伊予松山藩

加藤家→蒲生家→松平(久松)家

賤ヶ岳七本鎗の一人、加藤嘉明は関ヶ原で東軍について功をあげ、伊予10万石から倍増、伊予半国22万石を得、それを期に、松山に築城する。

上杉家あとに会津に入っていた蒲生家が蒲生忠郷に嗣子無く改易となり、出羽上山で4万石を得ていた弟の蒲生忠知が、名跡を継ぐことを許され、伊予松山20万石と父祖の地の近江日野4万石を与えられて、入る。
加藤嘉明はそれと交替し、会津40万石へ増転封となる。

しかしその蒲生忠知も無嗣絶家となってしまう。

伊勢桑名より、家康の異父弟久松定勝の子松平(久松)定行が15万石で入って、以降、久松松平家の支配で、維新に至る。

久松松平家はこの伊予松山の定行の家と、伊勢桑名〜陸奥白河〜伊勢桑名の久松家が親藩扱い、下総多古藩の久松松平家と、伊予今治の久松松平家が譜代扱いである。

なかでも、伊予松山の久松松平家は三葉葵の紋を許され、溜間詰めである。

久松松平家は定の字を諱の通字としているが将軍家定が就任するにあたって、定の字を遠慮し、十二代勝喜とした。


歴代藩主

加藤家

加増 22万石
外様 城主


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

加藤嘉明(よしあき)

従四位下 左馬頭
岸教明(たかあき)の子

陸奥会津へ

蒲生家

出羽上山より 20万石
外様 城主


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

蒲生忠知(ただとも)

従四位下 中務大輔 侍従
蒲生秀行の子 蒲生氏郷の孫

無嗣改易

松平(久松)家

伊勢桑名より 15万石
譜代 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定行(さだゆき)

従四位下 隠岐守 侍従
松平(久松)定勝の二男

二代

松平(久松)定頼(さだより)

従四位下 隠岐守
松平(久松)定行の長男

三代

松平(久松)定長(さだなが)

従四位下 隠岐守 侍従
松平(久松)定頼の二男

四代

松平(久松)定直(さだなお)

従四位下 隠岐守 侍従
伊予今治藩主松平(久松)定時の長男

五代

松平(久松)定英(さだひで)

従四位下 隠岐守 侍従
松平(久松)定直の三男

六代

松平(久松)定喬(さだたか)

従四位下 隠岐守 侍従
松平(久松)定英の長男

七代

松平(久松)定功(さだかつ)

従五位下 隠岐守
松平(久松)定英の二男

八代

松平(久松)定静(さだきよ)

従四位下 隠岐守 侍従
四代松平(久松)定直の四男の松山新田藩主松平(久松)定章の長男
定静の宗家相続で新田藩は宗藩に吸収。

九代

松平(久松)定国(さだゆき)

従四位下 隠岐守 左近衛少将
御三卿、徳川(田安)宗武の七男

十代

松平(久松)定則(さだのり)

なし
松平(久松)定国の三男

十一代

松平(久松)定通(さだみち)

従四位下 隠岐守 侍従
松平(久松)定国の五男

十二代

松平(久松)勝喜(かつよし)

従四位下 隠岐守 左近衛少将
薩摩鹿児島藩主島津斉宣の十一男

十三代

松平(久松)勝成(かつしげ)

従四位下 隠岐守 左近衛権少将
讃岐高松藩主松平(水戸)頼恕の六男

十四代

松平(久松)定昭(さだあき)

従四位下 式部大輔 左近衛権少将
伊勢津藩主藤堂高猷(たかゆき)の四男

十五代
(再勤)

松平(久松)勝成(かつしげ)

従四位下 隠岐守 左近衛権少将
讃岐高松藩主松平(水戸)頼恕の六男

伊予の諸藩に戻る

四国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る