丹波 福知山城



お城のデータ
所在地 京都府福知山市内記
遺 構 復興天守、多聞櫓、石垣、曲輪
形 式 平山城 築城者: 明智光秀 築城年代: 天正7年


見 ど こ ろ

 盆地の真ん中にある小高い丘の上に建つ、復元された天守が街のどこからでもよく見える。 小天守を伴った三層の天守は、なかなかの美人だ。

 城跡は、現在城址公園となっていて、ほぼ本丸部分が残されている。 天守台を含む各郭の石垣は野面積みで、明智光秀の築城当時のままの姿を留めている。

 天守は外観復元であるが、本丸石塁上に移築されている二の丸銅門脇番所は、現存する福知山城の遺構だ。

 公園入り口にある美術館は、隅櫓風の建物だが、模擬とはいえ天守と同じ外装で意外とマッチしている。 


歴     史

 天正7年、明智光秀は横山城の横山信房を討ち、丹波平定を完成させた。 織田信長から丹波を与えられ、横山城を大修築して丹波での居城とした。

 天正10年、山崎の合戦に光秀は敗れ敗死する。 豊臣秀吉の領地となった。 その後、小野木重勝が3万石で城主となるが、関ヶ原の役後切腹する。

 慶長5年、有馬豊氏が8万石で遠江横須賀より入封する。 元和7年に豊氏は筑後久留米に転封したあと、城主は、岡部・稲葉・松平氏と替わり、寛文9年に朽木稙昌が32,000石で常陸土浦から入封する。 朽木氏は14代続いて明治に至った。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線・福知山線福知山駅〜バス or 徒歩15分
 車 : 舞鶴道福知山IC〜国道9号線
駐車場: 福知山城公園観光駐車場(有料)を利用。
(福知山城・佐藤太清記念美術館東側 :法川沿い)


ひとくち MEMO
鉄筋コンクリート製だが外観を忠実に復元された天守があるお城。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県