今井町imai-cho
(奈良県橿原市・重伝建)

現存の度合い、規模ともに最大と言われる寺内町

今井町は、一向宗門徒による自治が行われていた「寺内町」の一つであり、現存する寺内町の町並みとしては最大の規模を誇っている。東西600m、南北300mに及ぶ町の7割が江戸時代の建物で、ひと気のない通りを歩いていると日常の現実感が失われていくほどだ。何度でも足を運びたくなる町だ。

江戸時代、この町は大和の商業の中心として繁栄を謳歌した。その証のように、今でも立派な屋敷が数多く残る。壁がきわめて厚いため、火事が起きても延焼しなかったといい、それ故に多くの建物が今に残った。最も古い今西家住宅(写真右側)は、何と1650年築。

現存する建物の割合が非常に高い町並みなのだが、近年さらに景観整備が進み、古い町並みとして完璧な姿に近づいている。かつては古い琺瑯看板があちこちに残っていたりして、昭和的な懐かしさを感じさせる部分もあったのだが、江戸の姿にまで戻ったと言うことなのだろう。しかし「おにみみかぜぐすり」の看板だけは、昔ながらのデザインで現役である。(旧バージョン参照)

→テーマ別写真館「寺内町」
→重伝建地区一覧
→旧バージョン

 まちなみ街道トップページへ

写真館INDEXへ