A1形式とR1C1形式の表記の違い。

R1C1形式という行・列を数字で扱う方式があります。
列の見出し表示が「A,B,C」ではなく「数字」になってしまった! などと、Excelが壊れてしまったように問い合わせてくる方が時々いますが、A1形式(列をA,B,C・・・で表記する通常の形式)は、Excelのデフォルトであり、ほとんどの人がこの形式で計算式などを作っていると思いますから不思議なことではありません。 でも、皆さんにはもっとExcelを知って使いこなしていただきたいので、最初のうちに「絶対参照」R1C1形式」について説明することにしました。
※ヘルプなどの説明では「A1参照形式」、「R1C1参照形式」と呼ぶのが正式ですが、何度も表記するので、ここでは「参照」を抜かして「A1形式」、「R1C1形式」と呼ぶことにします。
R1C1形式とは、「R」がRow(行)、「C」がColumn(列)で、行列ともに数字で表示されます。
R1C1」などと「R」「C」の次にすぐ数字がある場合が「絶対参照」であり、「相対参照」の場合は「RC1」の「R」のように次に数字がないか、数字に「R[1]C1」のようにカギ括弧が付きます。「RC1」であれば、計算式のあるセルと同じ行のA列(C1)を示しており、「R[1]C1」であれば、計算式のあるセルの1行次の行のA列(C1)を示しています。手前の行列であればカギ括弧の中がマイナスとなります。
つまり、カギ括弧を付けない方が「絶対参照」ですから、「$」を付けない方が「相対参照」であるのとデフォルト(というか「楽」な方)が逆です。私個人的にはこの方が「自然」に見えるのです。特に行列を替えてコピーしても式の内容が変化しない点が特質です。
C3セルに計算式をセットして、A1セルを参照するとこのようになります。
式の表記の違い 相対参照 絶対参照
A1参照形式 =A1 =$A$1
R1C1参照形式 =R[-2]C[-2] =R1C1
このようにR1C1形式だと、「相対参照」2行手前の2列手前を参照しているということがはっきりと判ります。

A1形式」、「R1C1形式」を切り替える。
この方法の指定は、メニューバーの「ツール」「オプション」で「全般」タブのR1C1参照形式を使用する」のチェックで行ないます。
R1C1参照形式の設定
この指定は、計算式(一部を除く)をセットしてからでも変更可能で、変更すると即座に計算式の表記も変わります。 チェックをつければ「R1C1形式」になり、チェックを外せば「A1形式」に戻ります。

前項の「相対参照」、「絶対参照」の計算式を「R1C1形式」で見てみましょう。
前で説明したR1C1参照形式を使用する」にチェックをつけてOKをクリックするだけで計算式の表示も変わります。
R1C1形式での相対参照/絶対参照の違い
A1形式では、

 =VLOOKUP(A2,分類!A1:B10,2,0)
という式だったものを、R1C1形式に切り替えると、

 =VLOOKUP(RC[-4],分類!R[-1]C[-4]:R[8]C[-3],2,0)
このような式に切り替わりました。なにやら複雑な式になったと思いませんか。

逆に「絶対参照」の方は、
R1C1形式での相対参照/絶対参照の違い
A1形式では、

 =VLOOKUP($A2,分類!$A$1:$B$10,2,0)
という式だったものを、R1C1形式に切り替えると、

 =VLOOKUP(RC1,分類!R1C1:R10C2,2,0)
このようになります。これはシンプルに見えます。

R1C1形式での「相対参照」、「絶対参照」の表記は?
前項で「簡単」に見えた「相対参照」R1C1形式の方が込み入った式になってしまっているのが判ります。
見ていただいて想像がつくと思いますが、R1C1形式だと「相対参照」「絶対参照」の区別が直感的で分かりやすいと思います。 直接、絶対行を参照する場合は「R」の後に直接数字を配置し、相対的に「1行手前」なら「R[-1]」と記述します。「1行先」なら「R[1]」です。 「相対参照」で式をセットするセルと同じ行、同じ列の場合は「R」や「C」の次に数字は書きません。 前のページに「初心者は絶対参照の意識でありながら相対参照式を書いてしまう。」ということを説明しましたが、「R1C1形式」ではこのことは逆に作用するのではないでしょうか。

前に書きましたが、「R1C1形式」では式を他のセルにコピーさせても、式自体の内容は変異しません。 例えば、式をセットするセルに対して、A列の同じ行を参照する式を考えてみましょう。
式の表記の違い A1形式 R1C1形式
2行目(A2セルを参照) =$A2 =RC1
3行目(A3セルを参照) =$A3 =RC1
4行目(A4セルを参照) =$A4 =RC1
11行目(A11セルを参照) =$A11 =RC1
このようにどの行の式も全く同一です。 「R1C1形式」では「相対参照」であっても参照先との行列の差異を数字で表記し、自分の行列の場合はその数字も書かないわけですから、 特に「絶対参照」の時に使いやすいわけでもないのです。

R1C1形式が「式の内容が移動に伴って変異しない」は後で意味を持ってきます。
当然、コピーを行なう時にどのようにシフト参照させるかが元々の式自体で決まっているので、最初から明確である点がありますが、例えば「マクロ」で計算式をセルに書き込んでいくような処理をイメージした場合、セルごとに計算式を編集し直すより、一回編集した計算式を複数のセル範囲に1回で貼り付けるようにした方がはるかに簡単で確実だからです。
この章ではマクロの解説をするわけではありませんが、画面サンプルの「分類名」に入っているVLOOKUP関数の式をE列の2行目から13行目までセットするとすると、

    Range("$E$2:$E13").FormulaR1C1 = "=VLOOKUP(RC1,分類!R1C1:R10C2,2,0)"
という1行だけで済んでしまうのです。
本サイトで説明に使っているサンプルは、要不要にかかわらずほとんどがR1C1形式になっています。