木村泌尿器皮膚科トップへ

皮膚科も標榜しておりますが、院長は泌尿器科医です。前立腺が博士号のテーマであったことから、AGA治療薬プロペシアについては豊富な知識があります。 男性非露出部を得意としておりますが、皮膚科一般をカバーできるように、以下の研究会には泌尿器科勉強会より優先で出席し、新たな知識獲得に勤めています。

ニキビ

ニキビの原因

ニキビ(尋常性ざ創)の原因は、毛穴のつまりと皮脂の過剰分泌です。 毛穴がつまるとめんぽう(コメド)という状態になります。アクネ菌による炎症が加わると赤ニキビになります。

ニキビの治療

2008年10月から、毛穴を開くためのディフェリンゲルが保険診療で処方できるようになりましたが、それまでは にきびに対して保険診療で行えるのは、アクネ菌をおさえるための抗生物質(アクアチムクリーム・ダラシンTゲルなどの外用薬か、ミノマイシンなどの内服薬)と、色素沈着をおさえるビタミンCの内服薬のみでした。
にきびの最初の原因が皮膚の角化で毛穴がふさがれることである以上、アクネ菌を抑える抗生物質だけでは抑え切れないことも事実です。
毛穴を開くためにはケミカルピーリングは有効な手段でした。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、皮膚に酸性の薬品を塗り、皮膚表面の古い角質や汚れを取り除くことです。
高濃度(20-40%)のグリコール酸をハケで顔にぬり、数分後に中和剤をぬって液を中和させます。
1回ではあまり効果がなく、1週間以上間隔をあけ、連続して5~10回施術する必要があります。
保険がきかないので、自費診療となります。 ピーリングでは、高濃度のグリコール酸を使うため終わってから1週間くらいはお肌がガサガサしたり皮が剥けたりします。
また次のピーリングまで時間が空くのでその間に新しいニキビが新生してきてしまいます。

当院の方針はホームピーリング

それなら通院の必要もなく自宅で行えるホームピーリング剤でピーリングを毎日行なうのが良いのでは、と考え、 当院では、サンソリットのフルーツ酸配合石鹸「スキンピールバー」の販売を行ってまいりました。ディフェリンゲル後も、販売を継続しております。 サンソリットの「スキンピールバー」は、フルーツ酸によるソフトなピーリングが自宅で簡単にできます。

サンソリット スキンピールバー

フルーツ酸AHAと抗菌作用のあるティートゥリーを配合したものと、AHAとBHAにハイドロキノンを加えたものがあります。 石鹸の中に含まれるフルーツ酸AHA(グリコール酸)により角化でふさがれた毛穴を開きます。 古い角質を取り除き、皮膚のターンオーバーを助けます。 ハイドロキノンを配合した石鹸には、メラニン色素の合成を阻止する作用もあります。

<使用法>

クレンジングによりお化粧を落とした後に、石鹸を泡立て、額、鼻の周囲、続いて頬、顎にのせます。 その状態で、30秒~2分ほどおきます。

2008年10月以降の当院の方針

初診時には、ディフェリンゲルとダラシンTゲルを処方します。中等度以上の赤ニキビのある方には、ミノマイシンなどの内服薬も処方します。 治療で改善した後もめんぽう(コメド)を予防するためにディフェリンゲルを継続していただきます。

しかし、定期的に通院不可能な方には、スキンピールバー・ティートゥリーでのケアをお薦めしています。 スキンピールバー・ティートゥリーはフルーツ酸と抗菌作用のあるティートゥリー(オーストラリアに生えています。アボリジニの人達がこの木の葉でお茶をいれていました)を含有しています。 ディフェリンゲルとダラシンTゲルの両方の作用を持っている石鹸ということができます。