越前 福井城



お城のデータ
所在地 福井県福井市大手3丁
遺 構 曲輪、石垣、堀、井戸
形 式 平城 築城者: 結城(松平)秀康 築城年代: 慶長6年


見 ど こ ろ

 福井城は、徳川家康自ら本の丸・二の丸を縄張りしたと言われている。 福井城は、足羽川と荒川を外堀として利用した環郭式縄張りの城。 かつては、幾重にも回らされた濠も今では埋め尽くされ、内堀だけ。 百間堀といわれた濠もJR福井駅と化している。

 本丸(現福井県庁)周囲を巡る幅の広い内堀、石垣の塁上には、天守を始め三層櫓2基・2層櫓1基・櫓門(瓦門)、それを結ぶ多聞櫓がかつては建てられていたのだ。 今はその姿を見ることが出来ないが、想像するだけでわくわくしてくる。 近世城郭の醍醐味か・・・。

 本丸北西角に天守台が残っている。 切り込みハギの見事な石垣の天守台だ。 天守台は、本丸塁上に一段高く築かれていて、その北半分ほどの所に四層五階の天守が建てられていたとか。

 天守台側の塁上に福井の名の発祥「福の井」がある。 この井戸の北側には、福井地震で崩れた石垣が自然の力を見せつけられるかのように残っていた。 


歴     史

 福井城は、天正3年に柴田勝家が築城した北の庄城が前身である。

慶長5年、関ヶ原に勝利した徳川家康は、越前68万石を次男結城秀康(後、松平姓に復姓して5男直基が結城を嗣ぐ)を下総結城から北の庄城に封じた。

 秀康は、慶長6年より城の改修(築城)を始め、北陸の諸大名にも築城御手伝が命じられた。

 2代忠直が乱行のため改易となり豊後に配流となり、弟忠昌が越後高田より55万石を領して越前3代目となった。 この忠昌が北の庄を福井と改名した。

 越前松平家は、その後5代昌親の代に禄高は半知となるが、徳川御家門筆頭として明治まで続く。 幕末の動乱期には、16代藩主松平慶永(春嶽)が活躍したことで有名である。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線福井駅〜徒歩10分
 車 : 北陸道福井IC〜国道158号線/西方〜県道
駐車場: なし。(福井県庁・福井駅周辺の有料駐車場を利用。)


ひとくち MEMO
昔は福井藩庁、今は福井県庁、今も昔も政治の拠点のお城。

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ 福井市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県