象気功
象形流気功法

象気功

❖象気功は身体を変えることにより、運命を変える気功法である。


象気功目次

気功入門
真言密教における十三仏真言のチャクラ覚醒効果
十三佛真言の正しい唱え方
金運チャクラ覚醒講座
無意識下の想念
除霊
弛緩メソッド
丹田の造り方
氣をつかむ
運命変革の法
念力
站椿功
開合功
昇降練氣
八段錦
五禽戯

会陰メソッド

コトタマ・言霊の人体における反応部位





象気功サイト

健康象源法
本日の御神託
経済象源論

象気功ブログ

霊気神気を受ける動画
気功師の紀行的生活
気功師の食事
気功師の珈琲道
霊能新聞
霊能動物写真動画ブログ

その他

気の悩み相談室
象気功効果体験談
気功サイトリンク
ランキングサイト

象気功掲示板

気の悩み相談室掲示板(休止)
効果体験談掲示板
気の雑談室掲示板




最新記事

コトタマの反応部位「す・ス」
(2016/09/29)
気功師の紀行的生活「伊東温泉のキネマ通り・湯の花通り・仲丸通り・松川通りを歩く」
(2016/09/29)
コトタマの反応部位「し・シ」
(2016/09/28)
コトタマの反応部位「さ・サ」
(2016/09/27)
霊氣神氣を受ける動画「川奈三島神社」
(2016/09/27)
コトタマの反応部位「こ・コ」
(2016/09/26)
コトタマの反応部位「け・ケ」
(2016/09/25)
コトタマの反応部位「く・ク」
(2016/09/24)
本日の御神託「コトタマトと姓名」
(2016/09/23)

コトタマの反応部位「き・キ」
(2016/09/21)
コトタマの反応部位「か・カ」
(2016/09/20)

コトタマの反応部位「お・オ」
(2016/09/19)
コトタマの反応部位「え・エ」
(2016/09/18)
コトタマの反応部位「う・ウ」
(2016/09/17)
コトタマの反応部位「い・イ」
(2016/09/16)
コトタマの反応部位「あ・ア」
(2016/09/15)

コトタマ・言霊の人体における反応部位「序論3・コトタマの細胞への影響」
(2016/09/13)

コトタマ・言霊の人体における反応部位「序論2・コトタマの組み合わせによる影響」
(2016/09/11)
コトタマ・言霊の人体における反応部位「序論」
(2016/09/10)

精神世界 にほんブログ村 健康ブログ 気功へ

宗家ご挨拶


コトタマを口に出す、あるいは心に思うことにより、身体の各部位の氣道を点で開くわけである。

点といっても針の先のような極小の点ということではなく、ざっくりとその辺りという感覚の点である。

さらに、コトタマの組み合わせにより、その点が結びつき、その氣道の開く部位が、より広範囲の部位あるいは箇所になるわけである。

言葉はコトタマの組み合わせであるので、すべての言葉が氣道の部位を開くわけであるが、その言葉をより多く繰り返した部位がより大きく開くわけである。

それを利用したのが真言・マントラ・お題目などの、わけのわからない言葉を繰り返す修法であるわけである。

さらに、大きな影響を与えるのが「姓名」である。

特に「名」はおぎゃーと産まれたとき、あるいは2週間以内に役所に届け出たときから連呼されるのである。

もう、明けても暮れても連呼されるのである。

脳が出来上がってなくて、言葉を認識できないときから、名前と家庭内のニックネームを連呼されるのである。

これが、氣道が極限まで柔らかい、生まれたて・乳児期・幼児期であるから、その効果は絶大で、一生の氣道の状態が否応なくこのときに出来上がるのである。

つまり、氣道で最初に大きく開くのは「名」の部位であるわけである。

このように、DNA遺伝子や育つ環境とともに基本的な氣道の形成は、本人には選べない状況で決定されるので、一生を通して大勢を決める氣道の状態は神の采配であるわけである。

「名は体を表す」という故事があるが、その正しい解釈はともかく、氣に関して言えば、「名は氣道の状態を表す」ということである。

その後、成長するに従って、「姓・苗字」を認識するようになり、そのコトタマの組み合わせに反応した部位の氣道が開くことになるのである。

だから、氣道の状態は「名」の部分が大きく、次に「性」の部分がより大きくなるわけである。

それを基本として、DNA遺伝子やお育ちになる環境などの複合的な要因が加味されて、個々の氣道が出来上がるわけである。

その後の氣道の変化は、加齢による氣道の硬化で、大変ゆるやかであるので、いろいろな言葉のコトタマを受けても、基本的なバランスに大きな変化はないのである。

それを、少しでも変えようというのが、真言・マントラやお題目や祝詞であるわけである。

コトタマの連呼を限りなく繰り返すことにより、氣道のバランスを変えようという方法であるわけである。

しかし、方法が理解できても、自分の「名」や「姓」によるインフラとも言える氣道の状態が確認できなければ、その方向性を変えるコトタマの組み合わせを選ぶことはできないのである。

胸部が開いて氣が上がってハラハラドキドキ人生の人が、さらに胸部を開いては、人生がさらに困難になるのである。

あるいは、足が開いてアタマがパ~でお困りの人がさらに足を開いては、人生は泥沼の底に沈んでしまうのである。

コトタマの反応部位を知るということは、運命の方向性を変える、あるいはよりよい人生を歩くための、ひとつの指針となるのである。

もちろん、その時点での年令による効果の違いはあるが、血管が生活状態によっては若返るように、方法によっては氣道も一生にわたって変化し成長するので、「やらないよりはマシ」であるわけである。

象形流気功法宗家 象師匠 合掌
(2016/09/23)




★最近、象気功の名称を使用して自己啓発本などを売りつける詐欺サイト等がありますが、象気功とはなんの関係もありませんのでご注意ください。

内容の無断転用転載、名称、ロゴマークの無断利用厳禁。

Copyright (C) Zoukikou All Rights Reserved プライバシーポリシー Contact