イラスト           特別支援学校の授業に役立つ自作創作教材・教具         イラスト

体育:新・忍者ボード 図工・美術立活動:麻縄のランプシェード 算数・数学:買い物学習の自販機 国語・生活単元学習:折りたためる郵便ポスト 算数・数学:自作ソフト「お金と電卓の学習」 日常生活の指導:歯磨き指導の歯形模型 生活単元学習:歩行者用の信号機

( 全1655作品 )
アニメーション  こんにちは、あなたはカウンター人目の訪問者です。  
 
       
イラスト    色々な教材・教具1~11
   

呼気訓練具フーフー
色々な教材・教具
(自立活動・基礎学習) 
 
  大型紙芝居
色々な教材・教具 (国 語)
お金と電卓の学習
色々な教材・教具3 (算 数・数 学)
  色と光の2
色々な教材・教具4 (図 工・美 術)
    
忍者ボード2
色々な教材・教具5 (体 育・あそび)
  ペン立て
色々な教材・教具6
 (作業学習)

スプーン
色々な教材・教具7 (日常生活の指導)
  手作りのアフリカの楽器カリンバ
色々な教材・教具8 (音 楽) 
運動会の神龍
色々な教材・教具9(生活単元学習・特別活動)
  
ソーラークッカー:扇型
  色々な教材・教具10 (社 会・理 科)
   
エレベーターのダミースイッチ
色々な教材・教具11  (その他)
 
  イラスト      
教材・教具とおもちゃの新作



        イラスト
    0から始める教材作り


(このHPに載っている教材・教具の作り方を写真と文章でわかりやすく説明)  

クレヨンが折れないオレンボ色合わせ 
0から始める教材作り1

  ブックカバー防災・防犯用のリストバンド笛
 0から始める教材作り2

文字数字つきのマグネット描いた絵が額縁に
0から始める教材作り3

  文字付きカルタパネル式暗幕
0から始める教材作り4

 


 イラスト
    『教材・教具の制作と活用、指導の手引き Q&A 157』

 若い先生方を応援するページ

学習表示カード 
個々の子どもに合った教材・教具ってどんなもの?」・「お金の学習の教材は、本物?偽物?・・どっちがいいの?」・「カルタをすると同じ子ばかりとってしまう問題点を解決する工夫は何?」・「図工でお面作りをする時、風船が怖い子がいるけれど、どうしたらいいの?」・「最も優れた教材・教具って何?」等の疑問に答える「Q&A式の手引き」です。

 今までの授業をもっといい授業に変える「教材・教具の工夫点」や、若い先生方に指導や子ども達との関わり方について、ちょっと立ち止まって考えてもらいたいことを具体例を挙げてわかりやすくお話しする「若い先生方を応援するページ」です。



   0から始める手作りおもちゃ作り(図工・美術の2)     

(図工・美術の授業に活かせる手作りのおもちゃ・楽器・工作の作品作りを写真と文でわかりやすく説明)
    
虹色CDコマ 
0から始める「手作りおもちゃ」1

  ビニール袋ロケット 
 
0から始める「手作りおもちゃ」2

鏡の部屋
0から始める「手作りおもちゃ」3
 
  エイムズの部屋
 0から始める「手作りおもちゃ」4
凧
 0から始める「手作りおもちゃ」5
  火興し器
0から始める「手作りおもちゃ」6 
インオワアウト2
0から始める「手作りおもちゃ」7


(木のおもちゃ)
  お金の消える貯金箱 
0から始める「手作りおもちゃ」8
手作りの楽器
0から始める「手作りおもちゃ」9 
 
  ひもコン大型版
0から始める「手作りおもちゃ」10
 


 イラスト   その他     

イラスト
教材・教具のHPリンク集 

 Googleで検索したHPから、「教材・教具」や「特別支援教育」・「図工・美術」のお勧めのHPを内容の説明を付けて紹介してます。

 
  藤城美術館にて
自己紹介

私の教材・教具についての考え(雑記帳から)


教材・教具の制作上の留意点等


 
はらぺこあおむし
教材になる絵本のページ 

教材になる「絵本」を紹介するページです。)

  イラスト
Sさんの部屋
 


(教え子のお母さんの『詩とエッセイ』)

  
 
カワセミ 

 カワセミの小窓

趣味で撮ったカワセミの写真


 
  火興し器で火をおこす
子どもと一緒に楽しい簡単な実験  


(誰にでもできる楽しい実験を紹介)

     こんにちは。あなたはカウンター人目の来訪者です。ゆっくり見ていってください。    (2001.1.18から) 
 





   今月の新作



                                       
 新しい教材・教具・自助具・おもちゃ     
手押しのスイッチ
歩行者用の信号機 信号機 信号機:簡単版 歩行者用信号機のスイッチ 歩行者用信号機のスイッチ簡単版 空き缶太鼓  キャップはめ学習のボード(制作中) だるまさん
箸袋
図工の作品見本 図工の作品見本 箸袋
       
アルミ管のツリーチャイム(制作中)      クルクルリンリン
 
 (制作中) 
箱型の楽器ポン
(制作中) 
プールに浮くボール入れ用の傘の的 
  (制作中)
 
               
      倒れないハードル3(制作中)  紙飛行機の電動ランチャー   新・水琴窟   植物観察箱




イラスト
○教材・教具やおもちゃ作りの
『研修会のお問い合わせ』は、

『 s-kedukaABC5.so-net.ne.jp 』(※ABCを@fdに変えてください。)までご連絡ください。



◎研修会は、学部研修や教材・教具について学びたいという希望者参加の研修などで予算がない場合は、交通費や講師料など不要です。20代・30代・40代(?)の若い先生方を応援したいからです。気軽に声をかけてください。参加者が数名でもOK。・・・コーヒーでも出してもらえればそれだけで充分です。

○「いい授業をしたい」・「いい教材・教具を作りたい」と思う先生方と会ってお話ができれば、私の勉強にもなりますから全国どこへでも伺います。コーヒーでも飲みながら色々なことを話せたら、授業を進める上でのたくさんの「引き出し」が作れるかと思います。

○おもちゃ作りの講習会は、材料代だけいただきます。1人500円位で3~4点は作れますので、こちらもお声かけください。
 


イラスト 
       感想や質問などは、こちらへ!  

    
       掲示板 『青い空』


○このHPの感想やこのHPに載っている『「教材・教具」や「手作りおもちゃ」・「自助具」の作り方を教えて!』『担当しているお子さんの教材の効果的な使い方は?』など、教材の作り方やその活用法・おもちゃ作りについて等気軽に質問してください。

 ご質問には、必ずお応えいたします。
 
 




                          
                                 雑記帳 2016                

(作り方の記入)12/3
 一
昨日から、「信号機」・「信号機:簡単版」・「歩行者用の信号機」・「信号機の手押しスイッチ」・「信号機の手押しスイッチ:簡単版」の作り方を「0から始める教材作り3」のページに書き込んでいます。昨日写真を選んで並べ終えたところですので、説明文はこれからになります。時間がかかるなとわかっているのでコードの延長なかなか書き出す気になれないでいましたが、書かなければならないのに書かないということがストレスになってきたので始めたという感じです。ちょっと情けない心情です。制作で一番やっかいな部分のライトとコードの延長をもっと簡単にする改善案は、電球の方は色々な種類があるのでいいのですが、それぞれの電球にあったソケットを選ぶのが難しい感じです。規格を見れば良いのですが、字が小さくてよくわからない。虫眼鏡・ルーペを持っていくわけにもいかないしなあと嘆息気味ですが、ちょっとかっこわるい感じがするので抵抗もあるしと見栄を張るのも大人げないかと思うのですが。まあ、なんとかしていかないと次につながらないので、見栄を張っている場合じゃないですね。50代の頃はたいして感じてなかったのに、60過ぎると急激に体の衰えを感じます。「あれ?」の連続が毎日訪れる感じでしょうか。想像もしていなかったので、誰にでも等しく老いはやってくることを実感。運動・食事・睡眠でかなり若さは保っていけますが、目は難しいようです。体組成計では40代の体を維持していますが、目はダメですね。メガネをそろそろ変えなければいけないようです。
閑話休題。今日は友人のA先生が実践報告をやる日でした。会場に出掛けて報告内容を聞きたい気持ちはありますが、彼が緊張すると良くないので後でどうだったか聞くにとどめます。話すのは私よりもAさんのほうがうまいので、まあ大丈夫でしょう。

イラスト(積み重ね)12/1
 
今日から12月ですが、もう12月かという感じがします。毎日何らかの積み重ねができれば、「もう・・」という言葉は出ない感じがするのですが、それがなかなかできていないから「もう・・」ということばが出るのでしょうか。教材制作で言えば、今月はこれだけ制作して積み重ねることができたという実感・家事で言えば、浴室のカビとりが全部できた・障子を全部張り替えたなどの毎日の積み重ねが目に見えるとやったなあと積み重ねたことが実感できるのでしょうが・・。
 今年も後1ヶ月になってしまったので、1日1日がいい積み重ねになるようにしたいものです。月末には茨城県で講演会があるので、今日はインフルエンザ予防の注射を受けに行き、少し家で静かに過ごす1日になります。図工の作品作りの見本を考えているので、その試作を行います。昨日は、目地材での立体作品作りを失敗したので、気分転換に平面作品のほうを行います。

イラスト(信号機、完成はしたけれど・・。)11/26
 信号機と歩行者用の信号機・歩行者用信号機の手押しスイッチは一昨日には完成しましたが、どこででも手に入りやすいということでダイソーで売っているプッシュライトを使った為、誰でも作れるという感じではなくなってしまいました。コードを延ばすための作り方は、コードの被膜をカッターナイフで取る部分が電気工作をしたことがない人には簡単ですよと言うことはできないので、さあどうしたものかと思案中です。皮膜を取るのは慣れで数回やればこつ信号機完成はつかめるのですが、配線されているコードの芯が細く短いのでコードを延ばす作業が結構苦労します。家庭用のコンセントにつなげるようなコードは、芯が数十倍は太いので皮膜をはいでコードを伸ばすことは簡単ですが、電池と違い100ボルトあるので感電されても困りますから、経験のない人にはお勧めできません。信号機は完成したものの、これだと誰でも簡単に作れますという風には言えないので、改めて信号機と歩行者用信号機について考えています。木工で作る方が筐体もライトのカバー部分以外は簡単だし、ライトの方も工作用の豆電球を使った方がいいのかもと考えているところです。問題は材料代と豆電球のような小型のライトでどれだけ明るくなるかということですが・・。その辺は、豆電球よりも大きくて電池で使えるLEDもあるからクリアーできるでしょうが、材料代がかかるのは目に見えているので考えどころになりますね。しばらく考えて試作してみます。
 そもそも課題というのは、作り方などの話しではなくてどう授業を組み立てるかということなのですが、教材がないことにはそれさえできないので、やはり目の前にある課題と言えるのもかもしれませんね。
 閑話休題。天気予報通りに木曜日は雪が降って4㎝ほど積もりましたが、幸い翌日には溶けてくれて一安心。こんなに少しの雪でもおろおろするのですから、雪国に住むのは無理ですか。長野県の松本に住むのが若い頃の夢でしたが、雪だけはちょっと勘弁してと言う感じですので、やはり無理ですね。長野は、やはり夏かなと勝手に憧れています。

(星野富弘美術館へ)11/22
 
今日は、草木湖のほとりにある「富弘美術館」に行ってきました。富弘美術館に行くのは1年ぶり位でしょうか。絵は勿論のこと、絵に添えられている詩が生きるということを考えさせられる内容で、心が穏やかになる感じがします。前回行った際にはお母さんのことがメインの企画展で、お母さんへの愛情・お母さんの愛情に高津戸峡の紅葉神戸駅の列車レストラン高津戸峡の紅葉岩宿博物館の入場券自分の母への思いが重なり目頭が熱くなりました。展示されている全作品を見てから館内にあるカフェで一休みしましたが、大きな窓ガラスの向こうに草木湖が広がり、時々吹く風で木の葉が垂直に数十メートル帯のように舞い上がっていく様は、不思議で美しかったです。
 美術館の帰りには、渡良瀬渓谷鉄道の神戸駅にある列車レストランで昼食。東武の特急電車の車両がレストランになっているので、食事をしながら列車で旅行に行っているような気分が味わえました。マイタケの天ぷらは予想よりも美味でしたね。列車で旅することが少なくなりましたが、やはり列車って良いですね。神戸駅から大間々町まで戻ってきてから、高津戸峡まで足を運び紅葉を見ました。昨年は色あせたようで良くなかった紅葉は、今年はなかなか圧巻の見応え。大間々町では江戸時代からやっている醤油の蔵元へ寄り、卵かけご飯用の醤油の小瓶を買い、岩宿まで戻ってきてから岩宿博物館に寄って、石器を堪能。岩宿遺跡に行くのも1年ぶり位でしょうか。今回は「ナイフ状石器」の企画展をやっていて、黒曜石以外の頁岩などもしっかり見てきました。高校の頃読んだ相澤忠洋さんの「岩スイッチのコードの延長宿の発見」は、今でも心に残っている1冊です。家から車で30分ほどでいける場所なので、また機会があったら出掛けようと・・。
 閑話休題。「信号機」・「歩行者用の信号機」のスイッチについては、コードを延長することができたのでこれで完成なのですが、コードの芯がやたら細いのと元々あったコードが短いことから、この方法だと誰にでも作れますというわけにはいかない感じがします。できれば元々あったコードを取り除いて、芯の太いコードを半田つけして使うようにしないと難しいだろうなという実感。一応この方を紹介し、もう少し簡単にならないか別の案(100円ショップのライトは使わないで、電気工作の豆電球を使う方法)も考えてみます。豆電球とソケットと電池のケースのセットで500円くらいなので、この方が簡単に作れますから。

イラスト(信号機)11/19
 
歩行者用の信号機は、スイッチの部分を手元で使えるようにコードを足して延ばすだけになりました。すぐ手に入る材料で作る際に、ここが制作のきもになるので、少し丁寧にやっていきます。信号機は街中を歩いて見てみると、人型のイラストが白いタイプの旧型とイラストに色が入っている新型が混在しているので、子ども歩行者用の信号機信号機の人型のイラスト2種車用の信号機達が迷わないように2種類用意しました。このイラストの部分はシート状になっているので、マジックテープで入れ替えることができるようになっています。
 作らない予定だった車用の信号機は、やはりあった方が良いだろうと言うことで制作しています。歩行者用の信号機よりもはるかに簡単に作れます。ライトのスイッチのON・OFFは、先生方が手元でできるように歩行者用信号機と同じ仕組みにする予定です。ライトの色については、より本物に近づけるようにセロファンではなく樹脂製のシートを使っています。青(緑)・赤は100円ショップのダイソーで売っている下敷き(赤と緑の2枚入り)を使いましたが、黄色をどうするか悩んでいたらダイソーで黄色のカバーのファイル閉ライトの基板じが見つかったので、その黄色のカバーをはさみで切り取って使うことにしました。セロファンでは色が薄いのとレンズ部分に入れるととくしゃくしゃになってしまうのでいいものが見つかったと一安心。
 歩行者用信号機の手押しスイッチは、細長いプッシュライトのスイッチ部分が基板に固定されているタイプだったので、スイッチ部分がはずしやすい丸形のプッシュライトにするか、なんとかこの細長いタイプのプッシュライトでコードを伸ばせるようにするか考えているところです。半田ごてなど使わなくても誰でもが簡単に作れないとこのHPに載せる意味がないので・・。
 一昨日は徹夜で考えていたので、昨日・今日とちょっと疲れ気味。今日は、天気も悪く気分転換に「ぐんまこどもの国」へカワセミを見に行くこともできないので、家の中で本を読んだり楽器の製作を考えたりの1日になります。木工で作らなければならない教材・教具がたまってしまっているので、さあどうしたものかと・・。
 閑話休題。先日、NHKのSONGSでやった「中島みゆき」は良かった。なぜかよくわかりませんが、歌詞を読みつつ歌を聴いていたら、胸が熱くなりました。今、しんどいけれどぎりぎりがんばって前を向こうとしている人達を応援してくれているような歌・歌。歌の力はすごいなあと実感。

イラスト(石膏)11/13
 
石膏を使った立体作品作りを行おうと、石膏を買いにジョイフルホンダへ。ジョイフルホンダは週に数回行くので、大体どこに何があるのかわかっているのですが、ちょっと前に棚替えがあって商品の置いてある場所が変わってしまってわからなくなっていました。店員さんに石膏のある場所を教えてもらい手にとって見ると、立体作品作り歩行者用信号機のスイッチ1㎏で1800円~3000円位の値段。学校の授業で使うとして1㎏で何人分になるのか考えて、ちょっと高いなあと感じました。また、説明文を読むと吸引したり目に入ると危険と言うことでしたので、これでは特別支援学校の小学部や中学部向けではないなあと思い購入しないことにしました。・・とは言え、石膏を使わなくても小学部や中学部のお子さん達が安全に同じような立体作品を作れないかと、帰宅してから別のものでチャレンジ。固まり具合がどうなるか・型からの分離ができるか明日にはわかるでしょう。上手くいったらもう少し試行錯誤してからこのHP載せます。
 歩行者用の信号機のスイッチに使う細長いライトはジョイフルホンダの中にあるダイソーで見つかったので、心配していたことがOKになり一安心。後は配線だけですから、いつでもできるのでちょっと後にします。今日は信号の方の筐体(箱)作りを行い、来週の天気の良い日に行おうとしている木工の予定を考えて終わった1日でした。
イラスト(ゆっくり進行)11/12
 
今日は、1㎞ほど離れた本屋さんまで歩いて行ったり、大きなプッシュライトを探しにダイソーを2店回ったりの1日でした。ダイソーのプッシュライトは大きいタイプはもう売っていなかったので、仕方がないので小さいサイズのプッシュライトを購入。このライトが信号機の用のライトになります。左側の信号機の試作品試作の信号機手押しスイッチの制作カワセミには大きいプッシュライトを使い、人型の方は黒い画用紙を切り取って赤・緑の下敷きと共に透明のクリアフォルダーに挟み込んだものです。こうすることで光沢感が出て見た目が本物の信号機に近くなります。信号機の手押しスイッチの方は、プッシュライトでは箱の中に組み込めないので、ダイソーで売っている別のライトを考えています。細長いタイプのもので以前は売っていたものですが、今日見た2店にはもう置いてなかったので、もう1店明日行ってみて探してみるつもりです。もし売ってなかったら、また考えなければなりませんが・・。信号機の方は集中すれば数日で作れますが、ゆっくりやっていきます。明日は石膏を買いにジョイフルホンダに行こうと思っています。石膏を使った図工・美術の作品作りをしようと思うので。
 昨日はウォーキングの為に「ぐんまこどもの国」に行きましたが、運良く池ですぐにカワセミを見つけることができました。私のいる場所から5m位先の水門の所にいたので、ゆっくりと写真を撮ることができました。写真を撮ってからは上の池まで歩いて鴨の観察。マガモ他が先週より倍位に増えていましたが、オシドリは来ていませんでしたね。運が良ければ12月の初め頃に見られるかもしれません。
イラスト(信号機試作)11/10
 「歩行者用の信号機」の試作が大体終わりました。箱の中に仕掛けるライトの設置の仕方もめどがつきました。信号機用の手押しスイッチにについては、紙で作るのは強度が足りないので、もう少し考えなければなりません。いくつか案はあるので、それの試作を行ってから「信号機」の制作に入ります。ボタン式のスイッチに信号機の試作品ついては、ジョイフルホンダにもスーパービバホームにも売っていなかったので、、簡単に手に入るスイッチで代用します。誰でも作れることが大事ですから、材料が安価でダイソーのようにどこでも手に入ることが重要です。今日は、教材・教具の作り方の説明用の箱の部分の寸法図を描いたり、手押しスイッチの箱の部分を紙で作れないか試作する1日になります。手押しのスイッチを押しても箱の形が崩れなければ紙で作ってもいいので、その辺が課題ですね。木の板で作ってしまえば簡単なのですが、木工をしなくても作れる方が多くの先生方が作りやすいでしょうから・・。信号機ばかりやっていても煮詰まってしまうこともあるので、新しい教材・教具についても考える1日です。勿論、掃除や買い物・食事作り等の家事もやらなければならないし、健康を考えてウォーキングや筋トレも行わなければならないので、それらの合間を縫って教材・教具のことを行っていきます。

(こどもの国で)11/9
 昨日は、家の前の八瀬川にカワセミが姿を見せなかったので、ウォーキングを兼ねて「ぐんまこどもの国」へカワセミを見に行きました。昼前ぎからずっと「歩行者用の信号機」の試作を行っていたので、ちょっと疲れた頭をリフレッシュさせるためです。こどもの国でカワセミが見られる池まで歩いて行くと、双眼鏡を持ってカワセミジョウビタキバードウォッチングしている年配の知的な感じのする女性が声をかけてきました。「カワセミは見つかりましたか?」と聞かれたので、10mほど離れた先の木の枝にとまっていることを教えて、私はカメラで撮影。この方は、時々夫婦で野鳥観察に来ているとことでした。カワセミの見られる市内の川と大体の場所についてしばし情報交換。その後別れた後に、繁殖期でもないのにカワセミが2羽飛んでいるのを見ました。縄張り争いだったのかもしれませんね。カワセミは見られない日の方が多いので、2羽同時に見られたのはラッキーです。上の池でもカワセミを見ることができ、好きな小鳥のひとつでもあるジョウビタキの撮影もできて気分良く帰宅。
 「信号機」の試作は、1㎝単位で線の入っている工作用紙を使って行います。考えていた寸法が実際の形になったときに使いやすい大きさになっているか、どの部分を補強すればライトを入れても箱の形が崩れないか確認するためです。いきなり作り出すと大きさがイメージ図の予想とはちょっと違ったり、制作上の問題点が見えづらいからです。個人的に授業で使うような場合は、それでもまあ使えるから良いかと言うことになりますが、ここで提信号機の試作品案する場合は「まあ、いいか」では困りますから。「信号機」は、簡単に作れるタイプのものと木工で作るタイプのものと2種類を考えていますが、木工の方は外が大分寒くなってきたので、来年になるかもしれません。簡単に作れるタイプは、箱の部分は厚画用紙を使い、ライトは100円ショップのダイソーで売っているプッシュライトを使う予定です。スイッチ部分をはずしてコードを延ばすことで、手元でスイッチのON・OFFができるようにします。コードを延ばすこと自体は工作経験がなくても簡単です。問題はライトの光量です。明るい教室で学習する際に使う教材・教具になるので、ライトの光量が足りないと歩行者の「すすめ」・「止まれ」の表示がわかりにくく使えない信号機になってしまうからです。まだ、青・緑のカバー(ダイソーで売っているプラスチックの下敷き)は取り付けていないので、もしそれが上手くいかないようだったらライトを別のものに変えるか再考です。・・今日は木枯らしが吹く1日になると予報が出ていたので、ウォーキングは行わずにひたすら家の中で新しい教材・教具を考えたり、図工・美術の作品見本を考えたりする1日になりそうです。

イラスト(赤城自然園へ)11/6
 昨年は11/3に行った「赤城自然園」へ紅葉を見に行ってきました。自宅から2時間かけていくと、山の中の駐車場は車がたくさん来ていて第二駐車場のほうへ誘導されました。紅葉の方は昨年の方が色鮮やかな感じでした。まだもみじの木の葉が青い葉のままという木が多くて、その分が昨年よりちょっと色鮮やかさに欠け赤城自然園赤城自然園赤城自然園ポルペッポからくりからくりるところです。まあ、そうは言っても紅葉の美しさには心が華やぐ感じでしたから、今年も行って良かったと思いました。森の中のベンチのある広場で家から持っていったコーヒーを飲みましたが、風で少しばかり冷えた体にはおいしかったですね。たいしたこともない上り坂で、あれ?・・ 体がちょっときついかもと感じた意外は気分も上々でした。毎日歩いている割には、ちょっとした坂道の連続に弱いと言うことがわかったことは収穫かも・・・。10代から20代に山登りが趣味だったことが嘘みたいな体力のなさには笑うしかない気分ですが・・。
 自然園の帰りには年に1回は行こうと決めている「現代からくりおもちゃ美術館 ポルペッポ」へ寄って、亡き西田さん等の作家さんのからくりおもちゃを見てきました。細かなところまで見える状態だったら、退職後はからくりおもちゃを作っていこうと思った場所ですから、はずせない場所です。

イラスト(半径30mの野鳥観察)11/5
 数日前に家の前の八瀬川でカワセミを見て以来、時々川を覗くようにしていると、カワセミが毎日来ていることがわかりました。カメラを用意しようとすると飛んで行ってしまうので写真はまだ撮れませんが、昨日はお隣の家の庭の柿の木にメジロを発見。雀が結構いるんだなあと窓越しに見ていたら、カワラヒワかと思うようメジロ金属部品のブローチな色の小鳥がいるのでじーっと観察していると目の周りが白いメジロだとわかりました。街中の車の通りが多い場所を流れる八瀬川ですが、チュウサギや大鷺や鴨が来ているし、カワセミやメジロ、ヒヨドリ、ジョウビタキ・シジュウカラ・鳩、オナガ・カワラヒワ・セグロセキレイ・セキレイ・ハシブトガラスも来るので、ちょっとした野鳥観察が家から半径30mの所でできます。退職した年は、伊勢崎市や館林市・前橋市・みどり市・桐生市と野鳥観察のために出掛けていましたが、この数年はカワセミ一本に絞っているので、遠出はしなくなりました。それでもカワセミ以外の鳥を見るのも楽しいものです。現役の頃は野鳥観察は殆ど興味がなかったのに、趣味のひとつになるとは不思議なものです。10~20代の頃は登山と読書が趣味でしたが、Windows95が出る少し前からパソコンが趣味になって今に続いています。最近は新しい機器が出てもそんなに興味が湧かなくなっています。ある物を使えばいいじゃんという節約の意識なのか、年をとると新しいことを始める意欲が減退するからなのかわかりませんが、まあ両方なのかもしれません。おっくうがらずに何でもやっていかないとよくないなと最近思うことが多いです。教材制作は、信号機の箱をどうするかでまだ迷っているので、気分転換を兼ねて図工・美術の作品「金属部品で作るブローチ・ネックレス」等を作りました。

(資料作りとポスト)11/2
 
散歩がてら街中を歩いて、歩行者用の信号機とスイッチの写真を撮ってきました。色や形・寸法がわかるように写真を撮ってきたので、これを参考にしてイメージ図を描いていきます。信号機やスイッチは金属や樹脂でできていますから、その質感を出すのが一苦労になりそうです。昨日はスイッチを探しにジョイフルホンダに信号機の写真郵便ポスト行ってきましたが、以前よりも置いてあるスイッチの種類が減っていて、歩行者用のスイッチと同じタイプのものは置いてありませんでした。ちょっと誤算でしたね。私が持っているスイッチ類にはこのタイプのものはないので、今日はお隣の足利市まで足を伸ばして、スーパービバホームを見てこようと思っています。そこでもなかったら一度秋葉原まで行くしかないかと考えていますが・・。
 街中を歩いていて「あれ?」と思ったのは、昔の郵便ポストがまだ現役で使われている様子を2カ所で見つけたからです。市内を流れる八瀬川の桜並木の道を呑龍様(大光院)まで行くコースですが、なんだか愛しい感じがしました。今ある普通のポストは箱型でちょっと味気ないものですが、昔のポストのレトロ感がなんとも良い感じです。古いものも大切に使われているといいですね。建物にしても古いものと新しいものとが混在していると味わいがある気がします。新しいものは数年後には新しいものではなくなってしまいますが、古いものは年月を重ねてより味わいが増すので、何でも新しくすれば良いというものではないなあと思います。勿論、古いものはメンテナンスをしていかないと朽ちるだけでしょうが、多分、会社や学校なんかもそういった部分はあるかもしれません。教材・教具もある意味そのことが当てはまる気がしますが・・。あれこれ考えながら歩くのは、脳にとっては余り良くないそうですから、もっと良い意味でぼけっと景色を見るだけにした方がいいのかも。

(外は肌寒い)11/1
 
昨日、「ぐんまこどもの国」に昼頃歩きに行くと、肌寒かったこともあってか訪れている人の数は少なかったです。池のカワセミは飛ぶ姿は見られましたが、あっという間に姿が見えなくなってしまったので、ジョウビタキやコゲラなどの鳥を見て歩きました。上の池に行くと一眼レフに大きな望遠レンズをつけたカメラを三脚プッシュ式スイッチの内部構造に据えた人が3人、池の鴨の写真を撮っていました。半月前くらいまで池には鴨はいませんでしたが、見ると10羽くらいは来ていました。例年数十羽は越冬でやってくるので、今年もうまくいけばオシドリが見られるかもしれません。オシドリが見られるのはかなりラッキーです。私がこどもの国に通うようになって4年になりますが、見られたのは2回のみです。どこの地方でもいるところにはいるのでしょうが、意外と見ることができない鳥です。
 帰宅してからは、「歩行者用の信号機」について考えましたが、木の板を使って箱を作れば強度など簡単にクリアできますが、厚画用紙等だと加工は簡単になるものの、箱の中に入れるライトの重さで箱が変形する可能性あり。段ボールでは仕上がりがちゃちになりそうなので、ちょっとどうかなと思います。木工をしなくても作れるようにしたいので、もう少し良い案がないか考えます。ライトに関してはスイッチになる部分を手元でON・OFFできるようにしようと思っています。ダイソーで売っているプッシュライトは手に入れやすいので候補の1つですが、コードは足さないといけないしスイッチ部分はプッシュ式のまま使うのか、パチパチと切り替えがスムーズなトグル式にするかで悩んでいます。今回は、特に「誰にでも作れる」ということが大事なので、もう少し考えようと思います。木工や電気の工作が苦手な人にも作れる教材になるように・・。



アニメーション更新した内容です。

更新した内容は、わかりずらくなるのをふせぐため、2週間位で古いものから消していきます。ここに訪れてくださった方々が、新しい情報についてすぐにわかるようにしたいと思っています。

自己紹介、制作上の留意点等
色々な教材・教具1(自立活動・基礎学習)
色々な教材・教具2(国語)
色々な教材・教具3(算数・数学)
色々な教材・教具4(図工・美術) 
色々な教材・教具5(体育・あそび)
色々な教材・教具6(作業) 「箸袋」が入りました。12/3
色々な教材・教具7(日常生活の指導)
色々な教材・教具8(音楽) 
色々な教材・教具9(生活単元学習・特別活動) 「信号機」「信号機の簡単版」「歩行者用の信号機」「歩行者用の信号機の手押しスイッチ」「歩行者用の信号機の手押しスイッチ:簡単版」が入りました。12/1
色々な教材・教具10(社会・理科)
色々な教材・教具11(その他) 
 教材・教具の制作と活用の手引き Q&A Q&A
「意外と気づかない靴のことって何?」(まだ書き込んでいません。)
教材教具のHPリンク集
0から始める教材作り1
0から始める教材作り2
0から始める教材作り3 
0から始める教材作り4 「箸袋」の作り方が入りました。12/3
0から始める手作りおもちゃ1
0から始める手作りおもちゃ2 
0から始める手作りおもちゃ3 
0から始める手作りおもちゃ4 
0から始める手作りおもちゃ5
0から始める手作りおもちゃ6 
0から始める手作りおもちゃ7 
0から始める手作りおもちゃ8  「紙飛行機」(記入はまだ)

「ポッチャン水入れ」が入りました。(まだ未記入)

0から始める手作りおもちゃ9 
0から始める手作りおもちゃ10  
カワセミの小窓  ※データ量を減らすため、写真を減らしました。7/2
絵本のページ ※長らく更新していませんでしたが、教材としても使える「絵本」を徐々に加えていきます。
子どもと一緒に楽しい実験をしてみましょう 「コップの水がこぼれない」「コップの水がこぼれない2」が入りました。1/12(説明はこれからです。)
 

ページの最初に戻る