとって、
最も頼れる相棒。拳銃だけでなく、ナイフの腕前も天下一品。トントのおかげで、
何度危難から救われたことか。
 トントがローン・レンジャーに対して言う“キモサベ”が流行語になり、学校帰りの道
で友だちと別れる時、「アディオス キモサベ」なんて言ったもんだ。

 ローン・レンジャーはスーパーマンと並んで、戦前からアメリカの少年の間では圧倒
的な人気をはくしていた。最初はコミックブックで、そして1933年にラジオの連続放
送劇として登場するや人気は頂点に達した。ロバート・リビングストン主演で、連続活
劇映画として映画化もされている。
 戦後は、クレイトン・ムーア主演でテレビ・シリーズ化された。テレビでも人気番組と
なり、1949年から58年まで9年間放送され221話もある。
 56年には映画化もされている。ちなみに、トントに扮していたのはジェイ・シルバー
ヒールズだった。日本では1958年から放送開始され、何度も再放送されていたね。

タイトルへ  次ページへ