フィガロの結婚/モーツァルト

Le Nozze di Figaro / Wolgang Amadeus Mozart

1.主な登場人物

2.あらすじ

 アルマヴィーヴァ伯爵の屋敷では伯爵の召使いのフィガロと伯爵夫人の侍女のスザンナとの結婚式の準備に追われています。部屋におくダブルベッドの大きさをチェックしてうたかれているフィガロに、スザンナ伯爵が自分に手を出そうとして伯爵の部屋のすぐ近くに二人の部屋を準備しているに違いないと注意します。浮気な伯爵は夫人に飽きて、スザンナに執心のあまり、昔の領主の特権であった初夜権(領主が花婿より先に花嫁と一夜を共にする権利)を復活させようとしていたのです。

 伯爵の小姓ケルビーノは、思春期まっさかりできれいな女性にすぐ手を出そうとします。スザンナに迫ったかと思えば、伯爵夫人のリボンをこっそり隠し持ったり、スザンナのいとこのバルバリーナにも言い寄ります。浮気をしようとする現場にいつも居合わせるケルビーノに腹を立て、伯爵はとうとう軍隊行きを命じます。

 軍隊を何とか逃れたいケルビーノは、あこがれの伯爵夫人にとりなしてもらうようお願いに行きます。ちょうど伯爵の浮気を何とかしようと計画を練っていた伯爵夫人スザンナは、ケルビーノを女装させて伯爵が手を出そうとしたところを押さえようと計画しますが、そこへ伯爵夫人が浮気していると勘違いして伯爵が乗り込んできたため、あわてて窓から飛び降りて間一髪で逃げ出します。

 その頃、フィガロにも災難がおこります。以前フィガロに手痛い目にあわされた医師バルトロ、音楽教師ドン・バジリオはなんとかして彼に復讐しようと画策していたところ、フィガロマルチェリーナに借金しており、もし返せなければ結婚する。という証文を書いていたという事実が判明。このことを知った伯爵も大喜び。ところが、その裁判の最中にフィガロはととの子供であったことが判明し、二人はフィガロ達と一緒に結婚式をすることになりました。

 自分の思惑通りに事が運ばなくてイライラしている伯爵の元に、スザンナから深夜の庭園で逢引きしたいと約束した手紙をもらって大喜び。それを知ったフィガロも取り乱します。

 ところが、これは二人の策略で、お互いのドレスを交換して罠をしかけたのでした。そうとも知らずに自分の妻をスザンナと勘違いして言い寄った伯爵は大慌て。結局みんなの前で二度と浮気はしないと誓うことになります。 フィガロも一度はスザンナを疑ったことを謝り、ハッピーエンドのうちに幕が閉じます。

3.ちょっと一言・・・

日本でも頻繁に上演されているオペラ・ブッファの最高峰です!

オペラにはききどころの曲がいくつかありますが、『フィガロの結婚』には聴きどころのアリアがいっぱい!伯爵が歌う<もう飛ぶまいぞ、この蝶々>、ケルビーノの<自分で自分がわからない><恋とはどんなものかしら>、伯爵夫人の<愛の神よ、照覧あれ>などが有名です。

ちなみに、この『フィガロの結婚』の前に『セビリアの理髪師』(ロッシーニ)があります。まだ結婚前の伯爵と伯爵夫人(ロジーナ)がフィガロの機転で、やっとの思いで結婚するまでの物語です。
 機会があったら、こちらのほうもご覧ください。いろいろな因縁話がわかって『フィガロの結婚』が2倍楽しめますよ〜!
 簡単なあらすじは…アルマヴィーヴァ伯爵がまだ独身の頃、ロジーナと結婚するために彼女を厳しく監視している後見人バルトロ対策を町の何でも屋フィガロに依頼します。彼は見事にその役目を果たし、伯爵はめでたく結婚します。その報酬として彼は従僕に召し抱えられ、当時その地方にあった悪習「初夜権」も廃止されることとなったのでした。


4、今回上演するLD

指揮:アバド指揮(1991年、)ジョナサン・ミラー演出
演出:ジョナサン・ミラー
演奏・合唱:ウィーン劇場歌劇場管弦楽団・合唱団
伯爵夫人(ソプラノ)・・・チェリル・ステューダ
アルマヴィーヴァ伯爵(テノール)・・・ジャンニ・ライモンディ
フィガロ(バリトン)・・・ルチオ・ガッロ
スザンナ(ソプラノ)・・・マリー・マクローリン
ケルビーノ(メゾ・ソプラノ)・・・シーマ
バルトロ(バス)・・・マッツォーラ
バジリオ(バス)・・・ツェドニク
マルチェリーナ(メゾ・ソプラノ)・・・リロヴァ

Back