ペンギンのQ&A

Last Updated  3,Feb,2000


項目

Q1.ペンギンはどこにいるの?
Q2.ペンギンは動物園にもいるけど、寒いところでなくても大丈夫?
Q3.ペンギンの種類は?
Q4.南極には何ペンギンがいるの?
Q5.写真集でイワトビペンギンがたくさんいるのを見たことがあるのですがどの国にいけば見ることができますか。
Q6.南極へ行ったらペンギンと握手ができますか?
Q7.ペンギンは何年くらい生きるのですか?
Q8.ペンギンの群れにもお猿のようにボスはいるの?
Q9.コウテイペンギンとその子供たちが大勢群れている風景は、南極のどのへんで、何月頃見られるのでしょう?
Q10.ペンギンは、北極には、すめないのですか。
Q11.色々なペンギンたちの進化の過程と時期は?
Q12.ペンギンは,何を食べているのですか?また,それをどうやって手にいれているのですか?
Q13.どうしてペンギンのオスがさきたまごをあたためるのか?
Q14.ペンギンのこうびはどのようにするのですか?
Q15.ペンギンはなぜ鳥なのに海で泳げるのですか?
Q16.ペンギンは卵をなん個ぐらい産むのですか?
Q17.アデリーペンギンは、繁殖期になって南極大陸にやってくる前はどこで生活していますか?
Q18.ペンギンの卵の大きさはどのくらいですか?また,どんな色や形をしているのですか?
Q19.ペンギンを空から襲ってくる鳥はオオトウゾクカモメだけなんでしょうか?
Q20.ペンギン の親子は、いつ?どうやって?お互いの声を覚えるのですか?
Q21.ペンギンの中で、一番強いのはどの種類ですか?
Q22.ペンギンは、生まれてから何日で大人になるのですか?
Q23.ペンギンは、卵を産んだり、うんちをしたりするのを、体のどこでしているのですか?
Q24.ペンギンは、どんなことで死ぬのですか?
Q25.ペンギンをペットとして飼えますか?
Q26.ペンギンのオス、メスはどうやってみわけるのですか?
Q27.ペンギンはなぜ、おなかで氷の上をすべれるのですか?
土佐市立高岡第一小学校2年生(井上夕起子先生)のみなさん
Q28.ペンギンはむかし、空をとんでいたのですか?
土庄町立大鐸小学校2年生のみなさん
Q29.日本にコウテイペンギンを見ることのできる水族館はありますか。
Q30.日本の動物園にはアデリーペンギンがいないのですか?アデリーペンギンのいる動物園、水族館など教えてください。
Q31.ペンギンの毛は,どのような性質があるんでしょうか?
Q32.ハネジロペンギンとコガタペンギンの違いは?
Q33.ニュージーランドの海岸では野生のペンギンが見られるというのは本当ですか?
Q34.日本で、イワトビペンギンに会うことのできる場所はありますか?
Q35.ペンギンは家で飼えますか?
Q36.ペンギンの中で一番大きい種類はなんですか?
Q37.ペンギンくんたちはおうちへ帰る方角がどうして分かるのですか?
Q38.ペンギンという名前の由来、意味はあるのでしょうか?
Q39.ペンギンは一夫一婦制なんですか?
Q40.ペンギンは淡水中でも生きられるのでしょうか?
Q41.ペンギンの耳は何処にあるのでしょうか?
Q42.ペンギンはどうやって寝るのですか?
Q43.ぺんぎんもにんげんと、おなじでないぞうなどがあるんですか?
Q44.ペンギンの色は、なぜ黒と白なんですか?
Q45.ペンギンは、環境破壊によって、どんな被害にあっているのですか?
Q46.ペンギンでも寒さを感じる事があるんですか?
Q47.ペンギンは、なぜ北極にいないで、南極にいるの?
Q48.南極の最高気温と最低気温そして平均気温をおしえてください。
Q49.ペンギンはうみの中をどのくらいのはやさでおよげるのですか?
Q50.ペンギンはどうしてさむいところでもだいじょうぶなのですか?
Q51.エンペラーペンギンを、南極で生で見るにはどうすればできますか。また、エンペラーペンギンの羽根のパンチで人間の腕が折れるというのは本当ですか。
Q52.大昔にとっても大きいペンギン!そのなもビックペンギンというなまえのぺんぎんがいたと聞いたことがあるんですがほんとうですか?
Q53.アデリーペンギンの赤ちゃんは群れを作っていると、何故オオトウゾクカモメにねらわれないのですか?
Q54.ペンギンはおじいさん、おばあさんになるとどうなるのでしょうか?
Q55.ペンギンは鳥なのになぜ飛べないのですか?
Q56.ペンギンの卵は平均直径何センチメートルあるのですか?
Q57.ひなは、敵が来たらどうしうて分かるのですか?
Q58.絶滅しかかっているペンギンは、いるのでしょうか?
Q59.ペンギンが氷のうえで押し合いへし合いして海におとしあっているのはなぜ?
Q60.求愛のポーズはどんなのですか?
Q61.泳ぐ練習や氷の上を滑る練習はするのですか? またするのなら、生まれてからどれくらい後ですか?
Q62.ひなの大きさはどれくらいですか?
Q63.トイレはどこでするのですか? 卵をあたためている時は我慢するのですか?
Q64.アデリーペンギンのクレイシを守るのは、なぜ子どもがいないペンギンなのですか?
Q65.ペンギンは、夏にしかたまごを生まないのですか?それは、どうしてですか?
Q66.妊娠しているメスも、おなかで滑って大丈夫なのでしょうか?
Q67.アデリーペンギンは、2個しかたまごを生まないのですか?
Q68.オスは、何も食べずにいて、どうして10日間も平気なのですか?
Q69.親鳥がえさを持って帰ってきてクレイシから雛を呼んだ時に、オオトウゾクカモメにおそわれたりしないのですか?
Q70.アデリーペンギンはどうして小石を集めて巣を作るのですか?穴を掘ったり雪でかためたりはできないのですか?
Q71.ペンギンにもなきごえはあるの?
Q72.どうして2月になるとアデリーペンギンは沖に行くんですか?
Q73.アデリーペンギンは一生の内に何回卵を生むんですか?
Q74.オオトウゾクカモメはどうしてアデリーペンギンのひなをねらうんですか?
Q75.アデリーペンギンは海に飛び込むとき怖くないんですか?
Q76.アデリーペンギンの雛は餌をもらうとき、どうして親鳥の声を覚えていられるのですか?
Q77.なぜ、親鳥がえさをあげるとき、群れから離れてあげるのですか?
Q78.ペンギンはどうして巣から一度落ちた卵を二度とあたためないのですか?卵が冷えてしまうからですか?
Q79.雄が卵をあたためている間に、雌が巣に戻ってこれなくなったら、何も食べない雄はどうなってしまうのですか?
Q80.アデリーペンギンのひなは、どうやって卵から出てくるのですか?
Q81.ペンギンが一回に生む卵の数は1個か2個のようですが、大人のペンギンにまで成長する確率は、どのくらいなのでしょうか?
Q82.ロイヤルペンギンが先に産んだ卵を親自ら巣から蹴り出すのはなぜなのでしょうか?
Q83.ぺんぎんは、人間の言葉は解るんですか?
Q84.以前、TV番組で見たのですがかなり昔に2m50cm位の大きいペンギンが、居たそうですが...
Q85.ペンギンはあついところに住んでいても大丈夫なのですか?
調査中Q86.ペンギンの飼育係になるには?
Q87.ペンギンに言葉はあるの?
Q88.ペンギンの化石はどこに行けば見れるの?
Q89.”ペンギンミルク”で胃潰瘍にならないの?
調査中Q90.フィヨルドランドペンギンについて詳しく知りたい
Q91.ペンギンの種類ごとの個体数は?
Q92.動物園のペンギンは、換羽期にはどうしてるの?
調査中Q93.どうしても、ペンギンを飼育したい!
調査中Q94.南極に住む種類、南アメリカ・アフリカに住む種類などで脂肪の付き方とか違ってくるのでしょうか
調査中Q95.ペンギンの卵の中は?
調査中Q96.ペンギンの輸入ははワシントン条約等で規制されているの?
Q97.ペンギンは霜焼けにならないの?
Q98.ペンギンの雄のいくつかが雌になることがあるというのは、本当?
調査中Q99.ニュージーランドの紙幣の絵には、キガシラペンギンが載っているけど...?
Q100.ペンギンの保護に当たるためにはどのような資格が必要なの?
調査中Q101.水族館でペンギンの飼育係になりたい!
調査中Q102.ジャイアントペンギンは、どんな姿をしていたの?
Q103.ペンギンは何を食べるの?
Q104.ペンギンが伴侶を選ぶ時の条件は何?
Q105.なんでオオトオゾクカモメはペンギンのひなを襲うの? どうして日本は秋なのに、南極は春なの?
Q106.ペンギンはどの位の時間、海の中にもぐっていられるの?
Q107.海へ出かけているめすが帰ってこなかったらオスは?
Q108.アデリーペンギンはどうしてたまごを1こだけじゃなくて、2こ、うむときがあるのですか。3こ、うむときはありませんか
Q109.ペンギンの親は子どもにどうやって一度おなかにいれたオキアミを食べさせられるのですか?
Q110.ペンギンは,食べられないのですか?また、食べたことのある人はいますか?

ペンギンのことについて、質問してみよう!



Q1.ペンギンはどこにいるの?  

A.ペンギンは南半球にだけ、生息しています。ただし!ガラパゴスペンギンは赤道直下のガラパゴス諸島に生息しているので、”ちょっとだけ”北半球にいます。  だから、南極にはいますが、決して白熊や、エスキモーの人たちと一緒に北極にはいないのです!


Q2.ペンギンは動物園にもいるけど、寒いところでなくても大丈夫?

A.動物園にいる(屋外)ペンギンは、南アメリカの太平洋沿岸や、南アフリカの最南端など、比較的日本の気候に近い地域に住んでいる種類なので、大丈夫!  ただし!上野動物園のキングペンギンは、あまりにも暑い真夏の間は冷蔵庫の中に、しまわれてしまいます


Q3.ペンギンの種類は?

A.ペンギンは17種類か、18種類(学者の見解がちがう....)です。

・エンペラーペンギン
・キングペンギン
アデリーペンギン
ジェンツーペンギン
アゴヒモペンギン
・イワトビペンギン
・フィヨルドランドペンギン
・マカロニペンギン
・ロイヤルペンギン
・スネアーズペンギン
・コガタペンギン
・ハネジロペンギン
・シュレーターペンギン
・キガシラペンギン
・マゼランペンギン
・ケープペンギン
・フンボルトペンギン
・ガラパゴスペンギン


Q4.南極には何ペンギンがいるの?

A.南極大陸にいるペンギンは

・エンペラーペンギン(南極大陸にしかいない)
・キングペンギン(上陸が確認されたことがある)
アデリーペンギン(南極大陸と、周辺の島)
ジェンツーペンギン(南極大陸と、周辺の島)
アゴヒモペンギン(南極大陸と、周辺の島)
・マカロニペンギン(南極半島と、周辺の島)


Q5.写真集でイワトビペンギンがたくさんいるのを見たことがあるのですがどの国にいけば見ることができますか。私はイワトビが一番好きです。次はキングペンギンの首(?)の回りの黄色いところが好きです。(大北さんからの質問)

A.イワトビペンギンは、寒い寒い南極大陸には住んでいません。ちょっとだけ暖かいニュージーランドの近くの島々や、南アメリカ大陸の最南端,そしてその近くのフォークランド諸島,アフリカ大陸の南にある島々に住んでいます。 キングペンギンも、イワトビペンギンとだいたい同じところに住んでいます。


Q6.南極へ行ったらペンギンと握手ができますか?(石山さんからの質問)

A.私達人間はあいさつとして握手をしますが、ペンギンの国では握手をする習慣がありません。もしも、ペンギンがフリッパーを振ったりしたら、それは「これ以上近づくなよ!」と合図をしているのです。だからペンギンとは握手が出来ません。


Q7.ペンギンは何年くらい生きるのですか?(岡林さんからの質問)

A.ペンギンたちの平均寿命は、だいたい20年といわれています。でも、せっかく産んだ卵は”オオトウゾクカモメ”たちに狙われたり、子供や大人たちも”あざらし”や”シャチ”に襲われる危険がいっぱいあります。人間以外の地球上の動物たちは弱肉強食による食物連鎖によって捕食者に狙われつづけるのです。


Q8.ペンギンの群れにもお猿のようにボスはいるの?(原玉キリンさんからの質問)

A.ペンギンは人間のように、家族単位で生活をします。時には親が餌を採りに行く間、子供たちを”保育園”(クレイシ)に預けるなど、集団で協力しあって生活します。でも、お猿さんのように集団をまとめる”ボス”や、間のように権力を主張したいというような考えはないようです。きっと、本当の意味でみんな平等に生活をしている意識があるのでしょう。


Q9.南極に関する本や写真集には、必ずコウテイペンギンとその子供たちが大勢群れている風景が載っています(「ふしぎ大陸南極展」のポスターみたいな感じ)。あの風景は、南極のどのへんで、何月頃見られるのでしょう??(中川さんからの質問)

A.コウテイペンギン(エンペラーペンギン)たちが子育てをするのは、外敵が少ない”南極の冬”の間、つまり3月〜10月くらいの間です。場所は南極大陸の海岸部ですが、冬の南極は氷点下30〜60度C(地域差はありますが)、海は厚い氷に覆われるため、観光目的の人間が行くのは難しいようです。でもいつか私もコウテイペンギンたちに会いたいと思っています。


Q10.ペンギンは、北極には、すめないのですか。(しょうさんからの質問)

A.南極も北極も、気候的には”極”ですから、ペンギンも生きられると思います。でも、”生活”できるか?といわれたら、むずかしいと思います。それではなぜペンギンは南極にしかいないのでしょう?今から約160年前まで(正確にいうと1844年まで)「オオウミガラス」というペンギンの親戚が北大西洋にいました。でも人間は卵や羽毛を目当てに乱獲した結果、絶滅してしまいました。その他には、南極大陸の気候がきびしいので、ペンギンたちの外敵がとても少なく、生活しやすいのです。だって、南極大陸の先住民族はペンギンたちなのだから。


Q11.南極やガラパゴスや南アフリカや南アメリカのペンギンは今や生活習慣も食べ物も違うと思うのですが、それではいつ頃どのようにペンギンたちは別れ別れになって、それぞれどんなふうに進化していったのでしょうか?(麦太郎さんからの質問)

A.最近の研究で”ペンギン”が出現したのは、ニュージーランドということが解ってきました。ニュージーランドは今から約5,300万年前に南極大陸から分かれ、その数百万年後にペンギンが生まれました。その後、南極大陸から今の南アメリカ大陸が分離されると、南極大陸の周りに偏西風(地球の自転によって地球を東回りに周る風)の影響によって、「偏西風流」という”海流”が発生しました。この海流がニュージーランドに生まれたペンギンを南アメリカやガラパゴス諸島、南アフリカそして南極大陸へと運んだと考えられる説が有力なようです。
 
分化の説

・キガシラペンギン族(1種)
・マカロニペンギン族(5種)→→→→→→→→→→・エンペラーペンギン族(2種)・アデリーペンギン族(3種)
・コガタペンギン族(1種)→→→→→→→→→→→・フンボルトペンギン族(4種)
    ↑                                     ↑
ニュージーランドで分化                      偏西風流で運ばれた先で分化


Q12.ペンギンは,何を食べているのですか?また,それをどうやって手にいれているのですか?(並木小学校腰塚,関屋さんからの質問)

A.ペンギンたちの主食は、寒流の冷たい海水に住む”小型の魚”,”イカ類”,”オキアミ類”などです。”オキアミ”ってなんだろう?=”オキアミ”は、3〜6cmくらいのエビに良く似た、動物プランクトンです。そしてペンギンたちは、水中を時速10kmくらいのものすごい速さで、獲物を追いかけ、お腹いっぱいになると、お家に戻ってきます。
*ペンギンたちの主食は”オキアミ類”ですが、最近人間がペンギンたちの住んでいる近くの海で”オキアミ”を乱獲するために”オキアミ”の数が激減してきています。このままではペンギンたちの食べる分が減少してしまうという問題があります。


Q13.どうしてペンギンのオスがさきたまごをあたためるのか? (大鐸小学校 川本真由香さんからの質問)

A.ペンギンのオスが先に卵を温めるというのは、エンペラーペンギンが知られています。エンペラーペンギンは南極の冬に、定着氷と呼ばれる海が凍ったところで繁殖します。それも海から120〜200kmの距離をペタペタと歩いて、昔から使用してきたルッカリー(繁殖地)へ移動します。ペンギンたちは一度海から離れると、食べ物を口にする事が出来ません。食べるためにはまた同じ海へいかなければなりません。さて、動物は卵や、子供を産む時に体力を消費します。ペンギンたちも同じで、メスは卵を産むと体重が25%くらい減ってしまいます。そこで、体力を消費したメスが先に、食べに出かけるのです。それもまた海まで300km近く(定着氷はどんどん広がるため)の距離を歩かなくてはなりません。メスが海へ食事に出かけて戻ってくる約2ヶ月間の間、オスは一人で何も食べずに卵を温めつづけます。
 その他のペンギンたちも、オスが先に卵を温める事が多いですが、一部のメスは先に自分が温める場合もあります。


Q14.ペンギンのこうびはどのようにするのですか? (大鐸小学校 清水南紗さんからの質問)

A.まず最初に鳥類であるペンギンは、生殖のための”開孔部”と、排泄のための”開孔部”は1つで、これを”総排泄孔”といいます。ペンギンの交尾は腹這いになったメスの背中に、オスが跳び乗ります。そしてメスは首を上に伸ばすと(エビ反りのように)、背中に乗ったオスはメスの首をチョンチョンとつつきながら尾羽を跳ね上げて、メスの”総排泄孔”に自分の”総排泄孔”を瞬間的に接触させて、交尾します。


Q15.ペンギンはなぜ鳥なのに海で泳げるのですか? (大鐸小学校 太田優さんからの質問)

A.ペンギンの食べ物はほぼ100%海の生物です。そのため泳ぎが上手でなければ、お腹いっぱいの魚やプランクトンを食べる事ができません。それではどうやって泳いでいるのでしょう?ペンギンは水の上では、足にある水かきと、フリッパーを使って”アヒル”や”かも”のようにじょうずに泳ぎます。また、遠くにエサを採りに行く時には、海水面をイルカのようにジャンプもします。そして水中に潜っている時には、空を飛んでいる鳥のようにフリッパーで羽ばたき、尾羽や足の水かきを使って舵をとります。空を飛ぶ事が出来ない羽(フリッパー)は、水中で飛ぶために役に立っています。

Q16.ペンギンは卵をなん個ぐらい産むのですか? (大鐸小学校 山口大介さんからの質問)

A.エンペラーペンギンと、キングペンギンは1つ、その他のペンギンは2つの卵を産みます。

ペンギンの名前 1回に産む卵の数 卵の大きさ 卵の重さ 抱卵日数 繁殖期間(産卵から巣立ちするまで) 繁殖回数 個体数
エンペラーペンギン 1 長径120〜124mm 450g 62〜67日 真冬から約10ヶ月 1年間に1回 約20万つがい
キングペンギン 1 長径101〜106mm 300g 52〜55日 一年中約14〜16ヶ月 3年間に2回 約120万つがい
アデリーペンギン 2 長径66〜70mm 100〜120g 31〜51日 夏の間:5ヶ月 1年間に1回 約270万つがい(+幼鳥1000万羽)
ジェンツーペンギン 長径64〜71mm 130g 夏の間:5〜10ヶ月 約32万つがい
アゴヒモペンギン 長径64〜71mm 110g 夏の間:7ヶ月 約750万つがい
イワトビペンギン 長径62〜72mm 70〜110g 夏の間:5ヶ月 約370万つがい
フィヨルドランドペンギン  長径68〜71mm 100〜120g 夏の間:5ヶ月 1000つがい以下(推定)
スネアーズペンギン  長径67〜72mm 100〜120g 夏の間:5ヶ月 約25000つがい
シュレーターペンギン  長径68〜89mm 98〜150g 夏の間:5ヶ月 約20万つがい(推定)
マカロニペンギン  長径68〜81mm 100〜150g 夏の間:5ヶ月 約1200万つがい
ロイヤルペンギン  長径70〜81mm 100〜160g 夏の間:5.5ヶ月 約85万つがい
キガシラペンギン  長径77mm 120〜145g 夏の間:7ヶ月 約2000つがい弱
コガタペンギン 長径55〜57mm 53〜54g 夏の間:8〜9ヶ月 約100万つがい
マゼランペンギン 長径70〜73mm 125g 夏の間:8〜9ヶ月 約104万羽
ケープペンギン 長径68〜70mm 105〜107g 一年中 不定期 約5000羽
フンボルトペンギン 長径69〜75mm 100〜120g 一年中 不定期 約10000羽
ガラパゴスペンギン 長径62〜63mm 70〜100g 一年中:寒流に乗って魚が来る時 不定期 約10000羽前後

※”個体数”は、年による環境変化(エルニーニョやオゾンホールによるオキアミ類の異常繁殖),環境汚染によって大きく変わりますし、調査があいまいな条件もあり、おおよその数字です。


Q17.アデリーペンギンは、繁殖期になって南極大陸にやってくる前はどこで生活していますか? (井上夕起子さんからの質問)

A.アデリーペンギンのほとんどは、繁殖期が終わると南極大陸の大陸棚近くの流氷帯の外側の海域で過ごします。巣立ちをして繁殖期を迎えるまで数年間の若鳥は、放浪(ワンダラー)して亜南極の島々(南極収束線と亜熱帯収束線の間)やニュージーランド,オーストラリアにも行きます。そしてオスは4歳,メスは3歳になると、繁殖のために自分が生まれた繁殖地へ帰ってきます。アデリーペンギンの詳しい生態はまだ解っていない事が多く、今年から日本の南極観測隊がアデリーペンギンの生態について調査を始めるそうです。


Q18.ペンギンの卵の大きさはどのくらいですか?また,どんな色や形をしているのですか? (高木瀬小2年 鯉川 涼さんからの質問)

A.ペンギンの卵の大きさと、重さについては上の「Q16.ペンギンは卵をなん個ぐらい産むのですか?」の表に項目を追加しました。(空欄部分は調査中です)色や形は、ニワトリの卵とほぼ同じと思って下さい。

写真は上野動物園に展示しているペンギンの卵です。
南極とペンギンのページ」の石野氏から提供していただきました。(感謝!)


Q19.ペンギンを空から襲ってくる鳥はオオトウゾクカモメだけなんでしょうか?(井上夕起子さんからの質問)

A.アデリーペンギンなど、南極周辺で繁殖するペンギン(”エンペラーを除く”)たちについてですが、ペンギンのヒナや卵を襲うのは”ナンキョクオオトウゾクカモメ”が最も知られていますが、他には”ミナミオオフルマカモメ””サヤハシチドリ”などがいます。よく”空から襲う”という表現がありますが、実際には”空から親を威嚇して、子供や卵から親が離れた隙に、他の仲間が地上から襲い、空中に運び去る”というのが正しいと思います。 ただ、サヤハシチドリは、ペンギンのルッカリーの中を、ちょこちょこ歩きまわりながら、親が留守の巣の、卵や子供を襲うようです。
 
 その他にも、”わたり”で来る「アホウドリ」や「カモメ類」も、ペンギンたちを襲う事があるでしょう。余談ですが、ナンキョクオオトウゾクカモメは冬(5月中に旅立つ)は南極から北へ旅立ちますが、調査のため標識をつけられた個体が、カリフォルニアや,イギリス,グリーンランドそして、北日本で発見されるなど、世界中を周っています。そして10月下旬に南極へ帰って来ます
ナンキョクオオトウゾクカモメ(足についている鑑札に注目)


アデリーペンギンの巣の上を旋回するミナミオオフルマカモメ

Q20.ペンギンのひなは親鳥がクレイシにえさをやりにきたとき、声を聞き分けてえさをもらいに行くと聞きましたが、いつ?どうやって?お互いの声を覚えるのですか?(井上夕起子さんからの質問)

A.ペンギンは、孵化の二,三日前から卵に穴があいて、中からヒナの鳴き声が聞こえますが、親はそれ以前から卵に向かって鳴きかけています。親子は孵化前後三,四日の間に、お互いの鳴き声を覚えると考えられています。でも、それでは卵を抱いた方の親しか....と考えますが、これがビックリ!孵化前後から両親の交代が急に頻繁になって、一,二日間隔になるそうです。


Q21.ペンギンの中で、一番強いのはどの種類ですか?(有明東小学校 小野こうだいさんからの質問))

A.”一番強い”というのはどういうことでしょう?喧嘩でしょうか? ペンギンたちを全て集めて、喧嘩をさせたことがないので解りません。
 ペンギンたちは種類によって住む地域も違うので、他のペンギンたちと喧嘩をすることは少ないでしょう。そして、ペンギンたちはお猿さんや、あざらしたちのように"ボス"はいないので、”ボス”の座を争うこともありません。 ほとんどのペンギンは同じ種類同士でも、お互いが傷つくような激しい喧嘩はしませんし、喧嘩をする原因といえば、お隣の巣の側を歩いているときに、「ここは俺の家だ!」と、ガーガー文句を言われるくらいです。ただ、マゼランペンギンは喧嘩をすると、お互いに血を流すほど気性が荒いようです。


Q22.ペンギンは、生まれてから何日で大人になるのですか?(有明東小学校 石橋かずきさんからの質問)

A.ほとんどのペンギンは、だいたいオスは4歳,メスは3歳になると、繁殖ができるようになります。繁殖ができるようになると、大人だと思います。


Q23.ペンギンは、卵を産んだり、うんちをしたりするのを、体のどこでしているのですか?(有明東小学校 藤井りょうさんからの質問)

A.「Q14.ペンギンのこうびはどのようにするのですか?」にも書いていますが、鳥類であるペンギンは、生殖のための”開孔部”と、排泄のための”開孔部”は1つで、これを”総排泄孔”といいます。この”総排泄孔”で卵を産んだり、うんちをしたりします


Q24.ペンギンは、どんなことで死ぬのですか?(有明東小学校 片渕りゅういちさんからの質問)

A.ペンギンの寿命は約20年ですが、その他には”病気”や他の動物たちに襲われて死んでしまうことがあるでしょう。ペンギンたちを襲う動物は、シャチ,豹アザラシ,オタリアなどが知られていますが、南極では人間が持ち込んだ犬もペンギンを襲います。


Q25.ペンギンをペットとして飼えますか? (有明東小学校 木下まどかさんからの質問)

A.日本では、キングペンギンやマゼランペンギンをペットとして飼っているというのを、聞いたことがあります。私の住んでいる近所のペットショップでは、マゼランペンギンが80万円で売られていました。でもペンギンたちは人間に飼われるよりも、たくさんの仲間たちと、大自然の中で生きたいんじゃないかな?


Q26.ペンギンのオス、メスはどうやってみわけるのですか?(氷上町立南小学校 安田こうすけさんからの質問)

A.ペンギンのオスとメスの見分け方は、とても難しいのです。「Q14.ペンギンのこうびはどのようにするのですか?」でも書いていますが、ペンギンは鳥類なのでオスもメスも”総排泄孔”というものしかなく、オスには”おちんちん”はないのです。一般的にオスのほうが身体やくちばしが大きいのですが、はっきりとした違いは無いのです。それではペンギンの研究者たちはどうやって見分けているのでしょう?一つは、ペンギンの交尾を観察して、相手の背中に登っているものがオス,下で腹這いになっているのがメスです。そしてもう一つ。その時にメスの背中に、オスの足の汚れがつくので、背中が汚れているのがメス。などの見分け方しかできないようです。


Q27.ペンギンはなぜ、おなかで氷の上をすべれるのですか? (氷上町立南小学校 清水良家さんからの質問)

A.まずペンギンたちは”羽づくろい”をするときに、尾っぽの付け根にある”尾脂腺”というところから分泌される脂(からだのあぶら)をくちばしにつけて、羽毛を防水処理して泳ぐときや氷の上をすべるときに身体に直接海水や氷の冷たさが伝わらないようにしています。
 ペンギンたちがおなかで氷の上をすべるときは、長い距離を歩き疲れたときや、急いでいるときに自分の身体を”ソリ”にしてすべります。


 たくさんの質問をくれた、土佐市立高岡第一小学校2年生(井上夕起子先生)のみなさんから、みんなで写した写真が送られてきました。みんなの後ろに貼ってある”アデリーペンギン”と”エンペラーペンギン”は、「ペンギンの子そだて」のまとめとして、みんなで作ったそうです。等身大のペンギンたちは、いまにも動き出しそうですね!井上先生ありがとうございました。


Q28.ペンギンはむかし、空をとんでいたのですか? (氷上町立南小学校2年 田野珠望さんからの質問) 

A.ペンギンの祖先はむかし、翼を使って広い空を飛んでいました。そして今から4680万年前に、ペンギン類,ミズナギドリ類そしてアホウドリ類として、それぞれが進化していったのです。ペンギンは、はるかおおむかしに飛ぶことをやめてしまったわけですが、よく観察していると海から氷の上にジャンプする瞬間などに、あの小さなフリッパーを、空を飛ぶ鳥のように羽ばたかせているのです。ペンギンたちは記憶のどこかに、おおむかし飛んでいたことを憶えているのかもしれませんね。


ペンギンについてのたくさんの質問をくれた、香川県の小豆島にある土庄町立大鐸小学校2年生のみなさんから、たくさんのお手紙を頂きました。みんな動物好きで元気そうですね。 約束したペンギンの写真をもう少し待っていて下さいね。岡先生ありがとうございました。


Q29.日本にコウテイペンギンを見ることのできる水族館はありますか。 ( 神田真紀子さんからの質問)

A.最近、和歌山県西牟婁郡白浜町にある「南紀白浜アドベンチャーワールド」に20羽のエンペラー(コウテイ)ペンギンが南極から運ばれてきて、一般公開されています。お近くでしたら是非逢いに行って下さい。

6/2から、「名古屋港水族館」でも雄2羽、雌4羽の幼鳥のエンペラーペンギンが飼育されはじめました。このエンペラーペンギンは南紀白浜アドベンチャーワールドから譲り受けた個体だそうです。


Q30.なんで日本の動物園にはアデリーペンギンがいないのですか?一番好きなペンギンなのでぜひ生で見たいのですが、いまだにあったことがありません。もし、アデリーペンギンのいる動物園、水族館などご存知でしたらぜひ教えてください。それとも、飼育が難しく動物園ではなかなか飼えないのでしょうか?

A.私が知っている限り日本で生きているアデリーペンギンに逢える場所は、愛知県名古屋市の「名古屋港水族館」,和歌山県西牟婁郡白浜町「南紀白浜アドベンチャーワールド」の2つの水族館です。
 アデリーペンギンは、他の種類のペンギンと違い(エンペラーペンギンを除いて)南極大陸周辺にしか生息していません。南極大陸周辺の気候を考えると、水族館には徹底した低温の温度管理が出来る設備が必要になると思います。温度の問題は他の比較的暖かい環境で生活できるペンギンたちと同じ水槽に同居させることが出来ないため、巨額の設備投資やランニングコストが必要になり、エンペラーペンギン同様日本では少ないのだと思います。
暑さで、お腹を地面につけて冷やしているところ。(気温約10度C)

Q31.ペンギンの毛は,どのような性質があるんでしょうか?(土庄中学校 長田 拓さんからの質問)

A.ペンギンの毛は、他の動物同様に寒さからの保護,皮膚の保護などがあります。ペンギンの毛づくろいは、尾っぽの付け根にある”尾脂腺”というところから分泌される脂(からだのあぶら)をくちばしにつけて、羽毛を防水処理して泳ぐときや氷の上をすべるときに身体に直接海水や氷の冷たさが伝わらないようにしています。また、一年に一回全身の羽毛は新しいものに生え替わります。(換羽)


Q32.ハネジロペンギンもコガタメンギンの一種と考え、「ペンギンは17種類」とする考え方と、別々に考えて18種類とする考えがあるようですが、どうしてでしょう?また、ハネジロペンギンとコガタペンギンの違いについて、サイズや色以外に何かあるのでしょうか?
鵜飼裕司さんからの質問 http://fox.opt.tokushima-u.ac.jp/ukai/penguin/ )

A.ハネジロペンギンはコガタペンギンの亜種とされています。身体上での違いは、ハネジロペンギンはその名前のとうり、フリッパーの縁が白いこと(コガタペンギンのフリッパーは全て黒)、そしてハネジロペンギンはコガタペンギンに比べて大きい(ハネジロペンギン=約1.5kg,コガタペンギン=約1kg)ということですが、生態はほとんど(全く)同じために”同一”と考えることが多いようです。
以上は文献等による解説ですが、以下は私が考えた推論です。
コガタペンギンはオーストラリアの南部海岸周辺,タスマニア島,ニュージーランドの北島と南島,チャタム諸島に分布しているのに対し、ハネジロペンギンはニュージーランド南島のバンクス半島という限られた地域に分布しています。ペンギンは自分の生まれたところで産卵を繰り返すので、この地域に分布していたコガタペンギンだけが、独立した進化を遂げていると考えます。だから、ハネジロペンギンのフリッパーの白い縁どりは、種の分化に伴って近隣に分布する近縁種(この場合はコガタペンギン)との識別のために、進化してきた”形”と思います。(他種のペンギンの頭部の斑紋や飾り羽も、識別のために進化してきたもの)


Q33.ニュージーランドの海岸では野生のペンギンが見られるというのは本当ですか?来年ニュージーランドに渡る予定なのですが、どこにいけば見られるのでしょうか?(CHIEさんからの質問http://www.boxnet.ne.jp/penguin/

A.ニュージーランド(本土)で比較的容易に逢うことが出来るペンギンは、オタゴ半島のキガシラペンギン(ダニーデンからツアーがあります)と、ダウトフルサウンドのフィヨルドランドペンギンでしょう。また、ニュージーランドにしか生息していないハネジロペンギンは、ニュージーランド南島のバンクス半島に分布しています。

(オアマルにあるブルーペンギン(コガタペンギン)コロニーというところで、入場料(多分大人NZ$8)を払って見ることができます。しかもそこに入らなくてもその付近に上陸するブルーを見れるかもしれません。そこに立ててある交通標識には黄色に黒でペンギンの絵が描いてあります。意味は「ペンギン飛び出しにつき注意」ということです。)
NZ在住のまつおさん(http://www.alles.or.jp/~mmatsuo/)から情報をいただきました。(感謝!)

 以外と知られていないようですが、生息するペンギンの種類がもっとも多いのはニュージーランド(オーストラリア領のマックウォーリー島を含んで)なのです。「キングペンギン」,「ジェンツーペンギン」,「フィヨルドランドペンギン」,「スネアーズペンギン」,「シュレーターペンギン」,「イワトビペンギン」,「ロイヤルペンギン」,「キガシラペンギン」,「コガタペンギン」,「ハネジロペンギン」の、5属10種類もです。ただ、ほとんどのペンギンたちは南方の島々や、無人島などの人間がなかなか行けないところにすんでいます。


Q34.日本で、イワトビペンギンに会うことのできる場所はありますか?もし、あるのなら、是非教えて下さい。(みきさんからの質問)

A.イワトビペンギンには、日本のほとんどの水族館や動物園で逢うことが出来ます。ここで全てをお知らせできませんが、東京地区でも「サンシャイン国際水族館」,「しながわ水族館」などなど...もし、みきさんのお住まいの地域を教えていただければ、その地域で逢える場所をお教えできます。


Q35.ペンギンは家で飼えますか?(”守くん”からの質問) /ペンギンを日本で個人が飼うことはできますか。どういう手続きを経るのですか。売っている業者がありますか。飼育方法は?(奥川信貴さんからの質問)

A.”Q25”でもお答えしましたが、個人でペットとしてペンギンを飼うことには問題はありませんし、マゼランペンギンでしたらペットショップで探してくれると思います。飼育方法ですが、野生のペンギンは新鮮な魚や、オキアミ(プランクトン)等を食べるので食費は大変ですね。それからストレスを貯めさせないためには、いつでも自由に泳げるプールが必要だと思います。もし、本気でペンギンを飼ってみたいのでしたら、水族館や動物園に行ってペンギンの飼育係の方と相談されるのが一番だと思います。


Q36.ペンギンの中で一番大きい種類はなんですか?また、その大きさは何メートルくらいになるのでしょうか?昔テレビでコウテイペンギンは2メートル以上になる、と聞いたような気がするのですが、本当でしょうか・・・?(みゆきさんからの質問)

A.現存するペンギンの中で、一番大きな種類はエンペラーペンギンです。体長は約100〜130cm,体重は約30〜40kgです。絶滅したペンギンの中には、南極のSeymour Islandで体長約170cmのペンギンの化石が見つかっています。残念ながら、体長が2mを越すペンギンはいないようです。


Q37.自分の巣から遠いところまで餌を獲りに行く自然のペンギンくんたちはおうちへ帰る方角がどうして分かるのですか?(ペン太くんからの質問http://www.beats.co.jp/~penta

A.ペンギンたちは地上では近眼のために、目標物を識別することが出来ません。ある学者たちが、数羽のアデリーペンギンたちを捕まえてペンギンたちのルッカリー(住んでいるところ)から1500kmも離れたところに放して観察しました。そうすると、晴れている時にはペンギンたちは比較的正確に自分のルッカリーの方角へ進むのですが、曇りや嵐の時にはその場所を動こうとはしなかったのです。つまり、ペンギンたちは多くの動物と同じように太陽の向きによって、自分の位置を把握することがわかったのです。そして太陽の位置とその時の時間の関係は、体内時計によって補正している事がわかりました。


Q38.ペンギンという名前の由来、意味はあるのでしょうか?(Opaさんからの質問)

A.ペンギンという名前の由来には色々な説があるのですが、”ヨーロッパの人たちが北大西洋に生息していた”オオウミガラス”というペンギンに似た空を飛ぶことが出来なくて、潜水性の海鳥に付けていた名前が、今のペンギン類に当てはまられた。”という説が有力なようです。意味(=語源)は、ラテン語やスペイン語の「太っている」という意味が語源と考えられています。


Q39.随分昔のテレビで、ペンギンの夫婦の絆の強さみたいな事を言っていました。ペンギンは一夫一婦制なんですか?ペンギンを違う群に放したとしても、新しい伴侶を見つけたりしないのでしょうか。(水玉あざらしさんからの質問)

A.ペンギンは一夫一婦制の動物です。毎年営巣地へ戻ってきてもほとんどの場合、きまった相手と生活をします。但し、最近の研究で”浮気”をする事もあるようで、相手がいない間に隣のペンギンと交尾を交わす事があるというのが確認されています。大自然の中で生活しているわけですから、不慮の事故によって相手を失った場合、新しい相手を見つけることがあるようです。


Q40.ペンギンは淡水中でも生きられるのでしょうか? 無理だとしたらその理由は何?(松本満男さんからの質問)

A.ペンギンは、鳥類なので淡水中でも大丈夫です。でも、ペンギンは普通塩水(海水)中を泳ぎ回るため、自分でおなかの中に石ころを飲み込みます。これは、塩水ではからだが浮きやすくなるために、重りを食べてバランスをとっているものと考えられます。だから、普段海中を泳ぎ回っているペンギンが淡水で泳ぐと、バランスがとれない可能性がありますね。


Q41.ペンギンの耳は何処にあるのでしょうか?(元石 衣美&梨沙さんからの質問)

A.ペンギンの頭は羽毛で覆われているため外観からはわかりませんが、目の横=人間とほぼ同じ位置に耳があります。


Q42.ペンギンはどうやって寝るのですか?(タムラコウスケさんからの質問)

A.ペンギンは他の動物と同じように、何時間もぐっすりと眠ることはありません。浅い眠りを何度も繰り返すだけですが、それでも夜の方が比較的寝る時間は長いようです。眠っているときの格好は、マゼランペンギンのように地面に巣穴を掘るような種類の場合、おなかを地面につけて、そのほかの地上に巣を作っているペンギンたちのほとんどは、巣が小さいために立ったまま(本当は足を曲げて座っているのですが)寝ます。


Q43.ぺんぎんもにんげんと、おなじでないぞうなどがあるんですか?(morinositaさんからの質問)

A.ペンギンは鳥類なので、肝臓や胃などの内蔵があります。


Q44.ペンギンの色は、なぜ黒と白なんですか?(新宅 龍二さんからの質問)

A.いろいろな”説”はあるようですが、最近の研究で最も有力なのがペンギンたちの餌である”魚の感覚を混乱させる”ということです。大抵のペンギンはお腹が白,背中が黒ですが、ペンギンを横から見るとパトカーのようなツートーンカラーです。この白と黒が、魚の感覚を狂わせて混乱している間に食べるという効果があるようです。


Q45.ペンギンは、環境破壊によって、どんな被害にあっているのですか?(中学生さんからの質問)

A.最近の調査では、北極圏のシロクマや南極のペンギンの体内から、DDTやPCBという有害な毒が検出されたという報告があります。これは子供の奇形や、突然変異などこの先ずっと子孫にも影響を与えるでしょう。そのほかにはオゾン層の破壊によって、南極大陸の上空にすっぽりとオゾンホールができてしまいました。これによって紫外線が大量にそそぎ込み、ペンギンをはじめとする動物には”ガン”や”目の病気”などが懸念されます。その他には観光や基地によるゴミの問題や、船が垂れ流す廃油など....。我々人間の文明の発達によって、世界中の動物や自然が破壊されているのです。


Q46.ペンギンでも寒さを感じる事があるんですか?(貴至さんからの質問)

A.ペンギンたちの皮膚の下には、厚い脂肪の層があり寒さから守っています。南極大陸で繁殖するアデリーペンギンやエンペラーペンギンの雛たちは、”ハドル”と呼ばれる”おしくらまんじゅう”をして、体温の低下を防いでいます。


Q47.ペンギンは、なぜ北極にいないで、南極にいるの?「温度はいっしょなのに。」(森の下さんからの質問)

A.Q11で説明しているとおり、ペンギンは今から約5,300万年前に、南半球のニュージーランドで誕生しました。その後南極大陸の周りに偏西風(地球の自転によって地球を東回りに周る風)の影響による、「偏西風流」という”海流”にのって南極大陸や南アメリカ大陸などへ分かれていったわけです。つまり、ペンギンの誕生が南半球であったために、南にいるのです。


Q48.南極の最高気温と最低気温そして平均気温をおしえてください。(森の下さんからの質問)

A.南極大陸はとても大きいので、地域差というのはありますが、南極点では最高気温が約−15度C,年平均気温が約−50度C,最低気温は約−60度Cです。南極での最低気温は、1983.7.22に、ロシアのボストーク基地でで−88.3度Cというのが記録されています。


Q49.ペンギンはうみの中をどのくらいのはやさでおよげるのですか?(昨年もたくさんの質問をいただいた、有明東小学校2年生のみなさんからの質問)

A.水中で魚を捕ったり、遊んでいるときには時速5〜10km/hくらい。アザラシやシャチに追われて逃げるときには、時速15km/h以上で泳ぎます。


Q50.ペンギンはどうしてさむいところでもだいじょうぶなのですか?有明東小学校2年生のみなさんからの質問)

A.ペンギンの体には、1平方センチメートルに小さな羽毛が10枚という密度で生えています。その羽毛は隙間がなく生えているため、どんなに外が寒くても皮膚の温度は32℃に保たれています。そして皮膚の下にはたっぷりと分厚い脂肪の層があるので、体の内部は38℃に保たれています。それでもブリザードが吹き付けるような寒いときには、(エンペラーペンギンやアデリーペンギンの雛等)お互いの体を寄せ集めて体温を維持します。


Q51.エンペラーペンギンを、南極で生で見ることが私の夢のひとつなのですが、どうすればできますか。また、エンペラーペンギンの羽根のパンチで人間の腕の骨ぐらいは折れると聞いたことがあるのですが本当ですか?(竹村茂行さんからの質問)

A.エンペラーペンギンには、観光ツアーに参加することによって逢うことができます。参考として”ペンギンたちに逢いに行く方法”を参照してみて下さい。エンペラーペンギンのフリッパー(羽根)の力については、時には深度100mほどのところで時速15km/hで泳ぐのですから、そうとうの力があります。私も”人間の腕を折った....”という話を聞いたことがありますが、この話が本当かどうかはわかりませんが、それほどの力があることは確かです。


Q52.大昔にとっても大きいペンギン!そのなもビックペンギンというなまえのぺんぎんがいたと聞いたことがあるんですがほんとうですか?(遠藤頌子さんからの質問)

A.今から約4,000〜5,000年前の地層から、ジャイアントペンギンという体長約170cmのペンギンの化石が見つかっています。エンペラーペンギンが約130cmですから、その大きさはその名のとおり”ジャイアント”ですね。このペンギンの化石は、ニュージーランドのオタゴ博物館に展示されています。


Q53.アデリーペンギンの赤ちゃんは群れを作っていると、何故オオトウゾクカモメにねらわれないのですか?(佐藤裕門さんからの質問)

A.ペンギンを襲うオオトウゾクカモメは巣に独りぼっちのペンギンの子供や、親が目を離してしまったすきに襲います。子供に餌を与えるために両親とも餌を採りに行く間、”クレイシ”という赤ちゃんの群(保育園)に子供をあずけていくのです。その間、クレイシを守る”子供のいない何匹かの大人のペンギン”が、オオトウゾクカモメからこどもたちを守ってくれます。その他に、たくさんの集団でいることによって、オオトウゾクカモメたちが精神的に威圧を受けて、近づけないという効果もあります。
ジェンツーペンギンのクレイシ

”ジェンツーペンギン”,”アゴヒモペンギン”,”マカロニペンギン”などは、写真のように小さなクレイシを作ります。

Q54.昔、「のとじま水族館」というところで、マゼランペンギンを見ました。その時、1羽だけ毛ヅヤが悪くて、白黒の模様が薄れかけているペンギンがいました。「ペンギンも老化現象があるのかな?」と思ったのですが、実際ペンギンはおじいさん、おばあさんになるとどうなるのでしょうか?(江口彩子さんからの質問)

A.まず、”毛づやが悪くて模様が薄れかかっている”というのには、”換羽(かんう)”の可能性もあります。ペンギンは毎年繁殖後に2〜4週間という期間で、古い羽根から新しい羽根に生え替わらせる。これを”換羽(かんう)”といいます。また、「ペンギンが歳をとると...」ですが、犬やねこそして私たち人間などのように、肌や毛づやが悪くなります。野生の動物(ペンギンも)は、老衰で死ぬということはほとんどありません。というのは、体が弱ったりして動きが悪くなると、ほとんどの場合天敵に襲われてしまうのです。


Q55.ペンギンは鳥なのになぜ飛べないのですか?(高橋佳代さんからの質問)

A.Q28にかいてあるように、ペンギンたちの祖先は大昔空をとんでいました。でもペンギンとして空を飛ぶことをやめてしまったのは、ペンギンの祖先が住んでいた場所が、現在のニュージーランドやその周辺の島々で、そこにはペンギンたちを襲う動物たちがいなかったので空へ逃げる必要もなく、食べ物も他の動物たちがいないので空を飛んでさがす必要がなかったのです。そのため使われなくなった翼はどんどん小さくなって、えさのたくさんある海の中で自由に泳げるようなフリッパーに変化したのです。


Q56.ペンギンの卵は平均直径何センチメートルあるのですか?(大野見小学校  古谷拓巳さんからの質問)

A.”Q16.ペンギンは卵をなん個ぐらい産むのですか?”を参照してみて下さい。卵の長径(たまごは楕円形なので、長い方の直径)を更新しました。


Q57.ひなは、敵が来たらどうしうて分かるのですか?(遠阪小2年 かずや ちかさんからの質問)

A.ひなは、自分の親とちがう”かたち”(からだ)を目で見たり、親と違うにおいを鼻でかいだり、オオトオソクカモメなどの羽ばたく音や、親とちがう鳴き声をするものを耳できいて、親以外の(外敵)を判断します。


Q58.絶滅しかかっているペンギンは、いるのでしょうか?(半田小6年3組の方からの質問)

A.昔は人間が”ペンギンオイル”というあぶらを採るためにキングペンギン等を大量に殺していたために、ペンギンたちの数がへったこともありましたが、ペンギンの保護をし続けることによって、絶滅をしたペンギンはいませんでした。最近では、タンカーからの重油の流出という海洋汚染の影響で、南アフリカに繁殖するケープペンギンたちが大量に死んでとても深刻になっています。また、エルニーニョの影響でペンギンたちの餌が減って、ガラパゴスペンギンやフンボルトペンギンたちの数が減ったことがありますが、今現在絶滅という危機があるペンギンはいないようです。でも、わたしたち人間がこれから今まで以上に地球の自然を守っていかなければ、絶滅する動物がどんどん増えてしまうでしょう。


Q59.先日テレビで、ペンギンが氷のうえで押し合いへし合いして海におとしあっていました。この理由のひとつとして水中にペンギンを食べる生き物がいて全員が落ちるよりはだれかをおとしたほうがいい、といった説明でした。うろ覚えでよくおもいだせないのですがそのときなんとなく疑問に感じた次第です実際のところどうなのでしょうか?(くぼまさおさんからの質問)

A.波打ち際や、浮氷の上でたくさんのペンギンたちがおしくらまんじゅうのようにしている時に、後ろの方にはたくさんのペンギンたちが海に入りたくてどんどんと押してきます。そうすると一番前のペンギンはバランスを崩して海に落ちます。そのときに、もし何事もなければ後ろから次々と海に入りますが、もしヒョウアザラシやシャチが最初のペンギンを襲えば、後ろのペンギンたちは一斉に逃げ出します。南極圏で繁殖するペンギンたちはこうすることによって、高い生存性を得ています。


Q60.求愛のポーズはどんなのですか?(野中小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.ペンギンのオスが気に入った繁殖の相手を見つけたときに、メスペンギンの気を引くためにするのが求愛のポーズ(恍惚のディスプレイ)です。ペンギンの種類によって少しの違いがありますが、まず顔を空に向かって真上を見て、背伸びをするように体をのばして、フリッパーを広げます。そしてラッパのような鳴き声でクァークァーと鳴きます。


Q61.泳ぐ練習や氷の上を滑る練習はするのですか? またするのなら、生まれてからどれくらい後ですか?(野中小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.ペンギンの毛は、寒さからの保護,皮膚の保護などがあります。防水処理された羽毛は、泳ぐときや氷の上をすべるときに身体に直接海水や氷の冷たさが伝わらないようにしています。ですから、泳ぐ事や氷の上を滑れるようになるには大人の毛に生え替わらなければならないのです。アデリーペンギンの場合、ふ化後14〜16ヶ月で羽根が大人の毛に生え替わるので、そうするとひなは親から何も教わらなくても水に入ってえさをとるようになります。


Q62.ひなの大きさはどれくらいですか?(野中小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.ひなの大きさは、ペンギンの種類によっても違いますし、大人の羽根に生え替われまでがひなということになれば、そのときにはほとんど親と同じ体長になってしまうので表すことができません。


Q63.トイレはどこでするのですか? 卵をあたためている時は我慢するのですか?(野中小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.右の写真を見て下さい。巣の周りに放射状(日時計のように)にピンク(白)の線が見えますね。これはペンギンのうんちです。ペンギンは自分の巣で卵やひなを抱えているときでも、お尻をチョコンと持ち上げて、巣の外に向かってピューっとうんちを外にとばすのです。だから、おとなりの巣が近い場合にはおとなりさんにうんちがかかってしまうこともあるんです。
ジェンツーペンギンの巣と、日時計のようなうんちの跡

Q64.アデリーペンギンのクレイシを守るのは、「子どものいない大人のペンギン」ということですが,繁殖のために南極大陸に帰ってきたペンギンたちなのに,「子どもがいないペンギン」がいるのはどうしてですか。人間と同じで、よい相手にめぐり合えないペンギンもいるということですか?(加藤りつさんからの質問)

A.アデリーペンギンはほとんどの場合、昨年と同じカップルで昨年と同じ巣で生活をするのですが、どちらか一方の相手がシャチやアザラシに襲われてしまったりした場合や、繁殖の相手が見つからなかった場合,そして卵やひなをオオトオゾクカモメなどに襲われてしまった場合などの、子供がいない大人のペンギンがクレイシの保母(保父)さんになるといわれています。


Q65.国語の教科書を読むと、アデリーペンギンは夏になると子育てを始めますと書いてありました。私は12月、冬に生まれました。人間は春でも夏でも秋でも冬でも生まれてきます。ペンギンは、夏にしかたまごを生まないのですか?それは、どうしてですか?(くの はるよさんからの質問)

A.エンペラーペンギンを除いた、南極周辺の冬になるととてもとても寒くなる地域で繁殖するペンギンたちや、寒い地域で繁殖する多くの野生動物たちは、夏になると子育てをします。アデリーペンギンの場合、真冬の南極ではまわりの海が凍ってしまい、ひなの餌を採りに行くのに何日も歩かなくては行けないし、ブリザードによってひなが危険にさらされたりして、安全に子育てができなくなります。だから、アデリーペンギンは南極で一番暖かくて,地面がでている地域で子供を育てます。ちなみに、一年中暖かい地域のペンギン(ガラパゴスペンギンなど)は、いつでもたまごを生みます。


Q66.妊娠しているメスも、おなかで滑って大丈夫なのでしょうか?(川津小学校2年3組のみなさんからの質問)

A.ペンギンも動物ですから、お腹の中に大事なたまごがあれば気を付けているのだと思います。お腹で氷の上を滑っていても、目の前にゴツゴツとしたこぶがあれば、それを避けたり立ち上がったり、たまごが生まれる時期が近くなったら自分の行動に無理をしなくなると思いますよ。


Q67.アデリーペンギンは、2個しかたまごを生まないのですか?(川津小学校2年3組のみなさんからの質問)

A.アデリーペンギンは2個のたまごを生みます。もし、3個たまごを生んでしまったら、2ひきのひなに与えるえさをとるだけで大変なのに、もっと大変になってしまいます。そしてもし、1個しかたまごを生まなかった場合、オオトオゾクカモメなどにひなが襲われてしまった場合、自分の子孫を残せなくなってしまいますね。エンペラーペンギンとキングペンギンは1個しかたまごを生みませんが、親の体の大きいために、ひなが大きくなったとき、2ひきではえさや世話が大変なのでしょう。


Q68.オスは、何も食べずにいて、どうして10日間も平気なのですか?(川津小学校2年3組のみなさんからの質問)

A.絶食=何も食べない期間,は、たまごを温めているときや、ひなを育てている抱卵(ほうらん),育雛(いくすう)と、古い羽根が生え替わる換羽(かんう)の時期があります。アデリーペンギンの場合、抱卵期でオスは約1ヶ月,メスは約20日,育雛期でオスは約30日の間絶食します。換羽期は、オスもメスも15〜30日間絶食します。何も食べない間のエネルギーは、自分の体にある脂肪やタンパク質を消化しています。そして絶食中はなるべくからだを動かさないようにして、無駄なエネルギーを使わないようにします。


Q69.ひなたちはせっかく群れを作っているのに、親鳥がえさを持って帰ってきて雛を呼んだら、群れがばらばらになると思いますが、オオトウゾクカモメにおそわれたりしないのですか?(川津小学校2年3組のみなさんからの質問)

A.海からえさをとってきた親は、十分に周りを注意してオオトオゾクカモメやあざらしが近くにいないことを確認して、群が近くなったところでひなを呼ぶので大丈夫です。でも、ひながオオトオゾクカモメなどから襲われる確率が高いのもこの瞬間なので、親はとても注意します。


Q70.アデリーペンギンはどうして小石を集めて巣を作るのですか?穴を掘ったり雪でかためたりはできないのですか?(野中小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.アデリーペンギンは、南極の夏に雪がとけて地面が見えるところに巣を作ります。こういう場所はとても暖かくて、子育てに適しているのですが、そこは大昔氷河が流れていた場所で、とがったゴツゴツとした小さい岩がたくさんあって、地面がとても固いのです。だから、地面を掘ったりできないし、雪がないので雪を使うことが出来ないのです。
南極半島の夏に子育てをするアデリーペンギンと巣

Q71.ペンギンにもなきごえはあるの?(カオリさんからの質問)

A.ペンギンは、夫婦や子供を確かめるのにお互いに”声”で確認します。その他にも求愛するときや敵を威嚇(いかく)するとき等に鳴きますが、声はカモメの声を太くしたような感じです。アデリーペンギンの声とエンペラーペンギンの声ををダウンロードして聞いてみて下さい。

アデリーペンギンの声”(WaveFile 249KB)
エンペラーペンギンの声”(WaveFile 285KB)

Q72.どうして2月になるとアデリーペンギンは沖に行くんですか?沖に泳いでいったアデリーペンギンは沖でなにをしているんですか?(西小林小学校2年1組のみなさんからの質問)

A.毎年アデリーペンギンは、南極の夏になると南極大陸や周辺の島でたまごを産んで子育てをします。そしてひなが大きくなる頃になると、南極周辺が冬になって海がどんどん凍ってしまうのです。アデリーペンギンが繁殖している海岸もどんどんと凍ってしまい、そうすると海でえさをとるアデリーペンギンたちは海が凍っていない場所まで歩いて行かなくてはならなくなります。その距離は200kmにもなってしまうので大変です。だから、海が凍り始めるとどんどん海へ海へと移動して、ほとんどの場合冬の間は氷の上で生活します。
今現在、アデリーペンギンの冬の間の行動はまだわかっていないことばかりなのです。


Q73.アデリーペンギンは一生の内に何回卵を生むんですか?(西小林小学校2年1組のみなさんからの質問)

A.アデリーペンギンは長生きをするものでだいたい20年生きます。子供を作れるようになるのがオスが4歳,メスが3歳です。そしてアデリーペンギンは毎年1度卵を生むことから、長生きするアデリーペンギンは一生のうちに15回の産卵をするのだと思います。


Q74.オオトウゾクカモメはどうしてアデリーペンギンのひなをねらうんですか?(西小林小学校2年1組のみなさんからの質問)

A.たとえば、私たちも子犬はかわいくて抱きかかえるのになんの不安もないですが、これが大きな人間ほどの大きさの大人の犬であれば、「噛まれるかも...」とか「吠えられるかも...」と不安になることがあると思います。きっとオオトオゾクカモメも同じで、アデリーペンギンのひなは自分よりも小さいから不安もなく攻撃してきますが、大人のアデリーペンギンはオオトオゾクカモメよりも体は大きく、くちばしでつつかれたり追いかけられる不安もあって、「もしかしたら自分が襲われるかも...」という気持ちになるのでしょう。


Q75.アデリーペンギンは海に飛び込むとき怖くないんですか?(西小林小学校2年1組のみなさんからの質問)

A.私たちも、動物たちも”感覚”というものを持っています。アデリーペンギンも普段は1m〜3mほどの高さの氷山のふちなどから飛び込んでいますが、これが5mとか10mというとんでもない高さになれば、怖くて飛び込まないと思います。みなさんも、3段くらいの跳び箱なら跳べても、10段の跳び箱は「跳べない...」って思うでしょう?


Q76.アデリーペンギンの雛は餌をもらうとき、どうして親鳥の声を覚えていられるのですか?(伊達町立東小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.”Q20”を参考にして下さい。


Q77.なぜ、親鳥がえさをあげるとき、群れから離れてあげるのですか?(神戸小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.クレイシ(群れ)の外からひなを呼ぶことによって、たくさんのひなたちの中から自分のひなだけがでてきてくれます。もし、たくさんの親たちががクレイシ(ひなの群)の中に入っていってひなを呼んだとしても、群にはたくさんのひながいてみんながおたがいに鳴いているので、自分のひなを見つけるのに苦労してしまいますね。それに、クレイシのひなたちはみんなお腹を空かしているので、ちがうひなにえさを横取りされてしまう可能性もあります。


Q78.ペンギンはどうして巣から一度落ちた卵を二度とあたためないのですか?卵が冷えてしまうからですか?(伊達町立東小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.1つはみなさんが思っているように、わずかな時間でも外の冷たい空気や、冷たい地面に転がってしまった卵はすぐに死んでしまうということと、ペンギンの巣の中はひかくてき平らで卵をころがすのも簡単ですが、一度外に出てしまうと周りの地面にはごつごつとした石があったり、でこぼこした地面があるので巣の中に卵を戻すのは無理なのです。


Q79.雄が卵をあたためている間に、雌が巣に戻ってこれなくなったら、何も食べない雄はどうなってしまうのですか?(伊達町立東小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.雄の場合も雌の場合も同じで、卵をあたためている場合とひなを育てている場合も同じ事が言えるのですが、えさをとりにいった相手が戻ってこない間、巣で待っている親は自分の中の栄養分で生きていますが、自分のからだに限界を感じると、卵やひなをその場に置き去りにして自分はえさを食べに海へと行ってしまします。巣に残された卵はすぐに冷えて死んでしまいますし、ひなは外敵に襲われるか、飢えて死んでしまいます。置き去りにした親ペンギンは自分が生きていればまた来年繁殖をおこなえますが、自分がこのまま飢えて死んでしまったら、いずれにしろ卵やひなも死んでしまうのです。


Q80.アデリーペンギンのひなは、どうやって卵から出てくるのですか?親鳥が助けるのですか?また、卵から出るのにどのくらいの時間がかかりますか?(伊達町立東小学校2年2組のみなさんからの質問)

A.卵から出てくることを孵化(ふか)といいますが、ほとんどの場合自分のくちばしを使って少しずつからを破って出てきます。ゆっくりとゆっくりと、だいたい20〜24時間という長い時間をかけて、やっと外に出てくるのです。キングペンギンやエンペラーペンギンなどの大きなペンギンの孵化は2〜3日もかかります。


Q81.ペンギンが一回に生む卵の数は1個か2個のようですが、大人のペンギンにまで成長する確率は、どのくらいなのでしょうか?(伊東さんからの質問)

A.ペンギンはエンペラーペンギンとキングペンギンなどの、大きな種類では通常1個、その他のペンギンは通常2個を産み落とします。ほとんどのペンギンは実際に育つ(巣立ち)ひなの数は、つがいあたり0.5〜1.0羽です。卵1つに換算すると0.25〜0.5羽よりも、低い値となります。繁殖率は、1個しか産まないエンペラーペンギン属(エンペラーペンギン・キングペンギン)で最高であり、平均で0.6〜0.8羽となるようです。但し、繁殖率は生物的要因(食物の量)や非生物的要因(結氷条件・降水量等)などによって、かなり変化があるらしいですが、ペンギンの長期間にわたる研究が少ないために、具体的な数字はでないようです。成鳥に至っては、多くの種で年間生存率は85〜95%です。


Q82.ロイヤルペンギンは1回の繁殖シーズンに2つの卵を産むが,先に産んだ卵を親自ら巣から蹴り出して放棄してしまう行動が多々見られると聞きますが、それはなぜなのでしょうか?(井上さんからの質問)

A.これは、ペンギンの研究の中で、未だに不明な行動です。いままでにわかっていることは、最初に産んだ卵をほとんどの場合メスが蹴り出すことです。この行動は、マカロニペンギン属の中でロイヤルペンギンとシュレーターペンギンが主です。


Q83.ぺんぎんは、人間の言葉は解るんですか?(井上裕介さんからの質問)

A.動物園や水族館のショーに出演している動物たちはたくさん訓練をして、人間の言葉に反応するようになります。ペンギンもきっと訓練すれば、人間の言葉をわかるかもしれませんね。


Q84.以前、TV番組で見たのですがかなり昔に2m50cm位の大きいペンギンが、居たそうです。まわりの人に言っても頭が固いせいか、しんようしていません。ぜひ回答御願いします。(ペンギン好き好き!!さんからの質問)

A.大昔に身長170cmのペンギンの化石が見つかっている、”ジャイアントペンギン”のことではないでしょうか?詳しくは、Q52を参考にしてみて下さい。


Q85.ペンギンはあついところに住んでいても大丈夫なのですか?(かたやまはるきさんからの質問)

A.ペンギンも、種類によって生活している地域がちがいます。ガラパゴスペンギンは、赤道(せきどう)という、とてもあつい地域に住んでいますし、その他にも真夏に30℃を越える地域に住むペンギンもいます。日本の動物園でも、真夏にペンギンが元気に泳いでいるところをみれますね。


Q86.ペンギンの飼育係になる方法を教えてください(かくべどんさんからの質問)

A.一番確実なのは、獣医学を学び就職することだと思います。それから一番大切なことは、動物を愛する気持ちと、目標に向かう気持ちです!!


Q87.ペンギンの言葉はあるのですか(渋谷愛歌さんからの質問)

A.私たち人間のようには言葉は多くないですが、危険を仲間に知らせたり、怒ったり、家族との挨拶などのペンギン語があるようです。ペンギンに限らず、犬や猫,そしてそのほかの動物たちは、みんなそういう言葉をもっています。


Q88.ペンギンの化石を見たいのですが、どこへ行けばいいでしょうか。(加奈さんからの質問)

A.東京近郊では、国立科学博物館などにはエンペラーペンギンやアデリーペンギンの剥製が展示してありますが、化石となると今は存在しない大昔のペンギンの化石(エンペラーペンギンよりも大きいペンギン)は、ニュージーランドから発掘されたものが、ニュージーランドのオタゴ博物館に展示されています。残念ながら、日本では展示していないようです。


Q89.「ペンギンミルク」を雛に与えても、胃潰瘍にはならないのですか?(湯浅 毅さんからの質問)

A.人間も胃の中には胃液がありますが、自分の胃液で自分の胃を溶かすことはありませんよね。それと同じように、ペンギンの親が子供にペンギンミルクを与えても、大丈夫なのです。


Q90.ニュージーランドに住むフィヨルドランドペンギンは、森の中に巣をつくると聞きましたが、その変わった生態についてもっと詳しく知りたいです。また、日本でも見ることができますか?(ながたあきらさんからの質問)

A.調査中


Q91.ペンギンの種類ごとの個体数を教えて下さい。特に、年々減少している種はあるのですか?(たかふみさんからの質問)

A.「Q16.ペンギンは卵をなん個ぐらい産むのですか?」に個体数及びつがい数を掲載しましたが、ペンギンの個体数についてはエルニーニョなどの、その時の気象状況や環境汚染などの影響でかなり変わってきます。また、調査も完全ではないので、”おおよそ”という数字です。


Q92.動物園のペンギンは、換羽期にはどのような行動をとるのですか?ペンギンの飼育で、換羽期に注意することはありますか?(サムさんからの質問)

A.ほとんどの動物園の場合、ペンギンの換羽期には見学者の目に付かない奥の部屋で、じっとしてなにもしません。これは、野生のペンギンも同じですが、換羽期には水の中に入るのは身体を冷やしてしまい、命に危険が伴うので、安易に水をかけないようにしたり、ストレスを与えないように注意をする必要があります。


Q93.はじめまして。突然ですが、どうしてもペンギンを飼育したいのです。どんな種類なら可能なのか、どこへいけばよいのか、何でも結構ですので教えて下さい。宜しくお願いします。(ゆうさんからの質問)

A.ペンギンを家で飼うと言うことでしょうか?日本の環境でしたらキングペンギンとか、マゼランペンギンとか...ペットショップで売られている場合もありますが、個人的には仲間たちと一緒に、広い海で生きてもらいたいです。


Q94.ペンギンの体脂肪率は?ペンギンって鳥類の中ではかなりおでぶさんですよね。飛ばずに、泳ぐ生活をしているとか、南極周辺に生息していることなんかを考えると、当然ですけど・・・。南極に住む種類、南アメリカ・アフリカに住む種類などで脂肪の付き方とか違ってくるのでしょうか?(Riuさんからの質問)

A.人間も同じですが、寒い地域に分布するペンギンや他の動物たちは、寒さに耐えるために他の地域に生息する種類に比べて、厚い脂肪がついています。


Q95.ペンギンの卵の中はどうなっているんですか(前田 百合恵さんからの質問)

A.にわとりのたまごと同じです。


Q96.日本でペンギンを入手できるのでしょうか?近所の漁師の人から聞いたのですが(私が住んでる所は遠洋漁業が盛んでした)、「昔ケープタウン帰りの船がペンギンを持ってきて、近所の魚屋さんにあずけていた」と言っていました。今現在ペンギンはワシントン条約等で規制されているのでしょうか?(ngssekiさんからの質問)

A.今でもたまにあるという噂を聞いたことがありますが、はっきり言って密漁です。海外から動物を日本国内に入れる場合は、法律に基づいた手続きが必要になります。


Q97.ペンギンは霜焼けにならないの?(あおPさんからの質問)

A.ペンギンの足には、寒さに対応するために足の先まで身体に流れる温かい血液が循環するように、太い血管が通っているのです。そのため、ペンギンは真冬の海の中でも冷たい氷の上でも霜焼けにはならないのです。


Q98.集団で生活しているペンギンの中で雄の数が異常に増えた場合は、その雄のいくつかが雌になることがあると何かのTVで見たのですが本当でしょうか?(HKさんからの質問)

A.ペンギンのような鳥類の場合、受精をした時点で雄か雌が決まってしまいます。したがって、途中で性が転換することはありません。


Q99.ニュージーランドの紙幣に図柄として登場するのは、きがしらペンギンだけですか?(あでりぃさんからの質問)

A.調査中


Q100.テレビでバーニーのフェアリーペンギン(コガタペンギン)の保護活動の話をみました。バーニーというのはどこの国のどこですか?そこ(バーニー)でペンギンの保護に当たるためにはどのような資格が必要なのでしょうか。(将来そのような職業につきたいとかんがえています。)(あみさんからの質問)

A.私も詳しいことは解りませんが、地域的な保護活動をしている主な場合、特別な資格というのは必要ないと思います。みなさんボランティアで活動していると思います。最近、日本でも少しではありますがやっと”動物との共存”という問題があがってきていますが、今すぐに自分でできることとしては、ホームページで(ペンギン)保護活動を訴えるとか、身の回りでできる事(ゴミの分別=環境汚染回避)等を自分の周りに勧めるというのも、一つの方法じゃないかと思います。


Q101.水族館でペンギンの飼育員になるには、どうしたらいいのですか?(やよぴぃさんからの質問)

A.一番確実なのは、獣医学を学び就職することだと思います。それから一番大切なことは、動物を愛する気持ちと、目標に向かう気持ちです!!


Q102.ぺんぎんさんわ−なにを−たべるんですか−?(まほとみきさんからの質問)

A.ペンギンは、ちいさなおさかなや、エビのようなちいさなどうぶつ(動物プランクトン)を海にもぐってたべます。


Q103.ジャイアントペンギンは、どんな姿をしていたのか見てみたのですが、剥製などは残っているのですか?お写真があれば見せていただけますか?(まきの なおこさんからの質問)

A.Q103について静岡県伊東市の「ペンギン博物館」にジャイアントペンギンの模型や説明等もありますよ。
機会が有れば見学してみて下さい。
住所静岡県伊東市富戸字街道下1029ー64
電話0557ー51ー8800
交通伊豆急城ケ崎海岸より徒歩10分

福本敏文さんから情報を頂きました。ありがとうございました!!(AKiya TAMBA)


Q104.ペンギンが伴侶を選ぶ時の条件は何でしょうか?雌や雄の一方が極端に歳上という年の差カップルも存在するんでしょうか?また親鳥は、一度巣立った雛が成鳥となってルッカリーに帰ってきて再会した時、自らの子供だと判別しているのでしょうか?一度に2羽生まれる種の場合、兄弟姉妹同士の繁殖は避けれているのでしょうか?亜寒帯で生息する希少種の一部で、個体数の減少により各ルッカリーの距離が離れすぎてルッカリー内での近親相姦がすすみ、繁殖力が低下していると聞いたことがあります。哺乳類は血縁関係について割と把握している様ですが、鳥類であるペンギンはどの程度なのでしょうか?(naomi t. campbellさんからの質問)

A.ペンギンの場合、求愛の方法としては”恍惚のディスプレー”という、自分のフリッパーを広げて甲高く鳴くという行動をします。やはり、野生動物の場合、オスからの求愛が一般的のようですが、その場合、メスはそのオスの鳴き声や行動に魅力を感じるか?というのが大きな条件だと思います。これはペンギンに限らず野生動物ではほとんどそのようです。(そのために、メスよりもオスの方が身体の模様が綺麗な鳥などが多いですね)自分の子供を認識できるか?と言う質問ですが、これは卵の中に雛がいる時から、お互いの鳴き声を覚えているくらいですし、一年後再会するカップルも鳴き声で確認するという事実なので、判別はしていると思います。しかし、野生動物の場合、一度巣立ちをすると、もとに戻ることはないというのは、野生動物の遺伝子の中にそういう情報があるのかもしれません。兄弟同士の繁殖ですが、サルのように群で行動する動物の場合は、ある程度の近親相姦があるのは仕方がないことですが(群外からのオスの進入=ボスざるの交代等があると、外の血が入る)ペンギンの場合は群で行動をしているわけではないので、その危険性は非常に少ないと考えます。


Q105.なぜ、オウトウゾクカモメは、ひなを狙うのですか?アデリーペンギンが子供を産む10月は、日本では秋なのに、南極ではなぜ、春なのですか?(園田ななこ内牧小学校2年のみなさんからの質問)

A.南極地方では寒さが厳しいので、野生動物たちがとっても少ないのです。一番多いのがペンギンたちですが、オオトウゾクカモメも何かを食べなくては生きていけません。ペンギンたちが海の中のオキアミを食べるように、オオトオゾクカモメも自分たちがいちばん襲いやすい動物を食べます。それがペンギンのひななのです。小さなペンギンのひなは、あかちゃんなのでおかあさんやおとおさんに守ってもらわなくてはならないのですが、おとおさんたちがちょっと目をはなしたすきに、おそわれてしまいます。

日本は地球の北側(きたはんきゅう)にありますが、南極は南半球(みなみはんきゅう)にあります。地球は太陽のまわりを一年かかってひとまわりしますが、地球の”じく”が少しだけかたむいているために、夏や冬というきこうが変化するのです。そのかたむきのせいで、地球のまんなかにある赤道(せきどう)地帯をさかいに、私たちのすんでいる北半球と南半球とでは、きせつがちょうどはんたいになるのです。(先生へ:難しい表現で、すみません)


Q106.ペンギンはどの位の時間、海の中にもぐっていられるのですか?よろしくおねがいします。(熊本の長陽小学校のみなさんからの質問)

A.ペンギンのことは、まだまだわからないことが多いですが、現在最大のペンギンであるエンペラーペンギンの場合、深さは約450m,時間は約11分間も水の中で泳ぎ回ることができるということが、わかっています。


Q107.ペンギンのたまごが生まれたとき、たまごを暖めるのはおすです。海へ出かけているめすが帰ってこなかったらオスは何日もなんにも食べずにたまごをあたためることになってしまうんですか。小2 東京書籍教科書に「ペンギンの子育て」が載っています。それを読んでも疑問です。(ほしのたろうさんからの質問)

A.”Q79”にも書いてありますが、なんらかの事故によって相手が戻らなかった場合、つまり自分の空腹(生きるためのエネルギーの限界)に耐えられなくなった時点で、そのときに暖めている卵は放棄されてしまいます。これは、自分が生きていれば翌年にまた繁殖をすることができるという、理由からです。


Q108.アデリーペンギンはどうしてたまごを1こだけじゃなくて、2こ、うむときがあるのですか。3こ、うむときはありませんか。それから、どうしてアデリーペンギンのおすはたまごをあたためるのですか。(岡崎市矢作東小学校2年生びとうひとみさんからの質問)

A.アデリーペンギンのほとんどは、たまごを2つうみます。さて、どうしてだとおもいますか?ペンギンのひなたちはオオトオゾクカモメやほかのどうぶつにおそわれてしまうことがありますね。せっかくいちねんにいちどだけたまごをうんで、こどもをそだてるのに、きけんがいっぱいです。そのために、もしふたつのたまごやひなのうち、ひとつでもおそわれてしまったばあいでも、いちわのひなをそだてることができますね。だから、2つのたまごをうむのだとおもいます。それでは、3つはどうしてうまないのでしょう?それは、もし3わのひながそだったら、そのぶんおとおさんとおかあさんはひなのえさをたくさんとってこなければならないし、たいへんですね。だから、3つたまごをうむことは、あまりないのです。


Q109.ペンギンの親は子どもにどうやって一度おなかにいれたオキアミを食べさせられるのですか?おなかの中に袋があるのですか?(櫛田創さんからの質問)

A.ペンギンの親は、自分自身の胃の中にたくさんオキアミを蓄えて、(食べる)雛には、胃の中から吐き出して半分消化された餌を与えています。


Q110.ペンギンは,食べられないのですか?また、食べたことのある人はいますか?(みけさんからの質問)

A.昔は、南極地方に探検していた人たちや、食べ物に困った時に、ペンギンを食べたそうですが、実際は油分が多くて、あまりおいしくないようです。結果的にはおししくないおかげで、現在人間たちの食料としての乱獲を避けられたことは、良かったと思います。



ペンギンのことについて、質問してみよう!(質問は、このページに追加します。)

お名前:


質問:


e-mail:


ホームページアドレス:
http://www

  ※質問の内容により、こちらからその内容を詳しくお聞きしたい場合があります。なるべくmailアドレスを記入していただければ幸いです。