石川賢ROOM

石川賢の部屋
〜GETTER-RAY ROOM〜

(1)石川賢アニィのプロフィールだ!

(2)石川賢アニィの作品リストだ!


よく、ケン・イシカワのことを『永井 豪のエピゴーネン』だの 『師匠よりも…云々』だのとダイナミック印の枠内でしか語れん大馬鹿モノ がいるが、そんな奴に敢えて言おう!

「そんな貴様の感性、ゴミだよ!」

もしかしたら、イイ年こいてマンガに血道上げている俺の方がよっぽどゴミなのかも知れないという根源的な問いなんぞ、5000光年の彼方に捨て去り、俺は唄う!

ガン!ガン!ガン!ガン!


石川 賢を知らん!というかわいそうな人のために

1948年(昭和23年)
6月28日栃木県那須郡烏山町生まれ
本の問屋で働きつつ、白土三平をバイブルに?マンガを投稿していたらしい。
(でも今時「忍者もないだろう」などと突っ返されてたらしい...殺)

1969年(昭和44年)
当時注目していたマンガ家はジョージ秋山と永井豪。
考えた末、ダイナミックプロの門を叩き、永井豪のアシスタントに。
8月『学園番外地』(少年画報9/8号〜)を永井豪と共作。
12月『それいけコンバット隊』(別冊少年ジャンプ1月創刊号)で単独デビュー。


これがデビュー号・別冊少年ジャンプ・創刊号だっ!

その後、『ゲッターロボ』『魔獣戦線』『5000光年の虎』『魔界転生』などなど、バイオレンス/セックス/ロケン’ロールなパワーに満ち溢れた、感動的なまでにマンガ的なマンガを続々発表。主にアクションモノでは大風呂敷を広げた挙句、引っ張るの破るのして混沌を作り出し、元の風呂敷の形や模様を我々に意識させないヒートアップがファンの心を掴む。一方で、身辺雑記のような落語の定番枕みたいな入りで、淡々と語り始めながら、どうにも小さいコトに大仰に真剣に接するというギャグマンガも、他に類を見ないイシカワ節の一端である。

代表作『魔獣戦線』『極道兵器』『ゲッターロボ・サーガ』『虚無戦記』

その後時代劇をモチーフに、描き下ろし単行本『マンガ 神州纐纈城』(講談社全4巻)や、「コミック乱-TWINS-」(リイド社)の『武蔵伝 〜異説剣豪伝奇〜』など時代劇作品にて変わらぬ勢いを見せる。

2006年11月15日19時50分、突然の逝去。

絶筆となったのは連載中だった『〜戦国忍法秘録〜 五右衛門』第六回…「コミック乱-TWINS-」(リイド社)2007年1月号掲載。ダイナミックプロ参加初期よりその苗字から仇名は「ゴエモン」だった賢先生が、その名を冠した作品だ。近年やや落ち着いた作風を取ろうとされていた流れとは大きく異なり、破天荒な破壊者としてファンに改めて「石川賢キャラらしさ」を感じさせ、いよいよこれから風呂敷がいつも以上に広がりそうな展開になっていただけに、無念。(余談だが、同誌にはたまたまジョージ秋山先生の作品が掲載されている。マンガ家入りの時に意識していた…という事実を知ると、暗示的ではある)


〜てなわけでお品書き〜

石川賢作品リスト暫定版!
(2008.11.13現在)
1970年代   1980年代   1990年代   2000年代

石川賢 マンガ単行本リスト
(2015.9.18現在/184タイトル・348冊)
1970年代   1980年代   1990年代   2000年代   2010年代

石川賢その他リスト
(2008.10.1現在/83タイトル・129品)
画集・挿絵など   原作・海外版   エッセイ・インタビュー


怒涛のゲッターロボコレクション

虚無戦記コレクション

EARLY石川賢の部屋・掲載雑誌紹介

1(ジャンプ系) 2(マガジン系) 3(サンデー系) 4(チャンピオン系)


[ビバ!ダイナミックTOP]