5/31

ピパ制作日誌 7 最終回

全5体塗り終わり。「バンザーイ」のポーズをとっている様でもある。

デッサンを描いてからちょうど1週間。でも普通の人(笑)は2週間くらいかけて下さい。

 

スタンドの色が悩む所だったが、無難にくすんだ緑色。右はレアな白色ピパ。

5/30

ピパ(コモリガエル)制作日誌6

 

実物ピパの色は白っぽい物や黒っぽい物等様々ですが、今回、分かりやすい茶色っぽい色にしています。

あとは、色の仕上げと、スタンドを造ります。

 

一匹一匹、館長自ら着色します。右は汚しが上手くいかず、待機中。

5/29 ピパ(コモリガエル)制作日誌5

 

抜いた物を、クレンザー、中性洗剤、油落しスプレーで3段階に、ごりごり洗い、離型剤を落とします。

その後、下地を塗り、卵にあたるモデルガン用弾丸約130個をシリコンでくっつけます。

この後少し色を塗ったのですが、上手くいかず頭が煮えてきたので、やめて家にカエル。

5/28 ピパ(コモリガエル)制作日誌4

 

ハイキャスト等の注型用樹脂を流し込みます。面白い様に、ぽこぽこ抜く事が出来ます。(15分に一個くらい)

とりあえず5個だけ抜きました。リケイ剤が無くなったので。

足の方から流し込むのですが、頭の方にバリが大量に出てしまいました。右の写真はバリをとった物。

5/27ピパ(コモリガエル)制作日誌3                         

 

東芝シリコンを塗ります。気泡が出来やすく値段も高いのですが、ねばりがあり丈夫なので、これが一番です。

ちなみに、僕はスケッチから3日で型をとってますが、普通は7〜10日かけて下さい。こんなに早く進めてはいけません。

 

左、仕上げに体の裏表面にぶつぶつを付け(企業秘密)完成です。

手から考えるとピパが小さく見えますが、実際は20センチ以上あります。僕の手が大きいのです。

右。完成品を油粘土に埋め、土手をボークスで買ったブロックでふさぐ。上からPVAリケイ剤を塗ります。

5/26

ピパ(コモリガエル)制作日誌2

 

骨にスカルピーを盛り付けていき、時々焼く。一度に盛り付けると、持つ所が無くなるので、半分ずつが普通。

背中の穴ボコは、卵の埋まる場所。ピパは、コモリガエルの名前の通り、卵を背中の皮膚の中に埋め込んで育てるのだ。

 

下の絵をもとにハリガネで自立する様に骨を造る。

その後スカルピー(模型用オーブン粘土)を簡単に盛り付け140度で20分焼き固める。(換気絶対)

これからが本当の造形だ。

5/25

 

ピパ制作のためのスケッチ。表と裏を同時に書くとらくちん。

全長20センチくらい

ピパ(コモリガエル)制作日誌1

 今年は6月5日から福岡市大名で行われる「福岡かえる展3」に、初めて参加しようと思っている。そのため以前から気になっていたピパを制作しようと思う。 途中忙しくならなければだけど。

 普通は展覧会等に出品するための作品や、仕事関係はネット上で秘密にするのだが、かえる展は、カエル好きな人達のたのしい集まりで、特に誰が何を出すといった事は、たいした問題で無いようなので、実験的に制作の進行状況をモザイク無しで公開していく。

以前館長日誌で公開したピパの写真。

5/24

作品のためのスタンド制作。湿気が多く塗装が白けてしまったので、ドライヤーで暖めながら塗ったら上手くいく。

 

鷹弦人さんが、FRP作業しに来る。 その時、作品参号を見せて、「これ図鑑とかで見た事あるよね?」と聞くと、

「知らない」と言われる。興味ない人はやはり知らないのか。でも名前は聞いた事があるらしい。

 

フルタの百鬼夜行の九尾の狐が手に入り、やっと全種そろう。ありがとうMさん。

左の奥歯が時たま痛む。歯医者に行くが、何処が悪いか解らず、歯の掃除だけされて1500円払う。

5/23

福岡県水巻町に作品、廃魚の修理に行く。子供なんかが触るのか、折れた部分の修理、塗装はげの塗りたし。

仕事で制作したちゃちゃタウンの飛行機を確認した後、観覧車に乗る。帰りがきつい。

5/22

作品参号、塗装終わり。なんかいまいち。

5/21

以前、UMF未確認ファイルという、

インチキ臭い写真のトレーディングカードにはまっていると書いたが、

そのアンケートに答えたら、粗品が当たった。

豪華なカードケース1個。(笑) すごくがっかり。

作品参号、型をはずしバリ取り、しっぽを付け、

「SMAP×SMAP(最近、「スイカの名産地」がお気に入り。)」を見ながら、樹脂パテ盛り。

パテ修正をしながら、ズラッと並んだ歯をエポキシで成形。だいたい形になる。

 

本日の点取り占い「がいこつと角力(すもう)を取りなさい」5点

5/20

作品参号の型入れ(強化プラスチック『FRP』加工のこと)

特別に途中の写真公開。この後、バリを取り樹脂パテで型を合わせる。

臭くて、ちくちくして、いらいらする作業だ。

5/19

すでに5月20日もう一ヶ月以上仕事が何も無い。(笑)

しかしそのおかげで、作品制作の方は少し進んでいる。

今思えば昨年は、なぜか忙しくて8月くらいから今年の3月いっぱいまで、謎の病気の時以外休めず大変だったからなあ。

ここいらで体力を回復していて正解かもしれない。

 

マリンワールド

作品参号、解らない部分は、駄目モトで、専門家に聞いてみようと、マリンワールドに電子メールで聞いてみたら、

すぐ次の日に返事が帰ってきました。すごいぞマリンワールド。

かなり親切な返事で、数枚の添付写真まであり、びっくりしました。目からウロコ。でも、内容に関しては秘密です。

マリンワールドの入場料は高いと思っていたが、もう文句は言わない。

本当に有り難うございました。

5/18

作品参号を造りはじめるが、形状の解らない部分があったため、迷い、作業中断。

地方情報雑誌の取材が来る。刊行は7月くらいなので、出たら報告します。

以前の日誌

トップへ戻る