ologo design :Tomoko"fakie"fuji





Bass:大森成彦




Key佐伯準一



Drums:テルシファー高阪


《収録曲》

DUNGEON DAY (テルシファー高阪作曲)
SUMMER FOREST (大森成彦作曲)
BLUE SEOUL (韓国ツアーメンバーGt 畑秀司作曲
TORA MANA (テルシファー高阪作曲)
CONTINENT  WIND (佐伯準一作曲)
SONG (佐伯準一作曲)
DIM SNAKE (テルシファー高阪作曲)
APRIL FOOL (大森成彦作曲
NAGWON SANGA BLUES (大森成彦作曲
BLACK DRAGON (大森成彦作曲)
M I N D (佐伯準一作曲)

販売価格¥2.500(税込み) 

郵送希望の方は梱包材、送料込みで一枚につき全国一律 \3.000
(2枚以上の方は送料が割り増しになります)

演奏依頼、CD希望の方はまで

CS放送タカラヅカ・スカイ・ステージで2008年4月6日からの帯番組にBlack Candyが毎月レギュラーで出演
BLACK CANDY e2byスカパー番組出演
宝塚スカイステージ
JAZZY NIGHT STORY
http://www.skystage.net/Prgm/Detail/3509.html



11月26日
東大阪八戸ノ里 グリーンノート http://www.green-note.net/
エリック・マリエンサル
http://www.raresounds.org/rsjo/Rarepohot/Eric/EricMarienthalProf.html
http://www.ericmarienthal.com/

Black Candy&畑 秀司



韓国ツアー
2009年1月5日〜10日


畑秀司セカンドアルバム完成!

 

1. The Memory Of The Be Bop (composed by Shuji Hata, arr by Terushifer Kosaka)
2. Top Of The Mountain (composed by Shuji Hata)
3. Mr Pc (composed by Shuji Hata, arr by Shigehiko Omori)
4. Emily (composed by Shuji Hata)
5. Little Cowboy (composed by Shuji Hata, arr by Shigehiko Omori)
6. My Home Ground (composed by Shuji Hata, arr by Hata. Saeki. Omori. Chiwoo
7. Promise (composed by Shuji Hata)
8. Speed Kingdom (composed by Shigehiko Omori)
9. Carnival-Oh So Good (composed by Shuji Hata, arr by Terushifer Kosaka)

(gt) Shuji Hata (key) Junichi Saeki (b) Shigehiko Omori (ds & per) Terucifer Kosaka (ds) Chiwoo Choi

2008年4月佐伯スタジオにて収録

韓国ドラマー CHIWOO CHOI 氏のレコーディングに参加
2008年2月韓国内で販売

1, Summer Time (arr shigehiko omori)
2, Take Five
3, Over The Rainbow
4, Fly Me To The Moon 47 (arr shigehiko omori)
5, Tequila
6, All Of Me (arr shigehiko omori)
7, St. Thomas
8, Autumn Leaves
9, Manteca
10, Aqua De Beber
11, Woo ! ah !

(ds) Chiwoo Choi (contra bass) Jaehak Lee (Vo) Yeji Nam (key) Junichi Saeki (eb) Shigehiko Omori
(per) Terucifer Kosaka (gt) Shuji Hata

2007年10月佐伯スタジオにて収録




畑秀司氏ファーストアルバム2006年9月韓国で発売


1, A Season Of Love Skip
2, Lonely Cowboy
3, Shizuki
4, B on D (after rain)
5, Going Home
6, I'll Allways Be With You
7, Song For Ray

(gt) Shuji Hata (as) MItsuru Kobayashi (key) Junichi Saeki (b)Shigehiko Omori (ds) Terucifer Kosaka
(harmonica) Noboru Tokunaga (ts) Minoru Satomura

2006年3月佐伯スタジオにて収録


メンバーのプロフィール

佐伯準一(KEY)

白井克治とニュー.ソニック.ジャズオーケストラ、等を経て1980年にボストンへ渡り
タイガー大越、ジェリー.アトキンスに師事。その後、ドラゴンズ.バク、
アーリー.バーズ、小坂務クァルテット、ユニゾネア等を経て、
現在タイガー大越&タイガーズ.バク 稲垣次郎とソウル.メディア、
トモ藤田UNIT 、 小笠原千秋バンド、GIZMO、
菅沼孝三バンド、岡本博文バンド、BLACK CANDY、
Spirit of Colors、Paul Jackson & KANSAI FUNK MACHINE、
Paula Terry&Paul Jackson&Jun Saeki、
自己のトリオ等で活動中。また、自宅のスタジオにて
コンピューター.ミュージックで音楽制作やCM等の録音でも活動中。
1999年7月,2000年7月、ハワイ・インターナショナル・ジャズフェスティバルに
タイガー大越氏と出演。
2002年3月BLACK CANDYで7日間の韓国ソウルのライブツアーで演奏。
2002年5月韓国テグで日韓友好ジャズコンサートで演奏。
また、釜山でライブを行う。
20028月より韓国ソウルのライブツアーを行う。

6th Hawaii International Jazz Festival
1999年7月14日と17日に出演
(Prince kuhio Hotel & Hawaii Thertre)
7th Hawaii International Jazz Festival
2000年7/20〜23 HAWAII THEATER (OAHU)に出演

参加DISC
小笠原千秋/スタンダーズ アンド マイソングス (COLUMBIA DENON COCP 30705)
タイガー大越/ハッスルタイガース (Sunshine digital K-1002)
川崎洋子/SPRING CAFE (AZCA-1003)
川崎洋子/cha la la (AZCS-10001)
RE MAKE LOVE I (COLUMBIA Interface COCA-7456)
RE MAKE LOVE II (COLUMBIA Interface COCA-9300)
KOBE SUPER PICKERS/DUSK and DAWN (aa&a 0001)
GIZMO/Clockwork(KN-112)
GIZMO/Better Later(MW-0001)


大森 成彦(BASS )

1962年4月1日生まれ

16歳の時からELECTRIC BASSを始める。
1992年からCONTRA BASSを始め京阪神を中心にジャズのフィールドで活動を開始する。
2001年ジャズフュージョンバンドBLACK CANDYを結成、
バンドリーダーを務める、活動の場を京阪神の他、毎年定期的に韓国へツアーに出かけている。
CS放送タカラヅカ・スカイ・ステージで2008年4月からの帯番組にBlack Candyがレギュラーで出演、
番組のイントロ&エンディング曲として自身のオリジナルAPRIL FOOLとSUMMER FORESTが採用される。
2006年8月元クリエイションの竹田和夫氏スタジオライブDVDレコーディングに参加する。
2008年11月26日CHICK COREA・ELEKTRIC BANDのSax奏者EricMarienthal-Green Note Special Live
をBlack Candyがサポートする。
現在6弦エレキベースであらゆるテクニックを駆使し、ウッドベースとの使い分けにより幅広い分野で活動中。
専門学校にて後進の指導にもあたっている。


テルシファー高阪(DRUMS)


生年月日 1968.5.28、男3人兄弟の次男として生まれる。(ちなみに三男は現在プロ
の格闘家で「世界のTK」の名を持つ高阪 剛)
出身地 滋賀県
血液型 A

11歳から独学でドラムを始める。
中学〜高校の間はビートルズ、キッス、ディープ・パープル、ラット等、ロック系を
叩く。

18歳の時、「微笑、マスク」のドラマー、「瀬戸敏雄」氏に師事し変態音楽(変拍子
系)を学ぶ。

19歳からヤマハ音楽院大阪(当時のヤマハ・ポピュラー・ミュージック・アカデミー)
に入学し、音楽理論や幅広い音楽ジャンルを学ぶ。音楽院時代は「関西フィル・ハー
モニー」のドラマー、「金子敏男」氏にあらゆるジャンルのドラミング、ルーディメ
ンツなどを伝授してもらう。

2年後、音楽院ポピュラー科を首席で卒業し、ヤマハ・ポピュラー・ミュージック・
スクールのドラム科認定講師となる。

同時進行で京阪神のjazzクラブで演奏活動を開始。
神戸:ソネ、mmジョイン、グッド・マン、big apple他
大阪:Eフラット、Mr.ケリーズ、ロイヤル・ホース、ドン・ショップ他
京都:ブルー・ノート、レディー・デイ他
など、老舗や様々なクラブで演奏をする。

24歳の頃、神戸mmジョインのピアニスト「小曽根 実」氏(小曽根 真の実父)のト
リオに入り、本格的なジャズを学び、ジャズ・ボート・コンサート(サンTV)や小曽
根氏のジャズラジオ番組などに出演。

その後、心斎橋日航ホテルでベースの大森氏と1年間演奏をする。

「上田正樹」氏や、「やしきたかじん」氏のまな弟子「佐々木清次」氏のバンド、京
都アルフ?ーステーションのDJ「見原洋子」氏のバンドのサポートを務めるなどポッ
プス系にも活動範囲を広げる。

29歳の頃からベースの大森氏とジャズバンド「omori band」で韓国での演奏活動を開
始。
ソウル市内の有名ジャズ・クラブやKBS(韓国国営放送)のジャズ番組で盛んに演奏
するようになり、ジャズ専門誌「モンク・ムンク」でCD付き特集される。

ボストンのバークリー音楽院が提携する「ソウル・ジャズ・フェスティバル」にも日
本代表として参加し絶賛を浴びる。

勢いに乗っていた矢先、「omori band」が解散し、ベースの大森氏と新たにジャズ・
フュージョン系のバンド「BLACK CANDY」を結成。再び韓国へ活動しに行き、テグ市
で開かれた「日韓親善コンサート」にも参加。バンドセミナーなども行っている。

現在、「BLACK CANDY」とビジュアル系シャンソン歌手「如月伶生」氏のバンド「朧
月」の二つのバンドを中心に演奏活動をしながら、母校「ヤマハ音楽院大阪」、「ヤ
マハ・ポピュラー・ミュージック・スクール」で後進の育成にも務めている。