Top Page 

ここをクリックすると「水晶と鉱物」の解説が右フレームに出ますへようこそ

石英”その不可思議

 “石英”というと あまりなじみが無いかも知れませんが学術的に言い換えると“SiO2(二酸化珪素)”からなる無色透明な六角柱状の鉱物つまり“水晶(Crystal)”のことです 専門的には“Silica(シリカ)”とも言い英語では“Quartz(クォーツ)”と呼んでいます
 古くからガラスの原料として使われていますが近年では時計や携帯電話そしてパソコンを始めあらゆる家電製品に不可欠な 水晶発振器の材料として更には半導体や太陽電池に用いられている“Si (シリコン)”の原料としても重要な鉱物です
 本文では宇宙の誕生後ひんぱんに発生したと考えられる超新星爆発から始まり太陽系と地球の誕生を経て岩石を構成する 様々な珪酸塩鉱物から進化した “石英”の生成まで“SiO2”の形で「“石英”誕生の不可思議さ」を究明していきます

解説へ 目次へ 


このページや、下層のHTMLファイルに直接リンクされた方は、このボタンをクリックして下さい。
最初のフレーム画面を表示

©Seiji Ando 1998
無断転載を禁ず

ご質問はメールアドレスが無くてもメールが送れます。こちらで


最初にお読み下さい
 水晶と鉱物」はつのフレームで構成され新しいウィンドウを開かずに同一画面内で全ての表示ができますが快適にご覧になるには次の設定が必要です

@ブラウザ:Internet Explorer(IE8)推奨。
A画面サイズ1280×800pixel 推奨。
B画面の色16ビット以上(32bit 推奨)。
Cフォント文字のサイズを最適に調節。
D右フレームの本文だけフレーム印刷
 
@ Internet Explorer 8 の特徴  
 Windows 7 の発売と同時にリリースされたIE8の文字サイズはIE7まであった画面のフォントサイズの影響が無くなり完全に独立した「文字のサイズ」を設定できます また印刷の文字サイズもIE6まであったブラウザの文字サイズの影響が無くなり安心してレイアウトを組めるようになったため本ホームページではIE8を主ブラウザとして採用しました
 Windows XPと Vista用のIE8は「こちら」から入手できますがIE8を起動したら右下にある拡大レベルのをクリックして「100%」に変更して下さい 100%以外では画像(写真)などが惚けてしまうためです また、ご使用中のパソコンのディスプレイが小さくてやたらとスクロールバーが現れる場合はF11キーを押して「全画面表示」でご覧下さい詳細は「Windows 7 奮闘記」にもあります
 
A 画面サイズを変更する方法   
 本ホームページは、当初から1024×768ピクセル(XGA)で作成してきましたが表示画像が年々大きくなったため1280×800ピクセル(WXGA)に変更しました 理由は、15インチ以下のXGAディスプレイが減って、17インチ以上のSXGA(1280×1024)が主流になったこととノートパソコンは早くからWXGAが多かったためです 更に IE7以降のブラウザはお気に入りバーが増えて表示エリアが小さくなりホームページが一画面に表示しきれなくなりました 従って、XGAとWXGAのディスプレイをご使用の方は前記した「全画面表示」に切り換えSXGA以上のディスプレイをご使用の方はブラウザの縁を左ドラッグして、1280×800ピクセル以上の大きさに調節して下さい
 
B きれいな写真を表示する方法  
 写真きれいにご覧いただくには、ディスプレイの余白を右クリックしてVistaの場合「個人設定」から一番下の「画面の設定」で“色(C)”を(XPでは「プロパティ」をクリックして「設定」タブの「画面の色」を)「最高(32ビット)」に設定して下さい Windows 7 の場合はディスプレイの余白を右クリックし「画面の解像度」の「詳細設定」で「モニター」タブの“色(C)”を「True Color(32ビット)」に設定して「OK」をクリックします 但し、前項で画面サイズを大きく設定すると自動的に8ビット(256色)に落ちてしまうことがありますので注意して下さい
 更に、画面の明るさやコントラストが正しく設定されていないと写真がきれいに表示されないことがあります 詳しくは“液晶ディスプレイのカラー調整”を参考にして下さい
 
C フォントと文字サイズの調節方法
 ブラウザの文字のサイズと種類(ここで言うフォント)はIE8では右上のツールバーの「文字のサイズ」で「」を選択します 更にツールパーの「ツール」で「インターネットオプション」のダイアログを表示して「全般」タブの下の「フォント」を左クリックしフォントの種類を選択して下さい(Web ページフォントはMSPゴシック推奨) なお、本ホームページは「中」と「MSPゴシック」でレイアウトを調節しています
 ブラウザのIE8の文字のサイズは、画面のフォントサイズに影響されないため画面のフォントを変更する必要はありませんがブラウザの枠やアイコンを小さくしたい場合はWindows 7 奮闘記」をご覧下さい。
 
D フレーム画面を印刷する方法  
 フレーム画面の印刷方法は、印刷するフレームを表示する時にクリックしたアイコンや文字列を右クリックしリンクを「新しいウィンドウで開く」と現れたウィンドウのツールバーの「印刷の印」から「印刷プレビュー」の「ページ設定」でヘッダーとフッターを空白にしてから、左と上の余白を15ミリ、右と下の余白を10ミリ(左とじの場合は左を18ミリ、右を7ミリ)に設定し、レイアウトを確認後印刷して下さい
 IE8IE7は「印刷プレビュー」で縮小拡大できますが100%以外では画像が惚けて印刷されることがあります なお、カラー印刷の場合インクを節約するため背景色を印刷しないよう設定して下さい IE8IE7はツールパーの「インターネットオプション」で「詳細設定」タブの一番下にある 「背景の色とイメージを印刷する」のチェックを外します
 注)、10/7/22現在 IE8は依然と不安定でWindows Updateで IE8が書き換えられると印刷の文字サイズが大きくなったり小さくなったりそのまま固定されたりすることがあります この場合は「コントロールパネル」の「回復」で過去の復元ポイントに戻って「システムの復元」を行ってください

トップに戻る:

それでは、ごゆっくり御鑑賞下さい


初期のフレーム画面に戻る