高知藩・土佐藩

山内家

24万2千石
外様 大広間 国主

藩祖、山内一豊の事跡については、司馬遼太郎先生の「功名が辻」をお読みいただくとして、藤堂高虎の政治性とは違った意味で、純朴に織豊徳と主取りに成功していった山内一豊は、関ヶ原の戦功で、遠江掛川6万石から400%アップの土佐一国24万石を得る。

実際に、土佐に入封してから、長曽我部家の残党を掃討するには、長い年月がかかり、一豊一代では果たせていない。

長曽我部の牢人は郷士という土佐特有の身分で土着し、幕末の志士を生み出すことになる。

一豊は弟の山内康豊(二代忠義の実父)に中村2万石を分知したが、子の政豊に嗣子無く絶え、のちさらに忠義の二男山内忠直が中村3万石を分知される、しかし、これは幕府公許の支藩ではなく内分で、三代続くが、騒動で本藩に吸収される。

さらに後、この中村山内家の系統を引く、山内豊成の子山内豊産が、従前の所領3千石に九代藩主山内豊雍から新田領1万石の分知を受け、併せて1万3千石の高知新田藩を立てる。

幕末の山内豊信は隠居させられたあと、容堂と号し、いわゆる四賢候の一人として活躍する。中でも鳥羽伏見のあと、徳川追討を決める御前会議で、「大政を奉還した慶喜にこれ以上如何なる罪があるか」と一人反駁し、岩倉倶美ら策謀派を困惑させた。
これは、関ヶ原で敗軍となった薩摩長州と違って、徳川家に土佐一国を拝領した山内家の立場の違いを示すものであった。

しかしこの土佐藩もいわゆる攘夷倒幕の志士たちは、長曽我部侍の裔であり、その意味では関ヶ原負け組で、容堂の意図とは別に藩下層部は独自に動いていく。このあたりも司馬先生の「酔って候」をお読みいただくと、山内容堂の視線から見た幕末の土佐藩の動きがわかり面白い。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

山内一豊(かずとよ)

従四位下 土佐守 侍従
山内盛豊の二男

二代

山内忠義(ただよし)

従四位下 土佐守 侍従
山内一豊の弟山内康豊の長男

三代

山内忠豊(ただとよ)

従四位下 対馬守 侍従
山内忠義の長男

四代

山内豊昌(とよまさ)

従四位下 土佐守 侍従
山内忠豊の長男

五代

山内豊房(とよふさ)

従四位下 土佐守 侍従
山内忠義の末弟の裔、一門分家旗本武蔵指扇山内一俊の長男

六代

山内豊隆(とよたか)

従四位下 土佐守 侍従
一門分家旗本武蔵指扇山内一俊の二男

七代

山内豊常(とよつね)

従四位下 土佐守 侍従
山内豊隆の二男

八代

山内豊敷(とよのぶ)

従四位下 土佐守 侍従
藩祖山内一豊の弟山内康豊の三男山内重政の流れを汲む山内規重の長男

九代

山内豊雍(とよちか)

従四位下 土佐守 侍従
山内豊敷の四男

十代

山内豊策(とよかず)

従四位下 土佐守 侍従
山内豊雍の長男

十一代

山内豊興(とよおき)

従四位下 土佐守 侍従
山内豊策の長男

十二代

山内豊資(とよすけ)

従四位下 土佐守 少将
山内豊策の二男

十三代

山内豊熈(とよてる)

従四位下 土佐守 侍従
山内豊資の長男

十四代

山内豊惇(とよあつ)

なし
山内豊資の二男

十五代

山内豊信(とよしげ)

従四位下 土佐守 侍従
のち 従二位 権大納言
山内豊策の三男山内豊著の長男

十六代

山内豊範(とよのり)

従四位下 土佐守 左少将
山内豊資の六男

土佐の諸藩に戻る

四国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る