高負彦根神社(ぽんぽん山)看板              高負彦根神社正面

名 称 埼玉県: 高負彦根神社 (ぽんぽん山) 
駐 車 場 約20台位 (神社手前に駐車場があります。)
 案 内   高負彦根神社は和銅三年(710年)に創建された古い神社です。

この、どこにでもありそうな神社の境内の裏には・・・・知る人ぞ知る珍しいスポットが有ります。
なんと!境内の裏山の巨岩付近の地面を強く踏むと「ポン」と音がするのです。

実は、この神社は別名「ポンポン山」と呼ばれるなんとも不可思議な場所なんです。
 なぜ、不思議な音がするかは正確には分かりませんが、強くジャンプして地面に靴が強く
接触したときに、落ち葉が降り積もった空気の層がある土に反響し(太鼓をたたくような感じ?)、
さらに、岩にその音が巨石に反響して聞こえるのかも知れません。(個人的見解ですが・・・)
また、巨岩の以外の場所でも、他の地面と明らかに音が違う場所もあるので、みんなで探して
みたらいかがでしょうか。  

 でも・・・・・               

・音のする場所へ行くには、高さ2メートル位の岩場を降りる必要があるので、足元には十分注
 意して下さい。  特に、女性の方は動きやすい服装をお勧めします。                 
   また、ポンポン山は、厳粛な神社の裏手にあるので、大きな声は慎みましょう。         
 アクセス方法 ドライブルートのコマ地図8番を左折し、しばらく進み、坂を上がった右側に駐車場があ
ります。(看板あり)                               
ここで車を止め、来た方向から見て右側の道を道なりに進むと上の写真の神社に出ます。 
 音のする場所へは、神社の境内を抜け、裏の山を登り反対側へ出て、右方向を見ると下の
写真の岩場があります。                              
ここを降りた岩の前あたり(下の写真(右)の中央付近に見える窪地)が謎のポイントです。 

           

   の場所でジャンプすると「ポンポン」音がします。   高負彦根神社本殿 本殿の裏側の丘が
                                                問題の場所です。