近江 佐和山城



お城のデータ
所在地 滋賀県彦根市佐和山町・鳥居本町
遺 構 曲輪、土塁、石垣、井戸、堀
形 式 山城 築城者: 佐保時綱 築城年代: 建久年間


見 ど こ ろ

石田三成と居城として有名で、「治部少に過ぎたものが二つある。 嶋左近に佐和山の城」と云われている。

 現在の佐和山城は、全山木立に覆われて、山頂部に残る本の丸だけが整備されているだけだが、往時の佐和山城は壮大な規模を誇った城であった。

 佐和山城の大手は、城山の東側(彦根市内から米原方面に向かい、トンネルを抜けた左手)に開かれ、今も田圃の中に大手門跡(表門は宗安寺に移築現存)があり、両脇には大土塁が廻らされている。 この土塁の間に裏門(高源寺に移築現存)があった。 また、この土塁上には多聞櫓が防備を固め、佐和山城の威容誇っていた。(この多聞櫓は、彦根城佐和山口多聞櫓と云われている。) 

 ただ、大手から山頂の本丸までの登城道は全くの未整備である。 佐和山城へは、搦手口にある龍潭寺(石田三成の菩提寺で境内に三成の銅像がある。)・清涼寺(伝嶋左近屋敷跡)から登城道がある。

 佐和山城は、彦根城築城の折りに徹底的に破却されたため、山頂部の本の丸一帯はもっと複雑な縄張りであっただろう。 しかし、今では往時の姿を偲ぶことすら出来ない。 草に埋もれて天守台石垣の一部が寂しく残っているだけだ。   


歴     史
(宗安寺山門)
(高源寺山門)

 佐和山城は、交通の要衝に築かれた城で、鎌倉時代の建久年間に佐保時綱によって築かれたと云われている。

 室町時代には、観音寺城主佐々木(六角)定頼の持城となり、大永年間には重臣小川左右大輔を城主にしている。

 戦国時代になると、小谷城主浅井氏の持城となり、磯野昌吉・員昌が城将となり、元亀元年〜天正10年にかけて織田信長と戦い、そしてついに開城した。 

 本能寺の変後、豊臣秀吉はこの城の立地条件から有力武将を城主に配置した。 天正11年に堀秀政が5万石で城主となり、天正13年に堀尾吉晴が城主となり近世城郭へと改修が始められた。

 天正18年、石田三成が194,000石(後に21万石)を領して城主となった。 三成は、改めて城と城下町の整備を行ったが、慶長5年の関ヶ原の合戦に敗れ、居城佐和山城も東軍に攻められ落城した。

 関ヶ原の戦功により、上野高崎より井伊直政が18万石を領して入城するが、その後彦根築 城により廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線線彦根駅〜徒歩約10分(登城口)
 車 : 名神高速彦根IC〜国道8号線
駐車場: 龍潭寺参拝者用駐車場(約20台程度)を利用。
国道8号線佐和山トンネル脇からの登城口には駐車場なし。


ひとくち MEMO
龍潭寺から佐和山城へはハイキングコースが整備されている。
本来の大手道からの登城道は、道無き道を進む。 お城めぐり猛者連向き。
  • 佐和山城城門の移築先
    表門 宗安寺 滋賀県彦根市本町2丁目
    裏門 高源寺 滋賀県犬上郡多賀町楢崎

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ 彦根市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県