泌尿器科医・木村明の日記


コンサル棒屋⑤:夫婦で開業セミナー

[コンサル棒屋]、[]、[]、[]、[]、[]、[]、[]

病院めぐり 木村泌尿器皮膚科.臨泌,67,719,2013.

オフィスウロロジー2015




7月3日の会の抄録を今月中に提出して欲しいそうです。

2003年夏に開業を思い立ってから、1年半の間に参加した開業セミナー。

さすが事務長! また日記が出てきました。

2003年9月7日。ジェイテックメディカのセミナー。



何もかも新鮮。記憶に残ったのは、レセコンだけのリースなら4万円、電子カルテも付けたら8万円、が相場らしい、など。

2003年10月26日。三井ホームのセミナー。会計士さんの説明。専従者給与など。

2003年11月20日。オクスアイ訪問。アポイントを取った上で、無料相談。収支予測をExelで計算して見せてもらえました。

2003年11月22日。三井ホームのセミナー。資金計画・受療率など。

2003年12月2日。三井ホームの方の紹介で、会計士さんと面談。場所を決める→診療圏調査する→事業計画→銀行との融資交渉という順番。

2003年12月24日。三井ホームのセミナー。横浜銀行の「ゆめ基金」の説明。国民生活金融公庫の活用法。

2004年5月20日。国民生活金融公庫訪問。自宅に担保価値がないことを思い知らされました。路線価で評価し、そこから住宅ローンの残高を引くんです。

2004年8月7日。TKC(栃木計算センター)クリニック開業セミナー。東京三菱が無担保での3000万円融資を開始しました。



この図のように、TKCが作成した事業計画に基づき、東京三菱(三菱東京UFJ)が融資。

無担保で3000万円融資してもらえる当てができたので、TKCをコンサルタントにすることにし、ここがスタートライン。

TKCのこのフローによればここから14ヶ月かかるはずですが、2005年4月4日に開業。



なので、診療圏調査もコンサルタント任せでした。

でも、7月3日の会での私の持ち時間は30分。座長の紹介やら質疑を引けば、20分ぐらいに抑えたほうが良いでしょう。

とすれば、事実とは違う順番で、この工程表通りに行ったような話をしたほうが、分りやすいはずです。

なので、まず、センター南駅で開業する事を決めた上で、診療圏調査を自分でしたことにしましょう。

コンサル棒屋⑤:収入の算出方法、に続く。
[木村泌尿器皮膚科院長日記一覧]