拍手する about::ucho-ten(有頂天) (イヌ)


わたくし“すみけん”の独断と偏見で、愛すべき有頂天を紹介します。
(2005年2月改訂開始。作業停滞中。前の5倍は食べよう。)

・作品紹介

01 ナゴム期02 キャニオン期03 PCM期04 東芝期05 ファンクラブ・その他
06 プレイスタイル論07 著書・チラシその他08 メンバー番外 引用著作権について

2006年8月25日:特別に日清パワーステーションradio on airを公開

・関連

ナゴム関連健康/ナイロン100℃観劇記筋少/バカボン《ナゴム期》全作品紹介


introduction

有頂天メンバー有頂天は、不思議な音楽をやっていた日本のバンド。

自主制作からポップでニューウェーヴでプログレな音楽を発表、一度ポニーキャニオンからデビュー、アルバム3枚制作、もう一度自主制作に戻り2枚のアルバムを発表、今度は東芝EMIから3枚のアルバムをつくって解散。

ポップだけどポップじゃない、ニューウェーヴだけどニューウェーヴじゃない、プログレだけどプログレじゃない、そしてそのすべてが常に混在しているというホントに不思議なポップソングをやっていた。

2重3重の意味で解釈できる歌詞、パートごとに雰囲気を変えるメロディ、ときたま炸裂する変拍子など、いまだに日本人があまりやっていない部分の音楽をポップソングで力強くやっていた。

私のロックじゃない体質を作り上げた張本人が有頂天であり、私の一番太いバックグラウンドである。


リーダーのケラさんについて

ケラ ケラさんは、自主制作《ナゴムレーベル》の主催であり、ナイロン100c(もと劇団健康)の主催者であり、バンド有頂天のリーダーかつヴォーカルであり…という風に、ありとあらゆるクリエイティヴな活動を同時に繰り広げていた。

映画も撮ったし、不思議な絵も描いた。

コメディが好きな人で、その音楽も劇も基本的にひねくれたユーモアセンスにあふれている。だから、ラヴコメなどきちんとしたコメディをやらないものを強烈に嫌った。

やりたくないことをやるのを嫌った。
やりたいことをやらないのを嫌った。

「やりたいことのためにガマンして やりたくないことをやるなら、プラマイゼロじゃないか。そんなのはイヤだ。人生をプラスの札で埋め尽くせ!

激しく同意。プラスマイナスでゼロの人生に何の意味があるんだ!


(電波月) 中学生の頃、ケラさんにあこがれた。ケラさんのマネをした。ケラさんの描く絵を事あるごとに自分も描いた。得意技は、《月》《宇宙から電波で指令を受けて動く、BVDのブリーフをはいた少年》。この《電波月》とリピートする《モヒカン犬》も自作。
モヒカン犬+イカ おさかな BVDのブリーフをはいた少年

いまだに私の基本はケラさんだ。


余談だが、ケラさんの本名は小林一三(かずみ)。1月3日生まれ。

いま(2005年2月)はすっかり演劇の偉い人である。


本Webには、いろんな引用物を含みます。

当然ですが、もともとの著作権は有頂天/ケラら権利者のものです。そして私は無断使用しています。法的にグレーというかアウトかもしれませんが、必要最小限の引用にとどめるので、ぜひ大目に見てください。

なお、画像の一部は自分で撮影しましたが、大半(とくにLP/EP)はYahoo!オークションの出品画像を無断で転用しています。こっちのほうが著作権的にどうなるか分かりませんが、みなさま大目に見てください。

(作品が聴きたいのにどうしても入手できないというかたへ。まずYahoo!オークションをご利用ください。それでも無理なら、私に相談してみてください。)

補足:画像のうち、[孤島の檻][心の旅][べにくじら][テントの外の2つの革命][acid horror][ベジタブル(CD)]はたつろー氏からいただきました。

補足:曲目情報・リリース日は、昔にミミナリ氏と相互交換して補完しました。が、まだヌケはあるようです。



ご意見ご要望及び苦情はE-MAILにて

e-mail to : jy3k-sm#!#!asahi-net.or.jp