「常陸国の天平文化を探る」   寺と神社
記念講演 「木のいのち 木のこころ」 2000/10/01茨城県石岡市 小川三夫氏(鵤工舎大工) 
小川三夫氏経歴
 1947年栃木県生まれ。高校の修学旅行で法隆寺五重塔を見る。これにより、卒業後法隆寺宮大工の故西岡常一(つねいち)棟梁の門を叩くが断られる。仏壇屋などで修行後、西岡棟梁の唯一の内弟子となる。法輪寺三重塔、薬師寺金堂、三重塔の再建に副棟梁として活躍。1977年徒弟制を基礎とした寺社建築専門の建設会社「鵤(いかるが)工舎」を設立。全国各地の寺院の改修、再建、新築等にあたる。“最後の宮大工”といわれた名工が西岡常一さん(明治41年〜平成7年)。その西岡さんが、ただひとりだけ棟梁として育てた弟子が小川三夫さん。著書に西岡棟梁の聞き語りの『木のいのち、木のこころ(天)』の続編(地)編がある。
薬師寺

講演  棟梁から、常々「無駄口を叩くな」といわれてきましたので話は苦手です。弟子入りと修行  高校の修学旅行で法隆寺五重塔を見ました。法隆寺のような五重塔を建てたいと宮大工を志しました。西岡さんのもとに弟子入り志願したのは、高校を卒業する直前の18歳のときです。法隆寺の境内を訪ねると、西岡棟梁は厨房用の大きな鍋のフタを削っていて「いま、こんな仕事しかないんだ」と断られました。

それでもあきらめきれずに手紙を書くと、ほどなく返事が届いきました。 「私の家は代々の貧しさで、子弟を養うほどのゆとりがありません。」  少しでも宮大工に近い仕事をと、仏壇屋や島根県の日御碕などで仕事をして待ちつづけました。 「貴君ひとりぐらいなら来られても差し支えありません」 西岡棟梁から、こんな手紙を受け取ったのは、ちょうど法輪寺の三重塔の再建が始まった昭和44年春です。弟子入りまでに丸3年かかったわけです。さっそく西岡さんのところに駆けつますと、棟梁は、まず「刃物を見せなさい」と言われました。そして出した道具をちょっとみると、ポイと投げ捨てました。「こんな道具ではとても使いものにならない。」というわけです。「納屋の掃除をしろ。」といわれました。厨子の作りかけのものと西岡棟梁の道具が置いてありました。とても素晴らしいものでした。道具を見せてもらえたのだから弟子にしてもらえたのだという実感が沸いてきました。「これから1年間、本を読んではいけない。テレビ、ラジオ、新聞に一切目をくれるな。ただ刃物研ぎだけをしなさい。」といわれました。「頭で考えてはいけない。まず体で先に覚えろ。」命じられたのはそれだけで、あとは何も教えてもくれず、ほぼ3か月間、毎日、刃物を研いでいました。ようやくある日、納屋にやってきた棟梁は、「カンナ屑とはこういうものだ」そういって1枚のカンナ屑をくれました。そのカンナ屑は素晴らしいものでした。真綿を広げたように向こうが透けて見えました。こういうことは勉強してもできない。体に染みこませないとできないことです。私は、それから20年間、西岡棟梁とは、ただ一緒にいただけです。何か特別のことを教えてもらったわけではないのです。宮大工の世界では、ものを積極的に教えてはいけない。「ものを教えたら甘えにつながる。その子がやる気を起こすまで、ほっておきます。半人前のときは回り道をたくさんさせなくちゃいけません。命令したら命令した分しかやりません。でも、ただほっておくのでなく、雰囲気や環境だけは作っておいてやらないとだめです。目に見えない雰囲気が大切です」 鵤工舎でも、新人は1年間掃除と飯炊きだけです。「カンナが削りたくてしょうがない」となったときに削らせてこそ技は上達します。私が西岡棟梁から教わったのも、そういうことです。一生のうちに教わったのは、あのカンナ屑だけです。
木のはなし
大きな木は日本にはありません。アメリカにヒバを買いに行きました。
「まだらふくろうがいたら10km四方は伐採してはいけない」といわれました。
まだらふくろうは色々と動くわけで、伐採が出来ないということなのです。しかし、なんとか伐採することが出来ました。
山に入ったとたんにそこの自然は壊れます。木にだって寿命があります。
ポッと種が落ちて育った木の寿命と植林されたものでは寿命が違います。
ポッと種が落ちて育った木の寿命が長いです。台湾に木を買いに行ったとき台湾の木は「ねばって」いました。
100年も粘っているのだから寿命の長い良い木です。
木には二つの命があると棟梁はいっていました。
「自然の中で生育している間の樹齢」と、「用材として生かされている間の耐用年数」があります。
こうした木ですから、この寿命をまっとうするだけ生かすのが大工の役目です。
1000年樹齢の木なら、少なくとも1000年用材として生きるやうにしなければ、木に申し訳ないと思います。
木という材料を「生命あるもの」として扱い、その生命をさらに建築物として生かすのが大工の役目だと思います。
1000年も生きているような木は、ほとんど栄養状態の悪いところに育っているものです。岩の間の松とかです。
栄養状態の良いところで育ったものは長い年月の間に木の中心から腐ってきます。木曽のヒノキでは、寿命が600年くらいです。
仕事のはなし
宮大工 廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)のせいか私の職業は、「宮大工」と呼ばれます。お寺を造っていても宮大工といわれます。
(廃仏毀釈 明治初年,維新政府の神道国教化政策に基づいて起こった仏教排斥,寺院・仏像・仏具破壊運動)
木の上下 宮大工は、大きな木を取り扱います。大きな木の場合、木の上/下の区別がつかないときがあります。
そのような時は中心を持ち上げ重いほうを下にして建物にもちいます。
礎石立ち(写真は「常陸国の天平文化を探る」石岡市教育委員会編より)
法隆寺、薬師寺は、礎石立ちしているから木が腐りません。飛鳥時代の法輪寺も同様です。
基礎となる石の上にただ柱が置いてあるだけで建っています。

自然石の上に立てられた柱の底は方向がまちまちです。地震が来て揺すられても力のかかり方が違います。
また、ボルトのようなもので固定されていません。ですから地震が来たら揺れます。いくらか柱がずれると思います。
しかし、すぐ戻ります。“遊び”のある動きが地震の揺れを吸収します。
屋根の重さが柱にかかっているため、普通に建っている場合は、動かないわけです。
柱と基礎部の石、礎石、は繋がっているわけでありません。ただ、上においてあるだけです。
横揺れの地震なら、「トトトトトと歩いていってしまいます。」ただ、柱は、「石口拾い」といって石の形に木の面を合わせます。
礎石は自然の石です。一つ一つ、石の表面が違います。石の凹凸通りに印をつけ、それに合せて柱の底を削るわけです。
柱を立ててみて、柱にはしごをかけてみて倒れなければ大丈夫です。
むかし、1891年の濃尾地震のときには、法隆寺?が礎石から離れたそうです。
くぎのはなし
釘は板や垂木には使います。ただ、釘で支えているものでなく、釘は建築途中の支えのような役割になっています。
建物が出来てしまってからは釘は必要ありません。建築で大事なのは、抜き、抜きの入れ方が大切です。
大仏殿の工事
昭和52年東大寺大仏殿の工事をやりました。
屋根を支えているのは、2本の松の梁(はり)で元禄時代のものでした。
九州の霧島の松を使っていました。当時、奈良には大きな木がなく、霧島の木を使ったのだと思います。
どのようにして運んだか。人10万人、牛4000頭を使ったといわれます。むかしは、木を運ぶのに時間が大変かかったわけです。
一方、この時間がかかったことが物を作るには良かったのです。山に生えている木は、そのまま伐採しては使えません。
少し寝かせることが必要なのです。
少し寝かして、木の癖を出してから使うわけです。現在では、何でも早く、早くといっていますがこれではだめです。
木を自然に乾燥させ木の癖をだしてはじめて使えるようになるのです。
機械でブスブスと打ち込んだ釘では役に立ちません。軽い玄翁で何回か叩いて釘を打つことにより役立つのです。
道具の柄の長さは、その道具の使われ方により、長さが自然と決まっています。
自然を敬う
斧には筋が入っています。四本線と三本線です。これには意味があります。
山から木を切り出すときには神様にお神酒をあげてお礼をあらわさなければいけません。
神様が木に与えた生命を、使わせてもらうからです。
ところが実際山の中までお神酒など持っていくことが出来ないので、あらかじめ斧に筋を入れかわりにしているわけです。
筋にはそれぞれ意味があります。神さまへのお礼が斧に入っている筋です。
お堂やお宮を建てるときは、「祝詞」を神様にいいます。
その中で、「土に生え育った樹々の生命をいただいて、ここに運んでまいりました。
これからは、この樹々たちの新しい生命が、この建物に芽生え育ち、これまで以上に生き続けますように」という意味のことをいいます。
物造りは執念
道具は手の一部です。今も昔も執念で作っています。物作りは技術ではありません。執念を持つことが必要です。
執念を持った物作りには、出来た後に何か不満が残ります。それが、次につながります。
今は何でも急いでやります。しかし、身体で覚えることは、時間がかかります。職人を作るには、時間がかかります。
文字や数字により、遺産があるのではありません。身体で覚えてきたから残ってきたと思います。
今出来ることを精一杯やっておく。あとで何百年か経った後で、その時代の人が先人の知恵を理解する。
自分が弟子になり自分が弟子を育てることはたいしたことではありません。
今は、嘘や偽りのない本物を作っておくことが伝統であり、大切なことです。
刃物は、一年間くらいあれば切れるようになります。私は、西岡棟梁からもらったものは「かんなくず」だけです。
刃先に1点の曇りもない刃物はなかなかできません。鵤工舎の子は、毎日刃物研ぎを夜やっています。
「研いで、研いで、研いで 最後は勘」と西岡棟梁はいっていました。
ちょっとした違いに気づくか、気づかないかの差があります。
テーブルを例にとれば、「テーブルをまったいらにすること」と指示する。
各人により「寸法的にまったいら」「目で見てまったいら」となかなかむずかしいものです。
古い建築物は、錯覚を矯正して建てられています。その錯覚を知ることは刃物を研ぐことにより得られます。
大工の流れ 
聖徳太子が、大工を朝鮮から4人呼びました。そして四天王寺を作りました。
今の、興福寺と同じような大きさです。朝鮮と日本では気候風土が違うので日本にあったものを工夫しています。
奈良時代には、日本の技術に、朝鮮の技術が加味したと思われます。
法隆寺出身の中井正吉は、豊臣秀吉が大阪城を作ったときの大工の棟梁です。大和大工は構造の美を重んじます。
江戸大工は小手先。長野は独特の雰囲気を作っています。
中井正吉の長男正清(法隆寺大工)は、家康にお目見え後、五機内近江の職人を支配しました。
伏見城再建、また江戸幕府の大工の棟梁となりました。正清は、父である正吉の作った大阪城に大砲を打ち込んだそうです。
(中井家はその後、作事奉行支配の京都大工頭として、大阪城、御所の造営修築にあたったそうです。
一方、近江大工に甲良家があり、家光時代に日光東照宮作替えを担当して、以後幕府大工頭(江戸)になったそうです。)
西岡棟梁のこと 
法隆寺西里に西岡棟梁は住んでいました。西里には大工以外の棟梁も住んでいました。
平成7年に亡くなりました。「厳しく、厳しく教えた人」であったと思います。
「法隆寺は安定していて動きがあるだろう」といわれました。最初言われていることが理解できませんでした。
最近は「***********(小川氏の言われていることが理解できなかった。)」だということがわかってきました。
薬師寺の再建では、天平尺が使われています。尺度は時代によって異なっています。
棟梁の口伝のひとつを紹介します。ここに伽藍を建てる。伽藍造営には「木を買うのではなく山を買え」といっていました。
「堂塔建立の用材は木を買はず山を買え」飛鳥建築や白鳳の建築は、棟梁が山に入って木を自分で選定しています。
それと『木は生育の方位のままに使へ』というのがあります。山の南側の木は細いが強い、北側の木は太いけれども柔らかい、
陰で育った木は弱いといふやうに、生育の場所によって木にも性質があります。
山で木を見ながら、これはこういう木やからあそこに使おう、これは右に捻れているから左捻れのあの木と組合はせたらいい
といふようなことを山で見分けます。これは棟梁の大事な仕事です。
法隆寺は1300年前に建てられた世界最古の木造建築です。法隆寺のヒノキは1300年も使っています。
「木は方位のままに使え」という。
パネルによる説明 
阪神大震災で礎石立ちの門が移動している写真 建物の錯覚の例 「木は生育の方位のまま」に使った例

棟梁の口伝についてもう少し話します。「堂塔の木組みは寸法で組まず木のクセで組め」
木には人間と同じで一本一本のクセがあります。そのクセを見抜いて建物を作らないと、木を生かした建物になりません。
左によじれた木ばかり並べて柱にしたら建物全体が左によじれたようになってしまいます。
「百の工人には百の思いあり。ひとつにまとめるのが棟梁のつとめなり。」
建築は大勢の人々の力を結集してでき上がります。人間にも、木と同様さまざまなクセがあります。
そのクセを読んで、皆が協力できるようにするのが棟梁の仕事です。木も人間も、クセがあるからと外してしまうのは論外です。
最後に 
技術・技能は大切です。しかし、技術、技能以上の物を作った、作らなければならないことがあります。
物のを作るときは、信念がないと出来ません。信念が物を作るのです。
槍鉋(やりがんな)の実演 小川氏による槍鉋の実演があった。
小川氏の手にもたれた槍鉋の刃先は光の加減もあったのでしょうが良く光っていました。(下の写真は別のものです。)
(槍鉋(やりがんな);古墳時代に、斧で伐採し、ちょうな(手斧)にてはつり取り、槍鉋で仕上げるという工法が生まれた。
槍鉋は、現在使われている台鉋ができるまでは使われていた。穂の長さは3寸〜5寸くらい。柄の長さは2寸くらい。
両刃で刃は先端に向かって上の方に反っている。法隆寺の柱もこれで仕上てあるとのこと。)

時間ですのでここで終わります。(会場拍手)・・・・・・終了!!
------------------------------------------------------------
(以下は記念講演とは別なものです。) 
西岡常一さんについての新聞記事 1995年4月11日(火) 朝日新聞より
「法隆寺修理の西岡常一氏」
世界文化遺産の法隆寺の修理や、白鳳文化を伝える薬師寺の復興に尽くした宮大工棟梁
文化功労者の西岡常一(にしおか・つねかず)氏が11日、亡くなった。86歳だった。・・・(中略)・・・
法隆寺近くの宮大工の家に生まれた。
1934年から始まった法隆寺の「昭和の大修理」で、世界最古の木造建築の金堂や五重塔の解体修理を手がけた。
金堂の解体では、学者の間で「しころぶき」とされていた屋根が「入り母屋」造りであることを発見し、定説をくつがえした。
1971年に奈良・薬師寺復興の大工棟梁となる。
1976年に金堂を復興。続いて西塔、中門、玄奘三蔵院などを完成させ、回廊や講堂の復興にも尽力。
各地の寺院修理にも携わり、75年には戦時中に落雷で焼失した斑鳩法輪寺三重塔の再建の棟梁を務めた。
日本建築の原点ともいうべき飛鳥時代の古代工法で大伽藍を造営できる「最後の宮大工棟梁」といわれた。
「天声人語」 西岡常一さんが、86歳で亡くなった。生まれた家が、代々法隆寺に仕える宮大工だった。
法隆寺の棟梁をつとめた祖父の常吉さんに、小学校に入る前から仕事を仕込まれた。
戦前から戦後にかけての法隆寺の「昭和の大修理」で、世界最古の木造建築である金堂や五重塔の解体修理を手がけた。
金堂の上層の屋根について学者とかわした論争。学者は屋根を玉虫厨子のような錣(しころ)葺きだと考えた。
西岡さんは、実際に組み立てて見せて、入り母屋造りであったことを示し、定説をくつがえした。
仕事に熱心で、謙虚だった。1300年前に法隆寺を建てた飛鳥の工人の技術に現代は追いつけない、と言っていた。
法隆寺には先人の技術と知恵が凝縮されている。
木に残された手斧(ちょうな)の跡や鑿(のみ)が彫り込んだほぞに職人の腕や心構えが見える。
木は人間と同じで一本ずつがすべて違い、それぞれの木の癖を見抜いて、それに合った使い方をする必要がある。
樹齢千年の桧(ひのき)なら千年以上もつ建造物ができる。
木を生かす技は数値に表せず「手の記憶」によって引き継がれる。……。
「古いことでもいいものはいいんです。明治以来ですな、経験を信じず、学問を偏重するようになったのは」といった。
どうしても弟子になりたい、と言ってきた人を、断り続けたあげく弟子にした。
そのいきさつや訓練の様子が、西岡さんの手紙の謹直な文面とともに小川三夫著『木のいのち木のこころ 地』にくわしい。
西岡さん自身、やはり法隆寺宮大工だった祖父・常吉さんから、同じような棟梁教育を受けている。
5、6歳の頃、法隆寺の塔頭(たっちゅう)の修理現場に連れて行かれて、仕事場の空気を体に吹きこまれた。
大人の大工たちと同様、毎月2回の休みの日以外は、毎日連れて行かれたというから徹底している。
終戦後、法隆寺のほとんどの建物が解体修理されることになりました。
建物が建てられてから1300年も経っていますから大工さんは、そんなに古い建物を修理するのは始めてのこととなります。
もちろん修理をする大工さんは、お寺やお宮さんを専門に建てる宮大工さん
建物も時代とともに技術革新されて少しずつ変化していて、大工さんの技術も変化しています。
最初に建てられた姿に戻すことは大変困難ようです。そこで登場するのが、法隆寺西里の宮大工「西岡家」です。
法隆寺西里には、法隆寺を1300年にわたって守ってきた大工さんが住んでいました。
しかし、当時は大工さんが少なくなっていて西岡常一棟梁のお祖父さん「常吉」が棟梁になるのです。
お父さんの「楢光」と共に「常一」さんも昭和の大修理をします。
その修理の中で西岡常一棟梁は、法隆寺の建物から建てられた当時の大工さんの技術や考え方を学んだそうです。
時代を超え、世代を超えて技術が受け継がれて、法隆寺の建物がいま私の前に凛として建っている。

  「常陸国の天平文化を探る」   寺と神社