紫外線対策

自転車で走るのは健康にも良いですしお奨めですが、春から秋に掛けては紫外線対策が欠かせません。特に最近は南極や北極上空のオゾンホールの出 現などが問題になっていますが、数年後には日本上空にもオゾンホールが出現する可能性もとりだたされています。そこまで行かなくても確実に日本上空のオゾ ン層の厚みも薄くなってきており、昔よりも紫外線が地表に到達する割合は確実に増加しています

昔のように日光を充分浴びて真っ黒になるのは健康的とは言えなくなってきています。軽視しますと、歳をとるにしたがい、シミ、シワ、ソバカスな どが顔一面 に出てきたり、最悪の場合は皮膚ガンになる可能性も増大してきています。

太陽の高度がもっとも高くなる夏至の頃がもっとも紫外線は強くなりますが、3月〜9月頃までは、意識して紫外線を防ぐ心構えが必要です。


まず、紫外線について基本を押さえておきましょう。
紫外線は日光の中に含まれる光で、可視光線より波長が短いため人の目には見えません。可視光線でもっとも波長の短い紫よりさらに外側の波長域にあるため、 紫外線と言われてます。
その紫外線も波長により3種に分けられています。
可視光線に近い順に、紫外線A、紫外線B、紫外線Cと名付けられています。

こんなに恐ろしい紫外線が近年増加傾向にあることは、各種マスコミ情報でも承知していると思います。その紫外線を防止するための紫外線対策はこ れからは必須だと思われます。しかし、常識は間違いだらけ! 正しい紫外線対策を施さないと将来後悔することになりますからご用心! 特に女性の方は肌が 敏感ですからよけいに気を付けてください。

日に当たらなければ問題ない?
そう思うでしょう? でもこれは大きな間違いです。確かに直射日光をじかに肌に当てるのが最悪ですが、日陰などでも紫外線はたくさんやってきます。なぜっ て? 空が青い理由を知っていますか? 中学生位 の理科の時間で学んだはずですから、覚えている方もいらっしゃるでしょう。そうです、光の散乱です 。波長の長い赤い光はあまり散乱せず、直進性が高いです(朝日や夕日が赤く見えるのはそのせいです)が、波長の短い青い光は空気中のチリなどにあたり、た くさん散乱します。そのせいで、空全体が青く見えているわけです。紫外線はさらに波長が短いですから、青い光と同様、たくさん散乱します。ですから、日陰 で直射日光に当たってなければ紫外線も当たっていないと考えるのは間違いで、青い空が見えていればそこから容赦なくあなたの皮膚に紫外線が降り注いでいま す。空がどれくらい見えているかによって割合は変わりますが、直射日光の20〜50%位 と考えれば良いようです。

部屋の中なら紫外線は問題ない?
これも同じ理由で、ガラス越しで直射日光に当たっていたり、空が見えている場所では、それなりに紫外線にさらされていることになります。10〜20%程 度?

帽子や日傘では?
もちろん直射日光に当たるよりはマシですが、それでも散乱した紫外線にさらされているのには変わりません。直射日光の20%程度? 白い生地よりは黒い生 地の方が紫外線の防止効果 は高いと言われています。


では対策をご披露しましょう。

まずメガネ。UV対応したメガネを選んでください。虹彩 から紫外線が目にはいると白内障の原因になります。白く濁り視力が落ちてしまいます。これを防止するのが目的ですが、特にサングラスにする必要はないよう です。透明でもサングラスでもUV対応しているもので、その効果 に差はないようです。ただし、側面や後ろから来た紫外線がレンズで反射して虹彩 に入ることもありますので、できるだけ側面も覆うゴーグル型が効果 が高いようです。

特設ページ:スポーツサングラス
購入したスポーツサングラスの購入条件やいきさつなどを別 ページにまとめました。

自転車で走る場合、帽子はかならずかぶって下さい。できればまず幅広のタオルを濡らしてかぶり、その上に帽子をかぶるのも有効です。自転車の場 合、首すじがやられやすいですから、タオルは少し後ろにずらして首すじを覆うようにするのがポイントです。

それでも夏場は、顔だけでなく、腕や足など露出する部分が多くなりますので、この部分には紫外線防止用のUVクリームを充分、頻繁に塗ることを お奨めします。このUVクリームの塗り方にもコツがあります。UVクリームは白い液体またはクリーム状の液体で、それを塗り広げるわけですが、薄く塗り広 げてしまうとほとんど効果 はありません。格好は悪いですが、白色が充分残っているくらいに厚塗りしないと書かれている効果 は発揮しません。
また、走る前に一度だけ塗れば良いかというとそうではありません。走る時にはかならず持参し、2時間〜3時間置き位 に重ね塗りするようにすべきです。

UVクリームもいろいろな種類があり、どれを選んで良いか迷いますね。ポイントはふたつ。SPF指数とPA指数です。

このふたつの指数以外にも考慮すべき点があります。詳しくは以下の特設ページをご覧下さい。

特設ページ:UVクリーム、乳液
購入したUVクリームの購入条件やいきさつなどを別 ページにまとめました。

 



[戻る]

【業務関連サイト】 プチギフト  レンタルドレス  レンタルドレス2  アクセサリー