温COM知新 (おんこむちしん)

Facebookページとの連携のお知らせ
今後、当ページの最新情報などは、以下のFacebookページで紹介してまいります。

  今や Windows開発環境は、新しい .NET Frameworkが拡大しつつあります。   しかし、そのような中でも、DirectX 関連や Windows 7 の新機能など、 今度登場する新しいテクノロジーのいつくかは、従来からある COM に準拠したものです。 今後、.NET 対応アプリケーションを作る人でも、何らかの形でCOMの知識は必要となるでしょう。

  ここでは、普段見落としがちな COM の基本的な仕組みもふまえ、 様々なCOMの情報を集大成していこうと思います。 今のところ、主に中級者の C/C++、C#、VBプログラマーを対象としていますが、 今後は基本的な事項も徐々にまとめようと思います。
* あえて C言語で COMクライアントを作る
 通常、COMクライアントを作成する場合、VBやスクリプト、VC++ のATLなど利用すると、便利な反面、 COMへのアクセス方法の多くをカプセル化してしまうので、COM の仕組みを理解するのが難しくなっています。  ここでは、C言語をあえて使うことで、COMの本質的な構造の理解を目指します。
* あえて C++ で COMクライアントを作る
 VB版 COMコンポーネントにアクセスする C++版のCOMクライアントをできるだけ簡単に作ります。 また、便利なスマートポインタやATLをあえて使わないことで、C++でのCOMアクセス方法の本質を理解します。
* Mein Component Ver.1.0 のダウンロードページ
~ COMクライアントアクセスのモニタリングツール ~
COMクライアントのアクセス状況をCOMインターフェイスのメソッド単位でモニタするツールです。 クライアントの動作検証実行時バインディングや事前バインディングの確認もできます。 また、DLL COMコンポーネントの仕組みを理解する学習材料にもなります。 参考用にソースコードをアップしました。
* あえて C言語で COMコンポーネント (COMサーバー) を作る
COM コンポーネントの基本的な実装方法を理解するために、 最小限の機能を備えた COM コンポーネントを、C言語だけで作成してみした。 ( Visual C++ 2008 Express Edition を C言語コンパイラとして使用しています。 )


* HOMEへ戻る   ここは、やじやじ's Page分室です。やじやじ's Page の HOME にもお立ち寄りくださいませ。
* 独習 Visual Basic 2008 筆者のプログ   このページの筆者は「独習 Visual Basic 2008」(翔泳社刊) の筆者でもあります。よろしければプログもどうぞ。

※免責事項
  このドキュメントは、できるだけ精度が高くなるよう努力はしておりますが、 記述の質や正確さについて保証してはおりません。
  このドキュメントを利用したことによって生じた、直接的または間接的な、いかなる影響や機会損失についても、 筆者および関係者は責任を負いかねます。利用者は自らの責任において、ご利用ください。
※おまけ 泣きにゃんこロゴ...?
  「泣きにゃんこ」は、やじやじ作のフリーウェア「YJ-おみくじ」に登場するキャラクターであり、 このコーナーのシンボルです。
  このロゴは、猫の手も借りたいほど忙しい技術者のあり様を示したものであり、 いざ猫の手を借りたら、猫も猫の手を借りたい状態になった様子を象徴しています。

Copyright(C) Satoshi Yajima