全国の美術館へのリンクです



ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

(ア行)
愛知県美術館
愛知芸術文化センターの開設にともない、その一翼を担う機関として新しく開館した美術館です。
所蔵作品と特別展のための展示施設を持った10階の愛知県美術館と、旧文化会館美術館の機能を引き継ぐ8階のギャラリーとを併せ持つ複合型文化施設で、その所蔵作品は 20世紀美術の展開を跡づけるものとなっています。20世紀の美術を、できるだけ幅広く体系的に紹介することをめざし、企画展においては、20世紀を中心とした特定の作家や動向をより深く紹介しています。
アイヌ民族博物館
白老町のポロト湖畔にかつてあったアイヌの大きな村(ポロトコタン)を復元した集落に隣接してつくられた博物館です。アイヌの人々の民族資料が数多く展示されています。
相原求一朗美術館
埼玉県生まれだが、1962年に訪れて以来、北海道の風土に魅せられ、30数年にわたって北海道を題材にした絵を描いている相原求一朗の作品を収めている美術館です。 建物は、札幌軟石を使った歴史的建造物の旧帯広湯を移築・復元した本館と新築の別館があり、坂本直行記念館が旧国鉄広尾線の枕木を使ってつくられた遊歩道で結ばれて隣接しています。
秋田県立近代美術館
1994年、秋田ふるさと村内にオープンした美術館です。
秋田蘭画の小田野直武、郷土の画人平福穂庵・百穂父子、福田豊四郎などの作品から、ロダン、ブルーデル、マイヨールなどの世界の名作まで、国内外の美 術品約1,000点、彫刻約120点が展示されます。また、これらの収蔵作品や世界の名作を大型映像で鑑賞できる日本でも有数のハイビジョンギャラリーが設けられています。
秋田市立千秋美術館
常設展示は郷土ゆかりの作家が中心です。「岡田謙三記念館」では、洋画家・岡田謙三の101点の作品から、その画業をたどることができます。「児童愛犬図」や「野山柴」「落ちないリンゴの寓話」など、独特な雰囲気を持った作品の拡大画像を見ることができます。
青森県営浅虫水族館
青森県近海はもとより、世界中の海や川に棲む魚介類・生物約450種5千点を飼育・展示する水族館です。幅15m・奥行き10m・深さ4mの大きさで底にガラス張りのトンネルのある海洋大水槽や、イルカ・アシカショーが楽しめます。
浅蔵五十吉美術館
九谷焼の大生産地である寺井町出身で、300年の歴史ある九谷焼の伝統を受け継ぎながら、意匠や技法に新たな工夫を加えて現代感覚の作品をつくりつづけている陶芸家・浅蔵五十吉の作品を展示する美術館です。
朝倉彫塑館
日本近代彫塑界の大御所であった朝倉文夫のアトリエ兼自宅を公開したもので、作家の作品とそれが生まれた環境を知ることができる美術館です。
朝倉自らが設計した住居・アトリエ・庭園をはじめ、コレクション・遺品等をじっくりと楽しむことができます。
旭川市彫刻美術館
旭川市ゆかりの彫刻家、中原悌二郎を記念して開設された美術館です。
館内には、中原作品のほか、彼に大きな影響を与えたロダンや荻原守衛、石井鶴三、堀進二らの作品も展示されています。また、その建物は、本格的な洋風クラブ建築として国の重要文化財として指定されています。
旭川美術館
道立美術館の地方館第1号として昭和57年にオープンした美術館です。
木の街・旭川にちなんで「木の造形作品」の収集展示と、道北ゆかりの作家の作品展示がテーマとなっており、 ユニークな館活動を展開しています。
安曇野山岳美術館
北アルプスを中心とした本格的山岳絵画を紹介する美術館で、山岳絵画の祖・足立源一郎、山岳絵画で著名な上田太郎、加藤水城、森林絵画の権威桑原宏の名作を展示しています。
安曇野ちひろ美術館
いわさきちひろの作品のほか、国内外の絵本画家の作品や絵本の歴史を紹介する資料などを展示しています。芝生で絵本が読める図書室や戸外にも出られるカフェ、幼児室、資料研究室(申込制)などがあり、美術館を取り囲む35,000平米(松川村営)の公園の 中にはいわさきちひろが愛した黒姫山荘(復元)や、花畑、チェコの絵本作家クヴィエタ・パツォウスカーのデザインした池や石のオブジェ、アルプスの清流などが流れていて、とても素敵です。
足利市立美術館
収蔵・展示品は、足利市出身の画家・川島理一郎の作品と、彼が集めたカロなどの版画コレクション、鏑木清方、北野恒富、飯田善國、マイヨールなどの作品で、それらの常設展示とともに、年5回程度の企画展が行われています。また、友の会が広報・親睦事 業に加え、喫茶店の経営なども行うなど市民に開かれた美術館となっています。
足立美術館
横山大観を中心とする近代日本画のコレクションと1万3千坪の広大な日本庭園が広がる美術館です。
近代日本画としては横山大観の作品130点余りをはじめ竹内栖鳳、川合玉堂、榊原紫峰、上村松園などの作品が収蔵されています。
東村立富弘美術館
群馬県の草木湖の畔にあるきれいな美術館です。
東村在住の、画家であり詩人である星野富弘さんの水彩画と詩を常時100点ほど展示しています。人の心に寄り添うような、やさしい美術館です。
博物館・網走監獄
明治23年創設以来74年間にわたって実際に使われてきた放射状に配置された木造平屋の獄舎や教誨堂庁舎などの建築物とさまざまな資料を展示する博物館です。監獄のほかに、釧路地方裁判所網走 支部の法廷や拘置室なども移築復元されています。
網走市立美術館
郷土出身洋画家である居串佳一の『北方に生く』『漂泊』などの作品が展示されています。 絵画の他にも、佐藤忠良、石田武至、圓鍔勝三の彫刻が鑑賞できる美術館です。
荒井記念美術館
国内最多をほこるピカソの版画コレクション267点を収蔵していて、「青の時代」の版画『貧しい食事』や、『女の顔』なども見ることができます。 所蔵作品の中から適宜展示する美術館である1号館と、共和町出身の画家・西村計雄の美術館と有島武郎の小説をテーマとした「生まれ出づる悩み美術館」からなる2号館の2つがある美術館です。
有田陶磁美術館
世界に知られた陶磁の町・有田につくられた陶磁専門美術館です。佐賀藩の焼物倉庫、石倉を利用して作品を展示しています。 有田の磁器創始期の製品や伊万里様式・柿右衛門様式・色鍋島様式など様々な磁器を展示・収集しています。
安養院美術館/通称(北インド・チベット仏教美術館:サマヤシュヴァルナム/正式名称)
都会に居ながらにして“心のふるさと”ヒマラヤの空気にひたれるイメージでつくられ、北インド・チベットの仏教美術を香の匂いと環境音楽の中で展示する美術館です。
飯田市美術博物館
美術館部では「自然と人間のフュージョン」、博物館部では「きびしく豊かな自然とその中に生きる人間」をテーマに、伊那谷の美術・自然・歴史民俗を紹介する美術博物館です。
「柳田国男館」は氏の書斎を世田谷から移築し、民俗学の学舎として活用しており、「日夏耿之介記念館」はその作品と遺愛の品々を中心に展示しています。
池田20世紀美術館
伊豆半島の観光に、現代美術の香りを添える、「人間」をテーマにした、20世紀絵画中心の本格的美術館です。
季節に合わせて収蔵品の展示替えを行いますが、ピカソ、ダリ、シャガール、ミロなどは常時見ることができます。
石神の丘美術館
岩手山、姫神山を眺望する雄大な自然に囲まれた野外彫刻美術館です。
岩手町のシンボルである「彫刻」と豊かな「自然」?この二つを結び結びつける空間としてのオープン・エアミュージアムとなっています。
石川県九谷焼美術館
青手の間、赤絵・金襴の間、色絵・五彩の間を中心に、古九谷から現在にいたる九谷焼の流れを紹介する美術館です。
加賀市の文教地区、市立図書館に隣接した「古九谷の杜親水公園」にあり、 公園と一体化して、四季おりおりの美しい景観も楽しめます。
所蔵の作品も数多く、詳細に紹介されているので、居ながらにして楽しむことができます。
石川県七尾美術館
七尾の地名の由来である7つの尾根を表現した、7つのドームが連なる屋根が特徴的な美術館。美術館建設のきっかけともなった 七尾市名誉市民故池田文夫の収集品である陶磁器や近代日本画などの「池田コレクション」に加え、能登地方にゆかりのある各ジャンルの作家の作品などを所蔵・展示するほか、桃山時代の画人・長谷川等伯の各地に点在する作品をハイビジョンで紹介するなど郷土色豊かです。
石川県立美術館
兼六園に隣り合う日本でも指折りの美しい美術館です。
国宝の野々村仁清作「色絵雉香炉」や重要文化財「色絵梅花図平水指」、重要美術品や県指定文化財の 古九谷の古美術陶磁が200点余りあり、漆工、染織、金工、刀剣・甲胃、木工、日本・東洋画、油彩画、版画、彫塑、書など、数多くの美術品が収蔵されています。
石川県輪島漆芸美術館
輪島塗をはじめとする漆芸専門美術館です。人間国宝、芸術院会員をはじめ古今の漆芸家の名品の紹介を通して、日本で高度に発展し完成された漆芸の美しさと出会い、漆の文化を語り合えるような場所をめざしています。
石坂洋次郎文学記念館
1926年に26歳で横手に教師として赴任し、13年間にわたって教員生活を送った石坂洋次郎の記念館です。横手は、洋次郎の代表的 な作品である「山と川のある町」「若い人」などの舞台ともなっていて、洋次郎の生原稿や遺墨、写真パネルなどが展示されています。
石橋美術館
展示作品は、石橋コレクションのうちの日本近代洋画が中心です。
収蔵作家としては、黒田清輝、久米桂一郎ら九州出身者、その他岡田三郎助、藤島武二、佐伯祐三、坂本繁二郎などの作品がそろっています。とくに明治浪漫派の代表作といえる青木繁の「海の幸」「わだつみのいろこの宮」(ともに重文)は常設展示で見ることができます。
伊豆一碧湖美術館
現代フランス画壇の人気作家ジャン・ピエール・カシニョールの絵画150余点を展示している美術館です。
伊豆の景勝地として日本の百景のひとつに数えられ、約500本の桜の木立にかこまれた湖の散策を楽しむかたわら、やすらぎに満ちた空間を楽しむことができます。
伊豆ガラスと工芸美術館
アール・ヌーヴォーからアール・デコ期のガラス美術と装飾工芸品約140点を常設展示する美術館です。収蔵品のエミール・ガレ、ルネ・ラリック、ティファニーなどの作品を展示する常設展とともに、内外の工芸品やアール・ヌー ヴォーやアール・デコ期の美術品をテーマとした企画展を実施しています。アンティーク・オルゴールの演奏を楽しめたり、ステンドグラス制作体験(所要時間・約1?2時間)のできるコーナーや、世界のガラスショップ、ガラスの食器で喫茶を楽しめる喫茶 室もあり、とても楽しめます。
伊豆高原きり絵美術館
「切り絵」を専門とする美術館です。収蔵品の展示とともに、年3回の企画展で様々な切り絵を展示していて、「切り絵」の製作方法を知りたい人のために、一般的な製作過程を実物を交えて説明しています。
和泉市久保惣記念美術館
久保惣株式会社の代表者、久保惣太郎氏と同家の人々が、蒐集美術品、敷地、建物を基金も添えて和泉市に寄贈し、昭和57年10月に開館された美術館です。 建物は、純和風で白壁に包まれていて、館内には日本と中国の東洋古美術品が展示され、国宝「歌仙歌合」(書跡)、「青磁 鳳凰耳花生 銘万声」(工芸)ほか、500点を超える コレクションを誇ります。
板橋区立美術館
自然が残る赤塚城址付近一帯を「教育と文化の森に」という構想から開館した美術館です。収蔵品は、江戸狩野派を中心とした近世絵画、大正から昭和前期の前衛美術や区内在住作家の作品が主です。
地域密着の幅広い社会教育活動が行われています。
百河豚美術館
富山県出身の実業家、青柳政二が長年にわたり収集した日本・東洋の古美術品と私財の寄付によって昭和58年開館した美術館です。
収蔵品は浮世絵、水墨画、大和絵、陶磁器、金工、漆工、木工、書、仏像など多岐にわたるが、特に江戸初期の陶芸家、野々村仁清のコレクションはその質、量において他ではみることのできない貴重なものです。
伊丹市立美術館
所蔵品は、19世紀フランス美術を代表する作家の一人、オノレ・ドーミエの約2000点を超える風刺版画、ほかに彫刻、油絵が中心になっています。
逸翁美術館
阪急東宝グループ創始者の小林一三(雅号「逸翁(いつおう)」が集めた美術品を収蔵している美術館です。小林一三の旧邸「雅俗山荘」を利用し、古筆、古経、絵巻、中近世の絵画、日本・中国・朝鮮などの陶磁器、日 本・中国の漆芸品など5000余点を収蔵し、特に、「奥の細道図巻」や「白梅図屏風」など与謝蕪村と呉春のコレクションは日本一といわれています。
IZUMIWAKU project<学校美術館構想>展
学校という日常的空間とアートという行為を、それぞれに再発見する試みです。
出光美術館
「伴大納言絵巻」から喜多川歌麿まで、国宝、重要文化財など、超一級の美術品が目白押しです。
また工芸品では織部、古九谷、唐三彩など、欧米絵画ではルオーやサム・フランシスのコレクションなど、本当に豊富な内容で、圧倒されます。
出光美術館(大阪)
日本と中国の古美術のコレクションで知られる美術館です。出光興産を興した実業家出光佐三が収集した美術品を主に収蔵・展示する出光美術館の大阪館となっています。
伊東近代美術館
実業家、故伊東充翁が収集した美術品を展覧するために創立された諏訪湖畔の美術館です。
日本画では伊東深水をはじめ、横山大観、川合玉堂、山口蓬春、奥村土牛、上村松篁、小倉遊亀、奥田元来、大山忠作など第一線で活躍した画家の200点を収蔵し、 彫刻では、我が国彫塑界の至宝と言われる平櫛田中の特別室が設けられています。
田舎館村歴史民俗資料館
弥生時代から現代に至るまでコメ所として知られる田舎館村の弥生時代の考古資料や江戸時代の農学書などの農業関係の資料が充実した博物館です。
INAX ギャラリー
建築とその周辺の文化についてのユニークな企画展を展示するギャラリー1と、若手の現代美術作家などの作品を紹介するギャラリー2とからなります。 また、企画展の特集をとりまとめたINAX BOOKLET をはじめとする出版も行うとともに、建築・デザイン関係の専門書店INAXブックギャラリーも見逃せません。
イナチュウ美術館
世界各国の王朝時代につくられた品々、そして王侯貴族たちの愛用品などを専門に展示した日本ではじめての美術館です。
井波美術館
浄土真宗瑞泉寺の再建(1774)の際に京都から派遣された彫刻師を起源とし、木彫刻の技が根付き、その伝統を生かし、近世になって美の創造に意欲をもやした数多くの作家が輩出してきました(彫刻・工芸・絵画・書・写真等)。その人達の作品を、大正ロマ ン溢れる旧北陸銀行の建物に展示する美術館です。
犬養木堂記念館
岡山県の生んだ政治家・犬養毅の記念館です。
遺品、遺墨、写真、手紙などが展示されていて、犬養毅の足跡をしのぶことができます。
茨城県つくば美術館
茨城県近代美術館の分館として位置づけられているが、独自の企画展の開催や貸しギャラリーとして作家や団体に開放しています。主に現代美術の作家の個展や作品展が行なわれ、コンピュータ・グラフィックスやビデオコーナーによる普及活動も行われています。
茨城県立近代美術館
茨城の美術を核として、国内外の近代・現代美術を展観することができる美術館を目指し、広く県民の期待に応えようとする美術館です。
複製画や映像による美術情報の提供と各種講演・講座の開催、中村彝アトリエの公開、夏休み期間における親子向け特別企画の実施など、活動も意欲的です。
いわき市立美術館
日本の公立美術館としては初めて、世界の現代美術を収集する方針をたてたことでも知られる美術館です。
現在約1650点の現代美術コレクションは国内トップクラスと言われていて、 ヘンリー・ムーア「横たわる人体・手」、「人体測定・ANT66」、ウォーホール、ローゼンクイスト、リキテンシュタインなどほか沢山の作品が鑑賞できます。
いわさきちひろ絵本美術館
いわさきちひろの自宅を美術館にしたもので、レンガ造りの温かい雰囲気です。
ちひろの手による子どもたちのさまざまな表情や動作を心ゆくまで楽しむことができます。
岩崎美術館
いわきホテルの敷地内にあり、故岩崎興八郎氏のコレクションを展示した美術館です。
黒田清輝、藤島武二などの鹿児島出身の作家による作品が飾られているのをはじめ、19世紀以降のフランス絵画を中心とした海外の作家による作品も飾られています。必見の作品はアンリ・マチスの「ラ・ポエジー」です。
岩手県立美術館
盛岡市中央公園に位置する新しい美術館です。
萬鐵五郎、松本竣介、舟越保武を柱とした郷土作家の作品を中心に収集、展示し、また国内外の様々なテーマによる企画展を開催しています。
岩手山を一望する景観もお楽しみいただけます。
岩山漆芸美術館
目黒雅叙園の漆美術品数千点を修復した韓国の漆芸家 全龍福が製作した世界最大の漆芸作品「岩手の魂」を初め、約2,000点に及ぶ漆芸作品を順次展示するほか、漆塗りや螺鈿細工が体験できる場を設けるなど、世界に誇る漆芸美術館美術館となっています。
印刷局記念館「お札と切手の博物館」
大蔵省印刷局創立百年を記念してつくられた博物館です。お札・郵便切手の製造工程の説明や、お札などを印刷する印刷機の模型、1億円の重さを体験できるコーナー、日本と世界の珍しいお札や切手の展示などが行われています。
植田正治写真美術館
数々の賞に輝く写真家 植田正治氏の作品を集めた美術館です。雄大な国立公園大山の素晴らしい自然のなかで氏の初期から現在までの作品を楽しめます。
上野の森美術館
箱根・彫刻の森美術館との姉妹館で、増田清志「待望」、北村一二三「赤い服の女」が展示されています。
宇都宮美術館
豊かな自然との共存を目指して設計された、3つの展示室から成る美術館です。
最新の映像システムを備えた講義室では,講演会やハイビジョン・プログラムの上映 なども行なわれ、ミュージアム・ショップ、レストランなどの美術鑑賞をより楽しくするための施設も充実しています。所蔵作品にはマグリットの「大家族」、 カンディンスキーの「横切る赤」、デュフィの「ピエール・ガイスマール氏の肖像」、松本竣介「街」、難波田龍起「わが生の記録1」など多彩です。また、野外 彫刻、環境をテーマとした作品などの蒐集にもちからを入れています。
美ケ原高原美術館
雄大な山並みを一望する美ケ原高原に“自然と人間、そして愛”をテーマにしてつくられた野外彫刻美術館です。
箱根にある彫刻の森美術館の姉妹館として開館されました。内外の現代彫刻約400点が13万平方メートルに及ぶ広大な敷地と建物内に点在すしています。 また、ヴィーナス像の大理石模刻作品8体がある展望台併設の「ヴィーナスの城」や、子供達が気軽に彫刻にさわれる「こども美術館」やライトアートを紹介・展示する「光の美術館」や企画展やコレクション展を行う「絵画館」などもあり、楽しい美術館となっています。
ウッドワン美術館
平成8年9月に、木質建材メーカーである株式会社住建産業の所蔵する美術品約800点を展示・公開する目的で開館した美術館です。
収蔵作品は、 近代日本絵画 、マイセン磁器、 アール・ヌーヴォーのガラス作品 、中国清代の陶磁器、 薩摩焼などです。
浦添市美術館
沖縄県浦添市にある美術館です。
所蔵されている琉球漆芸は王朝文化の華と呼ばれ、琉球近海の夜光貝で飾られ た美しい漆器です。 沖縄県指定、浦添市指定の有形文化財をじっくりと鑑賞してください。
また、与那覇朝大さんの、沖縄の風景画も楽しむことができます。
英王宮の歴史美術館
歴史情緒あふれる小諸の街に誕生した、英王宮の歴史美術館です。
王室の歴史、建築、内装美術、王家の美術趣味、あるいは家具調度品などの極めて重要な情報を提供する、英王室の七宮殿を描いた作品たちを堪能することができます。
永青文庫
肥後(熊本)の大名として長い歴史をもつ細川家にゆかりの歴史資料・文化財を収蔵する博物館です。歴史的な有名人の書状や古文書、美術工芸品、近代絵画などを所蔵し、一部を年4回に分けて公開しています。
江戸東京たてもの園 (東京都江戸東京博物館分館)
江戸から昭和期にかけて建てられた文化的に価値のある建物を移築・復元し、下町や山の手の姿をよみがえらせ、建物内にそれぞれの暮しの様子がうかが える展示をつくり、失われつつある江戸東京の歴史と文化を伝えていくことを目的とした野外博物館です。
江戸東京博物館
江戸東京の歴史と人々の文化を、実物資料、複製資料や大型模型でわかりやすく展示しています。また、講演会やイベントなど、文化活動にも力を入れています。
ほかに、分館の「江戸東京たてもの園」が小金井市にあって、生活民俗資料などが展示されています。
NHK放送博物館
NHK発祥の地に建てられ、約2万件のテレビ・ラジオなどの放送資料と6千点の放送関係図書を所蔵し、その一部を公開展示しています。 展示内容は、放送の歴史を機器・台本・音声・映像などで分かりやすく展示する常設展に加え、企画展、ラジオ・テレビ番組の検索視聴、NHK番組のビデオ上映、ハイビジョン公開、専門図書室の公開なども行なわれています。
愛媛県美術館
創り、学ぶ新しい参加創造型の美術館をめざしています。
収蔵作品にはセザンヌ、モネ、クールベ、ボナール、菱田春草、安田靫彦など多彩で、ほかに 油彩、水彩、工芸、書、写真も、数多く収集されています。
江別市セラミックアートセンター
中国陶磁や釉薬研究の第一人者で晩年江別で作陶活動を行った小森忍の作品をはじめとする「北のやきもの展示室」や、北海道の煉瓦産業の歴史や生産工程を紹介する「れんが資料展示室」、自由に創作・作陶できる「教室工房」「レンタル工房」などがある美術館です。
MOA美術館
熱海駅のすぐ裏から始まる山の中腹に建つ贅沢な雰囲気の美術館です。
コレクションは、尾形光琳の「紅白梅図屏風」をはじめ、野々村仁清、伝本阿弥光悦などの国宝、重文を含めて約3500点です。能楽堂も茶室もあって、一日たっぷり楽しめます。
演劇博物館
1928(昭和3)年10月、坪内逍遙博士が古稀の齢(70歳)に達したのと、その半生を傾倒した「シェークスピヤ全集」全40巻の翻訳が完成したのを記念して、各界有志の協賛により設立された博物館です。
日本国内はもとより、世界各地の演劇・映像の貴重な資料を揃えており、錦絵46,000枚、舞台写真200,000枚、図書150,000冊、その他衣装・人形などの演劇資料52,000点をあわせて、数十万点にもおよぶ膨大なコレクションとなっています。
O美術館
映像、現代美術を中心としたユニークな企画展を行う美術館です。 またCG制作のためのスタジオを持ち、セミナーなども開催しています。
青梅市立美術館
多摩川沿いの眺望のよさを生かしてつくられた美術館で、日本近代の絵画や青梅にゆかりの深い作家の作品を収蔵・展示しています。
大分市美術館
上野の森の自然環境に調和した落ち着いた雰囲気の建物で、常設展示棟と企画展示棟に分かれた美術館です。
4つの常設展示室では、これまで収集に努めてきた近世絵画から現代美術にいた る約1,000点の所蔵作品の中から、国指定重要文化財の田能村竹田の豊後南画や高山辰雄の日本画など大分ゆかりの作家の作品を中心にジャンル別に展示しています。 また近代・現代の洋画も充実しています。
大川美術館
大川栄二氏が所蔵していた膨大な絵画を桐生市に寄贈し、博物館法に則り設立された、桐生市立の美術館です。
おもに松本竣介、野田英夫を中心に収集されていて、二人にゆかりの画家たちを見ることで日本の近代絵画の流れを見ることができます。また、館長の大川氏のキャラクター もテレビなどでお馴染みで、地域に密着した美術館となっています。
大阪市立東洋陶磁美術館
住友グループ21社から、すぐれた東洋陶磁を集めた「安宅コレクション」の寄贈を受けたことを記念し、これを収蔵・展示するために大阪市が設立した 陶磁専門の美術館です。世界で初めての試みである自然採光ケースや、陶磁器の性格に合わせて高さの違う天井をはじめさまざまな創意工夫をこらしていて、あくまでやきものの美を引き出すことをねらった空間づくりへの努力が感じられます。
大阪市立美術館
天王寺公園内にあり、昭和11年5月に開館した美術館です。
所蔵作品は現在、総数7700件に及んでいます。絵画、彫刻、書跡、金工、陶磁、漆工、染織など多くの分野にわたっていま すが、中国絵画・石仏を中心とした東洋美術、仏教美術・光琳資料・近世の漆工芸からなる日本美術との2本の柱がコレクションの中心をなしています。
大阪府立現代美術センター
地下鉄肥後駅の近くの美術館です。
地域に密着して、各種企画展やシンポジウム、講演会を開催し、意欲的な活動を行なっています。展覧会に伴って、それに関する催しがあるというのは特徴的です。
太田記念美術館
葛飾北斎の「富嶽三十六景」や宮川長春の「美人立姿図」が見られます。
浮世絵の初期から末期にいたるまでの代表作のそろった美術館です。
大津絵美術館
江戸時代に大津の追分や三井寺の周辺で土産物として売られていた民芸絵画・大津絵の美術館 館内には阿弥陀仏や青面金剛などの仏画やひょうたん鯰、奴などの様々な大津絵に加え、円山応挙の「えと十二支図」や鳥羽僧正の「放屁合戦」などまでが展示されています。
大沼ヴェネチアガラス美術館
イタリアのムラーノ島でつくられた繊細なガラス製品を中心に約170点にもおよぶ作品を常設展示する美術館です。
大原美術館
昭和5年に、倉敷に誕生した日本初の西洋近代美術館です。
本館には近代西洋絵画が展示されており、エル・グレコ、コロー、モネ、ゴーギャン、セガンティー二、ロートレックが見られ、分館では藤島武二、岸田劉生などを鑑賞できます。
大村美術館
秋田市在住のルネ・ラリック収集家、大村夫妻の私設美術館です。世界でも珍しい作品もあり、毎月展示品が入れ替えられます。なるべくそのまま の美しさを感じて頂きたいと、ケースに入れずライティング等にもこだわって、作品だけでなく見せかた自体もアートしているのが嬉しい美術館です。
おかざき世界子ども美術博物館
郊外の豊かな自然の中につくられた世界で初めての本格的な子ども美術博物館です。施設は、美術への関心を高め知識の習得をめざすTHINKゾーン、鑑賞のためのSEEゾーン、それらを見たあとに創作活動を行うDOゾーンの3つのゾーンに分かれます。世界の児童画や有名美術家の少年少女時代の作品なども展示す るとともに、絵画・工作・粘土教室等で各種の制作を体験でき、地域住民からの人気が高い美術博物館といわれています。
岡之山美術館
東経135度、北緯35度と、日本の中心につくられた「日本のへそ公園」に建てられている美術館です。西脇市は、現代日本を代表する美術家・横尾忠則の出身地で、横尾忠則の作品による年2回の企画展示を行なっています。
岡山県立美術館
岡山市の中心部に位置する都市型の美術館です。
岡山県ゆかりの芸術家の作品を収蔵・展示し、随時100点程が紹介されています。
岡崎市美術博物館(マインドスケープ・ミュージアム)
約190ヘクタールの都市公園内につくられた美術博物館で、傾斜地を利用した半埋没の建物、霧の噴水のオブジェなどが配された周辺など、トータルデザインされた景観が特徴です。 館のテーマは「心を語るミュージアム」で、「16・5世紀」「マインドスケープ」「ワールドバロック」「東と西の出会い」の4つの基本コンセプトのもと、企画展を実施しています。
岡山市立オリエント美術館
岡山における文化的な都市づくりの一環として、オリエント美術品の展示を目的に設立された美術館です。学術的に体系立った収集がなされているので、展示内容を見ることで、オリエントの歴史、美術史が理解できるようになっています。多数の所蔵品がありますが、モザイクの「兎を追う犬図」などは生き生きとした作品です。
奥村土牛記念美術館
現代日本画壇最高峰であった、故奥村土牛画伯の素描を収蔵した美術館です。
土牛が八千穂在住の頃に描いた作品など、素描画のデッサンが中心で、その他オリジナルリトグラフや奥村土牛の遺品が収蔵されています。常時42?43点が展示されていて、 年3回(4月・7月・11月)季節に合わせた名品の展示替えを行っています。
お札と切手の博物館
大蔵省印刷局創立百年を記念してつくられた博物館です。お札・郵便切手の製造工程の説明や、お札などを印刷する印刷機の模型、1億円の重さを体験できるコーナー、日本と世界の珍しいお札や切手の展示などが行われています。
小樽市博物館
1985年に旧小樽倉庫に移転した博物館です。
小樽美術館
小樽出身である日本画の筆谷等観、洋画の長谷川昇、小野健吉、工藤三郎、三浦鮮治、日本を代表する風景画家、中村善策らの作品を鑑賞することができます。
小樽ヴェネツィア美術館
18世紀に建てられたヴェネツィアのグラッシー宮殿を模してつくられた建物で、18世紀の貴族の居間や食堂、寝室、書斎などを再現した中に、ヴェネツィアガラスの工芸品や鏡、豪華な家具などが展示されています。また、現代ヴェネツィアガラスの巨匠が つくった噴水があるほか、ガラス作家の特別展なども行われています。
小樽オルゴール堂
様々なオルゴールを収蔵・展示し、その音を聴くことができる博物館です。本館、2号館、銀星館、からくり動物えんに分かれています。
尾道市立美術館
尾道市千光寺公園内に建つ、見晴らしの良い美術館です。平成15年1月15日にリニューアルオープンされました。
尾道市ゆかりの美術作品を中心に幅広い展示がなされ、郷土の画家・小林和作の記念室もあります。
帯広美術館
帯広・網走など道東ゆかりの代表的な作家の作品と近・現代の版画やポスターなどの印刷美術作品を中心として収集・展示している美術館です。
おぶせミュージアム・中島千波館
小布施町生まれの日本画家・中島千波の作品約500点を収蔵し、季節毎に展示替えするとともに、現代作家を中心とした企画展を行なっている美術館です。 四季折々の花木を楽しめる庭があり、別名「花咲くぶらり美術館」とも呼ばれています。
オホーツク流氷科学センター
流氷や海洋に関する科学的知識と、流氷に象徴されるオホーツク圏域の自然と生活文化をわかりやすく楽しく学べる科学館です。真夏でも氷点下20度で流氷にさわれる厳寒体験室、全天周映像システム「アストロビジョン」をはじめとする映像設備群、砕氷船 の模型、人工衛星から送られてくる流氷の映像などを見・体験できます。
オホーツク流氷館
実物の流氷120tを展示したマイナス15度の厳寒流氷体験室と110インチ3面スーパーワイドハイビジョンシアターで、幻想的 な流氷と網走の四季を再現した博物館です。ほかに、流氷観光破氷船「おーろら」の操縦を疑似体験したり、流氷占星術などで楽しむこともできます。
Up to the Top

(カ行)
海岸美術館
写真家の浅井愼平氏の作品を展示する写真美術館で、1960年代から現在にいたるまでの作品50数点と、浅井氏自身がつくったガラス工芸作品が常設されています。 まわりの自然と一体となった美術館で、同じ写真が天候により様々に見ることができるのも楽しいです。
香川県文化会館
展示室・芸能ホール・茶室などの施設を有する文化施設で、県立美術館としての機能も担う会館です。 「和洋混在併存」した木をふんだんに使った建築の中には、香川県出身の先覚作家および現代作家の作品を中心とした美術作品約1400点を収蔵しています。 収蔵品には、平山郁夫などの日本画や、猪熊弦一郎、小林萬吾などの洋画、新田藤太郎、イサム・ノグチなどの彫刻、北原千鹿などの美術工芸や書・写真などもあります。
角館町 平福記念美術館
藩政時代の佐竹北家家臣の屋敷跡で、その後は平福百穂の尽力によって建てられた旧制県立角館中学校の校舎があった場所に建つ美術館です。
佐竹義躬(さたけよしみ) 、小田野直武、常世翠巒(とこよすいらん)、平福穂庵ら、郷土の画人たちの作品が所蔵されています。
鹿児島市立美術館
摩藩主島津氏の鶴丸城二の丸跡地につくられた美術館です。
黒田清輝、藤島武二、和田英作、東郷青児などの郷土作家と現代工芸、印象派のモネ、ルノアール、セザンヌなどの西洋美術の作品を展示しています。収蔵品 は、黒田清輝「アトリエ」、和田英作「赤い燐寸」、東郷青児「ブローニュの森の風景」、山口長男「卓上B」、モネ「睡蓮」、セザンヌ「風景」、ダリ「三角形の時間」、カンディンスキー「二つの黒」などで、彫刻では、ロダン、ブールデル、マイヨールなどを鑑賞することができます。
笠岡市立竹喬美術館
日本画壇に独自の画境を築いた小野竹喬の偉業をたたえ、その功績を永く伝承するため、遺族から寄贈された多数の遺作遺品をもとに建設された美術館です。
画伯の作品、遺品など580点が収蔵・展示されており、美術愛好家たちの人気を集めています。
笠間日動美術館
笠間神社と陶芸、芸術家の町として栄えた地に建つ大規模美術館です。
日動画廊の創設者である長谷川仁氏の画商としての長い経歴を生かした収集品が約2000点あります。
収蔵品は、岸田劉生、安井曾太郎、梅原龍三郎、藤田嗣治、林武、小磯良平、ルノワール、ピカソ、マティス、カンディンスキーなど多数にのぼります。
GAS MUSEUM がす資料館
東京ガスがガスをめぐる歴史と人の生活を展示すべく、東京ガス本郷営業所(明治42年建)と東京ガス千住工場内の計量器室(明治45年建)を移築してつくられたものです。いずれも東京都と建築学会から「貴重な建物」の選定を受けた煉瓦造の物で、芝生と煉瓦の広 場にガス灯がともり雰囲気を出しています。元本郷営業所の「ガス灯館」ではガスの歴史とガス灯・明治錦絵を展示しており、元計量器室の「くらし館」では熱として使われるようになったガス器具のうつりかわりや、ガスの供給・製造の歴史を紹介しています。
霞中庵 竹内栖鳳記念館
横山大観と並ぶ日本近代絵画の巨匠 竹内栖鳳の作品を集めた美術館です。
嵯峨野にあった栖鳳の山荘兼アトリエがこの「霞中庵」で、栖鳳が大変に愛した場所です。
葛飾北斎美術館
幕末の世界的浮世絵師・葛飾北斎の専門美術館です。
北斎の版画や版本、肉筆画のほか、門人の作品や 資料など約1000点の収蔵品から常時60点ほどが1-2ヶ月サイクルで展示されています。
可必館・京都現代美術館
四条通りの北側にある美術館です。自由の精神を持ちつづけたいという願いから「何必館」と名づけられました。
画商の梶川芳友が設立した現代美術を中心に所蔵されており、村上華岳の収集では日本有数の質と量を誇っています。
神奈川県立金沢文庫
この建物は、金沢八景「称名寺晩鐘」のお寺として知られています。収蔵品は、「十六羅漢像」「北条実時像」「弥勒菩薩立像」をはじめ、鎌倉時代の古書、古文書、美術工芸品など文化財が豊富です。
神奈川県立近代美術館
1951年11月に日本の近代美術館としてオープンした美術館です。
近代日本洋画を中心に、現在7000点をこえる美術作品を所蔵しています。 本館と別館に別れていて、平家池にのぞむ本館は、ル・コルビュジェに学んだ故坂倉準三氏の設計で、戦後のモダニズム建築として高い評価を受けており、 そこから350mほど離れて、古都鎌倉にふさわしく和風を加味した、大高正人設計の別館があります。
片岡鶴太郎美術館
俳優であり画家としても活躍中の片岡鶴太郎氏の作品を展示した美術館です。
温泉で有名な草津の「西の河原公園」から流れる湯の川のほとり、高台に建つ純和風の草津ホテルとこんもりとした緑をバックに、自然と歴史に溶け込む斬新なデザインの美術館です。
展示作品はどれもほのぼのと、やさしく温かい雰囲気で、心がなごみます。
金木町立歴史民俗資料館
金木町出身の作家・太宰治の代表作『斜陽』『人間失格』『桜桃』をはじめとする遺品や、新田開発資料、芦野七夕野遺跡・妻 の神遺跡・藤枝遺跡などからの出土品や、この地方に伝わる刺繍技法「三縞こぎん」などが収蔵・展示されている博物館です。
金沢市立安江金箔工芸館
金沢の金箔は、全国生産高の99%を占め、世界的にも優れた伝統産業製品として知られる。ここは、展示資料や美術工芸品を通して「金箔」の全てがわかりやすく理解できる全国にただ一つの金箔工芸館です。 金箔職人の第一人者・安江孝明が「職人の誇りとその証」を後世に残したいとの念願から、昭和49(1974)年に私財を投じ金箔工芸館を建設し、一般に公開したのがはじまりです。その後、昭和60(1985)年に金沢市に寄贈され金沢市立安江工芸館と なった施設で、1階には製造工具・工程見本、2階には美術工芸品を展示し、常時金箔製造工程の説明と箔移しの実演を見ることができます。
金森美術館
フランスのバカラ村に設立されたクリスタルガラス工場で開発された高級クリスタルガラスのコレクションを収蔵・展示している美術館です。
鏑木清方記念美術館
明治から昭和期にかけて活躍した美人画で有名な近代日本画家、鏑木清方を紹介する美術館です。
施設じたいが氏の旧居跡に設置されていて、市に寄贈を受けた日本画の作品に加え、素描、下絵、挿し絵などを堪能することができます。
鎌倉大谷記念美術館
ホテルニューオータニ前会長の故大谷米一氏を偲び、遺族によって1997年5月に開館された美術館です。
故人の鎌倉の別邸を改装した邸宅美術館で、当時の趣をそのままに楽しむことができます。 収蔵品は日本近代絵画と近代フランス絵画を中心としたコレクションで、横山大観、速水御舟ほかデュフィ、ヴラマンク、キスリング、 モジリアーニ、ユトリロ、ドンゲンなど多数。鎌倉の四季に応じた展示替えの楽しめる、オシャレな美術館です。
鎌倉文学館
鎌倉を愛した近代日本文学の著名な作家たちの自筆の原稿や初版本が展示されていて、その建築と風光美を同時に味わえる文学館です。
鎌倉と文化とのかかわりを探ってみたいという方にはホントにオススメです(^^
上湧別町漫画美術館
加藤芳郎、石ノ森章太郎、モンキーパンチ、いがらしゆみこ、里中満智子らの原画を含め約500点近くを収蔵・展示している美術館です。
軽井沢絵本の森美術館
「自然との対話」をテーマに、グリム童話をはじめとした自然や動物の世界を描いた絵本とその原画を収蔵・展示する美術館です。 主にアメリカ・ヨーロッパの絵本が中心で、1658年初版・1777年イギリス版12版のコメニウス『世界図絵』など貴重なものが多く、また、おもちゃギャラリーや世界の絵本を閲覧できる図書館も併設されています。
河井寛次郎記念館
京都市陶磁器試験場で作品を制作したのち、民芸運動の中心的役割を果たした河井寛次郎の作品を収蔵する記念館です。建物は寛次郎が飛騨高山の民家を参考に自ら設計した住居であったものを公開しているもので、代表作の「白地草花絵扁壷」や「鉄辰砂草花丸文壺」など の陶器や木彫、書物、墨画などのほかに、故人デザインの家具、調度品を展示している。
河口湖美術館
河口湖のほとりに建つ、広大な芝生広場を持つ美術館です。
常設展は富士山をテーマにした作品を中心に集められていて、足立源一郎、和田英作などの富士山を見ることができます。また、特別展にも力を入れていて、内外を問わず興味深いテーマが取り上げられています。
川崎市立日本民家園
広大な生田緑地の中に、民家17件の他、武家屋敷門、水車小屋、農村歌舞伎舞台等、東日本を中心とする代表的な古建築23件(うち国指定文化財8件、 県指定文化財10件)を移築・復原して公開しています。民家の中には、各地の民俗資料が配され、昔の生活を実感できるようになっています。
川崎市市民ミュージアム
川崎市に関する歴史、民俗資料や川崎ゆかりの作家の作品、また写真、まんが、ビデオなどを対象にしたミュージアムです。常設展示では「水と共同体」というテーマで、水と人々の生活との関わりを考える展示を行なっています。一つ一つにていねいな取り組みが感じられます。
川村記念美術館
京成佐倉駅から車で約20分の、広大な敷地と外国の庭園のような雰囲気を持った美術館です。コレクションは、近・現代美術が中心ですが、レンブラントの人物画や長谷川等伯、尾形光琳の屏風画なども見ることができます。特に「ロスコ・ルーム」には7点の壁画が並び、圧巻です。
河村美術館
北城内の閑静な住宅街の中、埋門の館の隣にある美術館です。
館内には、青木繁、岸田劉生や小磯良平、黒田清輝など、日本の巨匠の作品から陶器、刀剣、ビールジョッキまで展示されているそうです。
神田日勝記念館
十勝の風土に根ざした作品を制作、新具象の世界を切り開きながらも、夭逝した画家・神田日勝の作品を紹介している美術館です。
掬粋巧芸館
井上家10代の井上庄七が収集した日本、中国、朝鮮の古陶磁器を収蔵展示する、日本の私立美術館の草分け的存在の巧芸館です。
展示品は、元の「染付飛鳳唐草文八 角瓢形瓶」や宋の「白釉黒花牡丹文梅瓶」など、重要美術品や重要文化財も含む陶磁器の他に木彫仏像や古銅器、古武具など、あわせて約600点におよぶ見事さです.
菊盛記念美術館
新潟県の、ロダンおよび高村光太郎をはじめ20世紀日本の代表的な具象彫刻家13名の作品と絵画を展示した美術館です。
驥山館
明治時代の書道家で、幼児の頃から神童とうたわれた故・川村驥山(きざん)の幼年期5歳から、晩年88歳までの書の作品を展示する美術館です。 『諳書・楷書孝経・草書前後出師表』、『楷書・酔古堂剣掃之語』『隷書七言聯』『草書・般若心経』などの代表作のほか、驥山が使用していた硯、墨、筆、印、経典、酒瓢、杖、茶器などの愛用品も収蔵・展示されています。
北九州市立美術館
この美術館は、「一定の方針のもとに収蔵品を収集するとともに、地方美術館として市民生活に密着した生ける美術館」がコンセプトになっています。
収蔵品は、日本、西洋の近・現代美術が中心で、岸田劉生、萬鉄五郎、東山魁夷、北斎、広重、ドガ、ルオー、ブラマンクなど多彩です。
北のアルプ美術館
山と自然の文芸誌『アルプ』に掲載された絵画や版画などの資料を収集・展示する美術館です。
北野美術館
日本の近代絵画史上特に貴重で珍しいといわれる作品や海外巨匠の作品が数多く収蔵されている美術館です。
菱田春草「五月雨」、西郷孤月「つつじ」、下村観山「寒山拾得」など日本画や 岡鹿之助「群落」、藤田嗣治などの洋画、伊藤博文らの数多くの書籍、工芸品が集められています。
切手の博物館
日本最古の切手をはじめとする様々な珍しいものも含めた20万点以上の切手を収蔵し、3ケ月ごとにテーマを設けて展示を行っています。
木下美術館
郷土の出身でホテル紅葉などのレジャー事業を経営していた木下彌三郎氏の蒐集したコレクションを公開した美術館です。
1階彫塑展示場は、ギリシア彫刻を展示し、2・3階では、竹内栖鳳、橋本関雪らの近代日本画はじめ、近代洋画が展示されています。
岐阜県美術館
川合玉堂、山本芳翠、熊谷守一など、岐阜県に関わりの深い作家の作品や国内外の名作も併せて収蔵されています。所蔵品には、ルドンの「アポロンの馬車」、ルノワールの「泉」、モローの「サン・セバスチャンと天使」などがあります。
ギャラリー・TOM
視覚障害者が、作品に触れることのできるギャラリーです。閑静な住宅街にコンクリート打放し仕上げの上にギャラリーに光を採り入れる大きなトップライトのついた特徴的な外観です。
ギャラリー間
自主企画による建築やデザインの専門ギャラリーとして作品展・講演会を通じて質の高い情報を発信しています。作品展では、作家の思想・哲学を視覚的に表現しています。 ホームページでは、開催中や次回の作品展、11年にわたる活動を[Histry]として紹介しています
京都嵐山オルゴール博物館
世界の美しいオルゴールの画像をたくさん見ることができます。特に、アントワ−ヌ・ファーブル作の世界初のオルゴールは感動的です。ほかに、ヴィシー作「ピエロ・エクリィヴァン」やランベール作「マンドリンを弾く少女」もとても可愛く、夢のような世界です。
京都国立近代美術館
日本の近代美術の大きな流れの中の代表作や、欧米の近代・現代の作品も充実しています。
企画展も意欲的です。
京都国立博物館
京都に数多い社寺に伝来する名宝の保存と、平安時代以降の日本美術の収集・監理を行っている博物館です。約1万点に及ぶ収蔵品(館蔵品・寄託品)のう ち、国宝106件、重要文化財779件、重要美術品193件と貴重なものが数多く所蔵されています。ホームページには著名な館蔵品・寄託品100点の全図と部分図や、紀要などの文章、さらには子供向けのコーナーなどが設けられています。
京都市美術館
国立京都近代美術館と平安神宮の大鳥居をはさんで東側に位置する美術館です。
収蔵されているものは、日本画、洋画、版画、彫塑、工芸、書など数多く、京都にゆかりの ある作家を中心で上村松園「待月」、前田青邨「観画」、村上華岳「阿弥陀」、木島桜谷「寒月」が鑑賞できます。
京都府立堂本印象美術館
日本画の巨匠 堂本印象が建物の外観から内部の装飾にいたるまで自ら設計したアートな感じの美術館です。
印象の作品約2,000点が所蔵されていて、テーマ別の企画展を見ることができます。
玉堂美術館
多摩川の清流のかたわらに建てられた、日本画壇の巨匠、川合玉堂の美術館です。
収蔵作品は、有名な「紅白梅図屏風」をはじめ約100点で、季節に合わせた展示替えがあります。
清里北澤美術館
諏訪北澤美術館の姉妹館として設立された美術館で、エミール・ガレやドーム兄弟の作品などの、アール・ヌーボー期のガラス工芸約500点を所蔵し、その中から約100点を展示しています。
清里現代美術館
清里の駅から徒歩15分ほどのところにある白くて瀟洒な感じの美術館です。
オノ・ヨーコも参加した60年代の前衛芸術家グループ・フルクサスの世界初の 専用展示室があることで有名です。戦後最大と称されたドイツの芸術家、ヨーゼフ ・ポイスのポートレートなども あり、様々な角度からアートを味わうことができます。
清里フォトアートミュージアム
世界の有名写真家が撮った作品を、清里高原の澄んだ大気と深い緑に包まれた大自然の中に展示する写真美術館と宿泊施設の複合施設です。
清春白樺美術館
大正期において、西洋近代美術、特に後期印象派の紹介を行なった白樺派の美術館です。
セザンヌ、ロダンも鑑賞でき、「ルオー礼拝堂」、「故梅原龍三郎画伯のアトリエ」もある、意欲的な美術館です。
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
大日本印刷が企画運営するグラフィック・デザイン専門ギャラリーです。テーマを定めた企画展や、グラフィックデザイナーの個展などが行なわれています。
空中散歩館
現代美術家の大成瓢吉氏と節子夫人の作品、油絵、デッサン、写真、オブジェなどが100点ほど展示されている美術館です。とても不思議な感じを味わえる空間をもったところです。
串本応挙芦雪館
串本にある無量寺に併設された資料館です。収蔵品は、長沢芦雪「龍虎図」襖絵をはじめ、近世絵画、現代の絵画、墨絵、彫刻など、貴重なものがそろっています。
釧路市立博物館
釧路市内の台地に鶴が羽を広げた形の形態で建つ博物館です。展示空間には二重螺旋の階段があり、その廻りに展示室がある。展示は、建 築の特異な意匠を生かし、天地人と時間の2つの軸に沿ってつくられ、ジオラマ等大型展示物のあるテーマ通り部分で大まかなテーマをまずつかむことができ、その各部にセクション通りがありクラスター型で配されています。また、日本で初めてテーマに応じた立体環境音楽を流した博物館としても著名なところです。
石川県九谷焼美術館
青手の間、赤絵・金襴の間、色絵・五彩の間を中心に、古九谷から現在にいたる九谷焼の流れを紹介する美術館です。
加賀市の文教地区、市立図書館に隣接した「古九谷の杜親水公園」にあり、 公園と一体化して、四季おりおりの美しい景観も楽しめます。
所蔵の作品も数多く、詳細に紹介されているので、居ながらにして楽しむことができます。
熊谷守一美術館
洋画家、熊谷守一の住居跡に熊谷をしのんで建てられた美術館です。遺族所有の油絵22点、墨絵32点、書20点などを展示しています。
久万美術館
日本書画、陶磁器、洋画の三部門からなる、愛媛県久万町の美術館です。
とくに洋画は、日本近代洋画史において前衛異端といわれた作家たちも見られ、意欲的です。
熊本県立美術館
熊本城の二の丸公園の一角に建てられ、その風景との調和を考えて高さを抑えた茶色のタイルの外壁をもち、ロビーを中心に常設展示室と企画展示室を上下に大きく分けた明快な平面の美術館です。
古美術から現代美術までを網羅する総合美術館で、本館の常設展示の中には県内の有名な装飾古墳を再現する装飾古墳室もあることで有名です。
久米美術館
久米邦武と近代洋画を確立した久米桂一郎の父子を記念して設立された美術館です。久米桂一郎の作品の油彩、水彩などが中心の展示です。
倉敷考古館
昭和25年に、土蔵造りの米倉を改装して開館された考古館です。
倉敷付近の旧石器時代から、縄文、弥生、古墳、歴史時代の考古学的資料が集められていて、石器、土器、鉄器など、常時500点の展示がされています。
倉敷市立美術館
倉敷市玉島出身の作家の作品がそろった美術館です。
主な所蔵作家は、池田遥邨、坂田一男、寺松国太郎、満谷国四郎らで、郷土色を出しています。
栗田美術館
伊万里、鍋島を中心とした陶磁器を収蔵・展示する陶磁器専門美術館です。
約3万坪の庭園の中に本館、江戸時代の伊万里と鍋島 の制作過程を解説する陶磁資料館、阿蘭陀(おらんだ)館、世界陶磁館、大手門、歴史館、無名陶工祈念聖堂、陶磁器の専門研究制作を行う陶磁研究所、栗田山荘、栗田嵐嶽作の羅漢出山の大壁画がある開山堂、茶室など数多くの建物がつくられています。
呉市立美術館
1982年8月に市制80周年を記念して開館した美術館です。
代表的な収蔵作品はエミール=アントワーヌ・ブールデルの「弓をひくヘラクレス」、 ルノワールの「麦わら帽子の少女」、奥田元宋の「焼嶽」、小磯良平の「西洋人形」などすぐれた作品が収められています。
黒川古文化研究所
昭和25年10月、黒川幸七氏(黒川家三代)が家蔵の古文化財を学術研究の資料に提供し、かつその保存を図るため、土地・建物・基本金とともに寄付して設立した財団法人の研究所です。
収蔵作品としては、殷周代の骨器・玉器・銅器をはじめ、中国古代のほとんどすべてのジャンルの美術工芸品が多数集められています。
黒田清輝記念館
「湖畔」などで有名な、明治から大正にかけての画家、黒田清輝の記念館です。
大作「智・感・情」から「雲(6枚組)」、そして小品まで、美しい作品が多数所蔵されています。
黒部市美術館
豊かな自然の中で「親しみやすい美術館」をモットーに郷土作家の紹介の場として、地域文化創造の拠点となっています。 日本・郷土の二つの視点に立ち、郷土ゆかりの作家の作品を収集していくとともに、わが国における現代版画の流れをたどる作品の収蔵を行い、企画展を中心に年4?6回の展覧会を開催しています。
桑山美術館
昭和56年、桑山清一の寄贈を受けて設立された(財)桑山清山会が、桃山時代から 現代に至る茶道具と近代日本画を展示するため開館した美術館です。
館内には、近代日本画家、横山大観「霊峰春色」、速水御舟「小春」、川合玉堂「嶋之春」らの作品や、茶道具、工芸品が集められており、テーマによって年に3回入れ替え鑑賞することができます。
群馬県立近代美術館
県立公園「群馬の森」の中に、磯崎新の手で建設された美術館です。
21年の歳月をかけて集められたコレクションは圧巻で、 モネ、ルドン、ルノワール、シャガール、ピカソをはじめとする西洋絵画のコレクションは、海外からの借用依頼も度重なるほどとか。常設展示では、 ルノワールの「読書するふたり」、モネの「睡蓮」、ルドンの「ペガサスにのるミューズ」、ローランサンの「犬を連れた婦人像」などを見ることができます。
芸術の森美術館・野外美術館
関東以北最大規模の芸術空間を持っている野外美術館です。
彫刻は約70点展示されています。
芸大美術館
東京芸術大学付属の美術館です。国宝を含む様々な絵画、版画、彫刻、工芸品、建築などの作品や、学生の制作品、さらには楽器などを展示しています。卒業生の作品を中心とした展覧会など、みごたえのある企画で楽しませてくれます。
現代グラフィックアートセンター
大日本印刷がメセナでつくったグラフィックアートのギャラリーで、所蔵品の中心は、アメリカの版画工房タイラーグラフィックス社創設以来の作品を網羅したコレクション約850点が所蔵されています。ステラ、リキテンスタイン、ホックニーなど、現代美術を代表する 作家の版画作品を有し、今後もタイラーが手がける新作が全てコレクションに加えられます。展示のほか、作品に囲まれながらのギャラリーコンサート「CCGA宇津峰の森音楽会」も行われています。
原爆の図丸木美術館
画家丸木位里・俊夫妻の共同作品「原爆の図」の他、戦争や公害を告発する絵画等を展示するためにつくられた美術館です。川辺に立地し、毎年5月5日には開館記念日の集い、8月6日にはひろしま忌が行なわれ、市民運動のネットワークの場ともなっています。 ホームページには、美術館の建設経緯や利用案内・友の会の紹介とともに、原爆の図が数多く紹介されています。
高知県立美術館
平成5年11月3日に高知市に開館した美術館です。
土佐の伝統を生かした土佐漆喰塗りの壁とグレーのかわら屋根をもった和風美術館です。
高知ゆかりの作家の作品と、国内外の表現主義的美術作品、シャガールの作品を収集・展示する。1993年の「レッド・グルームス」展では作家に路面電車のペイントを依頼して市内を走らせるなど、ユニークな試みを行っています。能舞台をもつ劇場をもち、現代演劇の上演や実験映画祭なども活発に行われています。
江東区 芭蕉記念館
隅田川新大橋からすぐのところにある三階建ての個人記念館です。
收蔵品は、芭蕉の筆による短冊や与謝蕪村、英一蝶の描いた俳聖像など約千五百点があります。展示されているのはごく一部だけですが、珍しいもので は「遺愛の石の蛙」などあって、興味深いところです。
神戸市立小磯記念美術館
洋画家小磯良平のご遺族により寄贈された作品を中心とするコレクションの保存、展示、収集、調査研究活動を行っている美術館です。
氷の美術館
氷とガラスをテーマとした美術館です。
郡山市立美術館
明治初期の近代日本絵画に大きな影響を与えながらも、その後軽視されてきたイギリス近代美術の体系的なコレクションが所蔵されています。そうした展示の他に講演会、ワークショップ、映画、ギャラリートークなども行なわれています。
高麗美術館
季刊誌『日本のなかの朝鮮文化』の発行人である朝鮮出身の実業家・鄭詔文が祖国への思いをこめて建てた日本で唯一の朝鮮美術を専門にした美術館です。 統一新羅時代から朝鮮の李王朝末期までの美術工芸品、陶磁器、家具木工品、金銅仏、石像、絵画など1700点を所蔵しています。ホームページでは、その多様な収蔵品を豊富な画像で見ることができます。
国立印刷局「お札と切手の博物館」
大蔵省印刷局創立百年を記念してつくられた博物館です。お札・郵便切手の製造工程の説明や、お札などを印刷する印刷機の模型、1億円の重さを体験できるコーナー、日本と世界の珍しいお札や切手の展示などが行われています。
国立科学博物館
日本で唯一の国立の総合科学博物館です。
教育普及活動にも力を入れていて、科学の実験や自然観察などを希望者を対象に行なっています。また、ホームページ上で展示品の検索ができます。
国立近代美術館
所蔵作品の目録が充実していて、検索することができます。
作家や作品について、詳しく知りたいとき、便利です。
国立国際美術館
万博記念公園の中心にある、美術館です。ピカソ、ミロ、セザンヌ、デュビュッフェ、ウォーホルなどを見ることができ、また、ビデオによる作品鑑賞や作家紹介も行われています。
展覧会には、美術の国際交流・・・という広い視野が感じられます。
国立西洋美術館
印象派の絵画とロダンの彫刻を中心とする、松方幸次郎氏のコレクションを保管、展示する目的で設立された美術館です。
ほかにミロ、ポロック、エルンストなどの現代絵画も見られます。
国立民族学博物館
民族学に関する調査、研究を行う目的を持った、大阪の博物館です。
常設展示では、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなどの地域展示や通文化的展示を通して、世界の諸民族に関する知識を深めることができます。また、ビデオテークという解説展もあり、意欲的な活動が行われています。
小杉放菴記念日光美術館
「自然へのいつくしみ」を基本テーマに、日光出身の画家 小杉放菴の日本画、油彩画、水彩画などの作品を展示した美術館です。
主に動物や植物を描いた素描を展示することで、小杉放菴という画家の多彩な才能と日本の近代美術史上における広範な影響関係を見ていくことができます。
古代オリエント博物館
現シリア、トルコ、エジプト、イラン、イラクなどの古代オリエント美術・工芸作品を収集・展示している博物館です。
五島美術館
五島慶太翁による、日本と東洋の古美術を中心としたコレクションが充実しています。
また、国宝「源氏物語絵巻」を見ることができます。
駒ヶ根高原美術館
駒ヶ岳のふもとにつくられた美術館で、池田満寿夫、藤原新也、瀬戸剛の3人の現代作家の個別展示室があります。また、ほかにゴヤやドーミエ、浜田知明、大竹伸朗などの作品を特別展示室で鑑賞することができます。
小松均美術館
日本画家 小松均の住居を改装して作品が展示されています。
小諸市立小山敬三美術館
地元ゆかりの洋画家小山敬三の作品(「紅浅間」「白鷺城」など)を展示する小さな美術館です。

Up to the Top

(サ行)
埼玉県立近代美術館
都市公園の中に立地し、周辺の風景と内部空間を曖昧につなげる中間領域として、自立したグリッドの架構、湾曲したガラスをもつ美術館です。内部には、企画展用、常設展用、一般貸出用と用途の違う展示室が積層し、その中心に全フロアーを吹き抜けるセンターホールが配されています。入場無料の常設展、実技・教養講座などで地域に開かれるとともに、パフォーマンスを含めた近現代芸術の意欲的な企画を行うことでも注目されています。
斎藤記念川口現代美術館
美術愛好家の斎藤規子の協力によって設立された1970年以降の日本の現代美術を専門とする美術館で、常に現代の作品に焦点を合わせて収集・展示を行なっています。 収蔵品による常設展とともに、中堅作家の業績をまとめる個展や、新人紹介のシリーズ展などの企画展も開催され、現代美術に親しみを持ってもらうための工夫がいろいろとなされています。
佐賀県立美術館
県政百周年を記念して1970年に開館した県立博物館に隣接してつくられた美術館です。
博物館と連結し、形態・色彩などの面で博物館と調和した建物で、古賀忠雄・百武兼行・久米桂一郎・岡田三郎助など、佐賀県にゆかりの深い作家の作品 を中心に、美術・陶芸・染織・書などを収蔵・展示しています。
佐久市立近代美術館
「想像の森・駒場公園」の一角にある美術館で、明治以降、現代に至るわが国の近代美術の巨匠たちの秀作が収蔵、展示されています。
平山郁夫「仏教伝来」他 横山大観、奥村土牛、東山魁夷、杉山寧、高山辰雄、奥田元宋、小倉遊亀、片岡球子らをはじめ、今日の新鋭作家にいたる多様な作品を広く見ることができます。 油彩・水彩画では、有島生馬、小山敬三、田崎廣助、中川一政、牛島憲之、小磯良平、不破章らの作品も鑑賞できます。  
佐久夢路伊香保記念館
伊香保・榛名をこよなく愛した竹久夢路の作品を所蔵した美術館です。
夢二の遺した作品、夢二に関する研究調査、そして彼の夢であった産業美術学校の 理念(生活と美術を結ぶ考え)の具体化をすすめるために努力を続ける美しい美術館です。
佐倉市立美術館
佐倉市と房総ゆかりの作家の作品を中心に収集している美術館です。
大正7年(1918)に建てられたレンガ造りの歴史的建造物である旧川崎銀 行佐倉支店(千葉県指定有形文化財)の保存と活用を考慮して建てられもので、落ち着いた雰囲気の展示室で国内外の優れた美術作品を鑑賞することができます。
札幌芸術の森
関東以北最大規模の芸術空間を持っている野外美術館です。
彫刻は約70点展示されています。
札幌彫刻美術館
札幌出身の彫刻家、本郷新の作品を展示している美術館です。
ブロンズや木彫など常時約100点を展示し、年2回展示替えを行っています。別館の本郷新記念館には、デッサン・彫刻原型のほか、本郷 新自身がコレクションした他の作家の作品が紹介されている。
サッポロビール開拓使麦酒記念館
ビール造りの歴史やビールのできるまでの製造工程などを現物をみながら理解できる記念館です。
桜地人館(旧 佐藤郷志館)
宮沢賢治や高村光太郎と親交のあった佐藤隆房氏が1974年に開館しました。賢治の遺稿、出版物、光太郎の書、佐藤氏あての手紙のほ か、岩手出身で近代洋画壇の先駆者として知られる萬鉄五郎(よろずてつごろう)の油彩画、同じく岩手出身で高村光太郎賞受賞者の舟 越保武(ふなこしやすたけ)のブロンズ像などを収蔵、展示しています。
佐野美術館
総面積約7000余?の廻遊式庭園をほこる三島にある美術館です。東洋工芸である青銅器、古鏡、金銅仏、陶磁器、能面、ぐい呑、矢立、印篭、たばこ入、髪かざりが収蔵されています。また、重要文化財である「国光」(短刀)、 「大如来挫像」「黒漆太刀拵」などの作品も見ることができます。
サンクリノ美術館
フランス・アールヌーヴォー期の代表的なガラス工芸作家、エミール・ガレの作品を中心としたガラス工芸品を収集・展示しています。 収蔵作品には、「蜻蛉文大杯」「フランスのバラ文花入」「ソロモン王の壷」「蜻蛉文長頚花入」「茸文花入」などがあります。
三溪記念館
三溪園の創設者、原三溪に関する資料や三溪の収集した美術工芸品、自ら描いた日本画や、臨春閣の障壁画等を展示した記念館です。
下村観山、狩野探幽、中島千波などの蒼々たる障壁画など、ぜひ見ておきたい作品がいっぱいです。
サントリー美術館
赤坂のサントリービル11階にある美術館です。日本古来の美術品・工芸品の収集に力を入れ、また現代的でユニークな視点での展覧会も行われています。
「サントリー美術館大賞」でも知られています。
サントリーミュージアム天保山
大阪港・天保山ハーバービレッジにある美術館です。
サントリー美術館(東京・赤坂)における30年にわたる企画展示、収集活動を引き継いで、充実した文化活動を展開し、「わかりやすく、楽しい」企画展を行なっています。
収集作品としては、世界の名作ポスター8000点、エミール・ガレをはじめとするガラス工芸の逸品がメインです。
サンリツ服部美術館
日本、東洋の古代から近代にいたる絵画、書蹟、工芸に、西洋近代絵画を加えた600点あまりの作品を収蔵しています。佐竹本三十六歌仙絵断簡のうち「大中臣能宣」(重文)、本阿弥光悦の「白楽茶碗」(国宝)などが見られます。
シェイクスピア美術館
2003年7月に開館した小諸 懐古園のとなりにある美しい美術館で、シェイクスピア戯曲の名場面が描かれた古典版画が集められています。
この版画作品は館長の山中己充人氏のコレクションであり、常設展示として拝見することができます。
シェイクスピアの人間観察にあふれた文学作品が、優れた画家、版画家によって視覚化された素晴らしい世界を堪能していただけます。
滋賀県立近代美術館
緑に囲まれた美しい美術館です。
収蔵されているのは、現代美術ジョージ・シーガル「コーヒーを注ぐウエイトレス」、サム・フランシス「サトキュラー・ブルー」を中心に、近代日本画、郷土にゆかりのある作家の作品です。
静岡県立美術館
昭和61年4月、日本平の山麓に開館した「開かれた美術館」を目指す美術館です。また、平成6年3月には、ロダン館が新館としてオープンしました。
主な収蔵作家には、セザンヌ、コロー、コンスタブル、ミロ、秋野不矩、歌川広重、狩野芳崖、佐伯祐三など多岐にわたっています。また、小学生を対象とした ワークショップや学芸員による美術講座などにも力を入れています。
資生堂アートハウス
資生堂が創り出してきた化粧品、ポスター、新聞・雑誌広告、CF作品など、約2000点を展示するほか、年数回の化粧品企画展を開催する美術館です。
また、奥村土牛、上村松篁、高山辰雄、絹谷幸二などの絵画、ほかに佐藤忠良などの彫刻や工芸品などの収蔵品も充実しています。
信濃デッサン館
信州・上田市の郊外にある、素朴なたたずまいの美術館です。
関根正二、松本竣介、野田英夫など、夭折した画家9人のデッサンを中心に展示されています。少数の人にしか評価されなかった画家の素描だけを、あえて集めてあります。
信濃美術館
善光寺に隣接した、緑豊かな城山公園のなかにある美術館です。
菱田春草、荻原碌山をはじめとする優れた郷土作家、美しい自然に恵まれた信州を中心とした風景画の収集と紹介、美術作品の展覧に努めています。 収蔵品は、菱田春草「羅浮山」、梅原龍三郎「浅間山」、西郷孤月「桜山鳩」、川上 冬崖「ナポレオン」などで、その他は月に1度の割合で作品の入れ替えが行なわれています。
士別市立博物館・士別公会堂展示館
屯田兵が入植してからの開拓時代の生活資料を中心に、歴史・産業や天塩川の自然などを収蔵・展示する博物館です。建築は雄大な丘陵地にふさわしい形でデザインされています。また、1989年には、大正時代より士別を象徴する建築物であった「士別公会堂」 を隣接地に復元、美術館的機能をもたせ、総合博物館として一層の施設の充実が図られています。
下関市立美術館
市制施行90周年記念事業の一環として建設され,昭和58年11月19日に開館した美術館です。
館内には、日本画、洋画、版画、彫刻、工芸などのコレクションがあります。その中に、竹久 夢二の油彩「青春譜」、「黄八丈」、「旅」や水彩「長崎十二景」、「女十題」、岸田劉生の「自画像」、 岡鹿之助「遊蝶花」、香月泰男「雪降りの山陰風景」などが収蔵されています。
春仙美術館
山梨県出身の日本画家・名取春仙の作品を収集し、常設展示においてその画業を紹介する美術館です。また、浮世絵や版画の所蔵も多く、その魅力を伝えるための活動も盛んです。「初世中村鴈治郎・紙屋治兵衛」「二世尾上松緑・土くもの法師」など多数を鑑賞できます。
尚古集成館
鹿児島市にある、島津家伝来の史料を中心とした博物館です。
歴代当主の肖像画や書画、武具、装束、道具類や薩摩切子、薩摩焼など、約1万点が収蔵されています。
昇仙峡影絵の森美術館
甲府駅からバスで40分の昇仙峡にある、影絵の巨匠・藤城清治の設計による美術館です。所蔵品は、藤城氏の作品55点、山下清の原画、版画が30点、竹下夢二の美人画30点と豊富で、美しい作品をゆっくり鑑賞できる、夢のようなステキな美術館です。
松伯美術館
美人画・花鳥風月で知られる上村家三代、松園・松篁・淳之の作品を展示している美術館です。
三代にわたる作品、草稿、素描を中心 に美術作品の収集・保管と調査・研究を行い、あわせて一般公開や企画展も行われています。
渋谷区立松涛美術館
高級住宅街に建つため、地上は2階と低いが地下を2層として空間を確保した美術館です。
楕円が多用され、花崗岩を積んだファサードや、玄関から入るといったんブリッジを渡って展示室にいたる平面構成等、建築家白井晟一の個性が反映している。美術作 品の収集は行っておらず、企画展のみです。
島根県古代文化センター・古代出雲歴史博物館
宍道湖を背に、県庁舎と松江城のすぐ近くにつくられている美術博物館です。現在、貸館のみを行っていますが、1999年には広重・北斎等の名品の多い新庄二郎コレクションなどを収蔵・展示する島根県立美術館が開館予定です。
下関市立美術館
市制90周年記念事業として建設された美術館です。下関出身の河村幸次郎コレクションを元に、近代日本の絵画、県出身作家の作品、下関と姉妹提携している海洋都市(釜山、イスタンブールなど)にちな む海をテーマとした作品、アール・ヌーボーの美術などを収集・展示しています。特に、下関で生まれた近代日本画の祖・狩野芳涯の作品や業績の展示にはちからを入れています。
昭和女子大学光葉博物館
アイヌ民族の服飾資料を中心として資料の公開がなされています。
衣服のほかに首飾りや木工品も見られ、なかなか興味深い内容となっています。
白根桃源美術館
安藤広重、会津国政などの武者錦絵、望月春江、のむら清六の近代絵画を収蔵・展示しています。 また、隣接する信玄館には、武田信玄をめぐる女性たちの人 形や、信玄ゆかりの諸資料が展示されています。
市立小樽美術館
小樽出身である日本画の筆谷等観、洋画の長谷川昇、小野健吉、工藤三郎、三浦鮮治、日本を代表する風景画家、中村善策らの作品を鑑賞することができます。
信州高遠美術館
伊那谷のかつての交通の要所にあった高遠城跡の桜の名所に、修景にあわせて日本瓦を載せたコンクリート打放し壁の外観をもつ美術館です。 町出身の画家原田政雄の収集した日本近現代美術作品と郷土作家の作品を中心として展示されています。
新宿歴史博物館
縄文時代から現代に至る新宿の歴史を、模型や実物大の部屋などで解説する展示を行っている博物館です。
なお、展示室は、敷地の地形を生かして地下に設けられています。
新横浜ラーメン博物館
とにかく、ラーメンに関する情報がいっぱいです。ラーメンの文化と歴史にスポットを当てた展示ギャラリーが常設されていて、楽しいアミューズメント・スペースとなっています。
森林博物館
明治41年に建てられたルネッサンス様式の木造建築である旧青森営林局庁舎を利用して設立された森林博物館です。森林の生態や木材加工技術、森林鉄道紹介コーナーなどがあります。
須賀川市芭蕉記念館
芭蕉が須賀川を訪れて300年になったことを記念して建設された記念館です。
芭蕉ゆかりの掛け軸など貴重な資料が展示されています。
ストライプハウス美術館
ストライプ模様の特徴的な外観をもち、国際性とメディアのクロスオーバーをテーマとして、現代美術作家を積極的に紹介している美術館です。
スパイラルガーデン
ギャラリーと多目的ホールを中心に、レストラン・バー、ギフトショップ、トータルビューティサロンなどで構成される複合文化施設です。
活動テーマは「生活とアートの融合」で、開館以来、現代美術やデザインの展覧会、演劇・ダンスなどの舞台公演、コンサート、ファッションショー、シンポジウム、パーティな ど極めて同時代性が高く、また、ジャンルを融合するようなアート・イベントを数多く送り出しています。とにかく、ホームページがカッコイイです(^^
SUWAガラスの里
アール・デコのルネ・ラリックのガラス工芸品だけを収集展示している「ルネ・ラリック美術館」です。幻想的で、繊細なラリックの世界を十分に満喫できます。
諏訪北澤美術館
諏訪湖畔の山荘風の美術館です。展示品は、現代日本画とアール・ヌーボーのガラス工芸品にしぼられていて、それだけに充実しています。エミール・ガレの「ひとよ茸ランプ」などの作品の美しさを十分に楽しんで下さい。
諏訪市美術館
信州最古の美術館です。
郷土出身作家はもとより、諏訪にゆかりが深く全国的にも著名な作家の作品を日本画・洋画・版画・彫刻・工芸・書など、芸術全般にわたって展示されています。 日本画では森狙仙の「猿十二題」をはじめ、現代作家では小野具定、加藤晨明、上野泰朗、吉沢照子、児玉三鈴、洋画では郷土出身者の矢崎博信や東郷青児、鈴木信太郎、マティスの作品も見ることができます。
静嘉堂文庫美術館
三菱第2代社長、岩崎弥之助から代々のコレクション約20万冊を越える古美術品を収蔵しています。俵屋宗達の筆による、国宝の「源氏物語関屋澪図屏風」や重文の「平治物語絵巻」が拡大画像で鑑賞できます。また、茶道具のコレクションも素晴らしいです。
青邨記念館
中津川市出身で、近代日本美術画壇の重鎮として日本画界はもちろん、法隆寺金堂・高松古墳の壁画模写など、大きな業績を残す前田青邨の功績を、末永く伝えるために昭和41年(1966)に建設された記念館です。
館内には本画「白河楽翁公」ほか多くの下図・スケッチ・書簡等が収蔵展示してあり、青邨の日本画の制作過程をうかがえる貴重な資料がそろっています。
石炭の歴史村
産炭地跡を活用した学び・遊べるユニークな施設です。中心となる石炭博物館は石炭の生成から利用まで石炭のすべてを知ることが できるようになっています。やぐらのある立抗ではエレベータを用いて1分20秒で地下1000mまで降り、地底の世界を体験でき、学術的にも貴重な石炭大露頭は一見の価値があります。 ほかに炭鉱生活館、ロボット大科学館、SL館、知られざる世界の動物館もあり、楽しめます。
セゾン現代美術館
内外の現代芸術の収集で知られる美術館です。
館内は、ゆったりとしたスペースになっていて、ジャスパー・ジョーンズ、マン・レイ、アンディ・ウォーホール、ジョージ・シーガル、マルセル・デュシャン様々な作品が鑑賞でます。
世田谷区立世田谷美術館
緑濃い砧公園の中にある、広々とした、住民のために開放された美術館です。
世田谷区在住の作家、向井潤吉らの作品と素朴派のアンドレ・ボーシャンらの作品を中心に収蔵されています。
セレネ美術館
富山県の美術館です。田渕俊夫の「氷筍」、手塚雄二の「終宴」、平山郁夫の黒部峡谷を描いたシリーズなども豊富に見ることができます。
財団法人 千秋文庫
旧秋田藩主佐竹家に伝わった文化資料を収蔵・展示しています。
館蔵の資料は、約2300点。古文書・古記録・模写絵・古地図・古戦場絵図・城絵図・維新開国資料などの他、藩主所用の花押・印章類もあり、中世から近世にかけての武家の興亡の歴史をかいまみる事ができます。
センチュリーミュージアム
日本に伝世の上代?近世におよぶ書跡と古鏡・仏教美術・絵画・工芸などを収蔵する美術館です。
草月美術館
草月流創始者勅使河原蒼風のコレクションを中心に、蒼風・霞・宏の家元の作品や、古美術から近・現代美術まで幅広く展示・収蔵しています。 また、同じ建物の中にある草月ホールでは、様々な現代演劇や現代音楽の公演も行なわれています。
損保ジャパン東郷青児美術館
美術館の概要、展示作品、展示計画など、内容が詳細です。 写真が非常に豊富で、思わず見入ってしまいます。「バーチャル美術館」のコーナーは、一見の価値あり!・・・です。

Up to the Top

(タ行)
台東区立朝倉彫塑館
日本近代彫塑界の大御所であった朝倉文夫のアトリエ兼自宅を公開したもので、作家の作品とそれが生まれた環境を知ることができる美術館です。
朝倉自らが設計した住居・アトリエ・庭園をはじめ、コレクション・遺品等をじっくりと楽しむことができます。
台東区立下町風俗資料館
下町の庶民文化の記憶を次の世代に伝えるため、1980年に上野公園不忍池畔に開館した資料館です。
展示内容は、1階には実物大の商家店先と駄菓子屋と銅壷屋職人が入った長屋の情景が再現されており、2階には江戸時代からの生活資料および子供のオモチャが紹介されている。展示されている生活用具の多くは下町住民からの寄 贈だということです。
高岡市美術館
全国的、国際的にも優れた企画展を開催するとともに、高岡において伝統ある美術・工芸の作品を収集し、とりわけ金属工芸、金属造形を中核とした特色ある常設展を開催しています。また、美術講演や講習会など、美術に関する情報を提供し、市民の幅広 いニーズに応える、創造性にみちた美術館を目指しています。
高崎市美術館
高崎ゆかりの山口薫、福沢一郎などの絵画、ロダンの彫刻、ミロ、ピカソの版画など、気軽にアートを楽しむことのできる美術館です。また、 また美術館前では、分部順治作の彫刻「碩」も見ることができます。
高島屋資料館
百貨店の高島屋が年々の営業の中で、数多くの資料や美術作品を多年にわたって収集保存した歴史資料を一堂にあつめて昭和45年に開館した資料館です。
収蔵作家は奥村土牛(富士)、奥田元宋(霧晴るる湖)、小倉遊亀、有島生馬(橄欖畑)、梅原龍三郎、児島善三郎など多数で、みごたえがあります。
高松市美術館
現代美術と香川の漆芸・金工をコレクションの中心にしている美術館です。
また、現代美術の紹介も積極的に行なっていて、美術図書室やヴィデオ・ライブラリーも利用できます。
高松塚壁画館
美しい色彩の壁画で知られる高松塚古墳壁画が国宝に指定され永久に幽閉されている場所の近くにあります。 石高松塚壁画館には、前田青邨・平山郁夫の指導のもと、20人の画家が正確に模写した高松塚壁画と、古墳の室模型・副葬品模造等古墳に関する資料が展示されています。
高村山荘・高村記念館
彫刻家、詩人として知られる高村光太郎が晩年の7年間を過ごした山小屋です。光太郎は、太平洋戦争の空襲で東京のアトリエを焼失し、以前から交流のあった宮沢賢治の父政次郎を頼って花巻 に疎開しました。最愛の妻智恵子に先立たれた悲しみと心の傷をいやすために、ここで創作活動を続け、詩集「典型」をはじめ数々の作品を書きました。高村記念館には光太郎の遺稿や遺品、彫刻作品、 智恵子の切り抜き絵などが展示されています。
タキナミグラスファクトリー
日本初のガラスのテーマパークで、館内すべてがガラスの世界です。小学生から大人までが体験できるガラス吹き工房とサンドブラスト工房(両工房で制作した作品は持ち帰りできる)、博物館、ギャラリー、工場見学、内外のガラス製品のシ ョップ、カフェ・レストランなどが完備しています。
竹内栖鳳記念館
横山大観と並ぶ日本近代絵画の巨匠 竹内栖鳳の作品を集めた美術館です。
嵯峨野にあった栖鳳の山荘兼アトリエがこの「霞中庵」で、栖鳳が大変に愛した場所です。
竹久夢二伊香保記念館
絵画・デザイン・版画・詩など多彩な才能を発揮し、特に「宵待草」で有名な竹久夢二の美術館です。
白壁土蔵造りの本館には、様々な分野の作品が展示され、大正ロマンあふれる室内装飾 とマッチして、竹久夢二のすばらしさが伝わります。
田崎美術館
文化勲章受賞画家田崎廣助が、戦前・戦後を通じ、第二の故郷として愛した軽井沢に自己の作品を永久保存するため、故人の遺志により開館した美術館です。
蓼科テディベア美術館
第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトが狩りに際して子熊を助けたことから名付けられ、今も愛され続けているテディ・ベアの専門美術館です。世界中でつくられた様々なテディ・ ベアが収蔵・展示されています。
谷村美術館
彫刻家澤田政廣の木彫りの仏像10体を中心に展示するためにつくられた個人美術館です。展示する仏像1点1点が美しく見えるように大き さ・形と自然光の採り入れ方・照明の照らし方に気を配って設計された石窟のような展示室と、それらを巡る回廊状の内部空間によって、鑑賞者はシルクロードの巡礼の道のりを追体験できるようになっています。
たばこと塩の博物館
たばこと塩の歴史や文化について、常設展でわかりやすく説明してくれます。
また、喜多川歌麿、鈴木春信、広重などの浮世絵の拡大画像を見ることができます。
竹喬美術館
日本画壇に独自の画境を築いた小野竹喬の偉業をたたえ、その功績を永く伝承するため、遺族から寄贈された多数の遺作遺品をもとに建設された美術館です。
画伯の作品、遺品など580点が収蔵・展示されており、美術愛好家たちの人気を集めています。
千葉県立美術館
県民の美術への興味や関心に応え、鑑賞力を養うとともに、総合的な芸術活動を推進するために”みる・かたる・つくる”を運営方針とし、近現代美術および千葉県ゆかりの作家の作品と関係資料を体系的に収集する美術館です。
常設展では、ルソーの「バルビゾンの農場」、牛玖健治の「ゆうえんち」、中野庸二「a ripple」などの版画も見ることができます。
千葉市美術館
1996年11月3日開館の美術館です。
市民ギャラリーや所蔵作品をハイビジョンで鑑賞できる映像コーナーもあります。
ちひろ美術館
いわさきちひろの自宅を美術館にしたもので、レンガ造りの温かい雰囲気です。 ちひろの手による子どもたちのさまざまな表情や動作を心ゆくまで楽しむことができます。
忠類ナウマン象記念館
1969年の夏に発見された忠類ナウマン象化石をめぐり、その化石発見にまつわるエピソードや発見者・関係者インタビュー、対話的に知識を得られるナウマン象データベース、そして全長4.3mにおよぶナウマン象復元骨格などが展示されている博物館です。
澄懐堂美術館
全国でも数少ない中国書画の専門美術館です。収蔵品は、『澄懐堂(ちょうかいどう)書画目録』に収録されている中国の書画、江戸から明治初期にかけての日本の儒者の遺 墨、中国の古硯、文房具・陶磁などからなる。中でも中心となるのが中国書画で、宋朝、明朝から清朝にいたる代表的な作家を広く網羅しています。なお、作品保護のため、高温多湿な夏期は閉館していますので、気をつけてください。
津軽こけし館
国の重要文化財でもある黒石市内の商家・高橋家のイメージと津軽地方の伝統建築こみせを組み合わせた形態の建物で、全国11系統のこけし約3千5百本に加え、ふるさと創生1億円の純金こけしを展示しています。また、こけしづくり体験コーナーもあります(要予約)。
敦井美術館
昭和58年に開館した美術館です。
近代・現代の日本画、陶芸を中心に約1300点を所蔵し、このコレクションを年4回の企画展で展示しています。日本画では横山大観などの優れた作品を所蔵し、陶芸でも板谷波山など数多くの巨匠の作品をコレクションしています。
つくば美術館
茨城県近代美術館の分館として位置づけられているが、独自の企画展の開催や貸しギャラリーとして作家や団体に開放しています。主に現代美術の作家の個展や作品展が行なわれ、コンピュータ・グラフィックスやビデオコーナーによる普及活動も行われています。
津和野葛飾北斎美術館
幕末の世界的浮世絵師・葛飾北斎の専門美術館です。
北斎の版画や版本、肉筆画のほか、門人の作品や 資料など約1000点の収蔵品から常時60点ほどが1?2ヶ月サイクルで展示されています。
弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館
屈斜路湖周辺のアイヌ民族の生活資料を展示し、その歴史・文化やユーカラなどを知ることができる博物館です。
逓信総合博物館 ていぱーく
郵政に関する文化の啓発、普及を図るとともに、各種展示が行われています。
「常設展示」と「特別展示」にわけられていて、郵政の歴史など郵政に関するあらゆる情報を得られるほか、映像図書館などの楽しい試みもされています。ほかに、NTT、KDD、NHKのコーナーも充実しています。
出羽桜美術館
出羽桜酒造のオーナーである仲野家の和風の建物を公開し、新羅・高麗・李朝の陶磁器や絵画・工芸品と、桜に関する美術品を収蔵・展示する美術館です。 なお、分館として、さすらいの画家、斎藤真一の作品を展示する斎藤真一心の美術館もあります。
天心記念五浦美術館
松林の美しい、日本的景観をもつ茨城県北茨城市五浦に開館した美術館です。
岡倉天心の業績が顕彰され、五浦の作家に連なる日本美術の優れた作品や数々の 資料が展示され、近代日本美術の黎明期から現代までの流れが紹介されています。とくに「岡倉天心記念室」には岡倉天心、横山大観らの貴重な書簡や写真、遺品など が展示されていて、日本美術の流れを克明に見ることができるようになっています。また、美術情報ライブラリーも充実していて、調べ物には最適です。
天童市美術館
天童市出身の日本画家・今野忠一や、天童市出身の彫刻家・豊田豊の作品を中心にした国内外の優れた作品の常設展を中心に、年間を通して数々の企画展を開催しています。 常設展示には、吉野石膏(株)より寄託されている「日本近代絵画名作展」を展示しています。
電力館
チタンのドーム状屋根をもつ電気に関する博物館です。電気の性質や発電・送電のしくみや省エネルギーなどを体験学習でき、映画や電気を用いた生活情報なども発信しています。 また、イベントを行うホールや、絵本を集めた絵本館などの設備も整っています。
東海道広重美術館
東海道の由比(ゆい)宿にあった本陣の跡地を整備してつくられた美術館です。広重の浮世絵を中心に約1200点収蔵し、「由比の自然と歴史」「東海道の宿場・由比」「広重と浮世絵の世界」といったテーマ をもった展示室で江戸時代の生活文化を知ることができます。
東京オペラシティアートギャラリー
東京初台にある一大文化ゾーン東京オペラシティに1999年9月9日オープンしました。 多様な表現活動を行う現代美術による企画展と、個人コレクターの視点を切り口とした「寺田コレクション」の常設的展示という2つの大きな方向性を軸に、都市のニーズに合わせた新しいタイプの「都市型」美術館として活動していきます。
東京芸術大学大学美術館
東京芸術大学付属の美術館です。国宝を含む様々な絵画、版画、彫刻、工芸品、建築などの作品や、学生の制作品、さらには楽器などを展示しています。卒業生の作品を中心とした展覧会など、みごたえのある企画で楽しませてくれます。
東京国際美術館
若手作家の支援やハイビジョン映像を用いた美術教育の振興を目的とし、個展をはじめとし、多彩な企画展を開催する美術館です。常設展示室として「福沢一 郎記念室」、映像美術部門として150インチのハイビジョンシアターなどからなる「テクノアートミュージアム」などもあります。
東京国立近代美術館
所蔵作品の目録が充実していて、検索することができます。
作家や作品について、詳しく知りたいとき、便利です。
東京国立近代美術館フィルムセンター
内外の映画フィルムや映画関係資料の収集・保存・調査・研究を行なっている映画の専門機関です。映画史上重要な作品を上映する 大小のホール、和書6000冊を蔵する映画専門の図書室、17000本のフィルム資料があり、公開事業として、 特定テーマによる上映会や展覧会を開催しています。
東京国立博物館
国内外の美術館、博物館の索引が充実しています。この美術館について知りたい・・・と思うことがあったら、「散歩道」が便利です。
東京ステーションギャラリー
東京駅の一部を改装し、創建当時の赤煉瓦の壁をそのまま見せた展示室や赤く厚い絨毯の敷き詰められた階段など、様式建築の味を活かした空間づくりがなされているギャラリーです。
公共性の高い駅を意識して、人々が集い、くつろげるよう計画され、切り口が鮮やか で内容も本格的な展覧会が年に6回程度開催されています。
東京都現代美術館
東京の公立美術館としては最初の現代美術館です。
常設展示は駒井哲朗、松本陽子などの作品が並び、日本の現代美術の流れを体系的に見ることができる内容となっています。
また、美術図書館も充実していて、戦後から現代にいたる美術史を知るうえで欠かせない美術館です。
東京都写真美術館
場所は、恵比寿駅前のサッポロビールが造ったイベントホールの恵比寿ファクトリー2で、収蔵作品は約1万点。うち日本人作家の作品は7−8割です。
世界の写真史を一望できる外国作家の作品を展示するコーナーは充実しています。また、企画展も毎回意欲的です。
東京都庭園美術館
アール・デコ様式の建物が、そのまま美術品と言ってよい美術館です。
常設展示はなく、1ヶ月から1ヶ月半の期間で入れ替わる展覧会方式をとっています。
建物の雰囲気を生かした美術展示に、細かい配慮が感じられます。
東京都美術館
芸術家の新作を発表する施設、美術陳列館として開設されました。
現代作家たちの公募展示棟は12室あり、約230の主催団体が利用しています。
基礎造形、平面造形、立体造形の実技講座や講演会、美術図書室の無料閲覧なども行われています。
東京富士美術館
八王子市の郊外の閑静な丘陵地にある美術館です。
ジャンルを問わず幅広い収集がなされていて、油彩画、日本画、版画、彫刻、陶磁器など、国内外の名作を豊富に収蔵しています。
堂本印象美術館
日本画の巨匠 堂本印象が建物の外観から内部の装飾にいたるまで自ら設計したアートな感じの美術館です。
印象の作品約2,000点が所蔵されていて、テーマ別の企画展を見ることができます。
東洋陶磁美術館
住友グループ21社から、すぐれた東洋陶磁を集めた「安宅コレクション」の寄贈を受けたことを記念し、これを収蔵・展示するために大阪市が設立した 陶磁専門の美術館です。世界で初めての試みである自然採光ケースや、陶磁器の性格に合わせて高さの違う天井をはじめさまざまな創意工夫をこらしていて、あくまでやきものの美を引き出すことをねらった空間づくりへの努力が感じられます。
遠山記念館
初代理事長遠山元一氏(日興証券創業者)が昭和11年に郷里である埼玉県比企郡三保谷村大字白井沼に再興した生家の保存と長年の蒐集による美術品を 公の鑑賞に供するため昭和45年5月に開館した記念館です。
日本、中国の絵画・書跡・工芸品、中近東及び、中南米の美術品など貴重な作品が収蔵されていて、「紙本著色三十六歌仙切 頼基 佐竹本」「源頼朝筆書状」 などの国指定重要文化財を見ることができます。
徳川美術館
(財)尾張徳川黎明会による、日本で三番目に古い市立美術館です。収蔵品は、家康愛用の品、尾張徳川家に伝わる大名道具類を中心に約1万数千点の古美術が中心です。国宝「源氏物語絵巻」は常設展示室において、映像システム・レプリカを中心にゆっくり観覧できるようになりました。
徳島県立近代美術館
文化の森総合公園内に、博物館と21世紀館との複合施設として建てられた美術館です。
人間をテーマにした現代絵画と徳島ゆかりの美術をテーマにコレクションし、「20世紀の人間像」「現代版画」「徳島ゆかりの美術」の3つのコーナー で常設展示しています。ほかに、企画展示や、さまざまな講座や講演会、子どもを対象とした教室、美術図書の公開なども行われています。
栃木県立美術館
美術館の前庭は大理石が敷かれ、館内にはいると、日本画から油彩画、彫刻などを見ることのできる美術館です。
益子焼きの浜田庄司の作品や清水登之「兵器と僧侶」、青木繁「幸運像」などが有名で、海外の作品では、風景画家のカミーユ・コロー「ヴィル・ダヴレーの池」をはじめ、ジョン・ コンスタブル「デダムの谷」 、ゲインズバラ「牛追いのいる風景」などが収蔵されています。
富弘美術館
群馬県の草木湖の畔にあるきれいな美術館です。
東村在住の、画家であり詩人である星野富弘さんの水彩画と詩を常時100点ほど展示しています。人の心に寄り添うような、やさしい美術館です。
土門拳記念館
酒田出身の写真家土門拳の作品を収蔵展示する日本初の写真専門美術館です。
郊外の最上川河口沿いの公園内の立地を生かし人工池に浮かぶようにつくられて いて印象的です。コンクリート・花崗岩を用い、端正な直線で構成された簡潔な空間の中に土門拳の作品が展示されている。展示室では鉄板を用いた展示パネルに大 判のプリントがかけられていますし、また土門拳と親交のあったイサム・ノグチ、亀倉雄策、勅使河原宏の作品による建築への協力もある
富山県立近代美術館
天井がドームになった面白い美術館です。
ロートレック、ピカソ、マティス、ルオー、シャガール、デュシャン、ポロック、J・ジョーンズ、ウォーホル、F・ステラなどが収蔵されています。
豊科近代美術館
日本の近代彫刻を代表する作家・高田博厚の彫刻・素描や、森鴎外ゆかりの画家・宮芳平の作品を展示する美術館です。
豊田市美術館
鉄筋コンクリー卜造り地上3階、地下2階建て、常設展示室7室、企画展示室1室、高橋節郎館展示室2室、収蔵庫・保管庫、ギャラリー、講堂、図書閲覧室、 AVブー ス、ミュージアムショップ、レストランなどで構成される美術館です。
収集のポイントとなるのが「美術とデザインの融合」ということで、クリムト、エゴン・シーレ、 ココシュカをそろえて見ることができます。
トリックアート美術館
平面に描かれた絵画だが立体的に見えるトリックアートを収め、「観て、触れて、撮って」を運営のコンセプトとする美術館です。
Up to the Top

(ナ行)
長島美術館
7つの展示室があり、鹿児島出身の作家の作品を多く見られる美術館です。
シャガールの「緑のバイオリン弾き」をはじめ、ピカソ、ルノワールなど世界の巨匠の作品なども楽しめます。壁や床は全てイタリアの大理石で、ゆったりとした感じを楽しめ、喫茶室も完備しています。
中津川市青邨記念館
中津川市出身で、近代日本美術画壇の重鎮として日本画界はもちろん、法隆寺金堂・高松古墳の壁画模写など、大きな業績を残す前田青邨の功績を、末永く伝えるために昭和41年(1966)に建設された記念館です。
館内には本画「白河楽翁公」ほか多くの下図・スケッチ・書簡等が収蔵展示してあり、青邨の日本画の制作過程をうかがえる貴重な資料がそろっています。
長野県信濃美術館
善光寺に隣接した、緑豊かな城山公園のなかにある美術館です。
菱田春草、荻原碌山をはじめとする優れた郷土作家、美しい自然に恵まれた信州を中心とした風景画の収集と紹介、美術作品の展覧に努めています。 収蔵品は、菱田春草「羅浮山」、梅原龍三郎「浅間山」、西郷孤月「桜山鳩」、川上 冬崖「ナポレオン」などで、その他は月に1度の割合で作品の入れ替えが行なわれています。
長野県信濃美術館・東山魁夷館
長野県が画伯から700余点の作品と関係図書数百冊の寄贈を受け、信濃美術館に併設して建設され、平成2年4月に 開館しました。「緑響く」「白馬の森」「夕静寂」などの本製作のほか、初期の「ヨーロッパ風景」「東北・信州の旅」「中国風景」か ら「北欧風景」連作「京洛四季」、連作「白い馬の見える風景」「大和春秋」のシリーズの習作・スケッチ、日展その他のための準備 作、唐招提寺御影堂障壁画の試作など、多数が所蔵されています。
中野美術館
館内が和風造りの美術館です。
村上華岳、入江波光、土田麦僊、榊原紫峰らの作品はじめ、日本画家の富岡鉄斎、小林古径、洋画家の須田国太郎、岸田劉生、小出樽重、彫刻家の高村光雲らの作品が 収蔵されています。
中原悌二郎記念旭川彫刻美術館
旭川ゆかりの彫刻家・中原悌二郎を記念して1994年に開館した彫刻専門の美術館です。この美術館には、中原悌二郎が残した全12点の彫刻を中心に、悌二郎に大きな影響を与えたロダン・萩原守衛や悌二郎の親友であった石井鶴 三・堀進二等の彫刻作品も収蔵されています。
名古屋市科学館
プラネタリウムをメインとする天文館、ほかに理工館、生命館を有する総合科学館です。「見て、ふれて、たしかめて」をコンセプトに、楽しみながら科学に親しめるよう、考えられています。
名古屋市博物館
昭和52年10月1日に開館した全国でも指折りの規模をもつ歴史博物館です。
文書典籍・考古・民俗・美術工芸に関する資料を集め、保存し、公開しており、2階全体を占める常設展「尾張の歴史」のほか、1階の展示室で年に6−7回特別企画の展覧会を開いています。
名古屋市美術館
名古屋市の中心にある、緑豊かな白川公園の中に建つ美術館です。
地元の作家である北川民次、三岸節子、荒川修作、河原温、桑山忠明らの作品は系統だてて収集されて いて、充実しています。また、「エコール・ド・パリ」「メキシコ・ルネ サンス」「現代美術」の3つの方針での収集も進んでいて、とても特徴が鮮明な美術館です。
名古屋ボストン美術館
1999年4月17日開館の、米国ボストン美術館の姉妹館です。
ボストン美術館所蔵の優れたコレクションを恒常的にわが国に紹介する唯一の施設であり、 年2回、ボストン美術館の様々なジャンルの作品によって構成した企画展を行なっています。そして、常設展は5年間の長期展示となり、常設展示室内での日本の美術・ 工芸作品の展示にもちからを入れていきます。また、来館者が自由に利用できる図書コーナーと視聴覚教材を備えたレクチャールームも設置され、たいへん充実した美術館となっています。
名都美術館
林テレンプ株式会社 会長(故)林軍一氏の社長退任の記念事業として、収集した美術作品の寄付により開館された美術館です。
所蔵作品は、伊東深水の「鏡獅子」、「縫い針」、伊藤小坡の「青楓」、鏑木清方の「洋燈」、加山又造の「牡丹」など、美しい作品ばかりです。
奈良国立博物館
飛鳥・室町時代の仏教美術作品を展示・紹介する国立博物館です。明治中期の本格的煉瓦造建築で国指定重要文化財の本館と、校倉造をモチーフにした端正な新館からなり、「紙本著色地獄草紙」「刺繍釈迦如来説法図」 「木造薬師如来像」などの国宝をはじめとして、数多くの仏教美術・工芸品が展示されています。
奈良県立美術館
1973年3月、風俗史研究 家・日本画家の吉川観方が収集した江戸時代の日 本画、浮世絵、各種工芸品などの寄贈を機に開館した美術館です。
コレクションは幅広く、絵画、版画、染織、調度、武器ほか、浮世絵版画は、清長、歌麿、写楽、北斎、広重、清親らの作品、奈良にゆかりのある作家の作品が収蔵されています。
奈良国立文化財研究所・飛鳥資料館
発掘調査を通じてわかってきたことから、かつての飛鳥の都の姿と歴史を説明してくれる資料館です。高松塚古墳の壁画など、拡大画像がたくさん見られます。
奈良市写真美術館
国宝・新薬師寺に隣接している写真美術館です。
展示室A、Bのほかに、大型ハイビジョンによる映像展示室とハイビジョンコーナー、資料閲覧室や屋外ステージもあり、多目的に利用できます。
成羽町美術館
岡山県成羽町の美術館です。
同地出身の児島虎次郎の遺作絵画と彼が収集したエジプト、ヨーロッパ、中国などの古美術、また三畳紀の日本最古の植物群の化石が展示されているユニークな美術館です。児島虎次郎の絵画やコレクションも画像で見ることができます。
成川美術館
箱根芦ノ湖の近くにある美術館です。
収蔵品は現代日本画の作家の作品約1500点で、特に山本丘人のものは100点にものぼります。ほかに加山又造、加倉井和夫、高山辰雄など、多数の作品を鑑賞することができます。日本画の良さがしみじみと味わえる美術館です。
新潟県立近代美術館
長岡市の中心の“千秋が原ふるさとの森”の緑に囲まれた美術館です。
新潟市美術館
お堀と柳のある西大畑公園に隣接した美術館です。
常設展では、20世紀美術の流れを展望できるよう、「近代美術」「現代美術の動向」「新潟の昨日・今日・明日」の3テーマの作品を収 集し展示しています。代表的な収蔵品としては、ボナール「浴室の裸婦」、ピカソ「ギターとオレンジの果物鉢」などがあり、この他に年4?5回の企画展を計画し開催しています。
新冠町レ・コード館
「レコードと音楽による町づくり」を進める新冠町の拠点施設で、509席の町民ホール、レコードホール、ミュージアム、レコ ードバンク、リスニングブースなどを備えています。送料町負担によるレコードの寄贈を全国に呼びかけており、現在所蔵数は約366万枚を数え、レコードホール(試聴室)は国内最大級のストレートホーン主体のスピーカーシステムを導入した小ホールとなっ ており、ミュージアムでは貴重なレコードや蓄音機を展示しています。
ニキ美術館
那須山茶臼岳の裾野に広がる樹海の一角に、現代フランスの造形作家ニキ・ド・サンファルの作品を展示する個人美術館です。 ホームページでは、ニキの数多くの作品や、美術館を訪れたゲストの生の声が紹介されています。
西宮市大谷記念美術館
故・大谷竹次郎氏(元昭和電極社長、昭和46年没)から西宮市に寄贈された美術品と広大な宅地・邸宅を中心とした、近・現代美術主体の美術館です。常設展の他、特別展も開 催されます。緑が美しい庭園も心をなごませてくれます。
西脇市岡之山美術館
東経135度、北緯35度と、日本の中心につくられた「日本のへそ公園」に建てられている美術館です。西脇市は、現代日本を代表する美術家・横尾忠則の出身地で、横尾忠則の作品による年2回の企画展示を行なっています。
日光東照宮美術館
東照宮社務所として昭和3年に建てられ、木造建造物としては我が国では第一と言われる美術館です。
内部の杉戸絵・襖絵・障壁画、軸物等は横山大観をはじめとした、中山岳陵、堅山南風、荒井寛方画伯らにより、その数150点以上に及ぶ美術品が当時のままに 閲覧できます。
二の丸美術館
掛川市に平成10年4月に開館した美術館です。
煙草道具をはじめとする近代工芸2342点、また近代日本の巨匠の日本画44点が収蔵されています。伊東深水の「鏡獅子」、川合玉堂の「鵜飼」など、非常に美しい作品を堪能することのできる日本情趣あふれる美術館です。  
日本浮世絵博物館
松本出身の酒井家5代にわたって収集(酒井コレクション)された10万点を数える浮世絵専門の博物館です。
浮世絵や肉筆掛軸、屏風、古書籍、現代版画、浮世絵に関する書籍などがそろい、浮世絵を歴史として見るとともに、鑑賞者が自分で考えられる工夫され た展示がなされ、視聴覚室で浮世絵のスライド解説を見ることもできるホームページは英語版で、英語による浮世絵・浮世絵美術館の紹介と代表的な浮世絵作品を見ることができる
日本民家園
広大な生田緑地の中に、民家17件の他、武家屋敷門、水車小屋、農村歌舞伎舞台等、東日本を中心とする代表的な古建築23件(うち国指定文化財8件、 県指定文化財10件)を移築・復原して公開しています。民家の中には、各地の民俗資料が配され、昔の生活を実感できるようになっています。
日本民芸館
昭和11年に建てられた純和風建築の建物です。
日本の陶磁器、絵画、染織、朝鮮李朝の陶磁器、木工、中国やヨーロッパの工芸品が集められています。民芸的工芸品に美しさや価値を見出した、意義ある館です。
寧楽美術館
近鉄奈良駅近くの依水園のなかにある美術館です。古代中国の青銅器・漢鏡・古銅印と古麓・季朝の陶磁等を中心に二千点以上の作品が収蔵されています。
根津美術館
有名な尾形光琳の「燕子花図」が見られます。
ほかに、鎌倉時代の名品「那智瀧図」も圧巻です。
練馬区立美術館
図書館との複合施設で、気軽に入れる美術館です。
収蔵品は練馬区に関係の深い作家はもちろん、幅広い視野で系統的に収集されていて、奥田元宗、小野木学、鳥海青児など多数にのぼります。
野村美術館
野村財閥の基礎を築いた野村徳七のコレクションをもとに、茶湯・能関係の美術工芸品を展示する美術館です。 「雪村風涛図」「佐竹本三十六歌仙切」「大燈国師墨跡」「寸松庵色紙」などの書画や、数々の茶道具、能面など約1300点の収蔵品の中から展示されています。
Up to the Top

(ハ行)
白馬美術館
マルク・シャガールの作品(主に版画)を主体に展示する美術館。マルチオートスライドによる映像コーナーではシャガールの生涯なども紹介されるほか、銅版画館を兼ねた音楽ホールではミュージアム・コンサートも行われています。ほかに、ガラス工芸品やルネ・ラリックの作品も展示されています。
博物館 明治村
広々とした敷地に、明治建築を展示している博物館です。重要文化財に指定されている、「聖ヨハネ教会堂」「西郷従道邸」「東山梨郡役所」「三重県庁舎」「札幌電話交換局」「品川燈台」などを 実際に見て楽しむことができます。
白鶴美術館
鶴酒造七代嘉納治兵衛氏が収集した美術品を一般公開するため昭和9年に開館した、私立美術館の先駆けともいえる美術館です。 所蔵品の中心は中国の古美術品で占められていますが、日本の経巻、書、絵画、勾玉なども含まれています。平成7年10月には、十代嘉納秀郎氏が収集した中近東の 絨毯を展示する新館も開館しました。
箱根美術館
岡田茂吉が自然と人工の調和する神仙郷日本庭園を造り、その美の象徴として創立した美術館。MOA美術館は、その姉妹館です。縄文時代から江戸時代まで、中世陶器を中心として、日本を代表する古陶磁を収蔵・展示しています。苔庭、萩の道、竹庭など四季折々の自然美を楽しめるほか、茶室では抹茶もいただけるという嬉しい美術館です。
箱根彫刻の森美術館
広大な野外スペースを持つ美術館の概要が、わかり易く、きめ細かく解説されています。
また、インターネット上の仮想美術館という新しい試みが進められています。
芭蕉記念館
隅田川新大橋からすぐのところにある三階建ての個人記念館です。
收蔵品は、芭蕉の筆による短冊や与謝蕪村、英一蝶の描いた俳聖像など約千五百点があります。展示されているのはごく一部だけですが、珍しいもので は「遺愛の石の蛙」などあって、興味深いところです。
山寺芭蕉記念館
芭蕉・奥の細道300年を記念し、山寺の地に広域文化拠点施設として設置された記念館です。
芭蕉、奥の細道に関連した貴重な資料が展示されています。
須賀川市芭蕉記念館
芭蕉が須賀川を訪れて300年になったことを記念して建設された記念館です。
芭蕉ゆかりの掛け軸など貴重な資料が展示されています。
長谷川町子美術館
マンガ『サザエさん』『いじわるばあさん』の作者・長谷川町子さんの個人美術館です。
マンガの原画、当時の写真などが展示されている嬉しい美術館です。
八戸市美術館
郷土八戸の伝統的工芸美術品を収蔵・展示しています。
浜松市美術館
市制60周年を記念して浜松城公園内にオープンした美術館です。18?19世紀の西洋・中国・日本の伝統的ガラス絵や現代作家のガラス絵、泥絵・大杖などの民画、宏茂・北斎などの浮世絵版画などを収蔵・展示しています。
ハーモ美術館
アンリ・ルソーによって開花した素朴派の作品を常設展示し、世界的に注目されている美術館です。
ルソーのほかにもカミーユ・ボンボワ、アンドレ・ボーシャン、 グランマ・モーゼス、ルイ・ヴィヴィアンなどの温かい作品たちを鑑賞することができます。
林原美術館
岡山の実業家であり東洋古美術の熱心な収集家であった故林原一郎のコレクションによって生まれた美術館です。 岡山城の内堀に面した旧二の丸屋敷対面所跡にあり、収蔵品は、刀剣、武具甲胄、絵画書跡、能装束等の染織品、彫漆螺鈿、蒔絵、中国・朝鮮・日本の陶磁、青銅器、金工など広範にわたっていて、みごたえがあります。
原美術館
JR品川駅近くの、小さくておシャレな美術館です。
現代美術が専門で、リキテンシュタイン、デュビュッフェ、ウォーホル、イブ・クラインなどを鑑賞できます。 庭園も手入れが行き届いて、まるで外国に来たような錯覚にとらわれます。
ひがし大雪博物館
大雪山の自然をテーマに、そこに生きる動植物や自然のありようとともに、大雪山にかかわってきた人間の歴史も知ることのできる博物館です。特に、系統的に整理された昆虫の標本がみごとです。
東山魁夷館
長野県が画伯から700余点の作品と関係図書数百冊の寄贈を受け、信濃美術館に併設して建設され、平成2年4月に 開館しました。「緑響く」「白馬の森」「夕静寂」などの本製作のほか、初期の「ヨーロッパ風景」「東北・信州の旅」「中国風景」か ら「北欧風景」連作「京洛四季」、連作「白い馬の見える風景」「大和春秋」のシリーズの習作・スケッチ、日展その他のための準備 作、唐招提寺御影堂障壁画の試作など、多数が所蔵されています。
光と緑の美術館
神奈川県相模原市内唯一の、緑に囲まれた美術館です。
近代イタリア美術のコレクションは国内屈指を誇り、マリノ・マリーニ、マンズー、ファッチーニ、モランディなどが常設展示で見られます。企画展は、個性的な雰囲気のわりには毎回正統派で、意欲的です。単に作品を鑑賞するだけでなく、より深い美術への理解をうながしてくれます。
美術館夢呂土 山本丘人記念館
美術館夢呂土のなかにある、近代日本画革新の旗手で文化勲章受賞作家 山本丘人の作品、資料を展示する記念館です。
「夏渡る時」から絶筆となった未完の作品 まで、丘人の作品をゆっくりと堪能することができます。
美術の森
感動と安らぎをテーマに、平成10年3月、愛知県知多郡美浜町に開館した美術館です。
常設展には中国始皇帝時代の兵馬俑と銅馬車を、 企画展には東洋陶磁器を中心に展示しています。また、 野外広場には石の彫刻が展示され、山頂にあるギャラリーでは地元作家を中心にした作品をゆっくりと楽しむことができます。
飛騨高山美術館
アール・ヌーヴォーを中軸に、16世紀のベネチアン・グラスから現代のヨーロッパ、アメリカ、日本の作品に至るまでの世界の ガラスを歴史的、系統的に紹介するガラスの美術館です。収蔵作品はガラス製品を中心に約千点におよび、ルネ・ラリック作の高さ2.9メートルのガラス製「シャンゼリゼ・ショッピン グ・アーケードの噴水」や、ナポレオンを破った戦勝記念に作った「クルム・ゴブレット」(1835年フレデリック・エガーマン作)、モーリス・マリノー作「香水瓶」などがあります。
人と自然の博物館
神戸の三田市フラワータウンに、平成4年に開館した博物館です。
「人と自然」「新しい文化」「生物の世界」「地球・生命と大地」という5つの主題をもとに、地球と その生命の営みを紹介しています。収蔵品は、化石や鉱物など多彩で、たくさんの画像を見ることができます。
姫路市立美術館
姫路の文化の高揚、また郷土作家の育成に力を入れている美術館です。
収蔵作品は日本画、油彩、水彩、素描、版画、彫刻、工芸など、本当に多彩で楽しめます。 レンガ造りの建物と庭園の芝生の緑と後ろに見える姫路城のコントラストが本当に美しく、印象的です。ポール・デルヴォーのコレクションが代表的な収蔵品ですが、意欲的な企画展示、庭園にちりばめられた彫刻たち等、飽きることがありません。
兵庫県立美術館
小磯良平、吉原治良、金山平三らの作品や画業が丁寧に紹介されています。
また、さまざまな普及活動の紹介から、美術を多くの人に理解してもらおうという姿勢が強く感じられます。
平塚市博物館
昭和50年より開設の博物館です。
平塚市や湘南の石器時代から近世までの、それぞれの時代の様子についてのわかりやすい展示が工夫されて います。昔の東海道平塚宿の模型や、相模川の流域別の生態系などの展示、またプラネタリウム、天文関係の展示もあって、お子さん連れには嬉しい博物館です。
平塚市美術館
1990年開館の、豪華な建物の美術館です。
常設展示には、平塚や湘南ゆかりの芸術家の作品を中心で、鳥海青児、岸田劉生、安田靱彦などの 作品を見ることができます。ジャンルは洋画、日本画、彫刻等多岐にわたり、屋外には彫刻、モニュメントなども見られる美しい美術館です。
平野美術館
美術の鑑賞がお互いにふれ合いの輪を広げ、語らいと安らぎの場となることを願いとした美術館です。
沢田政廣の「靈泉」、渡辺崋山の「猛虎図」、横山大観の 「緑陰閑話」など潤いのある作品が多数所蔵されています。また、美術に関する講演、講座などを開催し、多方面から美術を楽しむ工夫がされています。
平野政吉美術館
藤田嗣治の作品を非常に多く鑑賞できる美術館です。
「優美神」「雪国の少女」などの多数の作品、また素描なども拡大画像で見ることができます。
平福記念美術館
藩政時代の佐竹北家家臣の屋敷跡で、その後は平福百穂の尽力によって建てられた旧制県立角館中学校の校舎があった場所に建つ美術館です。
佐竹義躬(さたけよしみ) 、小田野直武、常世翠巒(とこよすいらん)、平福穂庵ら、郷土の画人たちの作品が所蔵されています。
広島県立美術館
西日本では最大級の美術館です。
館内は、2階が常設展示室、3階が企画展示室、地階が県民の創作活動発表の場・県民ギャラリーとなっています。 コレクションは、平山郁夫や奥田元宋、南薫造らを中心とする「広島県ゆかりの美術」、陶芸や染織、漆芸などの「日本とアジアの工芸」、第一次・第二次世界大戦間の芸術に注目した「1920-30年代の美 術」からなっており、常設展示室で展示しています。
広島市現代美術館
比治山に建てられた公立初の現代美術館です。共生をテーマに、彫刻家井上武吉と建築家のジョイント制作の階段や、性格の異なる展示室など多様な空間等が見いだせる美術館で、 第2次大戦後の現代美術の大作や若手の作品に加えて、ヒロシマをテーマとした作品を収集展示しています。
ひろしま美術館
地域の憩いの場として広島銀行が開設した美術館です。
19世紀半ばのロマン派から印象派、後期印象派、フォービズム、エコール・ド・パリまで、フランスの主要な作家の作品が厳選されています。また、日本近代美術も常設されています。
ファーレ立川
東京都立川市の基地跡地につくられたファーレ立川には、「美術の妖精が棲む森」をコンセプトにオフィスやデパート等の11棟のビルの間に、36ヶ国、92人の作家による109点の作品が設置されています。換気塔、照明灯、車止め、ストリートファニチュ ア、建築上のデッドスペース等の持つ機能がアート化され、街のいたるところに現代の世界を映し出す多様な作品を発見することができます。
深川江戸資料館
下1階から地上2階までの大きな吹抜け空間に、江戸の長屋や商店などの実物大模型を建て、江戸時代の深川界わいを再現した博物館です。
蕗谷虹児記念館
大正から昭和にかけて叙情画家・詩人として一世を風靡した新発田出身の蕗谷虹児(ふきやこうじ)の原画、資料などを収蔵・展示する記念館です。
福井県立美術館
岡倉天心が関係した初期日本美術院の作家を中心に集められた美術館です。
菱田春草「落葉」、横山大観、下山観山、木村武山、小林古径、速水御舟らの作品が展示されています。
福岡市美術館
全国有数の規模の美術館です。
活動領域も郷土の美術、近世日本絵画、泰西名画、映像、現代美術、さらには、古美術展、公募団体展、書道展、地元アマチュアの発表まで行なわれて、まさに美術のデパートといった趣きです。
福岡県立美術館
信夫山のふもとにあるシックな美術館です。
日本画では速水御舟、山本丘人など。洋画ではA・ワイエスの「松ぼっくり男しゃく」など5点、ほかにピサロ、モネ、ゴーギャンなどの名作を見ることができます。
福島県立美術館
館内には、福島県出身またゆかりのある作家をはじめとして日本美術や海外の作品が揃っていて、アンドリュー・ワイエス「松ぼっくり男爵」「そよ風」、ベン・シャーン「WPAサン デー」「スイミング・プール」、ジョン・スローン「五番街の批評家たち」「サンタフェからの二人の女」など数多く収蔵されています。
ふくやま美術館
福山城公園とリンクする公園型美術館。福山市を中心とする広域圏における美術文化の 発展に寄与するとともに、住民参加による新しいオープンタイプの美術館として、 1988年11月に開館した美術館です。
収蔵作品としては、イタリアを中心とする20世紀ヨーロッパ美術、日本の近・現代の美術、瀬戸内圏関連作家の作品、福山・府中広域市町村圏関連作家の作品が中心となっています。
富士美術館
富士を間近に仰ぎ、遙か駿河湾も遠望できる豊かな景観に恵まれた環境の中にある美術館です。
収蔵品としては、東洋美術を中心に、江戸時代から近現代までの日本画、日本・朝鮮・中国の陶磁器、蒔絵を含む漆芸品、歴代天皇の宸翰をはじめ、染織、武具、 考古資料、金工等にわたっています。
ふなばしアンデルセン公園・子ども美術館
子どもの創作活動のための美術館です。ガラス屋根から自然光が入る約400平方メートルの大空間・ワークショップ室のある「パフォーマンス」、「クラフト」の2ゾーンから構成され、版画、食、染織、陶芸、木、観察の6つのアトリエ、創作スタジオ、展示 室、実際の木の根を観察できる「地中館」などがあります。また、造形のプログラムや、「ハンズ・オン・スペース」として粘土から流木まで多彩な素材を使い自由に触って遊ぶ活動が展開されています。
スミス絵本美術館
『マザーグース』やケイト・グリーナウェイ賞を受賞した『ABC』などの絵本を描いた絵本作家ブライアン・ワイルドスミスの美術館です。 収蔵している絵本原画約1000点の中から、年に3回の企画展を行いながら展示し、ワイルドスミスの作品の魅力を紹介してくれます。
ブリヂストン美術館
都心のオフィス街の中の、静かなゆったりとした雰囲気の美術館です。
常設展示が中心で、モネ、セザンヌ、ルノワール、ゴッホ、ピカソ、モディリアーニなど、ヨーロッパ絵画をたっぷり楽しめます。
古川美術館
ヘラルドグループの創始者であり初代館長の故古川爲三郎氏のコレクションを中心に、文化遺産である美術品を後世に伝え、親しんでいただくことを目的に開館された美術館です。
近代日本画を中心とした数々の美術品の展覧会をはじめ、講演会、鑑賞講座など多彩な美術館活動を展開しています。さらに平成7年11月3日より、前館長の居宅を爲三郎記念館として公開しています。
文化学園服飾博物館
我が国のファッション界に様々な人材を輩出している文化服装学院と文化女子大学を母体とする文化学園の収蔵する服飾関係の資料を展示しています。テーマにしたがって年4回、国内外の様々な服飾が展示されます。
Bunkamura ザ・ミュージアム
渋谷区道玄坂にある、オシャレで落ち着いた雰囲気の美術館です。その意欲的な企画展は、いつも話題を集めます。展示はおもに洋画が中心です。
ほかに、コンサートホール、劇場、映画館という多ジャンルの文化施設も収容されていて、一日楽しめます(^^
別府市美術館
保養地として有名な別府につくられた美術館です。 福田平八郎、村上華岳、安井曾太郎、梅原龍三郎の絵画、歴史民俗資料である湯つきやぐら・湯ノ花小屋の温泉資料、藩札などが展示されています。
ベルナール・ビュフェ美術館
ベルナール・ビュフェの初期の作品から最新作まで約2,000点を収蔵し、展示する美術館です。館内には、「父と息子」「青い闘牛士」「ピエロ」など、油彩、水彩、版画、彫刻など約300点が展示されています。
法隆寺大宝蔵殿
世界最古の木造建築にして、世界文化遺産である法隆寺のなかにあり、貴重な寺宝が収蔵されています。
北斎館
「富嶽三十六景」で有名な葛飾北斎が小布施滞在中に描いた肉質画40数点と祭り屋台二台が常設展示されています。
北海道開拓記念館
北海道の歴史をはじめとし、アイヌの人々の生活道具や民具、漁具などが展示されています。
北海道立旭川美術館
道立美術館の地方館第1号として昭和57年にオープンした美術館です。
木の街・旭川にちなんで「木の造形作品」の収集展示と、道北ゆかりの作家の作品展示がテーマとなっており、 ユニークな館活動を展開しています。
北海道立帯広美術館
帯広・網走など道東ゆかりの代表的な作家の作品と近・現代の版画やポスターなどの印刷美術作品を中心として収集・展示している美術館です。
北海道立オホーツク流氷科学センター
流氷や海洋に関する科学的知識と、流氷に象徴されるオホーツク圏域の自然と生活文化をわかりやすく楽しく学べる科学館です。真夏でも氷点下20度で流氷にさわれる厳寒体験室、全天周映像システム「アストロビジョン」をはじめとする映像設備群、砕氷船 の模型、人工衛星から送られてくる流氷の映像などを見・体験できます。
北海道立近代美術館
明治以降の北海道ゆかりの美術作品、パスキンを中心とするエコール・ド・パリの作品、アール・ヌーヴォー以降のガラス工芸の3つが展示の中心です。
「行動する美術館」がコンセプトで、さまざまなユニークな活動も行われています。
北海道立函館美術館
五稜郭正面近くに建つモダンな造りの美術館です。
ロダンの『衣をまとったパルザック』、ルノワール『勝利のヴィーナス』など、西洋近代彫刻が展示されています。
北海道立北方民族博物館
北海道を含めた国内外の北方諸地域の人々の文化的特長、その歴史的形成過程、民族間の相互関係などを実証的に調査研究・発表している博物館です。建築的には、エントランスのガラスの角錐に特長があります。
北海道立 三岸好太郎美術館
昭和9年に没した洋画家、三岸好太郎の作品のみを集めた個人美術館です。
三岸の短い生涯の年代ごとに展示室が5つに分かれているので、はじめての人でも理解しやすくなっています。
北方歴史美術館
江戸時代から明治時代までの北海道の文化・歴史をほうふつとさせる古美術品やアイヌ民族関連資料を収集・展示する博物館です。
本間寄木美術館
大名をしのぐ大富豪として知られた酒田の本間家が江戸時代に建てた別荘を1947年5月に私立美術館として解放したものです。重要文化財の「伊勢物語塗篭本」 「市河文書」や円山応挙の日本画・黒田清輝の日本画をはじめ、「三十番神話」や「高麗青磁象嵌平茶碗」などの美術品は、新館で毎年の展覧会計画に基づいて展示されています。
Up to the Top

(マ行)
マコンデ美術館
東アフリカ、タンザニアの外界から隔絶したマコンデ高原地帯に住むマコンデ族は、最初の父が黒檀を彫って最初の母を作ったという伝説を持ち、古くから創造力豊かな独自の彫刻を造り上げています。その人間の生の悦びを謳歌し、強烈でまた前衛的な マコンデ彫刻を中心に、ティンガティンガ絵画、ドローイング、バチック、楽器、生活用具など3000点の収蔵品の中から800点以上の作品を展示しています。
町田市立国際版画美術館
版画ばかりの美術館です。
常設展示室は木版、銅版、リトグラフ、シルクスクリーンと、技法によってコーナーが分けられ、1階のハイビジョンギャラリーでは、広重の「東海道五十三次」などをいつでも見ることができます。
増田町まんが美術館
増田町出身の漫画家・矢口高雄氏(「釣りキチ三平」作者)のフィールドワークを紹介するとともに、国内79名・アジア11名の漫画家の原画を常設展示したギャラリーを備え、マンガ単行本、週刊漫画誌や、アニメーションも楽しめる美術館です。
松岡美術館
美術品を求めてロンドン、パリ、ニューヨーク、香港と収集の旅を続けた実業家、故松岡清次郎のコレクション約1700点を収蔵している美術館です。 収蔵品は陶磁器、壺、ガンダーラ・インドの仏教彫刻、日本画、ヨーロッパ絵画など、多岐にわたります。
松下美術館
財団法人が運営する美術館です。
鹿児島県出身の画家、海外の印象派の作品を主に展示しています。小高い丘の斜面に建つステキな美術館です。
マリー・ローランサン美術館
マリー・ローランサンの生誕100年を記念して1983年に開館した美術館です。
ローランサンの画学生時代のデッサン帳から晩年の最後の大作までと幅広く、500点余りを数えるようになり、ローランサンに関する資料のそろった 専門美術館です。「扇」「接吻」「三人の若い女」などの代表作をゆっくりと鑑賞することができます。
丸亀市 猪熊弦一郎現代美術館
市ゆかりの画家 猪熊弦一郎の全面的協力で開館した美術館です。1階には3層吹き抜けのエントランスホール、2階には猪熊画伯の作品の常設展示室、3階には企 画展示室があり、その一部には自然光が採り入れられています。 こうした展示室の他に美術図書室、造形スタジオ、ミュージアムホール、屋外彫刻展示場やカフェレストランもある多目的な美術館です。
丸木美術館
画家丸木位里・俊夫妻の共同作品「原爆の図」の他、戦争や公害を告発する絵画等を展示するためにつくられた美術館です。川辺に立地し、毎年5月5日には開館記念日の集い、8月6日にはひろしま忌が行なわれ、市民運動のネットワークの場ともなっています。 ホームページには、美術館の建設経緯や利用案内・友の会の紹介とともに、原爆の図が数多く紹介されています
三重県立美術館
日本近代美術関連の深い海外の作品や三重県出身の作家、三重県にゆかりのある作家の作品が収蔵されている美術館です。
作品としては、岩橋教章「鴨の静物」、岸田劉生「麦二三寸」、佐伯祐三「サンタンヌ教会」、須田国太郎「信楽」、宇田荻邨「祗園の雨」、またムリリョの「アレクサンドリアの聖カタリナ」など、 日本の明治以降の絵画・彫刻・版画・工芸・素描をはじめ、近世の絵画、西洋近現代の絵画・版画・素描、スペイン美術など多岐にわたっています。
三笠市立博物館
アンモナイトの町として有名な三笠市の特色を生かし、日本最大級のものをはじめ約600を数えるアンモナイト、二枚貝、クビナガリュウ、モササウルスなどの海生生物化石、草食恐竜のノドサウルス化石などが展示される博物館です。
三岸好太郎美術館
昭和9年に没した洋画家、三岸好太郎の作品のみを集めた個人美術館です。
三岸の短い生涯の年代ごとに展示室が5つに分かれているので、はじめての人でも理解しやすくなっています。
三鷹市美術ギャラリー
分野・時代・地域にとらわれない幅広い分野にわたるユニークなテーマの企画展を開催する美術館です。企画展のない期間は展示室の貸出も行っています。
水戸芸術館
美術館、コンサートホール、演劇ホールの三つの機能を持った、三大芸術の総括としての「芸術館」です。ギャラリーは、自然と人工の光のコントロールによって、さまざまな美術作品を鑑賞することができます。企画展もたいへん意欲的です。
宮城県美術館
前庭にヘンリー・ムーアのブロンズ彫刻「スピンドル・ピース」が点在するオシャレな美術館です。
所蔵の作家は、高橋由一、萬鉄五郎、速水御舟、松本竣介、芹沢 介、長谷川潔、棟方志功、安田靫彦、 荘司福、佐藤忠良、新宮晋、荒川修作など、宮城県や東北地方にゆかりのある日本画、洋画、版画、彫刻、工芸が鑑賞できます。
宮崎県立美術館
置県百周年記念事業の一貫として県総合文化公園の中につくられた美術館です。
ピカソ、マグリッド、マンズー、シニャックや、海老原喜之助、山口長男、山内多門らの作品約3000点を収蔵し、その中から常設展を行う。特に、瑛九を中心とするコレクションは充実しています。常設展のほかに、特別展や、アトリエを使った実技講座・子ども美術教室なども開催され、意欲的です。
宮沢賢治童話村
宮沢賢治生誕100年を記念し、1996年7月にオープンしました。
「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」など、賢治が描 いた童話とイーハトーブの自然が体感できるアミューズメント施設です。全身がきらめく星たちに包ま れ、巨大万華鏡の中に迷いこんだような気持ちになる「宇宙の部屋」、大スクリーンの上に立つと眼下に鳥の視界が映し出される「天空の部屋」、アリのサイズになって巨大な自然を探検する「大地の部屋」など、胸ときめくファンタジーが次々と展開されます。
無言館
夭折した画家のデッサンを収める信濃デッサン館の分館で、全国各地の戦没画学生の遺作を収集し、その中から85点ほどを展示する美術館です。戦地からの書簡などの資料も展示され、戦争と平和を問いかけてくるようです。
棟方板画美術館
志功のアトリエの隣に建てられた美術館です。
彼の作品と愛用品などを展示してあり、津軽を中心とした愛着を色濃く表わした作品が多いことが特徴です。 版画のほかに自筆の書など、後世に多くの影響を及ぼした作風が味わうことができます。
棟方志功記念館
青森出身の版画家 棟方志功の記念館です。
展示作品は「星座の花嫁」「大和し美し」「釈迦十大弟子」「東北経鬼門譜」をはじめとして、油絵、書なども鑑賞することができます。
村内美術館
パルピゾン派、印象派とその仲間たちから20世紀にいたる画家たちの作品が常設展示された美術館です。
ミレー、コロー、クールベやその他バルビゾン派、印象派、エコール・ド・パリ、現代フランス画家などの作品が展示室ごとに分類し、展示されていて、ファンの方には本当に嬉しい美術館です。
明治神宮宝物殿
明治天皇・昭憲皇太后の短冊、装飾、装束類、書籍、調度品、刀剣などを中心に収蔵・展示しています。
明治村
広々とした敷地に、明治建築を展示している博物館です。重要文化財に指定されている、「聖ヨハネ教会堂」「西郷従道邸」「東山梨郡役所」「三重県庁舎」「札幌電話交換局」「品川燈台」などを 実際に見て楽しむことができます。
目黒区美術館
館のコンセプトは「都市型地方美術館」で、都市生活者の自己再発見の場でありたいとの考えからです。
主な収蔵品は、児島善三郎「フランス風景」、岡鹿之助「信号台」、岡田謙三「間隔」などで、西欧との関わりの中で、展示した日本の近・現代美術の特質に焦点を当てようとしています。
目黒雅叙園ギャラリーホール
創業者 細川力蔵のコレクションをもとにした、国内でも数少ない日本画専門の美術館です。
鏑木清方・伊東深水・堅山南風・益田玉城・小早川清などの美しい作品をたくさん見ることができます。
メナード美術館
日本メナード化粧品株式会社の創業者・野々川大介夫妻が中心と なり収集した美術作品を広く一般に公開するため、昭和62年10月に開館した美術館です。
所蔵作品はおよそ1,100点で、内外の近・現代絵画を中心とした様々なテーマによる所蔵 品展や特別企画展などをほぼ2か月単位で開催しています。収蔵作品には、マネ の「黒い帽子のマルタン夫人」、モローの「サロメの舞踏」、シャガールの「夏=収穫と落穂拾い」、尾形光琳の「三十六歌仙図屏風」、岸田劉生の「林檎を持てる麗子」など、興味深い作品がそろっています。
MOA美術館
熱海駅のすぐ裏から始まる山の中腹に建つ贅沢な雰囲気の美術館です。
コレクションは、尾形光琳の「紅白梅図屏風」をはじめ、野々村仁清、伝本阿弥光悦などの国宝、重文を含めて約3500点です。能楽堂も茶室もあって、一日たっぷり楽しめます。
盛岡山王美術館
古美術収集家・故影山忠雄氏が建てた美術館で、岩手県出身の画家・彫刻 家の作品を中心に展示している美術館です。
2階には古陶器、古美 術品が揃っています。特 に、藩政時代の南部家に関わる陶器・漆器・式典・掛軸などが多く、貴重な資料 ともなっています。
Up to the Top

(ヤ行)
安江金箔工芸館
金沢の金箔は、全国生産高の99%を占め、世界的にも優れた伝統産業製品として知られる。ここは、展示資料や美術工芸品を通して「金箔」の全てがわかりやすく理解できる全国にただ一つの金箔工芸館です。 金箔職人の第一人者・安江孝明が「職人の誇りとその証」を後世に残したいとの念願から、昭和49(1974)年に私財を投じ金箔工芸館を建設し、一般に公開したのがはじまりです。その後、昭和60(1985)年に金沢市に寄贈され金沢市立安江工芸館と なった施設で、1階には製造工具・工程見本、2階には美術工芸品を展示し、常時金箔製造工程の説明と箔移しの実演を見ることができます。
八ケ岳美術館・原村歴史民俗資料館
阿久縄文遺跡から出土した約400点の考古資料と、名誉村民の彫刻家・清水多嘉示の彫刻・絵画を保存・展示している総合美術・博物館です。
柳沢文庫
奈良県大和郡山市にある、旧柳沢家の古文書等史料の研究と保存を目的とした施設図書館です。大和郡山市指定文化財の書画、典籍類など数万点以上の古文書が収蔵されていて、徳川綱吉の実筆などを見ることができます。
山形美術館
元 山形新聞・山形放送社長服部敬雄が中心となって財団法人を設立し 、1964年8月開館した美術館です。
新館に入るとロダンの彫刻「永遠なる休息の精」やピカソやルオー、シャガール、ユトリロ、 キスリングブラマンク、ローランサンなどが、出迎えてくれます。そして2階には、現代フランス絵画や江戸時代以降の日本画、明治時代以降の洋画なども展示されています。
山口県立美術館
山口県の特色を発揮する郷土色豊かな美術館です。
常設展示は、1階は2つの記念室(香月泰男・小林和作)と郷土工芸室からなり、2階は本県ゆかりの作家 の日本画・洋画・彫刻などを展示します。各室ともテーマを設け、年に3-4回のローテーションで展示替えし、常に新鮮な展示活動をめざしています。
山田かまち水彩デッサン美術館
1977年に17歳の若さで事故死した山田かまちの残した水彩画、デッサン、詩などを展示する美術館です。悩み多き青春を感じさせ、思い出させる空間です。
山種美術館
兜町の真ん中にある美術館です。数寄屋造りの内装で茶室もあり、外の喧騒がうそのようです。
収蔵品は近代から現代の日本画が中心で、速水御舟の「炎舞」、竹内栖鳳の「斑猫」が有名です。
山寺芭蕉記念館
芭蕉・奥の細道300年を記念し、山寺の地に広域文化拠点施設として設置された記念館です。
芭蕉、奥の細道に関連した貴重な資料が展示されています。
山本鼎記念館
日本古来の浮世絵式の版画を改革し、木口木版の手法をとりこみ、日本の版画界に新生命を吹きこんだ山本鼎の記念館です。
上田城跡公園の中にある 記念館には、農民美術のほか、洋画関係資料が展示されています。
大和文華館
近鉄の創立50周年記念事業の一つとして奈良市学園南の蛙股池のほとりに開館した美術館です。
落ち着いていてしかもゆったりとした感じの建物で、国宝「一字蓮台法華経」「松浦屏風」 「寝覚物語絵巻」「李迪筆 雪中帰牧図」の4点ほか、重要文化財が29点揃っています。
山中湖高村美術館
近代、現代の日本画だけでなく、世界各国の自動車コレクションも持つ、ユニークな美術館です。
エミール・ガレをはじめ、アールヌーボーのガラスコレクションも充実しています。
(但し、平成16年9月末日をもって休館となっています)
山中湖美術館
富士山麓山中湖畔の森のなかに昭和63年に開館した個人美術館です。
版画・挿画本を中心で、最近は現代美術も充実してきています。 収蔵作品はピカソ、シャガール、マチスなどの有名画家ばかりではなく、田中恭吉、谷中安規、駒井哲郎など、忘れられがちですが素晴らしい作家のものも常時展示されています。
山梨県立考古博物館
山梨県内の各地から発掘、発見された遺跡や遺物を通して、原始・古代の生活の様子を展覧する博物館です。特別展、企画展、また講演会や各種イベントも盛んで、楽しく古代にふれることができます。
「シカン発掘展」なども企画され、地味ながら意欲にあふれる博物館です。
山梨県立美術館
「ミレーの美術館」として有名。
「種をまく人」、「落ち穂拾い(夏)」を常設展示室で見ることができ、 そのほかの展示内容についても、丁寧に解説されています。
山本丘人記念館
美術館夢呂土のなかにある、近代日本画革新の旗手で文化勲章受賞作家 山本丘人の作品、資料を展示する記念館です。
「夏渡る時」から絶筆となった未完の作品 まで、丘人の作品をゆっくりと堪能することができます。
弥生美術館/竹久夢二美術館
おなじみの竹久夢二の美人画のほかに、風景画や版画の写真を見ることができます。
工事中の部分も、少しずつ改築されると思います。
由比本陣公園 東海道広重美術館
東海道の由比(ゆい)宿にあった本陣の跡地を整備してつくられた美術館です。広重の浮世絵を中心に約1200点収蔵し、「由比の自然と歴史」「東海道の宿場・由比」「広重と浮世絵の世界」といったテーマ をもった展示室で江戸時代の生活文化を知ることができます。
優佳良織工芸館
北海道伝統美術工芸村の中にあり、1962年に織元木内綾が工房を発足し、棟方志功が「優しく、佳く、良い」という意味で名付けた染色工芸「優佳良織」の作品を展示する工芸館です。
夕張鹿鳴館
北海道炭鉱汽船株式会社(北炭)が、全盛を究めた時代、北炭鹿の谷倶楽部として1913年に建設された建物を公開しています。当時の建 築技術の粋を集めた創作と、贅を尽くしたしつらいが、貴重な歴史を物語ってくれます。
雪の美術館
大雪山系に降る雪をテーマとしてつくられた美術館です。マイナス20度の大雪山系の自然を人工的につくりだした高さ6m・全長62mにおよぶ「氷の回廊」や、「大雪の四季」を上映するシアター、雪の結晶の顕微鏡写真の展示、7人の画家が2年間 かけて制作した2万8千号の油絵「北の空」を天井に戴く音楽ホールなどが完備されています。
夢二郷土美術館
本庄に今も残る夢二生家と、1977年に復元された夢二のアトリエ「少年山荘」、岡山市郊外のふるさと村「リョービガーデン」を分館とし、さらに岡川市内後楽園外苑の県文化ゾーンの一角に1984年、夢二生誕100年を記念して 本館を新築した美術館です。
そのコレクションは夢二の原画500余点、資料は1500点にものぼり、夢二に関するものでは、最高の所蔵点数を誇ると思われます。
葉祥明美術館
画家であり、詩人、絵本作家でもある葉祥明氏の作品を集めた美術館です。赤いレンガのヨーロッパ風の洋館では、氏の水彩画、油絵、絵本原画を鑑賞することができます。
妖精の森美術館
永田萠さんの愛らしく美しい世界を堪能できるweb美術館です。
妖精美術館
英国の妖精に関する研究で知られている井村君江明星大学教授のコレクションを中心に美術品や文献、工芸品などが展示されています。
横浜市歴史博物館
港北ニュータウンの真ん中にある博物館です。
常設展示室では横浜の2万年にわたる歴史がマルチ映像で紹介されているほか、横浜の歴史や文化財に関する図書が閲覧できる図書閲覧室もあり、多様なサービスが提供されています。収蔵品は「東海道五十三次名所名物図絵」、「東海道絵巻物」や佐久間象山に関する資料など多彩です。
横浜美術館
展示作品の画像が豊富で、楽しみながら美術館の概要を知ることができます。
また、作家へのインタビューなど、一味違った試みがなされています。
横浜マリタイムミュージアム
1930年に進水し1984年まで商船学校の練習船として半世紀に渡って活躍してきた帆船「日本丸」のある日本丸メモリアルパークにある、横浜港を中心と した港と船をテーマとする海事博物館です。日本丸の保存・公開とともに、横浜港の様々な姿の展示や、帆走シミュレーション、横浜港内航海シミュレーションなどの楽しみながら学べるものから、 商船の大型模型の展示や、船の工作教室や見学会などの催しも行われるほか、海事に関する資料の充実した図書館もあり、一日楽しめます。
横山大観記念館
日本画の巨匠・横山大観が制作活動を行った家屋をそのまま公開している記念館です。
大観の未発表作品を含む多数の作品、下図、画稿・硯などが展示されていて、ファンにとっては本当に嬉しい記念館です。
米子市美術館
山陰地方で初めてつくられた公立美術館です。郷土の美術を中心テーマとしていて、正面がガラス張りになっている明るい入口をくぐると、郷土にゆかりのある作品、版画、洋画、 前田寛治「裸体」、日本画、森田光達「雙鯉」他にも数多くの作品が収蔵されています。
萬鉄五郎記念美術館
岩手県出身の画家 萬鉄五郎の記念館です。油彩画、水彩画、素描などが展示されています。
Up to the Top

(ラ行)
良寛の里美術館
新潟県にある、良寛の遺品や文献図書類を収集した美術館です。
良寛と愛弟子・貞心尼の書や詩歌を鑑賞しながら、その人柄にふれることができます。
ルーブル彫刻美術館
パリのルーブル美術館の姉妹館として建立され、自然光の降り注ぐピラミッド型のモダンな館内には、ミロのビーナス、サモトラニケなどの有名な作品をはじめとする約1,300点の, 材質、重さ、色はもちろん、髪の毛一本、キズ1つに至るまで克明に写し取られている復刻作品が並ぶ美術館です。
碌山美術館
日本の近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)の作品と資料を永久に保存し、一般に公開するための美術館です。
また碌山と関係の深い優れた一群の芸術家たちの作品 を併せて蒐集保存し、日本近代彫刻の流れと展開を明らかにしようと努めています。

(ワ行)
和歌山県立近代美術館
国内外の近代美術作品の収集、個性豊かな特別企画展を指向している美術館です。美術館の内部の様子が写真でていねいに説明されています。
脇田美術館
画家の脇田和のアトリエ山荘の敷地内に、自身の作品展示と現代との接点を求める企画展のための空間を、子息の脇田愛二郎とともに立案し、建設された美術館です。 ドイツ遊学時代(1920年代)から近年の作品まで、油彩、素描、版画など、300点余を収蔵しています。
輪島漆芸美術館
輪島塗をはじめとする漆芸専門美術館です。人間国宝、芸術院会員をはじめ古今の漆芸家の名品の紹介を通して、日本で高度に発展し完成された漆芸の美しさと出会い、漆の文化を語り合えるような場所をめざしています。
早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館
1928(昭和3)年10月、坪内逍遙博士が古稀の齢(70歳)に達したのと、その半生を傾倒した「シェークスピヤ全集」全40巻の翻訳が完成したのを記念して、各界有志の協賛により設立された博物館です。
日本国内はもとより、世界各地の演劇・映像の貴重な資料を揃えており、錦絵46,000枚、舞台写真200,000枚、図書150,000冊、その他衣装・人形などの演劇資料52,000点をあわせて、数十万点にもおよぶ膨大なコレクションとなっています。
ワタリウム美術館
1990年開館の、外国のみならず国内の諸地域との文化交流をはかりながら、あくまでも現代美術をテーマとして展覧会を構成している美術館です。
新しい視線で埋もれたアーティストを発掘しながら、世界的視野でアート精神を伝えていこうとする意欲にあふれています。


Up to the Top


TOPへ戻る