第126回神奈川県皮膚科医会@ホテルセンチュリー相模大野


[第121回][第122回][第123回][第124回][第125回]

相模大野での会に参加するのは2回目。

相模大野は小田急江ノ島線と小田急小田原線が分かれる駅で随分遠くの駅、という印象を持っていましたが、なんとジョギングで往復したことのある鶴川駅から3駅しか離れていない事が分かりました。


駅前には桜の木が。

今回のテーマは母斑症。私は母斑の話だろうと勝手に思い込んで、ほくろとメラノーマの鑑別法の勉強になるだろう、と思って行ったのですが、母斑と母斑症とはまったく別物でした。

母斑症とは母斑と内蔵奇形が合併する先天性の病気です。Q.「結節性硬化症に見られる内臓異常は?」A.「腎血管筋脂肪腫」というふうに国試に出題しやすい分野ですから、学生時代はしっかり覚えていましたが(国試で70点ぐらい取れるぐらいには)、結節性硬化症に合併した腎血管筋脂肪腫の患者さんに会ったことがないのですっかり忘れていました。

こういう珍しい症候群と言うのは国試に出しやすいんです。「PSA6で60歳の前立腺癌の人にやる正しい治療法は?」なんて、どれを正解にしても必ず「この問題は不適切だ」という教授がどこかにいるはずです。

講演は2題。昨日の午前中は生田で4セットテニスをしたので、前半の遺伝子解析の話の最中は熟睡してしまいましたが、おかげで後半の母斑症の母斑と手術のスライドいっぱいの方の演題はしっかり集中して聞けました。

[戻る]
link to Kimura's HP