■ ゼロからはじめるプログラミング:プログラムのプ ■

BASIC C/C++開発環境 Java開発環境
VC++ 2008 Express VC++ 2005 Express
Back Next VC++ 2008 Express
 
TOP
ゲームを
  作りたい!
プログラムを
  作りたい!
練習問題
関連知識
Link
amazon.co.jp
amazon.co.jp オブジェクト指向でなぜ作るのか
平澤 章
amazon.co.jp アルゴリズムの絵本
株式会社アンク
amazon.co.jp コンピュータはなぜ動くのか
矢沢 久雄

Visual C++ 2008 Express Edition

 Visual C++ 2008 Express Editionは無償で利用できるVisual C++ 2008 の縮小セットです。
用途がプログラミング学習、.NET Framework 2.0の開発に限定されておりWin32アプリケーションやDLL等は作成出来ません。
もちろんATLやMFCも使えません。
※Win32アプリケーションをビルド出来るようにする方法はありますがリソースエディタが無いので用途は限定されます。

Visual C++ 2008 Express Editionの入手

MicroSoftのVisual Web Developer 2008 Express Edition日本語版のページから入手できます。
このリンクはWebからのインストールページですが、オフラインでインストールを行ないたい場合には
オフラインインストールについてのリンクをたどるとインストールDVDのISOイメージファイルが入手出来ます。

Visual C++ 2008 Express Editionのインストール

回線が充分に速ければ オンラインでWebインストールが利用できます。
オフラインでインストールを行ないたい場合には配布されているISOイメージ(DVD-ROMのイメージデータ)を使用します。
ISOイメージのままではインストールできないので下記のいずれかの方法でインストールを行います。

 ISOイメージをDVD-Rに焼いてインストールDVDを作る
 一番簡単な方法です。

 ISOイメージを仮想ドライブにマウントしてインストールを行う。
 DVD-Rを焼く環境が無い場合にはこの方法を取るのが手っ取り早いです。
 ISOイメージのマウントにはVirtualCloneDriveが利用できます。
 CroneCD / CroneDVDという製品の機能を制限した無償版で日本語化されています。
 インストール時にライセンス条項がデロデロでますが、有償製品の機能制限版だから…のようで、VirtualCroneDrive自体は無償で使用できるそうです。

仮想CD/DVDドライブ機能のあるモバイルHDDを使う
 モバイルHDDを購入する予定がある/購入を検討しているのならこの機会に。

 CDイメージの切り替えが簡単に出来る
 BUFFALO USB2.0対応 耐衝撃ポータブルHDD
 みたいなHDDや

 PCがUSBブートに対応していれば仮想ドライブから起動できる
 I-O DATA USB 2.0/1.1対応 堅牢アルミボディ採用ポータブルハードディスク
 みたいなHDDがあります。

 具体的な機能は製品説明やパッケージをみても分かりにくいので価格.comの口コミ等を参考に確認すると良いかと思います。

Visual C++ 2008 Express Editionのインストール


インストールDVDを入れたりVirtualCroneDriveでマウントするとインストールメニューが起動します。
メニューからVisualC++2008を選択するとVisualC++2008 Express Editionのインストーラーが起動します。


インストーラーが起動したら後はひたすらをクリックしていればインストールが完了します。

この手のツールの場合、経験的にインストール場所を変更するとあまり愉快で無い事が起こりがちです。
Cドライブの容量に余裕が無いなどの切迫した理由があるのでなければディフォルトの場所にインストールする事をお勧めします。
また、経験的に開発ツールをアンイストールすると良くないことが起こる場合が多いです。
ちょっと試してみたい場合にはシステムのバックアップを取ってからインストールを行い、要らなくなったらアンイストールではなくシステムをバックアップから復元するのが良いかと思います。
※インストールには結構時間がかかります。

C言語でのコンソールアプリケーションの作成方法


 まず、プロジェクトを作成します。
 これはC++の場合でも同じです。
 ←クリックすると拡大表示します。


 Win32コンソールアプリケーションを選択
 プロジェクト名とソリューション名に適当な名前を付ける。
 ※試しにやってみるならtestでもsampleでも何でも良いです。
 ←クリックすると拡大表示します。



 Win32アプリケーション ウイザードが動くでの
 ○コンソール プリケーション
 □空のプロジェクト
 を選択します。
 ←クリックすると拡大表示します。

ここまでが前準備。実際にプログラムを作るのはここから。


 ソースファイルから[追加]->[新しい項目]を選択
 ←クリックすると拡大表示します。



 テンプレートで C++ファイル(.cpp) を選択し
 ファイル名には 拡張子 .c でファイル名を入力します。
 ←クリックすると拡大表示します。



 作成したファイルに記述したソースコードはC言語としてコンパイルされます。
 int a,b ;
 a=10 ; b=20 ;
 int c ;
 c=a+b ;
 みたいなC++言語の文法でコードを書くと当然エラーになります。
 ←クリックすると拡大表示します。


 ソースコードデバッカで実行状態を確認しながら動かすことができます。
 ブレークポイントまで実行して停止。
 変数 a,b に各々の値が入り、初期化していないcは何だか分からない値になっています。

 [F10]キーで次の1ステップ実行。
 変数 c に a + b の値がセットされます。

コンソールアプリケーション実行時の注意点


 コンソールアプリケーションをVisual C++から実行すると
 一瞬、真っ暗なコンソール画面が出て直ぐに消えてしまいます。
 Visual C++からコンソールアプリケーションを実行した場合、実行時にコンソール画面を開き、プログラムが終了するとコンソールを閉じてしまうためです。
 これでは実行結果が確認できませんのでコンソール画面が閉じないように工夫が必要です。

 次のコードの様に、最後に_getch( )を入れて何かキーが押されるまで待つようにすると良いです。

#include <stdio.h>
#include <conio.h> // _getch()を使用するのに必要

int main( )
{
  int a,b,c ;
  a = 10 ;
  b = 20;
  c = a + b ;
  printf("%d+%d=%d\n",a,b,c) ;

  _getch( ) ; // キーが押されるまで待つ
  return 0 ;
}

 
Next > プログラムを作りたい > C/C++開発環境 > VC++ 2005 Express ヘ進む
Programのプ(http://www.asahi-net.or.jp/~qb3k-kwsk/rpg/)
Copyright© 2000 チャーハン(mailto:try3dcg@nifty.com) All Rights Reserved.