オンライン予約、地図・クーポンの印刷に】

千葉1 舞浜、浦安、行徳 千葉3 南船橋、船橋、幕張 千葉5 柏、松戸、市川
千葉2 その他千葉県 千葉4 千葉

舞浜 饗の詩 和食 ランチ1980円 047-305-5665
浦安市舞浜1-4イクスピアリ1F ガーデンサイト 11:00〜16:00 (無休)
舞浜のイクスピアリにある「自然派ビュッフェ 饗の詩」はオススメに入れていた店でしたが、2010年5月18日に場所を1階に移転し、内容もファミリー向けになっていました。

以前は品数は少ないけど質が良く満足度たっぷりだったのですが、種類が多くなり、その分、質が落ちているような気がします。ただし、もともとが良かったため、落ちているといっても決して悪いということはありません。

訪れたのは夏休みのため、夏祭りフェアみたいなものを開催していて、店員がみなハッピを着用。縁日メニューが並んでいました。

2時過ぎでも入店待ちが若干あり、子供連れが非常に多いです。舞浜という場所を考えたら、現在の構成のほうが支持されるのでしょうね。隣のテーブルにいた若い女性二人組みが「前より良くなったね」と話していたのが印象的です。

料金は1980円。ディナーもブッフェを実施していて17時から22時半までで2480円。昼夜ともに制限時間は90分。

店内は広く天井は吹き抜けのため高さがあり、大きなガラス張りのウインドウによって明るさが際立っています。

店員は明るく応対も良く、野菜ソムリエというスタッフがいるというのと、「野菜がおいしゅうございます」の認定店となっていることがウリだそうです。

通常は野菜ソムリエによる野菜ジュースが楽しめるのですが、縁日メニューのため、利用することが出来ませんでした。その代わりに、カキ氷に、トマトレモネードなるシロップがあり、トマト味のカキ氷を体験することができて良かったです。意外に美味しい!

ブッフェ台のメニューは、フェアの縁日メニューが、焼き鳥、たこやき、焼きもろこし、実演による豚肉のお好み焼き、そして前述のカキ氷。

豚肉ロール、にんにく芽ともやし炒め、じっくり煮込んだ筑前煮、ナスと獅子唐の煮びたし、野菜のチャンプルー、焼き魚の幽庵焼き、麻婆豆腐、肉団子と冬瓜煮、鶏肉と茄子の煮物、竜田揚げ、豆腐のナゲット、スマイルポテト

ゴボウサラダ、卯の花、もずく酢、枝豆、ホウレン草胡麻和え、ひじきとゴボウの白和え、自家製ピクルス、サラダバー各種

五目御飯、雑穀ご飯、白飯、高菜漬け、キムチ、味噌スープ、シェフの澄まし汁、カレー、ちまき、冷やし中華

デザートは、ルバーブムース、ルバーブタルト、ルバーブゼリー、ココナツムース、ココナツタルト、グレープフルーツのショートケーキ、ティラミス、オレンジのババロア、ハイビスカスゼリー。どれも手作り感がありました。

ドリンクはアイスコーヒー、アイスティーなど各種あり。

どの料理も野菜がたっぷり使われていて、ヘルシーさは充分楽しめます。種類も多いのでお腹一杯になるまで楽しめます。

夏休みが終わったらどういうフェアになるか興味はあるので、機会があったらまた訪れてみようと思います。
(2010年8月)
浦安 テル 浦安駅前店 サラダ 終日683円〜 047-304-1588
浦安市北栄1-16-18 浦安ケルン2F 11:00〜23:30 (無休)
地下鉄東西線浦安駅前にあるステーキ&ハンバーグの専門店「テル」は白木屋などを展開するモンテローザグループのお店です。

テルは全国に6軒。首都圏には、ここ浦安のほかは、埼玉県の松原団地と上福岡にあるのみ。

このチェーン店では、ハンバーグやステーキなどをオーダーすると、サラダバー、フルーツバー、カレー、スープが食べ放題になります。

メインとなるハンバーグやステーキは、TERUオリジナルハンバーグステーキ180グラムが998円。TERUステーキ150グラムが1029円など、種類豊富に揃えられています。

また、単品でも利用することが出来ます。値段は683円。さらにドリンクバーが208円。デザートアイスが食べ放題が208円となっています。いずれも単品では315円。

サラダは、キャベツ、レタス、三色サラダ、人参、オニオン、大根&水菜、かいわれ、きゅうり、コーン、カラーピーマン、ブロッコリー、プチトマトと、野菜だけでも11種類が並びます。

さらに、海藻サラダ、チキンサラダ、マカロニサラダ、ビーンズポテトサラダ、たまごマカロニサラダ、大根明太サラダ、牛ゴボウ煮の7種類も並び、サラダバーは全部で18種類と豊富です。

フルーツバーは、杏仁豆腐、いちごプリン、マンゴープリン、ブドウゼリー、パイナップル、オレンジ、グレープフルーツ、ライチの8種類が並びます。

カレーは、具材たっぷりのカレーがメニューに掲載されているのですが、実際は牛肉がかすかに混じるだけのもの。それでもさらりとした中辛の美味しいカレーでした。

お替りした時にサラダバーのブロッコリーやパプリカを加えて、夏カレー気分に。

牛ゴボウ煮はサラダというよりご飯に乗せて食べちょうどいい感じの味付けでした。

スープは日替りで、たまごオニオンスープでした。ドリンクバーも種類豊富で、アイスも10種類用意されています。食事後の会計時に、ドリンクバー無料券を貰いました。
(2010年7月)
舞浜 エンパイア・グリル ケーキ ランチ3000円 047-305-1111
浦安市舞浜2-11 アンバサダーホテル1F 11:30〜14:30 (無休)
舞浜イクスピアリ併設のディズニーオフォシャルホテル、アンバサダーホテルの1階にあるエンパイア・グリルでは、ランチタイムにデザートブッフェを実施しています。

利用の条件は、アンバサダーランチ2500円をオーダーすることで、プラス500円でデザートブッフェが付けられる場合と、4000円のコースに含まれている場合との2種類の選択肢があります。

アンバサダーランチは前菜とメイン、コーヒーor紅茶というハーフコース。4000円のコースはフルコースです。

今回はアンバサダーランチを利用。まずは4種類のパンが出てきました。ドライトマトとバジルに、オリーブオイルとバルサミコ酢を混ぜた小皿が添えられ、パンに付けていただけるようになっています。オリーブオイルやバルサミコは自宅でもバケットに付けて食しているのですが、ドライトマトとバジルを混ぜると格段と美味しくなりました。

前菜は4種類からひとつ選べます。本日のアペタイザー(この日はカルパッチョです)、鯛のカルパッチョ、シーザーサラダ、あとひとつは忘れました。私は鯛のカルパッチョをチョイス。

メインは3種類からひとつ選べます。本日のパスタ(この日はシーフードのトマトパスタ)、鮮魚のアクアパッツア(この日はくろむつ)、牛頬肉の赤ワイン煮込み。

前菜もメインもとても美味しくいただけました。食後にコーヒーをお願いし、デザートとともに楽しみました。コーヒーはお替り可能です。

デザートは全部で12種類。5〜6種類かなと思っていたので、これだけあるので大満足です。ティラミス、ホワイトチョコムース、チョコレートケーキ、フルーツタルト、シュークリーム、ソルトキャラメル。ビターで濃厚なトロッとしたチョコレートケーキがお気に入りで、三度も取りに行ってしまいました。どのケーキにもフルーツがふんだんにあしらわれていて、瑞々しいフルーツが味の濃いめなケーキと良いバランスを保っているようです。

グラス&カップデザートは、抹茶ムース(ホイップクリーム、バニラソース、ストロベリーソース、チョコレートソースをお好みで。ミッキー型のクッキーが添えられています)、オレンジとヨーグルトのゼリー、ミカンのコンポートのゼリー、苺のムース、ハニープリン、フルーツカクテル(フレッシュフルーツ使用)。

デザートは料理同様どれも美味しくいただけました。従業員の応対も丁寧で気持ちの良いものです。店内は広く、日曜日でもさほど混雑していませんでしたので、当日の予約でもOKでした。服装もカジュアルで問題なし。会計はテーブルにてチェックを行います。
(2010年1月)
舞浜 シャーウッドガーデン・レストラン 洋食 ランチ3200円 057-006-4333
浦安市舞浜29-1 東京ディズニーランドホテル1F 11:30〜14:30 (無休)
舞浜のディズニーランド横にある、東京ディズニーランドホテル1階の、シャーウッドガーデン・レストランでは、朝昼晩とブッフェを実施しています。

朝のブレックファストブッフェは2700円で、洋食に和食も加えたもの。ミッキーの型の入ったワッフルの実演サービスが好評。

昼のランチブッフェは3200円で、世界各国料理を提供。実演サービスもあり。夜のディナーブッフェは4200円で、ローストビーフのカッティングサービスなどがあります。

今回はランチブッフェを利用しました。12月始めの平日で、予約を入れず1時頃訪れましたが、空席は充分ありました。

冷菜、温菜、デザートなどのバランスが良く、どれも美味しく楽しめました。リピートしたいものばかりでしたが、品数が多いため、一通り食べる前にお腹一杯になってしまいました。

冷菜は、ミートのテリーヌ ルバーブのソース、シュリンプサラダ、サワークリームポテト とんぶりととびっこ添え、帆立のショートパスタ、鰹のカルパッチョ、パクチーとツナサラダ、さつまいもと栗のサラダ、コールドミート白菜のコンソメゼリー寄せ、スモークサーモンのシーザーサラダ、タコと白菜のアンチョビソース、鴨のスモーク アップルソテー添え。

温菜は、シラスと白菜のパスタ、ローストポークXO醤、スチームベジタブル、帆立貝のスチームベジ アメリケーヌソース、チキンの醤油ソテー、ローストターキーベリーソース、マナ鰹の香草パン粉焼き、ハンバーグビーフラグーンソース、白身魚のスチーム 高菜ソース、ポテトグラタン、シーフードピラフ キノコソース。

このほか手をつけなかったものに、焼売、春巻、炒飯、唐揚げ、オニオンリング、チキンカレーがありました。

焼きたてホテルメイドパンは15種類くらいが並び、どれも美味しそう。その中から10種類を頂きました。

サラダバーやデザートも種類が多く、フルーツはカッティングサービスでプレートに盛り付けてもらえます。その際、アイスを添えてもらうことも出来ます。(三枚目の画像右下の皿)

飲み物は、コーヒー、紅茶のホット、アイスをテーブルサービスで。途中で違うものに替える事も可能です。

席はゆったりと広く、サービスも行き届いていて、満足度の高いブッフェを楽しめました。
(2009年12月)
舞浜 カスバ・フードコート カレー 2300円  
浦安市舞浜 東京ディズニーシー内 12:00〜15:00  17:00〜20:00 (変則開催)
東京ディズニーシー、アラビアンコーストにあるカリー料理のお店「カスバ・フードコート」では、カレーバイキングを実施しています。

フードコートの一角で、アーケードタイプの場所ではなく、室内タイプの部分を使用し、前金2300円を支払ったのちに入場。料金は2300円。

開催は不規則で、2月は1〜6、9〜13、16〜20。23〜27日がランチタイムの12:00〜15:00に開催。7、8、14、15、21、22、28日がディナータイムの17:00〜20:00に開催。

3月以降に関しては直接お問い合わせしてご確認ください。制限時間はありません。座席数は多く、17:10の入場時はスンナリ入れましたが、18:30の退店時には20組ほどのウエイティングが出来ていました。

カレーは全部で7種類。辛口のチキンカレー(辛口と書かれているけど、あまり辛くないです。ブラックカレー)、辛口のシーフードカレー(タイ風イエローカレー)、中辛のビーフカレー(トロトロのお肉がたっぷりで食べやすい味)、中辛のベジタブルカレー(インド風。結構辛かったです)、中辛のキーマカレー(刻み野菜と肉たっぷりで液状のルーではないタイプ。イチオシ)、甘口のミートボールカレー(お子様向け)、甘口のソーセージカレー(ハヤシ風味)

ライスは日本米の白飯でした。ナンは小ぶりサイズでカットされていません。厚手の生地です。

カレーのトッピングに、福神漬けのほか、レーズン、ミックスナッツ、フライドオニオン、漬けパプリカ、卵そぼろが用意されています。

そのほか、ミックス野菜サラダ、海老のフリッター、帆立フライ、タンドリーチキン(味がしみこんでいません)、シシケバブ(ただのつくねでした・・・)

デザートは、プリン、マンゴプリン、プチケーキ一種、タピオカ・コーヒーゼリー・ナタデココ入りのココナツミルク、フルーツ・ゼリー入りフルーツポンチ。

飲み物は、オレンジジュース、ラッシー、烏龍茶、ホットコーヒー、ティーバッグ各種。

種類数はそれなりに揃っています。ディズニーシーという場所柄、値段は高めに設定されている点はやむを得ない所。従業員のサービスは例外なく良かったです。

アラビアンコーストという場所にあって日本風のカレーが多いという点が想像外。サフランライスが欲しかったけど、カレー的には白飯がぴったりでした。

デザートも美味しく、ラッシーも飲み放題なので、けっこう楽しめました。
(2009年2月)
舞浜 プルメリア 和洋中 ランチ1600円 047-351-4126
浦安市千鳥13-20 SPA&HOTEL舞浜ユーラシア内 12:30〜16:00 (土日祝) ディナータイムあり
東京ディズニーランドにほど近い場所にある、SPA&HOTEL 舞浜ユーラシアは、天然温泉と宿泊、リラクゼーションを楽しめる都市型スパ。舞浜駅・浦安駅から無料送迎バスが発着しています。

館内のレストランを利用するには、まず入館料を払わなければなりません。平日2000円、土日祝2500円が基本で、深夜や早朝の利用の場合、変動します。

6階にあるバイキングレストラン「プルメリア」は、土日祝限定で営業。和洋中30種類以上取り揃え、ドリンクバーも込みで、料金はランチタイム1600円で提供。ディナータイムは18:00〜21:30で1980円。子供料金はランチ800円、ディナー900円。幼児は終日500円となります。ちなみに宿泊者用に1280円で朝食バイキングも実施。

レストランからは、ディズニーシーや東京湾の眺望が楽しめます。快晴なら富士山も望める位置。明るく、座席間もゆとりがあります。入館の際に靴を下足箱に預けるため、裸足での利用(スリッパなどはありません)になりますが、それが意外と心地良いです。

料理は、オープンサンド2種(タマゴサラダ、ハム・チーズ・胡瓜)はバゲット、黒糖、食パンに乗せられています。パンはパサ付いてなく美味しかったです。サラダはレタス・水菜・コーン・枝豆・ミニトマト・ポテトサラダ。野菜は鮮度良し。ドレッシングが2種類、ひとつはキャロットドレッシング、もうひとつは柚子醤油だったかな?

ピザはトマト&ソーセージ、パスタはブロッコリーとハムのトマトパスタ。どちらもまずまずってところ。フライは、クリームコロッケ、オニオンリング、白身魚、ポテトの4種類。獅子唐焼きが飾り付けにあしらわれていました。タルタルソースとケチャップの用意あり。

特製カレーは開けてビックリ、豚肉で埋め尽くされていました(笑) そのうち取り尽くされるのかなと思いつつ、開けた人はみんな驚いていました。まさに特製?ツカミはおっけぇです。ニンジンやタマネギも入ってるのですが、結局うまく取れませんでした。

チャーハン、ソース焼きそばは懐かしさを感じさせる味。点心は小龍包。小というワリには大きいです。その横にありチマキと思って取ったのは笹団子でした。揚げ春巻、たまごのチリソース、焼売、鶏肉とニンニクの芽の炒め、厚揚げと豚肉の旨煮。中華スープはマッシュルーム・ワカメ・たまご入り。冷やし中華風に錦糸玉子・刻みハム・胡瓜の乗った春雨のさっぱり感が良かったです。

和食は豚肉の冷しゃぶ。茹でモヤシもたっぷりで、ポン酢をかけてもりもり。冷やしうどんは、刻みネギ、生姜に大葉の天婦羅が用意されています。味噌汁は予め椀に麩・ネギ・ワカメが入れられているので、汁を注ぐだけなのですが、その汁が蟹汁でした。出汁蟹もたくさん入っていました。

カツオのタタキとカジキのタタキ。スティック野菜がちょっと嬉しいアイテム。ニンジン・大根・セロリ・胡瓜で、マヨネーズとモロミ味噌が用意されています。もずくの酢の物もありました。ちょっと酢が弱いかな。

デザートは、モカロールケーキ、プチシュー、胡桃入りケーキ、マンゴープリン、コーヒーゼリー、杏仁豆腐、白玉善哉、フルーツカクテル。

バニラアイス、チョコレートアイス、オレンジシャーベットの3種は、ディッシャーがなくスプーンですくうのが笑えました。バニラアイス用に濃厚な黒胡麻ソースが用意されていて、これはハマリ!そしてカキ氷!夏場だけかと思いますが、いちご、メロン、ブルーハワイの3種のシロップあり。

ドリンクは、ペプシ、ジンジャーエール、メロンソーダ、なっちゃん、烏龍茶、レモンティーのペプシの機械と、イタリアンブレンド、カフェモカ、ミルクココア、泡立ついちごオレ、あったかコンポタの5種類をそれぞれホットとアイスに出来る機械が設置されています。

正直言って、こういうレジャー施設のバイキングって、あんまり期待していなかったのですが、健闘していると思います。値段的には、町なら1200〜1400円くらいで頑張って欲しいかなってところですが、高くて不味いというわけではないから、私的には充分満足できました。

入館料がかかるのと、入館料の高い土日祝のみ実施という部分がネックですが、スパ自体は、泉質もよく、内湯にジャグジーやちょっと変わったサウナと岩盤浴、露天も3種類あり、気持ちよいです。話題のドクターフィッシュ、ペット用の温泉浴槽、マッサージなど4種類のボディケア、テレビ付きリクライニングチェアーと畳の二ヶ所の休憩処と、ゆっくり滞在する楽しみがあるので、値段は全く気になりません。また利用したい施設です。
(2008年8月)
舞浜 グランカフェ 和洋中 ランチ2940円 03-5159-1635
浦安市舞浜1-9 シェラトン1F 11:30〜14:30 (土日祝は15:30まで)
ランチバイキングとしては過去に3回訪れているお気に入りのお店でしたが、再訪はなんと8年ぶり。その間に数多くのお店を経験してしまったため、当時の感動は薄れてしまっています。あれだけ気に入っていたけど、値段を考えたら、まぁ普通って所かなぁと、今回訪れて感じました。でももちろん美味しく楽しめたので、再訪して良かったなと感じました。

平日のランチタイムで客の入りは半分程度。といっても、席数はとても多いので、利用者は結構います。普通のランチメニューをオーダーする人もいます。また、夏休みとあって、家族連れも目立ちます。店内は明るく開放感に溢れ、中庭の景観も良いです。

今回のフェアは7/1〜8/31まで実施のヘルシーマルシェ・ランチバイキング:夏休みスペシャル。料金は大人が2940円で、サービス料10%が加算されます。ちなみにぐるなびのクーポンで2940円が2352円になるのはかなりお徳です。

品数は意外と多くはありません。TDLではリロ&スティッチのハワイアンフェア?を開催しているので、それに合わせてのハワイ料理もラインナップされています。

ハワイアンなメニューは、フリフリチキン夏野菜添え、マヒマヒ(シーラ)のソテー、ハワイアンピラフ、スパム寿司。

シェフがサーブしてくれるメニューは、ローストビーフグレビーソース:温野菜添え、大和豚肉のバナナリーフ包み焼きの2種類。

鳥胸肉のグリエシンガポール風、豚バラ肉と厚揚げ:大根の煮物、あいなめの唐揚げ柚風味、アサリホタテオクラパスタ、キノコトマトパスタ、ハワイアンピザ、ピザマルゲリータ、完熟トマトのコロッケ、カレイの含め煮、素麺、ミックスサンドイッチ、そしてフルーツカレーと夏野菜カレー。

サーモンとグレープフルーツのサラダ、春雨スパイシーサラダ、シーフードサラダ:レモン風味、梅と豆腐のサラダ、若鳥の胸肉と五種類の穀物のサラダ。スープはスーラータンとミネストローネ。

パンはデニッシュなど7種類ほどがありましたが、なかでも食パンコンテストで優勝したというパンは必ず食べておきたい一品です。

タイムサービスとして、チェリージュビレの実演を行っていました。子供たちが群がっていましたが、大人の味だから、ちょっと無理かな〜?

デザートは、デザートバイキングで提供しているのとほとんど変わりない内容です。でも入れ替わりもあるので、相当数の種類が楽しめます。アイスも6種類あり、ワッフルも自分でトッピングできるので、いいかも。

ただ、欠点?はドリンクが別料金だということ。ソフトドリンクバーを利用する場合、800円くらいかかるので、家族での利用としては、懐が痛いですね。セルフのドリンクバーにもサービス料がかかるし。

と、なんだかんだ言いながらも、お腹が苦しくなるまで、たっぷり食べたのでした。
(2006年7月)
新浦安 美浜 和食 ランチ1890円 047‐350‐8111
浦安市美浜1-8-2 新浦安オリエンタルホテル1F 11:30〜14:30 (無休)
新浦安駅前にあるオリエンタルホテルでは、和食、中華、洋食の各バイキングを3店舗で実施しています。そのうちのひとつ、和食の「美浜」を8年ぶりに訪れました。ゴールデンウィーク及び6月1日から11日までの期間は、まぐろ祭りを開催していて、情報誌(T1)やテレビ(アド街)にも紹介された影響で、かなりの混雑ぶりでした。もちろん通常のバイキングも人気なのでオススメできます。

今回のまぐろ尽くしの特別メニューは、まぐろのしゃぶしゃぶをはじめ、刺身、握り寿司、カルパッチョ、南蛮漬け、まぐろカツ、まぐろと根菜の煮物、やまかけ、中おちで作る手巻き寿司という、まぐろ好き大喜びメニュー。しかも12時には解体ショーも楽しめ、新鮮なまぐろを思う存分食べつくせます。もちろんご飯もあるので、まぐろ丼や中おち丼も作れるんです。

まぐろのみでなく、通常メニューもあります。ただし、まぐろフェアの分、若干品数が抑えられていますが、それでも充分楽しめました。通常期にも是非リピートしたいですね。

その場で揚げてる天婦羅は、海老、獅子唐、カボチャ、薩摩芋、ナスの5種類。天ツユと抹茶塩で食べられるほか、天丼のたれが用意されているので、たっぷりの天丼も楽しめます。サクサクの食べ応え。

美浜特製の掬い豆腐(今日は普通の豆腐でしたが、通常は緑豆豆腐もあり)、手巻き寿司は中おちのほか、玉子・胡瓜・貝割などの具があります。美浜のあら汁、豌豆ご飯、冷麦、ワカメと海鮮の酢の物(海老・イカ・帆立入り)、玉子入り冷製パスタ、鶏肉入り炒り玉子がありました。このほか、通常はお造り(かつをたたき、甘エビ、はまちなど)があり、惣菜の種類も増えるようです。

デザートは、和食なのに自分で作れるクレープがあるのが意外。生クリーム、チョコ、キウイ、苺のソースあり。フルーツポンチや小豆餡もあり、あんみつを作れたり、フルーツをクレープに利用できます。和菓子(梅ゼリーと水饅頭)、ヨーグルト、果物(メロン、スイカ)もあります。通常は、自分で作るサンドイッチもあり。

ドリンクは、野菜と果実のジュース、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、カフェオレ(無糖)、烏龍茶、コーヒーなど。

料金は月〜金が大人1890円、小学生1155円、3歳以上幼児714円、シニア1680円。土日祝が大人2100円、小学生1365円、3歳以上幼児924円、シニア1890円。制限時間はありません。従業員の応対は良く、補充もまずまず。皿の下げは混んでいたからか遅かったです。期間中は混んでいて30分以上のウエイティングでしたが、通常期はそこまでは混まないと思いますが、予約した上での利用をオススメします。また、洋食の「グランサンク」、中華の「チャイニーズテーブル」も同一料金で実施しているので、その場の気分で変更も出来るのは便利かもしれません。

補足ですが、98年9月当時の簡易レポを書き添えておきます。『わずか1500円という値段でステーキとてんぷらが食べ放題! テーブルで注文すると焼きたてのサイコロステーキが運ばれてくる。ライス、味噌汁付き。もちろん何回注文しても良い。そして、カウンターには揚げたてのてんぷら各種(えび、椎茸、しし唐、かぼちゃなど)、惣菜、お新香、サラダ、デザート、そうめん、コーヒー等。美味しい!ステーキだけで軽くモトが取れてしまう。 ステーキコースとは別に、同料金でまぐろの刺身コースもありました。超オススメです。』
(2006年6月)
舞浜 クリスタルパレス・レストラン 和洋中 終日2500円
浦安市舞浜 東京ディズニーランド内  

以前はポリネシアンテラス・レストランでバイキングを実施していたのですが、現在はやっていません。しかし、同じアドベンチャーランドにある明治乳業提供の、クリスタルパレス・レストランがバイキング方式を取り入れて人気を博しています。

11時前の入店だったので待たずに入店できました。しかし、11時半を過ぎるとみるみるうちに行列が延びて行きます。しかも、ミッキーのパンケーキは早々に品切れになってしまうので、利用はお早めに。このパンケーキ、ずっとあると思っていたので、あとで取ろうと思ってたら、とうもろこしに替わってしまったのでショック。。。

とても広い店内。もちろん全席禁煙。ブッフェ台もダブルで広く取ってあります。子連れのグループが多いので騒がしいのは致し方ありません。子供がブッフェ台周りを走り回るので、料理を持って移動するときは細心の注意が必要です。接客は当然のことながら申し分ありません。料理の補充も皿の下げも標準以上。

はじめの内はすいてるので、好きな席を選べます。パークが見える窓際が良いですが、入り口に近いと、入店待ちの行列を眺めることになるので注意。制限時間がないので、パレードに合わせるのも良いかも?よく見えるかどうかは不明。終日実施なので、ライトアップの時間、花火の時間もよさげ?

この日の料理は、温かい料理がフリカデラ(仔牛とポークのハンバーグ)、チキンとシュニッツエル、キノコとエッグのキャセロール、カッスーレ(ソーセージ、ハム、豆が入ったトマト煮パン粉焼き)、メカジキの香草焼き、スパニッシュオムレツ、ミックスフライ、フライドチキン、サーモンソテー、温野菜。

サラダ、スープ類がヤムウンセン、エジプト豆とチキンのサラダ:胡麻風味、エディブルフラワーのサラダ、カボチャのポタージュ、本日のスープ、チキンとキノコのクリームシチュー、ビーフシチュー。

ご飯ものが、ナシゴレン、パスタ、カレー、サフランライス、ナン、ちらし寿司、オープンサンドイッチ、パン2種。

そしてデザートがチーズケーキ、3種のベリータルト、ベリーパイ、シフォン、紅茶のハニーケーキ、チョコクッキー、チョコプリン、ブルーショートケーキ、いちごのゼリー、リンゴのコンポート。ドリンクはコーヒー、紅茶、アイスコーヒー、アイスティー、烏龍茶。

料金は大人2500円、7〜12歳1600円、4〜6歳950円。
ホームページ  
(2006年3月)


以前ランチタイムに訪れたのですが、今回はディナータイムを利用。ランチタイムが2500円で、ディナータイムが2980円。何が違うのかと思ったけど、ほとんど同じでした。

クリスマスシーズンらしく、スモークターキーウイング、ターキーサラダ、デザートにシュトーレンがあったくらい。

前回と違うメニューは、ミッキー型の焼きおにぎり、カネロニのミートグラタン、ステーキ(と書かれていたけどほとんどローストビーフ)、ミートボールの甘酢あん、リヨネーズポテト、トマト味ロールキャベツ、コーングラタン、チキンカツ、海老焼売、シーフードマリネ、アボカドディップのサーモン、ホウレン草とリンゴのサラダ、ディルとベーコンのスープなど。種類は豊富だけど、ちょっと安っぽいかも。

デザートはフルーツグラタン、パリブレスト、イチゴムース、コーヒーケーキ、ハニーケーキなど。全体的に前回よりパワーダウンした気がしないでもない。

ほぼ全メニューの画像をアップしておきます。以前のレポは「千葉1」をご覧ください。



























(2006年12月)

舞浜 ロティズ・ハウス サイド ランチ1380円 047-305-5652
浦安市舞浜1-4 イクスピアリ4F 11:00〜14:30 (無休)
舞浜イクスピアリ4Fにある「舞浜地ビール工房  ロティズハウス」で、連日ランチタイムに実施している、プチブッフェを利用しました。

980円のランチメニューにプラス400円で、サラダ・デザート・ドリンクをブッフェ形式で楽しむことができます。子供(4〜12歳)は200円です。ブッフェのみの利用は出来ないため、ブッフェを楽しむには大人の場合合計で1380円ということになります。なお、土日祝はプラス600円に値上がるのでご注意ください。今回は平日のレポです。

ランチメニューは、特選ローストリブサンド、ロティサリーマシン仕上げのチキンサンド、クラブコロッケサンド、自家製燻製サーモンサンド、手作り愛情ハンバーグとライスの5種類で、この日は、ビーフシチューも選択の対象になっていました。子供向けに、お子様プレート680円、キッズバーガー780円が用意してあるのも嬉しいですね。

それもそのはず、ここは舞浜ですから。広い店内は場所柄、小さな子供連れが多く見受けられます。様子を見ていましたが、今日いた小さな子供たちは非常におとなしく食べていて、とても微笑ましかったですね。幼児用の椅子も豊富に用意してあるので安心。スタッフも子供の扱いには手馴れた様子。分煙もしっかりなされてます。

11時からのオープンですが、11時半の入店でもほとんど客はいません。12時を回ってぼちぼち。12時半でそこそこの賑わいといった感じ。週末は混むのかもしれません。制限時間が90分と設定されているので、ゆっくり楽しむには時間が足りません。ここは6種類の地ビールが楽しめる店でもあるので、制限時間枠を取り払って、ゆっくり飲ませてほしいなぁと感じました。

その地ビールは一杯480円。ピルスナー、シュバルツ、ペールエール、ブラウンエール、ベルジャン スタイル ウィート、フルーツエール&シーズンビール(その時々で変わる限定ビール)。私はペールエールを頂きました。

メイン料理は、店名が指す “ロティサリー(炙り焼き)” の名が付くロティサリーチキンサンドをオーダー。同行者はサーモンサンドをオーダー。どちらも非常にボリュームがあり、蒸し野菜(じゃが芋・ベビーキャロット・エンドウ・クレソン)が付け合せになっています。この付け合せには岩塩が用意されていました。じゃが芋が丸1個半あるので、メインだけで相当にお腹一杯になってしまい、ブッフェのほうは、ひととおり食べただけでお替りせずに制限時間終了。ちょっと残念だけど、ビールも楽しめたし満足です。メインを替えてもう一度利用してみても良いかなと思います。

ブッフェ台に並んでいるものの紹介です。前菜類は鱈のすり身グラタン、ヘルシー春雨サラダ、千枚漬け、大学芋。これらは日によって変わるようです。サラダはグリーンミックス、3色パプリカ、スナックエンドウ、コーン、スライスオニオン、千切り大根&人参、プチトマト、キューリ。トッピングにベーコンビッツ、クルトン、粉チーズ。ドレッシングは、シーザー、オリジナルオニオン、サウザンアイランドの3種類。野菜類をモリモリ食べたい人にピッタリですね。

デザートは、カボチャケーキ、松の実タルト(レーズン入り)、オレンジタルト、チョコブラウニー(胡桃入り)、フィナンシェ(バターたっぷり)、マンゴームース、ココナッツムース。どれもしっかり作られていてボリュームがあり、お腹に溜まってしまうものばかり。カップ入りは、グレープゼリー、青リンゴゼリー、とろとろのプリン。ドリンクはオレンジジュース、烏龍茶、ホットコーヒー、紅茶の4種類。補充もしっかり行われていました。皿の下げも問題なし。

ちなみに、イクスピアリ内ブースで募集している、イクスピアリカード(入会金・年会費なし)を申し込むと、その場で1000円のギフト券をもらえ、すぐに使うことが出来るので、覚えておくと良いかも。ただし、クレジット機能付きのカードなので、18歳以上で身分証を持っている人が対象になるので注意。カードは一ヵ月後くらいに送られてくるのですが、利用時にカードを提示すると、ビール・グラスワイン・ソフトドリンクが一杯サービスになるそうです。(2004年12月現在)
(2004年12月)
舞浜 フォレストガーデン アジアン ランチ3000円 047-355-5000
浦安市舞浜1-8 ヒルトン東京ベイ1F 11:30〜14:00  (土日祝は4050円)
2003年12月27日に新しい食のコンセプトの元に登場した3箇所のダイニング・バーを有する「the square(ザ・スクエア)」。その中のひとつパンエイジアン(環アジア地域)料理「フォレストガーデン」では中国、インド、タイ、ベトナム、韓国、日本などのアジア各国料理を取り揃えたランチブッフェを実施しています。

開始してまもなく満席近くなる人気なので予約はしたほうが良いと思います。入店してすぐ、広い店内の個性的なインテリアに注目。床に柱に天井に、そして滝の壁から照明器具に至るまでの演出は見ものです。香り立つ料理に気を取られがちですが、まずはこうした周囲に目を配り、その中での食事を楽しむと言うコンディションを作って見てください。

その造型美は全長25メートルに及ぶカウンターキッチンが真骨頂。曲線のフォルムでアプローチし、ほとんどの料理を居並ぶシェフたちがその場で調理しスマートに盛り付けしては提供してゆくと言うスタイル。これだけでここに来た価値があるのです。これぞ究極のブッフェスタイル。この活気、溜息ものでした。

大まかに分けると温菜コーナー、冷菜コーナー、寿司コーナー、エスニックコーナー、飲茶コーナー、そしてデザートコーナーという感じになっている。各コーナーに2〜3人の専用のシェフがいて、目まぐるしいほどに動き回り所狭しとパフォーマンスを演じている。休むヒマもないのでは?と見ていると上手い具合にローテーションして息継ぎをしているのが判る。しかし彼らの動きはすこぶる気持ちが良いです。

フロアスタッフも負けてはいません。丁寧な応対はもとより水の継ぎ足しさえ数分おきに回ってくるし、常に笑顔が絶えない。赤ちゃんに微笑みかけてあやすお兄さんとかインカムで指示を出しながら颯爽と動き回るお姉さんとか、とにかく好感度大ですね。ホテルの格、従業員のレベル、居心地の良い空間、そして料理の美味しさと、どれをとっても文句なし。料金以上のものがここにあります。

さて、料理の紹介です。温菜コーナーはポークチャップの醤油バターソース(鉄板で焼いてカッティング。炒め野菜の上に乗せてくれます。肉質も味つけも最高)、ローストビーフの赤ワインソース(ジューシーなローストビーフにリヨネーズポテトキノコと野菜のマカロニグラタンを付け合せで盛りつけ。この付け合わせも美味なので単独でも食べたいくらい)、ローストチキンのパプリカソース煮(新ジャガイモと一緒に煮こんだ柔らかチキン)、キムチ鍋(具を均一に取り分けてくれます。豚肉・豆腐・シメジ・タケノコなど)、タイ風グリーンカレー(香り抜群。美味です!スチームライスも用意されてます)。

冷菜コーナーは小鉢、小皿に入れられたのが次々に置かれて行きます。どれも画一な盛りつけでなく器も替えているから選ぶのも楽しい。少量なのでいろいろ食べられるのも嬉しいですね。パスタサラダ:ドライトマトとバジル風味、カニカマサラダとサーモンの叩き、スモークサーモンとロシアンサラダ:わさびドレッシング、中華くらげサラダ:胡麻風味、厚揚げとキュウリのサラダ:チリ風味、ベトナムチキンサラダ:グラスヌードル添え、タイ風スパイシーシーフードサラダ、ヒジキ煮物サラダ:海草添え、ナムルとキムチ、グリーンサラダ。以上10種類のラインナップです。

寿司コーナーは握りたてのお寿司が楽しめます。一皿にネタ違いで2カン〜3カン。マグロ、ハマチ、サーモンなどから厚焼き卵、カリフォルニア巻き、手巻き寿司までいろいろ。これまたどれを取ろうか迷ってしまう。もちろんどれも美味しいんです。ガリまでも。わりと多く見かけた外国人客にも大人気のコーナーですね。

エスニックコーナーは鶏挽肉と茄子のカレー(予め盛りつけてあってボリュームたっぷり。インディカ米はサフランと白飯が半々。パパードを突き刺してあるのが良い演出)、マンゴーチャツネライムピクルスも用意されているのが凄いところ。ナンブレッド(プレーンのナンともうひとつ、香辛料入りのソースがかけられているもの。お好みで三種類の調味料やエスニックなディップをかけて楽しめます)、タンドリーチキン(三種類の盛り合わせ。未食)、鶏肉カシューナッツ炒め(未食)、フカヒレラーメン(汁が少なく麺がベッタリ、中国風。フカヒレ少量ですが入ってました!)、ベトナム風揚げ春巻き、お子様カレー(嬉しい気配りですね)。

この他、飲茶コーナーには蒸篭入りの点心が。各1個入りというのもいろいろ楽しめて良いですね。とはいうものの種類はそんなになかったかも?確認したので三種類。本日のスープ(野菜スープ)、味噌汁焼き立てパン(これがめちゃウマ!!黒胡麻や白胡麻のハードロールなど6種類にバターとマーガリン。お子様向けの猿の顔になっているパンがあったのには和みましたね〜)。これくらいだったかなぁ?

食後はデザート。めっちゃ美味しそうに盛りつけられたデザートたちがたくさん。でもご安心を。料理同様補充は完璧。最後まで品切れになることなく同じ物を提供し続けていたので慌ててケーキ確保!なんてことしなくてもOKです。ケーキはカットの形やトッピングを変えたり、大きさや色の違う皿を使ったりして見た目も楽しい。次々に目の前に置かれて行くデザートをどれも欲しくなってしまうほど。

オレンジシブースト(オレンジピールと酸味がいい感じ)、ストロベリームース(甘酸っぱくてとろとろ!美味)、オペラ(って書かれてたけど。チョコとモカが二層になったケーキ)、メレンゲ(たっぷりメレンゲとバニラソースで甘々)、紅茶シフォン、サバラン、ラズベリーデニッシュパイ、苺クレープ、マンゴーラズベリーチーズムース(ベイラウンジでお馴染みだったパフェ似のグラスデザート)、バナナクリームプリン(これも同様のグラスデザート)、フルーツ盛り(メロン、スイカ、??の3種)、カットフルーツのコンポート(数種類のフレッシュフルーツ)。自由にトッピングを楽しめるアイテムとしてウォールナッツ、アーモンド、レーズン、チョコフレークが用意されています。グラスデザートやメレンゲと共に楽しみましょう。そしてここにもアジアンスイーツが欠かせません。杏仁豆腐(柔らかめの杏仁に独特の風味が生きています)、タピオカプリン:ブラウンシュガーシロップ(タピオカの粒粒を山型にして黒蜜をかけた物。和風っぽい)、ココナツゼリー:タロイモ入り(未食)、胡麻団子(未食)。なかなかのものでしょう。料理もたくさん食べているのでデザートをシェアしても全種食べきれませんでした。

ドリンクは別料金なのが残念なところ。でもお水は頂けるので大半の方がお水で済まされてました。ちなみに料金は税サ込みで平日3000円、土日祝4050円。お子様は曜日の別なく1750円です。またここは、14:30〜17:00にデザートブッフェ、17:30〜21:30にディナーブッフェ、21:30〜23:30にナイトスナックブッフェを実施しています。詳しくはホームページをご覧ください。ネット上からも予約できます。

ローストビーフ、ポークチャップ、グリーンカレー、寿司、パン、デザートを食べにリピート決定!!といっても料理は定期的に入れ替わるのかな?う〜ん、でも美味しかったです。大満足でした!!オススメします!!
(2004年3月10日)
舞浜 オチェーアノ 洋食 ランチ3500円 047-305-2765
東京ディズニーシー内ホテルミラコスタ2F 11:30〜14:30 (無休)
東京ディズニーシーのバイキングというと、すでにレポ済みの「セイリングデイ・ブッフェ」がありますが、パーク内にあるホテルミラコスタの2階でもバイキングを実施している店があります。値段はランチ3500円、ディナー4500円と一流ホテルの値段。もちろん税サ別です。でも2003年10月15日までは2周年記念価格として2900円で利用できる優待チケットをホームページで発行しています。今回はそれを利用して行ってきました。

パークからホテル内へは「外出」扱いとなり手の甲に特殊スタンプを押され専用ゲートを通過。再入場の時にはこのスタンプを特殊なライトで照らして確認し入場券もチェック。そのため入場券を絶対になくさないよう注意しましょう。

ホテル内は広く清潔。2階に上がると時間少し前ですがかなりの人が入場待機。予約していることを告げ、近くのソファに座って名前を呼ばれるまで待つ。ここは絶対予約を入れておいたほうが良いですね。早いうちに予約を入れておけば窓側のパーク内を見下ろせる場所に座れることでしょう。ただし窓側は2人掛けの席が中心なので5〜6人となると中央席になりますね。エリアは大きく三つに分けられていて、奥のソファ席もブッフェ台からは若干離れるけどゆったり出来て良さそうでした。

一応制限時間は90分となっているようですが案内時に説明されなかったし、特に厳しいわけではないかも。というのも12時からのパレードの時にはテラスを開放して上から見物することが出来るんです。みなさん一斉に席を立ちカメラを持ってテラスに殺到。そんなわけで時間もあっという間に経ってしまいますからね。でもテラス開放は嬉しいサービスですね。

さて料理ですがなかなかの種類と質。前菜・デザートのコーナー、肉魚などのメインコーナー、そしてお子様向け料理のコーナーの3つのブッフェ台。お子様向けのコーナーが独立してあるというのはさすがです。

前菜はムール貝のワイン蒸し、鴨のカルパッチョ、スモークサーモン、チキンとくるみのサラダ、焼き茄子とイイダコのサラダ、鰹のマリネ、シーフードマリネ(海老・イカ・タコなど)、カプレーゼ(モツアレラ、トマト、オリーブのサラダ)、ペペロナータ(三色ピーマンのトマトマリネ)、トリッパのトマト和え(豆とモツ?みたいでした)。そしてサラダ(レタス・人参&レーズン、ブロッコリ・海藻類にサウザン、バルサミコ、シーザーの3種のドレッシング。トッピングも3種あり)。どれもすごく丁寧な作り。味が調っていてとっても美味しかったです。

パンが7〜8種類あり、これまたどれも美味しい。オリーブ入り全粒粉のパンが特にオススメ。タマネギ入りのパンもしっとり濡れていてタマネギの甘味がしみて良い感じ。デニッシュやクロワッサンなども一捻りしてあって、食べられるお腹があるならひたすらパンだけ食べていたいと思えるほど。スープは料理の方に魚のスープ(濃い目でめっちゃ魚臭い。匂いでダメな人もいるかも。でもその濃厚さがクセにありそう)、お子様コーナーにはポタージュスープがあって、これまたクリーミーで美味しい。フルーツも各種あり。

温かい料理はスタッフが取り分けてくれる秋鮭のクリームグラタン(大きな鮭がカマごと横たわりそこから切り分けてゆく)、ビーフステーキ(キノコたっぷりのソースを自分でかけて)、真カジキのロースト:サフランソース、チキンのバスク風、茄子のラザニア、ポテトグラタン。以上6種類。こちらはまずまずかな。素材はとても良いです。

お子様コーナーはエビフライ(他ホテルのランチバイキングで出しているものと同レベル。これがお子様用だなんて、大人も堂々と取りたいです・笑)、シーフードちらし(大きなサーモンやイクラ、海老、イカなどたっぷり入ってこれまた贅沢品)。この二つは私も楽しませていただきました。他にハンバーグ、唐揚げ、グラタン、ポテトフライ、蒸し饅頭、カレーライスなど並んでいました。ちなみに子供料金は中人2800円、小人1600円です。

最後にデザート!ケーキは全部で13種類。あとから入れ替わりでイチゴのショートが出てきました。小船に見立てたチーズパイがオススメ。ココナツタルト、抹茶のチーズスフレ、レッドオレンジムース、パウンドケーキ、チョコレートムース、ガトーショコラ、イチゴのロールケーキ、ダージリンティーシフォンケーキ、カプチーノと胡麻のムース、モンブラン、カフェミルクレープ。お子様コーナーにはプリン、ミニマドレーヌ、キャラメルポップコーン、大きなコンペイトウ、大きなマーブルチョコ、大きなジェリービーンズ、そしてチョコフォンデュ(イチゴ・キウイ・パイン・メロン・バナナの5種類ものフルーツ)などが用意されていてこれまた充実。お子様大喜びですね。ケーキはどれも上品な口当たりで本当に美味しかったです。

ドリンクはコーヒー・紅茶のホットかアイスが飲み放題となっていてテーブルに持って来てくれます。途中で違うのにも変更可能。お皿の下げや料理の完璧な補充と体裁の整え、常に周囲に目を向けた細やかなサービスとどれを取っても文句なし。小さなお子様が走り回る前にさっと手を差し伸べて笑顔でテーブルに連れて行ったりと、ディズニーシーならではの光景に感心しました。料理も美味しく居心地も良く大満足です。
(2003年10月6日)
舞浜 浜風 和食 ランチ2000円 047‐355‐1111
浦安市舞浜1-6 サンルートプラザ東京ベイ 11:30〜14:00 (無休)
舞浜、サンルートプラザ東京1階。中庭の向こう側、離れになっている和風な建物が「浜風」。ここでは月替わりで2種類の和食のバイキングを実施しています。4月と6月がミニ丼(マグロ丼・フォアグラカツ丼・白魚卵丼・鳥ソースカツ丼・アナゴ丼・牛もつ丼・すき焼き丼の7種)で1600円。5月と7月が寿司・天婦羅を中心とした和食バイキング2000円です。開催月の日付は若干の変更があるためホテルのホームページにてご確認ください。

4月に掲示板で話題になった時にどちらのフェアに行こうか非常に迷いました。それくらい両方とも魅力。結局寿司天婦羅を選択してこの日に至る。平日の11時40分に入店。客は5〜6組。店内は広めで和風の作りが落ち着けます。席数もテーブル・座敷と110席あるとのこと。しかしお昼を過ぎても席に余裕があり1時をまわると客も少なく。揚げたて握りたてが頂ける店なのでピーク時を狙わないと作り置きを取ることになるかも。

寿司はその場で握っているのを頂いてきます。もちろんお好みで握ってもらうのもOK。握りは甘エビ・アナゴ・サーモン・ハマチ・アジなど10種類。軍艦はカニサラダ・ツナコーンなど、巻物は太巻き・納豆・カッパなど。味は普通。

天婦羅もその場で揚げています。海老・ナス・獅子唐・カボチャの4種類。天ツユと大根おろし、塩が用意されています。冷たい茶ソバとウドンがあるので天婦羅と一緒にというのも良いですね。

目立たない張り紙発見!申し付ければミニ丼を作ってもらえるとのコト。天丼、ヅケマグロ丼、牛丼の3種類です。ミニとはいえ意外とボリュームあり。3種とも食べるのならご飯を少なめにしてもらったほうが良いですよ。天婦羅も寿司も食べられるので私は牛丼が気に入りました。普段脂身や筋の多いチェーン系牛丼を食べなれているので、脂身のほとんどない牛肉での丼は格別。

そのほかの料理は、カツオのタタキ、カットステーキ、豚角煮(大根ともども超ヤワヤワトロトロ!)、出汁巻き玉子、茶碗蒸し、ちまき、サツマイモの甘露煮、青菜の御浸しなどが美味しかったです。

カレイの西京焼き、鳥の唐揚げ、シシャモの磯辺揚げ、厚揚げのカレー煮、ナスのオランダ煮、ポテトフライ、グラタンなどはイマイチでした。

生野菜サラダ(梅ドレッシング・柚子ドレッシング)、冷しトマト、ナメコと豆腐の味噌汁。デザートはスイカ、パイン、抹茶とアズキのケーキ、ツブアンのオハギ、アロエ入り寒天、プリン。ドリンクは冷たい麦茶、オレンジジュース、ほうじ茶、ホットコーヒーです。

主食類が多いので何に重点を置くかなど考えて食べ進めないと案外早くに満腹になって不本意な結果に終わるかも。そして美味しいのとイマイチなのがハッキリしていてリピートするものが限られちゃうのが残念な点かもしれません。でも和食系のバイキングはそう多いわけではないので利用価値はあります。
(2003年7月17日)
新浦安 チャイニーズテーブル(旧ブローニュの森) 夜食 980円 047‐350‐8111
浦安市美浜1-8-2 新浦安オリエンタルホテル2F 21:30〜24:00 (ラストオーダー23:30 無休)
2001年9月12日にランチバイキングのレポがあります。ご参照ください。その他情報はホームページへ。

ランチ・ディナーとも中華バイキングを実施している「ブローニュの森」ではディズニーリゾートからの戻ってきて宿泊されるお客様のために「お夜食ブッフェ」を実施。ホテルでありながらわずか980円の価格はさほど食べられない時間帯としては親切設定。もっとも料理内容も価格に見合うというかそれ以下というか・・・。

とにかく主食がメインです。ガツッと食べてすぐ部屋に戻りましょう的な利用客が多く、開始と共に8割がた埋まるもほとんどのテーブルが滞在時間30分程度。本当に早い。宿泊客はツアー旅行代金に含まれているためモトを取るとかそういう考えはまったくないのでしょうね。軽くお腹に入れたらいいやって感じかな。長く居たのは外来の私たちくらいでしょう。とはいうものの、ゆっくり色々食べたい〜なメニューはなく、どれも一回食べればもういいって感じのものばかり。レベル低すぎ。これでは外来の客はいないかな。

ラーメン(自分で湯がくタイプ。しょうゆ味スープでワカメ・メンマ・ネギをお好みで)、焼きそば(縁日の焼きそばのほうが遥かに美味い。一応かすかに肉入り)、ポークカレー(肉を捜すのは至難の業。味は・・・)、茸の五目御飯、稲庭うどん、お茶漬け(鮭・海苔・梅の3種類)。ここまで皆主食で、オカズは鶏肉・卵のケチャップ煮の一品だけ。このオカズは月・水・金・日に提供され、火・木・土は鶏の親子煮に替わります。稲庭うどんも別の日は冷やしそばに替わります。スープはナメコ・卵・厚揚げの入った透明のもの。これは美味しかったな。サラダはレタス・トマト・キューリ・コーン・ブロッコリーの5種でドレッシングがサウザン・フレンチ・和風の3種。ドリンクは烏龍茶とオレンジジュースです。このほかビールを飲む人のツマミに、ダイスチーズ・スモークチーズ・クラッカー・枝豆が用意されてます。

とまぁこれだけで、正直お夜食ブッフェを目指して足を運ぶような内容ではありません。ただ、夜お腹がすいてどうしてもたくさん食べたい!という欲求に駆られたら駆け込み寺として利用すると良いかも?ただしメニューはいつも同じ。
(2003年5月7日)
行徳 龍高飯店 中華 ディナー2280円 047-356-6026
市川市行徳駅前2-1-19 17:30〜23:30 土日祝は17:00〜22:30 (木曜定休)
地下鉄東西線行徳駅から徒歩1分という好立地にあって中華のオーダーバイキングを実施している「龍高飯店」に行ってきました。西葛西および葛西駅前にもお店がありますが食べ放題を実施しているのは行徳店だけ。ホームページにもシステムや料理一覧が掲載されていますが、システムは最近変更になったばかりで現時点ではホームページのデーターは更新されていないのでご注意ください。以前は70品120分2280円と55品90分1680円の2コースありましたが、現在は2280円のコースのみに統合。しかも土日は90分と短くなってしまいました。ちなみに小学生は1680円で幼児は無料。無料とは言ってもメニューは幼児向けにはちょっとキツイかも知れません。定休日は木曜日ですが、祝日に当たる場合は翌日が休みになるようです。予約時に確認してください。またホームページには4名より受付と記載されていますがお店には2名より受付となっていました。これも最近変わったようです。ちなみに駅のホームの看板には3名よりと書かれていました。(笑) 飲み放題はソフトドリンクが280円。ソフト&アルコールが1480円。もちろんドリンクを付けずに水だけでもOK。

メニューはホームページに掲載されているオーダーバイキング用のメニューとほぼ同じなので、あらかじめプリントしてチェックを入れておくと便利。でも「ふかひれ・蟹肉のラーメン」はお店のメニューで新登場。季節によってメニューの入れ替えも若干あるようです。私たち6人は120分制だと思い、9品・9品・9品・デザートの4回オーダーを計画して臨んだのですが、結果的に9品・7品・3品・デザートで時間もいっぱいお腹もいっぱい。でも目的の料理はほぼオーダーできたので満足です。

その目的の料理とは「中国東北料理の味を代表する人気メニュー」と銘打ってホームページの別ページに掲載されているメニュー。このメニューの中から食べ放題メニューに含まれているものをピックアップして漏らさないようにオーダーしようというもの。その店の系統料理を楽しむのが一番美味しかろうというものだ。もうひとつは担々麺。ぴあグルメランキングで堂々の首都圏NO1に選ばれた逸品。(一番下の画像)

東北地方の料理とあって味はめちゃめちゃ濃いです。しょっぱいです。ビールか白いご飯がないとかなりツライかもってくらいコッテリ濃厚。でもどれも外れなくめちゃ美味しい。濃い味が好きな人なら文句なしにファンになるかも。私は健康を考えて今は薄味に転向したけれど、もともとは濃い味大好きなので苦にならずけっこう楽しみました。

料理はどれもボリュームたっぷり。大皿にどっさり乗っていて食べ応え充分。あとで判明したんだけど、料理は人数にあわせた分量で出されるので少なめにしてもらうことも可能です。ただ制限時間があるので頼める品数には限りがあり、何でもかんでも半量ずつと言ってると満腹になる前に時間切れになってしまうので、そこら辺の調整は微妙ですね。一度に9品で一旦オーダーをストップされましたし。でも料理が出てくる半ばで追加オーダーは出来ました。お店は人気店だけあって夕食時は結構な混み具合。各テーブルに均等に料理を出し続けてゆくので、一時は出る間隔が若干空くこともありました。でもオーダーは制限時間の90分ほぼギリギリまでOK。ただし長居は出来ず、頃合を見計らって終了を催促されます。

本日注文したのを列記してゆきます。中国の柔らかい干し豆腐の千切り(これはさっぱりしていてかなりのお気に入り)、胡麻・胡桃だれバンバンジー、冷やし茄子のサラダ(これは全員が絶賛!)、海老のにんにくチリソース炒め(ニンニクがばっちりで海老はプリップリ)、揚げ魚の醤油あんかけ(これもかなり好評。とろけるほど柔らかな白身魚)、名物豚肉の角煮(超トロトロ、とろけすぎ〜♪名物だけある)、スペアリブのじっくり醤油炒め煮(これも好評)、白菜と木耳のさっぱり塩炒め、八宝菜、龍高の特製ピータン豆腐、海老と玉子炒め、豚角煮肉・白菜・春雨と唐辛子の炒め煮、レタスのオイスター炒め(これも好評)、上海名物スープ入りショウロンポー(点心はどれも手作りな感じで良いです)、汁いっぱいの豚肉シューマイ(これはメチャうま!!オススメ)、東北ママ特製のエビ豚肉にら水餃子(“東北ママ特製”を名乗るだけある)、海老と豆腐の煮込み、冷やしジャージャー茄子、四川風の胡麻辛味つゆ麺(これがウワサの担々麺)、杏仁豆腐、タピオカココナツミルク(デザートは一人ひとつだけ。杏仁〜かタピオカ〜のどちらかを選ぶこと)。


90分でもお腹いっぱい。食べた〜という満足感でいっぱいでした。ここはリピートしても良いなぁ。
(2003年3月29日)
舞浜 セイリングデイ・ブッフェ 洋食 ランチ日2300円 045-683-3777
東京ディズニーシー内 開園時間中実施
東京ディズニーシー内にあるブッフェレストランに行ってきました。山崎製パン提供のセイリングデイ・ブッフェは洋食とデザートがメイン。テーマパークの食事というのは値段だけ高くて内容はたいした事がないというのが通説ですが、ここはどうでしょう。雑誌に載っていたメニュー紹介を見てもあまり期待は出来なかったので、本当は他の店で普通の食事をと思っていたのですが、やっぱり食べホ好き。60分待ちでも並んでしまいました。他の人気店も時間を問わず結構な行列が出来るので、このくらいの待ち時間は仕方ないかなぁ。アトラクションもこのくらいは待つので、半ば慣れみたいなものがあり、60分といわれてもハイと返事してしまう。でもここを含めて園内のいくつかのレストランでは「プライオリティ・シーティング」というシステムがあり、時間予約ができます。それぞれのレストランで時間指定のカードを受け取りあとは時間まで遊んでいればいいというもの。ただしカードの枚数には限りがあるのでなくなり次第終了だそうです。このシステムを知らなかったのでキッチリ並んで待っていました。でも思ったより回転は早く40分ほどで入店。

座席に案内されシステムの説明を受けます。ドリンクはメニューの中からオーダー式で飲み放題。コーヒー、紅茶。烏龍茶のアイスとホット、オレンジジュースの7種類です。ビールとワインは別料金。ドリンクをオーダーしてからブッフェ台へ行くという手順。ブッフェ台は左右対称に二箇所ずつ設置してあり、それぞれサラダ&スープコーナー、料理コーナー、ローストポークのカットサービス、デザートコーナーと分けられています。

サラダ&スープコーナーは、カリフラワー・ニンジン・セロリの酢漬け(かなり固いけどその食感が良い。さっぱりしていて美味しい)、スモークサーモン、ローストビーフ、ラタトゥイユ、海老マヨのロールサンドをカットしたもの(お気に入り)、生野菜にシーザーなど3種のドレッシング、いろいろ具の入ったマカロニサラダやポテトサラダ、春雨サラダ、洋風チラシ寿司(海老・タマゴ・ナタデココなどが入っていて冷たい)などで、どれも外れなく美味しかったです。お酒が進みそう。パンは4種類。スープは具沢山のポタージュスープと、ビーンズなど具沢山のミネストローネ。両方ともめっちゃ美味しい。うん、ここのブッフェ、結構やるじゃん。

ソーセージ、エビフライ、オムレツ、ハンバーグ、鶏唐揚げ、丸ごとポテト、スパゲティナポリタン。ここら辺は定番メニューで頭数を揃えたというところか、味もまぁどうでもいい感じ。でも子供にとっては嬉しいかな。シメジ・ベーコンなどの入ったピラフ、カレー風味の鶏肉のグリルはナンに乗せてもよし、魚の照り焼きは和風な感じ、パスタは三色のパプリカとあわせてバジリコで味付け、ビーフシチューは甘みたっぷりでバラ肉も柔々、そしてその場でカットしてくれるローストポーク。ここら辺はまずまず満足できます。

デザート系が充実していて、料理のブッフェ台にフレンチトースト、クレープ、ホットアップルパイなど暖かい系のデザートが5種類、冷菜のブッフェ台に杏仁豆腐、フルーツ数種。ソフトクリームマシンでバニラやチョコなどのソフトを作れ、トッピングも用意されています。ケーキ専用のブッフェ台にはずらりと13種類のケーキ類が!これは今回デリシャスデイズ・スペシャルメニューの特別サービスということで普段より多めに出されているようです。ティラミス、数種のフルーツが入ったゼリー、チーズケーキ、苺のショート、チョコレートケーキ、ガトーショコラ、ダークチェリーとクルミ入りケーキ、ストロベリームース、コーヒームース、マロンケーキ、洋梨のタルト、サツマイモのタルト、??のタルト(食べてない)。どれもしっかり作ってあって美味しかったです!

味的に気に入ったものとどうでもいいものと極端なラインナップではあったけど、でも観光地の値段設定ということを考えたらこの内容なら充分お得じゃないかな?サービスは申し分なし。たくさんいる従業員が邪魔にならないようにスマートな移動をしていて、すぐに皿を片付けてくれるし、ドリンクのお替りもスムーズ。全席禁煙で快適。広く天井の高い店内は海運倉庫を思わせるディスプレイでいい感じ。上の方を眺める余裕を持って食事を楽しみましょう。また時間によってはバンドの演奏があったり、誕生日にはハッピーバースデーのサービスがあったりと盛り上がりも見せてくれます。ここは決して観光客にこの程度のものを食わせておけばいい的な提供はされていません。さすがディズニーリゾートですね。
(2003年3月20日)
新浦安 花閨iかかん) 中華 ランチ3000円 047-355-7777
浦安市美浜1-9 浦安ブライトンホテル2F 11:30〜15:00 (無休)
一時期パワーダウンしましたが、2004年9月現在、税サ込み平日3000円、土日祝3300円。ふかひれの姿煮含め60品にパワーアップ。90分制限、ドリンク別。(下記レポは3500円の時のもの)
浦安ブライトンホテルにある広東料理のお店、「花閨vのオーダーバイキングを楽しんできました。毎回半分近くのメニューが入れ替わってるのですが、それでいて毎回どの料理も美味しいということで期待を膨らませて行きましたが、なるほど今回もほとんどハズレなしで大変美味しく頂けました。次に行けばまた違うのが出てくると言うのであれば、なるほどリピートを繰り返す人が多いのもうなずけます。しかもアルコールの飲み放題も含んでいるので、3500円というのはかなりお得なのではないでしょうか?
また、今回からケーキ5種類もメニューに加わり、デザートだけで12種類も並んでいるというほかの中華オーダーバイキングでは見られないラインナップに甘党もビックリ。次回はケーキが減って料理が増えているのか、いろいろと興味の沸くところですね。

システムは50種類の広東料理と15種類の飲み物が付いて3500円(税・サ別)で制限時間90分。12月末までは5名以上で特製伊勢海老料理付き。更に平日に限り3000円のサービスを実施しています。詳細はホームページをご覧ください。二名より利用可能で人数が多い場合は個室の利用も可能です。また、利用は11:30〜と13:30〜の2部制になっています。土曜日に9名で利用しました。11時半からのスタートで、個室に案内され、ラストオーダーは一応30分前となっていますので、実質1時間でオーダー終了ということになります。が、ラストオーダー時にあれこれ盛り上がっていて、注文を終えたときは終了7分前。これから料理が出てくると終了時間はどうなるの?と思っていたら、すべて出てきて食べ終わるまで3時間も滞在できました。個室でない場合、また予約状況によってはここまで居られないかも知れませんが、今日はゆっくり楽しむことが出来て良かったです。

参考までに今回のメニューに掲載されていた品目を載せておきます。投稿と見比べてみて下さい。料理は人数に見合った量に調整して持ってきてくれるのでほぼ適量を楽しむことが出来ました。

2回頼んだのが、ズワイ蟹のサラダ、芝海老のマヨネーズ和え、芝海老のチリソース、帆立貝柱のニンニク風味蒸し、フォアグラステーキ。リピートするだけあってとにかくどれも絶品。「芝海老のマヨ〜」は衣を付けて揚げたものをマヨネーズで和えてあります。「帆立貝柱〜」は一堂絶賛。殻に乗って熱々に調理。「フアグラ〜」は表面が絶妙な焼き加減。中は見事にトロトロ〜。超〜美味い。

1回のみのオーダーは、くらげの和え物、生春巻き、季節のお刺身(ハマチ)、ふかひれの姿煮込み(小さいけどありがたいよね)、蟹の玉子入りふかひれスープ(これもとっても美味しいです)、自家製北京ダック(切れ目の入ったパンに皮やネギ、味噌を入れて食べる)、蟹爪のクルトン揚げ、麻婆茄子、紋甲イカの湯引き、季節野菜のクリーム煮、季節野菜の炒め、鶏肉の山椒炒め、酢豚(薄切りの豚肉で抜群の美味さ)、霜降り牛ロースステーキ、ふぐのピリ辛炒め、海鮮と野菜入りオリジナルチヂミ。

飲茶は、水餃子、焼き餃子、海老蒸し餃子、五目蒸し餃子、ふかひれ蒸し餃子、小龍包、海老焼売。評価するほどのレベルではありませんでした。でも悪くはないです。また、点心は黙っていれば人数分来ますが個数指定もできます。

頼まなかったのは、帆立貝柱のレモンソース、キノコ入り蓮の葉包みおこわ、春巻、焼き大根もち、肉まん、五目炒飯、鮮魚入り広東式お粥、超旨特製焼きうどん、坦々麺です。「帆立レモン〜」はイマイチだそうでパスしました。あとはお腹がいっぱいなのでパス。

デザートは全部頼みました。個数はバラバラですが、杏仁豆腐、マンゴープリン、ナタデココとマンゴー豆腐のココナツミルク仕立て、あずきとタピオカ入りココナッツミルク、カスタード入り饅頭、揚げごま団子、紅茶のシャーベット、レアチョコケーキ、オペラ、ピーチケーキ、キャラメルケーキ、モンブラン。この中では「マンゴ豆腐〜」が抜群に美味しい!「杏仁豆腐」にはスターフルーツが乗っています。

ドリンクは生ビール、桂花陳酒、杏露酒、梅酒、酸梅酒、オレンジジュース、アップルジュース、グレープフルーツジュース、コーラ、ジンジャーエール、紅茶、コーヒー、アイスウーロン茶、凍頂烏龍茶、ジャスミン茶の15種類。

皆さんそれぞれお好みがあるようですが私的には芝海老のマヨネーズ和え、フォアグラステーキ、蟹の玉子入りふかひれスープ、酢豚、マンゴ豆腐がお気に入り。一回でオーダーの要領もわかったし、ここは機会があればまた是非行きたいです!!
(2002年11月30日)
南行徳 餃子王国 餃子 ディナー1750円 047-397-1512
市川市南行徳3-3-18 18:00〜22:00 (水曜定休)
南行徳駅から5分ほど歩いたところにあるスーパー・Dマートの裏手付近にある店。テーブルが5卓とカウンターしかない小さな餃子の専門店で、ラーメンなどは置いていない。他のメニューといえば春巻きくらいかな。通常は単品やお得なセットメニュー各種を取り揃えていますが、珍しい餃子の食べ放題も実施しているのでさっそく行ってきました。

店は昼間も営業しているけど、食べ放題は夜のみの実施。料金は平日1750円、土日祝1900円。3名以上で注文できます。制限時間は2時間。まず最初に最初に「食べ放題セット」が出されます。それを全部食べてから好きなものを伝票に記入してオーダーすると言う方式。大葉2・野菜3・明太子2・ニラ3を水餃子で、 野菜3・キムチ2・ニンニクの芽3を焼き餃子で、そして春巻を一本。水餃子はほんのり味が付いているので基本的には何もつけずに食べてくださいとのこと。焼き餃子は特製のタレにお酢をお好みで。春巻きは揚げ立てなので火傷に注意。3人いれば苦手なのを他人に任せるのもOKですね。辛いの苦手な私はキムチと、紫蘇の苦手な友人の大葉とをトレード。(笑) ちなみにこの店のイチオシの具材は大葉です。そして一番高い具材は海老肉餃子(600円)。

さて、続いてお好みで注文。対象になるのはこの店の18種類の餃子すべてと3種の春巻き、ライスです。餃子は、野菜・ニラ・ニンニクの芽・高菜・キムチ・明太子・肉・白菜・ネギ・チーズ・生姜・タコ・イカ・にんにく・青唐辛子・明太チーズ・大葉・海老肉の18種類を焼き餃子または水餃子で。オーダーは一皿ずつではなく一個づつで良いのが嬉しいですね。これなら全種類食べるのは楽勝。続いて春巻は、海老春巻き・チーズ春巻き・あん春巻き。あん春巻きは何とツブアン。これは仕上げの甘味用か?でも春巻きはけっこうお腹に溜まります。そしてライスですが、この日は高菜御飯もOKで、つい頼んでしまったらてんこ盛りのご飯に高菜漬けがどっさり乗っている。ヘビー!味噌汁付きと言うのは予想外のサービス。飲み物はプラス200円でアイス烏龍茶かホットジャスミン茶の飲み放題があります。

また期間限定で平日連日先着20名を1000円の特別価格で奉仕。これは目玉ですよ。でも3名以上で食べ放題受付なので実質は先着5〜6組と言ったところか。開店と同時にテーブルが埋まったところで終わりって感じですね。行くなら早めに。(ただしこのサービスは制限時間80分。餃子は10種類限定とのこと)
(2002年2月22日)
舞浜 ファランドール ランチ2500円 047-355-2411
浦安市舞浜1-7 東京ベイホテル東急3F 11:30〜14:30 (土日祝11:30-15:00)
ベイ東急内ではラベニュー、孔雀庁とここファランドールの3軒がランチブッフェを実施しています。今日は2ヶ月ごとにメインが替わるというファランドールへ行って来ました。今回はアジア料理が中心。2002年1月15日からはシェラスコやパインの牛肉巻きココナッツ揚げ、トルティーヤのピッツァ、エンチェラーダ、フェジョアーダ、パスティーアなど南米料理の特集になります。料金は2500円(小学生1500円・3歳以上900円)ですが、土日祝は大人のみ2800円になるのでご注意ください。もちろんホテルなので税・サービス料がかかります。

開店と同時に入店。席の間隔にさほど余裕がなく心持ち手狭に感じた店内は、三つの部屋が繋がった感じで横に広がりを見せ、それぞれにブッフェ台がドンと置かれ、サラダ・前菜と和の台、メイン料理の台、ケーキ・デザートの台という感じになっています。早く入店すればそれだけ良い席に就けるというもの。窓側の席はすぐ前に東京湾が広がり葛西臨海公園からお台場、東京タワー、羽田空港の離発着、そして遠くランドマークタワーまでが一望できる絶好のロケーション。しかもこの日は天候に恵まれ富士山まで眺めることが出来ました。もう景色だけで大満足。同行した友人Y曰く「景色だけでお腹いっぱい」。仰るとおり。しばし魅入っていた私。(^^ゞ

さて肝心の料理ですが、前菜にモツアレラとトマト、パパイア生ハム添え、スモークサーモン、キノコのマリネ、そしてめっちゃ美味しいラタトゥユの5種。上の画像の左の皿です。そして右の皿はメイン料理のうち、子羊のソテー白インゲン豆煮(骨付きをガブリ。なかなか美味しい!3本食べました。)、サーモンムニエルバジルソース(チンゲンサイを添えて)、タンドリーチキン(香辛料はまろやかでクセがない)、ベトナム春巻き(揚げてあります)。このほかにチキンレバームース、クスクスモロッコ風、野菜のトマト煮パスタ、コーンスープ、野菜力レー、各種サラダに各種フライ、おぼろ豆腐(こういうのがメニューに忍び込んでるのは流石)、暖かいウドン(これまた美味い)、5種類のパン、そして嬉し涙のタラバガニ食べ放題。(笑) 身がぎっしり詰まっていて食べ応えあり。同行した友人T曰く「お酢を置かないところが自信の現われ」。レモンはあったけど、何もつけずにそのままいけます。ああ、でもこれでお腹をいっぱいにするわけには行かない・・・。

お楽しみのデザート類は、その場で作ってくれるクレープシュゼットオレンジソース。右上の画像の真中にあるのがそうです。白いのはアイス。(ポーチ・ド・エッグじゃないですよ)。クレープに冷たいアイス、そして熱々のオレンジソースをかける。もうめちゃウマです。ケーキは8種類。どれも丁寧な作り。フルーツはイチゴ・メロン・キウイ・ブドウなどなど。年配向けに白玉あんみつや、子供向けにチョコバナナなど幅広い配慮が良いですね。ヨーグルトもあります。カップアイスも数種類ありますが、申し付けると持ってきてくれるフローグルト(ソフトクリーム)が食後にぴったり。もちろん料金内です。ドリンクはコーヒー、紅茶のホット、アイス。 カップをキチンと暖めてあるのが嬉しい気配り。値段相応。とても満足の行くお店でした。
(2001年12月26日)
新浦安 チャイニーズテーブル(旧ブローニュの森) 中華 ランチ1800円 047‐350‐8111
浦安市美浜1-8-2 新浦安オリエンタルホテル2F 12:00〜15:00 (無休)別途ディナーバイキングあり
2004年4月1日調べ。平日1800円、土日祝2000円。
内容がグレードアップしたというので久し振りに行ってきました。そしたら更に内容が変わっていて、中華のバイキングになっていました。このオリエンタルホテルにある三つの食べ放題実施店では、「ブローニュの森」が中華を担当。「グランサンク」が洋食、「美浜」は和食と棲み分けし、料金も全店統一され、平日:大人1600円・子供1000円・幼児700円・シニア1400円。土日祝:大人1800円・子供1200円・幼児800円・シニア1600円。となっているので何度足を運んでも楽しめそうです。これは良いシステムだと思います。従って客層はほとんどが女性。しかも主婦層が「今日は中華にしましょう」という感じで楽しんでいました。時間無制限というのも嬉しいですね。

ひとつのジャンルに特化しているだけあって、クオリティも高い水準にあります。週替わりのメニューを含め、冷菜が5種類、一品料理が15種類、スープ2種類、各種の具材を用意した粥。特に変わったメニューはありませんが、どれもそこそこ美味しいので満足。1種類づつ取って来ただけで満腹です。そして食後のデザート。フルーツはライチ・メロンなど4種、カップアイスが4種、ケーキはパンプディング(週替わりメニューのひとつです。メチャ美味しい!!でも1個食べるとかなりお腹膨れる。でも3個食べた)とマンゴプリン(これも美味しい)、胡麻団子、ももまん、杏仁豆腐、タピオカ。そしてドリンク各種。

前回行った時はカレーを中心にした和洋中でしたがちょっとイマイチで、もういいやって思ったけど、これならまたリピートしてもいいですね。3店ともこの構成で続けて行って欲しいです。
(2001年9月12日)
舞浜 チャイナテラス 飲茶 ランチ1800円 047-355-1111
浦安市舞浜1-6 サンルートプラザ東京 11:30〜14:30
ディズニーランドに隣接するホテル、サンルートの中にあるレストランのバイキングです。この店のほかにも“カーニバル”でディナーバイキング(5500円)、“カリフォルニア”でランチバイキング(1800円)、“浜風”でランチバイキング(2000円)など実施されていました。ただし期間限定フェア的な要素が多いので行く前に問い合わせるかホテルのホームページでチェックすると良いと思います。

さて、チャイナテラスは通年実施されているようなので行ってきました。料金1800円は消費税・サービス料別なので実際は2079円でした。個室などもありけっこう広めの店内は12時だというのに客は私たちだけ。大丈夫なのかなぁ?それともたまたま?1時近くなってやっと宿泊していると思われる団体が何組か入店。このような状態なので開店から閉店まで3時間近く滞在しちゃいました。

メニューは飲茶メインということで蒸し器に入った8種類の点心にまずは舌鼓。海老蒸し餃子やニラ餃子、焼売、肉まんなど。どれも味はまあまあだったです。1種類ずつしか食べませんでした。料理は6種類。チャーハン、レバニラ炒め、餃子、唐揚げ、肉ダンゴ、そして何故かたこ焼き・・・。途中からチャーハンは普通のから高菜チャーハンに交代。レバニラ炒めもあんかけカタ焼きソバに。ハッキリ言って味はどれもイマイチ。

他にはスープ、粥(付け合わせはザーサイ、梅干、キムチなど)、各種冷製とサラダ。ドリンクはアップルジュースとオレンジジュースの2種。デザートはメロン、スイカ、ライチのフルーツと、まったく甘くない杏仁豆腐。そしてマンゴプリン。でもこのマンゴプリン、食後に取りに行ったらいつのまにか姿を消していた。店の人に尋ねたら奥からひとつ持ってきた。何故しまう?暖まっちゃうから?でも後から来た人はわからないじゃん。割とおいしかったからもう少し食べたかったのにまた持ってきてもらうのも嫌だったんで諦めました。ということでかなり不満の残ったランチバイキングでした。
(2001年7月11日)
新浦安 グランサンク 和洋中 ランチ1800円 047‐350‐8111
浦安市美浜1-8-2 新浦安オリエンタルホテル2F 11:30〜15:00 (無休)別途ディナーバイキングあり
2004年4月1日調べ。平日1800円、土日祝2000円
「ブローニュの森」に行ったついでに確認してきました。値段は平日が1600円、土日祝は1800円と若干変わりました。「魚料理・肉料理・パスタ・サラダからデザートまで30種類以上の豊富なメニューがリーズナブルな価格で食べ放題!」とうたってます。焼き立てパンもあり基本的に内容は変わっていないようです。(01年9月12日)

満足度の高いランチバイキングです。エビフライや日替りパスタ、ハンバーグ、ドリア、オムレツ、肉料理、魚料理、温野菜、サンドイッチ、ソバなど14種類の料理はどれも美味しいです。また、焼きたてパンのコーナーが登場し人気を集めています。ほかにスープ(カボチャ・オニオン)、サラダ各種、ケーキ類約10種、自分でトッピングするアイスなど。ドリンクはコーヒー・紅茶・オレンジ・アップル・ウーロン茶・牛乳。ディナーは2700円で季節ごとにフェアを実施しており、リピーターを呼ぶ。オススメ。
(99年9月ほか7回)
新浦安 カシュカシュ イタリア ランチ2000円 047-355-7777
浦安市美浜1-9 浦安ブライトンホテル1F 11:30〜14:30 (無休)
ブッフェコースに、パスタが一品ついているようで、「みなさまでお取り分け下さい」とアツアツのを持ってきた。コーヒー、紅茶はテーブルにて注いでもらえる。料理の方は、ドリア、ショートパスタ、肉類、魚類、野菜たっぷりのクリームスープなど10品目。どれもイタリア料理風のお洒落な作り方で味も良し。また、サラダがスゴイ。生野菜は大きなボールに盛られたのがひとつだが、そのほかに肉や魚貝・きのこ・海草などを使った冷製が12品も並んでいて、どれもこれもおいしそうな盛りつけ。目で楽しむのも良し、採って楽しむのも良しといった所か。ガーリックトーストやクロワッサンなどパンが5種類、フルーツ3種類、ケーキが5種類程度。なくなると違うのが出てきたりもする。とても良かったです。
(99年2月10日)