Since 1995/07/01 Last up date 2016/05/20

         掃苔 とは 苔むして読みにくくなった墓の文字を掃いて読むこと

       すなわち墓参りのことであるが

       それにも人それぞれの思いを込めた 掃苔 というものがある

       願わくは花のもとにて春死なん そのきさらぎの望月のころ と詠んだ西行は

       その願い通り 建久元年二月十六日 満月のもとに逝ったが

       先師先人の人生は如何であったのか 

       出会い 対することによって

       私の 漂泊 を考えたい

       折々の迷い道の先にある墓地に詣で

       ひとつひとつの

       朝を数えるように歩いてみよう

 

       私の道は遠いのだから………