ダイハツ・ミゼット 

戦後の軽三輪ブームの火付け役となったのがダイハツ・ミゼットでした。テレビも普及し始めた頃で大村昆さんと佐々十郎さんのコンビでのコマーシャルもブームに拍車をかけました。しかし軽四輪の普及とともに生産台数も減少し昭和46年に生産を終了しています。


昭和32年8月 ミゼット発売  250cc 10馬力  バーハンドル

昭和34年9月 丸ハンドルのMP型発売 300cc 12馬力
.......

昭和36(1962)年当時の価格は  228,000円でした

昭和36年度のミゼットの生産台数は 54,230台となっています

以下に1962年型ダイハツ・ミゼットMP4型をカタログより紹介させていただきます

 



あらゆる業種にピツタリ

軽快なセールスの足 "ミーぜット" は ソフトグリーンのスマートなポテイカラーそのまま ラッシュも天気も気にすることなく いつでもどこでもお気軽にご利用いただけます。(堅牢なボディ)(小まわりのよさ)(すぐれた経済性)と3拍子そろったステキな機動力はビジネスからいそがしさを閉め出します。専門の運送屋さんはもちろん電気屋さん食料品店.!・・・とあらゆる業種に好適」のセールスカー“ミゼット" でお店繁栄のストレートコースをスタートしてください。

バ ラ ン ス の 取 れ た 性 能

ミゼット独特の機能美を生かしたボディラインと堅牢なフレームの巧みな組み合わせで室内は十分広くゆったr)しています。とくにシートは2人掛けのソフトなラバークッションで 視界の広いテンバライト安全強化グラス使用のフロントウインドや 大きく見やすい計器穎なども快適な乗り心地を約束しています また新設計のスライド式サイドウインドとおしゃれな三角窓からの快適な通風でビジネスから暑き寒さをシャットアウト ! フルシーズン安定したキャビンで快調です。

乗り心地を運ぶキャビン

設計のスライド式サイドウインド便利な三角窓 それに堅牢なテンバライト安全強化ガラス 使用の フロントウインドとソフトなラバ一クッションシート‥‥‥など 広々としたキャビンでイージードライブは快調です



荷台に生きる合理性

堅牢な全鋼製の荷箱は 使用条件にマッチした無駄のない設計 広いスペースには350キロの荷物がらくに積めますとくに荷箱後部扉は積みおろしのらくなチェーン開閉式ですから かさばる積荷も簡単に運べますまた幌の取り付け取りはずしも3分間で0Kです。

 詳しい仕様書            エンジン

主な仕様書

全    長

2,565mm

エンジン形式

強制空冷2サイクル

全    巾

1,265mm

総排気量

199cc

全    高

1,290mm

最高出力

11 PS

乗車定員

2人

最高速度

80km/h

最大積載量

100kg

燃費率

30km/リットル